09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

心ここに在らず、ですね 

ちょっとここ数日の自分は、気分が落ち着いてないのですね。
職場の部署移動に巻き込まれて、7年余り勤務していた現職場から…それ以前に勤務していた職場に戻ることになったんですよ。
通勤距離は劇的に短縮されるんだけど、近けりゃいいというものでもない…というか、有り体に言えば移動したくねえなあという気分なんです。
とはいえ、移動は職場の都合ですから…請われて行くならそれで納得するしかないか…と観念し、各種引継ぎをやっているのです。
あと3日ほどで、勤務先が変わるという状況ですね。

通勤距離が短くなるので、時間の自由度は増します。片道60分が5分になるんですから。
これがAnAnやってる頃なら大喜びなんでしょうけど、今はせいぜい麻雀格闘倶楽部を細々やっている程度なのでねえ。睡眠に割り振るのもいいだろうけど、怠惰な人生になる予感。
パチンコは勝ってる分にはいいですが、常に勝てるほどの豪運は持ってないので(持ってたらパチプロやっとる)、ほどほどで遊んだ方がいいですし。
そういう生活リズムの再構築というのも、なんか気が重い部分です。

そういう生活上の気がかりと、新たな部署での業務と雰囲気把握が心を重くし、かつ…暇な時は映画『君の名は。』に関する情報や報道をチェックしているので、ここ数日ブログに心が向いてません。休みがちで申し訳ないです。
書ける時はなるだけ書きますが、新しい部署での業務が落ち着くまでは、こんな感じの更新になりそうです。
その気になるネタが思いついたら勢いで書きますが、…今一番その可能性があるのは『君の名は。』だろうなあw。
スポンサーサイト
2016/10/23 Sun. 04:59 | trackback: 0 | comment: 0edit

腕時計買いました。 

ここ3ヶ月ほどパチンコで好収支を維持してまして、財布の中に諭吉さんが団体でいるんです。…3日前に10人ほど減りましたがね。
それでもまだ実戦上の余裕はあるんですが、この時ならぬ好景気をちょっと形に残しておこうかと思いまして、さっき仕事帰りにドン・キホーテで腕時計を買いました。
デジタルのソーラー電波G-SHOCK、GW-7900B、19000円也。

普段は「時間なんて分かればいい」と3000円の電波時計をはめてるんですが、腕時計はたまに欲しくなります。
15年くらい前はSEIKOのアルバスプーンが大のお気に入りで、7種類くらい買いましたかねえ。アルバスプーンはデザインがすごく好きだったんですよ。
そのアルバスプーンも徐々に下火になった頃、ソーラー電波時計が欲しくて買ったのが、3万近くしたG-SHOCK(型番は失念)。
「さすがG-SHOCK、丈夫だぜ」と愛用していたんですが、数年使ったところでベルトが切れてしまい、懐中時計化w。(どんな時計もベルトからガタが来るよね) ポケットに入れて使っていたら、結局紛失でサヨナラになりました(涙)。
以来、1万円を超えるような腕時計は買ってなかったんですが、今回はバブルなんで特別に自分御褒美ですね。

いつぞやも書きましたが自分はデジタル派なんで、今回の機種もデジタル。
人生でアナログ腕時計を使ったのは、親から成人式で貰ったSEIKOのAVENUE(30年近く前にチェッカーズがCMしてた)と、スイスのダイバーウォッチ(4万円台だった)だけです。あ、マーガレットの有料全プレで貰った『白鳥麗子でございます』の時計もアナログだったな。白鳥麗子の周囲が「ほ」という字でグルッと囲んであるヤツw。
さて今回、この機種に決めたのはソーラー電波だからというのはもちろんですが、黒いボディに反転液晶(黒地に白の液晶)というデザインが大きいですね。この系統に目が無いのです。(アルバスプーンって全て反転液晶だったでしょ)
そもそもこのブログを見れば分かると思いますがw、自分は黒地に白字の黒板配色が好きです。以前失くしてしまったG-SHOCKも反転液晶の黒地に白でした。
デザインが気に入って、2万円弱というお値段も手頃でしたし、躊躇せずスパッと買いました。ネットで調べればもっと安く買えたんでしょうが、買い物は勢いですから。
今時の機種ですから、月の満ち欠けや満潮干潮などの情報も表示されますが、それはたぶん役に立たないでしょうw。
ま、腕時計は自己満足の極地のようなアイテムですから、時間を確認した時に自分好みであってさえくれればいいんです。

面倒くさがりな人間なんで、自己完結で正確に動くソーラー電波が好きなんですけど、油断してるとバッテリー枯渇するんですよねw。たまにはベランダに放置しないとな。
さて、明日の出勤から本格的に使います。何年保ってくれるかな? 期待しとるよ。
2016/10/16 Sun. 03:49 | trackback: 0 | comment: 0edit

ブログのレイアウトがおかしい件について 

今日は、何もイジってないのにブログのレイアウトが崩れてしまってます。

ツイッターや2ちゃんねるを見ると、自分のブログだけでなく多数のブログで同様のトラブルが出てるようですから、おそらくFC2の方でトラブルなり失敗なりがあったんだと思われますが、FC2の公式インフォメーション、公式ツイッターとも、…全くこのトラブルに対して説明する気は無いようです。

まあ、以前もトラブルの時にはダンマリになってましたので、利用者のことなどどうでもいいんでしょうけど、せめて鋭意復旧作業中くらいは告知してもいいと思うがなあ。
そのくせ、「パスワードが長い間変更されてません」とかいうのはしつこく言ってくるんだぜ。利用者に負担をかけるのは好きなのな。パスワードなんか変えたくねーんだよ。一生同じパスワードで充分じゃ。

とりあえず寝て、明日になったらこのトラブルが元に戻ってるか確認したいと思います。
2016/09/15 Thu. 01:32 | trackback: 0 | comment: 0edit

スパムメールにイライラ 

ちょっと体調が良くなかったのと、精神的にイライラする事があってお休みしてました。
イライラしてたのは、人生初のスパムメール攻勢であります。

Eメールは昔から愛用してたんですが、以前は長年WILLCOMだったおかげか、スパムメールというのはそんなに無かったんです。
それでも、アドレスが漏れたらしい時はスパムメール攻勢に遭い、メールアドレスを変更した事はありましたが。
で、今のauに切り換えてからはEメールをほぼ使用しないようになり、スパムメールも全く無かった訳です。
それが今回、攻勢に晒されましてねえ。

きっかけは、8月の下旬に来た一通のメール。
そもそも現在の自分に届くEメールといえば、Amazon、ニコニコ動画、pixivくらいなもので、生きた人間から届くことはありません。
だもんで、たわいのない文面とはいえしばらく悩んでしまいましてね。踏むアドレスも無かったし。結局はゴミ箱に放り込んだんですけどね。
それから数日、明らかなスパムメールがボチボチ届き出しまして、「しまった、あのメールは先遣隊だったか」と思い知った訳です。

それからまあ来るわ来るわ。
来た瞬間から直接ゴミ箱に放り込んで消去するんですけど、非常にイライラさせられました。
読まなきゃいずれ止むのかと期待しましたが、まあそんな訳もなく、定期的に届く数通のメール。んで破棄。届く。破棄…。
せめてタイトルでも面白いのが届けば笑えるんですが、女性を匂わすモノ、auからのお知らせ的なモノ、職場からの業務伝達的なモノ…など、知性のカケラも無い文面ばかり。(auからのお知らせがEメールで届いたことなど、過去5年一度も無い)
「こういう時は、普段人付き合いをしないというのが最強の防御だなあw」と思いながら全部消去していたんですが、さすがに頭にも来ましてね。

今まで知らなかった機能…というかサービス的なモノで、auのスパムメールフィルターというのがあるのに気づきまして。必要になってようやくそこに至りました。
それから、届くスパムメールのアドレスを片っ端から登録していく作業になりました。防衛戦ですね。
効果はあったようで、スパムメール攻勢も勢いを失ったかと思いきや、しばらくするとまた送ってくる、それをまた登録という作業を数日繰り返しましたら…。
ここ2日、全く来なくなりました。これは勝利と見ていいのか?

まだ油断大敵ですが、とりあえずauのフィルターはキチンと仕事をしてくれたようです。今週も街の巨匠に感謝。
果たしてどっからメールアドレスが漏れたのかは謎。上記の3つ以外は…AnAnの嘘問の事でセガにメールしたとか、そんなもんじゃないかなあ。最近はとらのあなとかメロンブックスとかコスパとか使ってないし。
ま、これでイライラの要因は取り除かれました。

最後に、広瀬すず風に感想を述べるとですね。
「スパムメールを送ってる人って、なんでスパムメールを送る人になろうと思ったんだろう?」
「なんで、スパムメールを送る作業に、中学高校の頃から憧れてたんだろう?」
…ってとこですね。スパムメールを送る人のコメント、お待ちしております。
2016/09/10 Sat. 12:31 | trackback: 0 | comment: 0edit

山の日があるなら、五車星揃えようぜ 

忙しいうえに夏バテだもんで、軽い話題で。

2014年の1月16日のこのブログで、「山の日」が出来るということに対してブツブツ愚痴ったんですけど、その「山の日」が来てしまいました。2年半経ったのかあ…。
その時書いた内容をかいつまんで書けば…

「実に安直で適当なネーミングだ」
「どうせお盆休みを延ばしやすくするための祝日だろ」
「休日が長くなれば、その前後の勤務にしわ寄せが来るんだよ」

…といった感じ。今でも全く同じ感想ですね。
海無し8県の県民さんは泣いて喜んでいるんでしょうけど、どう考えても説得力の無い祝日ですわ。

7月に「海の日」、8月に「山の日」。
ならば、「風の日」「炎の日」「雲の日」も制定すべきだと思うんですよ。で最後に「南斗最後の祝日」。
「風の日」と「炎の日」は近づけて配置、「雲の日」は一人離れたとこに配置すればしっくりくると思うんですけどね。
「雲の日」には「我が休日の過ごし方は我流、我流は無形!」みたいな決め台詞で、各々好き勝手に過ごせばいいんです。
…「海の日」はたぶん、失策や失敗が多い日になるんだろうなあ。

ということで、今日は「山の日」。
慈悲の心を持つのか、鬼の拳をふるうのか、あなたなりに行動してみてください。
2016/08/11 Thu. 09:58 | trackback: 0 | comment: 0edit

8月9日、長崎県民にはちょっと特別な日 

8月9日は、長崎県下の小中高校のほとんどが登校日です。
昔は、夏休み唯一の登校日がこの日で、妙に日焼けした級友となんやかんや報告しあって、担任の先生から夏休みももう残り半分だぞみたいな釘を刺されて、でもそんな事は馬耳東風でw、体育館で校長のしょうもない話を聞いて(夏の体育館に数百人という地獄)、そんな登校日。
で、午前11時02分。町中に響き渡るサイレン。

黙祷

1分間黙祷したら、いつもの日常に戻っていくんだけどね。
まあ、この1分間は思いを馳せるものさ。

さて、学生諸君、夏休みも残り半分だよぉ。宿題捗ってる?
おっさんは、お盆の方が忙しいけどな。

さて、黙祷。
2016/08/09 Tue. 11:02 | trackback: 0 | comment: 0edit

大人の誕生日なんて罰ゲームのようなもの 

本日、ブログ主は………来てほしくもない誕生日で、とりたくもない年をとってしまった虚脱感に全身浸っています。

あまり意義の有る事はやらずに怠惰に過ごすと決めてますので、ブログはこんな感じで。


♪ありのままの姿見せるのよ ありのままの自分になるの

あっという間に廃れたこの歌にならって、一段とおっさん化した自分を見せびらかして今日を終えたいと思います。

あ、『ガラスの仮面』の姫川亜弓様も今日が誕生日だそうで、それを知ったのは収穫でした。

8月5日、今日も暑い。
2016/08/05 Fri. 07:39 | trackback: 0 | comment: 2edit

好きな本屋が閉店する寂しさ 

疲れと残業続きで執筆意欲が失せていましたが、徐々に戻ってきたので書いていきます。
…とはいえ、7日はまた早起きしなきゃイカンのですが(ニヤリ)。
それと、ちょっと筆の進まない件だったので…。

ガルパン劇場版の3回目を見に行った時の話。
前も書きましたが、通り道にお気に入りの本屋があるんですよ。『文苑堂上飯野店』というんですが。
規模はそこそこの本屋なんですけど、コミックの充実度がスゴい。表看板に「北陸ナンバーワンコミック」みたいな売り文句が書いてあるんですが、前の仕事で北陸三県くまなく走り回った自分が「正解!」と太鼓判を押せるくらいでありまして。
惜しむらくは、部屋から歩いて80分、バス路線無しという不便さ。富山市的にも中心部からは外れているんで、漫画好きでも知らない人が結構いるかもしれません。
そういう立地なもんで、今の仕事になってからは行きたいけどなかなか行けない本屋でした。
『ガルパン劇場版』を上映していたシアター大都会に近いので、見た帰りに寄って買い物をするのが楽しみでしたが、3回目の時は財布に金が無かったので、やむなく素通り…しようと思ったら、店の周囲ののぼりに…"閉店セール"って書いてあるんですが…。
映画見たノリでルンルンと歩いていたのが急ブレーキ、本屋の入り口に近寄ってみると

「長らく皆様に御愛顧頂きました当店は、6月12日をもって閉店させて頂きます」

………orz。いやいや…なんでここが閉店すんのよ。閑古鳥が鳴いてるんならまだしも、この地域では大型書店だしお客も常に一定数いるじゃんよ。何より、これだけのコミックコーナーを擁している強みもあるはずなのに。
映画の余韻と、お気に入り本屋の閉店ショックがブレンドされた微妙な気分のまま、トボトボ歩いて部屋に戻ってゴロゴロ。記憶と思いが去来して寝る気にもなりません。
結局、4回目のガルパンに行く気になったのは、見たいとかパンフの件もありましたが、最後の買い物をしなきゃな…というのもありましたね。

4回目のガルパン鑑賞を済ませ、帰路で道草、文苑堂上飯野店に寄ります。
店内はそれなりにお客がいて、レジカウンターも忙しそう。なんでこの本屋が閉店するんだろう。文房具半額セールには目もくれず、コミックコーナーへ。
ここのコミックコーナーは、ムック本や雑誌の類もそれなりに充実してはいますが、出版社別のコミック陳列と、マイナーな出版社やレーベルの在庫がキチンとあるのが素晴らしいんですよね。丹念に見て回ると「こういうのがあるんだなあ」と発見する事がよくありました。
それと、成年漫画もしっかり扱っているのもポイント高い。出版社別に一通りの在庫ですけど、新刊平積みはちゃんとやってる。ウチの近所のコミック専門店なんか、成年漫画何それ?みたいな棚構成で評価するに値しないんです。
数時間見て回りたいのはヤマヤマなれど、あまり時間も無いのでサクサクと買うモノを選びます。店内放送で「閉店の案内」を聞きながらというのが、かなり切ない。
紙魚丸、mogg、月吉ヒロキの新刊と(やはり成年漫画か)、宇仁田ゆみの新刊、コブラのムック本など6000円ほどの買い物。餞別には少ないけど、あまり買い過ぎると歩いて帰るのが苦痛になるし。本はかさばるからね。
外に出て、しばらく外観を眺めてからその場をあとにしました。

文苑堂という本屋は数店あって、ウチから歩いて20分ほどのとこにもあります。そこもコミック関連はまずまずなんですが、規模が小さいのでマイナーな出版社までは充実してません。復刊ドットコムみたいな厚い本は置いてませんし。
2回目にガルパンを見に行った帰り、文苑堂上飯野店で『どっきんロリポップ』の復刊ドットコム版を見つけて、「知らなかった~!」と狂喜して買って帰ったようなサプライズは期待出来ません(『どっきんロリポップ』は80年代に少年マガジンで連載されたお色気コメディで、自分は講談社オリジナルコミック、新装復刊版はすでに持っているんですがw)。
そりゃまあ、欲しい本はAmazonでも買えますけど、本屋という空間で発見したりジャケ買いしたりする楽しみというのは、何物にも代えられません。
文苑堂上飯野店は、そういう体験が出来る本屋だっただけに、この閉店は残念でなりません。コミックに力入れてるとこが相次ぎ閉店して、そうでもないとこが生き延びているのはどういう事なんだろう。
あの地域に住んでる人にとっても、大きな損失だと思うんですよね。どうにかならなかったんだろうか。

ともかくこれ以上文苑堂に閉店されても困るので、20分ほどのとこにある別の支店には、ちょくちょく買い物に行くようにしよう。
本屋ってのは、棚を構成するセンスが勝負だと思ってたけど、そういう時代は終わったんですかねえ。だとしたら寂しい話です。
2016/06/06 Mon. 05:21 | trackback: 0 | comment: 4edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。