07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

女性の尻を傷つけるべからず 

21日午後1時20分ごろ、東京都あきる野市のテーマパーク「東京サマーランド」で、警備員から「お尻を切られて出血している人がいる」と110番通報があった。
警視庁によると、18~24歳の女性客8人が尻などに切り傷を負ったといい、福生署が傷害事件として捜査している。

署などによると、現場はランド内の「コバルトビーチ」と呼ばれる屋内プール。
1時間に5~10分間だけ人工的に波が出る仕組みで、午後1時の波の中で遊んでいた女性客2人がプールから上がって痛みを感じ、ケガに気づいて従業員に伝えたという。さらに、午後2時の波で遊んでいた6人も同様の被害を訴え出たという。

署の説明では、8人ともケガの程度は軽いが、それぞれ尻や下腹部を水着の上から切られていた。
署は何者かが切りつけたとみて、プールの出入り口付近で客らの手荷物検査を実施。不審者は見つかっていないという。

同じプールにいたという東京都町田市の専門学校生の女性(19)は、朝日新聞の取材に「女の子たちが泣きながら、救護室に誘導されていた。腰に巻いたタオルには血がにじんでいた。もう波のプールに行くのは怖い」と話した。

現場はJR秋川駅から南西に約1キロ。
サマーランドによると、この日の来場者は約1万人で、コバルトビーチで波が出るときには満員電車のような人混みになっていたという。
同ランドは、午後3時以降の波を出すのを中止したほか、通常のプールの営業終了時間を30分早めて午後7時までとした。

(転載ここまで)


昔から「シリンダー」という単語を聞くたびに、ビジンダーみたいな特撮ヒロインで恐ろしく魅力的な尻をしており、魅惑の蹴りとヒップアタックを繰り出すという脳内設定が頭をよぎる、自分メテオです。如何お過ごしでしょうか。
誰か漢気のある特撮関係者の方、ぜひこの脳内設定を実写化してもらいたい。著作権とかうるさい事は言いませんので。
そして、『コブラ』でおなじみの寺沢武一の世界観みたいな、魅惑的な尻に満ち溢れた場所で老後を送りたいものです。

そんな自分でありますので、このニュースにはいささかおかんむりでありまして、上がらない賃金などよりもイライラさせられております。
女性の尻は愛でるモノでありまして、傷つけるものではございません。あ、プレイとしてのスパンキングやSMに関してはその限りではありませんが。
しかるにこの犯人からは、綺麗なモノ、尊いモノを傷つけたい壊したいという、歪んだ自己顕示欲を感じます。
水着の上から切っているのでそれほど大事には至っていないのでしょうが、愉快犯の域は超えてますね。立派な傷害であり、トラウマ案件ですよ。
早急に逮捕してほしいとこですが、誰かがこういう事をする…という想定が無いでしょうから、十中八九迷宮入りしそう。
カメラの映像があるとしても個人を特定出来ず(服着てないし)、犯行は水中なんで現場は押さえられず、使った得物は小型の丸カッターとかカッター刃、あるいは剃刀の類でしょうから、発見は困難で捨てられたらアウト、指紋も期待出来ない。
波にまぎれての犯行なんで模倣はしにくいでしょうけど、逃げ切らせて高笑いさせたくはないんですけどね。
大方、狂人の犯行なんでしょうが、ひょっとするとこの施設への嫌がらせという可能性も…。まあ詮索しても仕方ないですが。

「尻」は大事にしなくてはいけません(女性のね)。
自分は昔話の『桃太郎』が嫌いなんですが、あの話の元々の原型は、川上から流れてきた桃をおばあさんが拾ってきて、おじいさんと二人で喰ったら一気に若返り、ムラムラとその気になった二人の間に出来たのが桃太郎…ということらしいですね。(そんな事を考えながらCRモモキュンソードを打つと捗ります)
桃と尻、桃尻、昔から人の考える事は同じなんです。桃から桃太郎が出てくるという表現も、和らげてるんだかどうなんだかw。桃クリ三年ですよ。
そういうセックスアピールの権化である「尻」を傷つけたんですから、犯人にはぜひ「去勢」か「宮刑」を。
とりあえずまずは捕まえてほしいものです。
スポンサーサイト
2016/08/24 Wed. 06:28 | trackback: 0 | comment: 0edit

背後から身体検査する警察官 

福岡県警の25歳の巡査長の男が、久留米市の路上で17歳の少女の服を脱がせようとしたとして逮捕されました。

逮捕されたのは久留米警察署・地域第一課に所属する巡査長・北嶋潤容疑者(25)です。
北嶋容疑者は今年4月、久留米市の路上で歩行者の17歳の少女に背後から近づき、いきなりズボンや上着を脱がそうとした疑いがもたれています。

警察が久留米市内で起きた別の盗撮事件を捜査するなかで北嶋容疑者が浮上し、任意で事情を聴いていたところ本件についての犯行を認めたということです。
警察が動機や余罪について詳しく調べています。

(転載ここまで)


最近は物騒だからね、テロとか(棒)。
女子高生といっても、どこに何隠してるか分からない訳だし、いざという時には身体検査の一つや二つは出来るのが警察官のたしなみでしょう。
背後からってのは余計な抵抗を省くためでしょうし、そ~っと近付いて押さえ込むと、相手のリアクションで危険人物かどうか判断出来るのでしょう。スネークマンショーかコサキンにやってほしいネタだわ。
なんとも職務熱心な警察官で、謎の感動に襲われて涙ちょちょぎれてしまいます。

とりあえずこの警察官、夜のハッテン場に薄着で放り込めばいいと思うよ。
親切なお兄さん達が、背後から脱がしてくれるはずだわ。
2016/07/31 Sun. 10:21 | trackback: 0 | comment: 0edit

男は狼なのよ、気をつけなさい 

埼玉県教育委員会は、修学旅行の宿泊先で男子生徒2人にわいせつな行為をしたとして、県南地域の中学校に勤務する男性教諭を6月23日付けで懲戒免職処分としました。

懲戒免職処分を受けたのは、県南地域の公立中学校に勤務する27歳の男性教諭です。
県小中学校人事課によりますと、男性教諭は6月の修学旅行で訪れていた京都府内のホテルで、就寝指導の名目で部屋の見回りを行った際に、男子生徒2人について寝たふりをしていないかを確認するためにキスをしたということです。
県教育局の聞き取り調査に対し、男性教諭は「最初は鼻をつまんだり、口をふさいだりしたが反応しなかったので、行動がエスカレートしてしまった」などと説明していて、わいせつ目的を否認しているということです。
男性教諭は6月14日に県警に準強制わいせつの疑いで逮捕され、現在、勾留中ということです。
23日と24日であわせて4人の教諭の懲戒免職処分を発表する事態となり、関根郁夫教育長は「相次ぐ不祥事を重く受け止めており、信頼回復に全力を尽くします」とコメントしています。

(転載ここまで)


自分は女好きですが、別にホモの人はホモの人で楽しくやってくれればいいと思ってます。
が、これは戴けないなあ。準強制わいせつとの事ですが、された生徒は相当トラウマが残ったと思いますよ。性的なことに嫌悪感を抱いたり、逆に…同性への興味が増幅したらどうするんですか。同級生や他学年がその生徒を見る目も、嘲笑的になるでしょうしね。
(そんな事をされた同級生がいた場合、中学生当時の自分ではそういう見方をしてしまうでしょうから)
教師にしてみれば、修学旅行は愛しい生徒の寝顔が見れるハッピーイベントなんでしょうけど、そこは自重してくれ。
寝顔にキスでもしてあげたいけど、そしたら一日旅立ちが延びるだろう、男は誰でも悲しいサムライ、花園で眠れぬこともあるんだよ。

修学旅行ですから、生徒は十中八九寝たフリだったろうと思いますが(爆睡してるヤツもいるけどねw)、せめて少しはカッコつけて、寝たフリしてる間に出て行ってくれよ。教師だって分かってるだろうに。
こうしてみると、修学旅行はやっぱり大部屋か6人程度の部屋で寝るべきだな。個室や2人部屋は危ないわ。
そして、若くて肉感的な女性教師が見回りするべきだな。そしたらトラウマにならなくて済むだろう。
(最後はそういう思考かよ、自分)
2016/07/04 Mon. 03:40 | trackback: 0 | comment: 2edit

女性の胸は大きさのみで語らず 

英国の研究結果によると、好きな女性の胸の大きさは、男性の所得と関係があることが分かった。

英国の心理学者Viren Swami氏とMartin Tovée氏は、科学雑誌「PLoS ONE」に、社会的、経済的地位が異なるマレーシア人男性266人を対象に実施した調査の結果を掲載。
同調査では、同じ3Dのアニメ女性が異なる胸のサイズになるところを見せて、どの胸の大きさが一番魅力的か、点数(1-5点)を付けてもらった。
すると、所得の低い男性ほど大きな胸を好み、一方所得の高い男性ほど、小さな胸を好むという結果になった。

研究チームはさらに、食べ物に対する欲求が好みの胸の大きさに影響を与えるかを調べるために、66人のお腹が空いている男子大学生と、
58人の満腹の男子大学生を対象に調査を実施。すると、お腹が減っている男性は、満腹な男性に比べ、大きな胸を好む傾向にあったという。

二人は、「どれほどの資源を有しているかが、好みの胸の大きさに大きな影響を与える」と結論している。

(転載ここまで)


それは、3Dアニメの出来の問題なんじゃないのかな?(笑)
まあそれはさておき、いくつになっても男性の視点は女性の胸にいくもんですが(サンプルは自分)、好みの胸の大きさってのは…総合的なバランスの問題じゃないかと思います。
しかも正解が無い。

・顔の印象(丸顔、細面、可愛い、端正、愛嬌の有無、愛想の有無、無表情など)

・体型(身長の高低、細い、太い、ぽっちゃり、骨太、筋肉質、病的、健康的など)

・性質の印象(無口、饒舌など)

・服装の印象(露出度、ボーイッシュ、和服、)

例えば、高身長でボーイッシュな印象の人の胸が小さめでも「それはそれで」となりますし、大きめでも「ほほう、意外ですな」となります。答えが無い。
明らかに太いのに胸が目立たないという方もいらっしゃいますし、痩せ型なのに主張の強い胸をしてらっしゃる方もいます。どっちもそれはそれで良いものです。

つまるところ、「おっぱいはいいものだ!」というのが結論なんじゃないですかね。
そうじゃないと、視線がごく自然にそこを経由するようなプログラムはされてないと思うんですよw。

「人は、おっぱいを大きさによって語るに非ず、ただそこにあれば良い」
男子たる者、そういう気概を持って生きたいものです。
2016/06/10 Fri. 11:54 | trackback: 0 | comment: 0edit

『女神』は男子の憧れです 

16歳の少年とみだらな行為をしたとして、兵庫県警豊岡南署は兵庫県青少年愛護条例違反の疑いで、住所不定、無職の女(32)を逮捕した。

逮捕容疑は3月31日午前1時ごろから11時までの間、豊岡市内のホテルで18歳未満と知りながら、同市の無職少年とみだらな行為をした疑い。
容疑を認めているという。

同署によると、女はインターネットの会員制交流サイト(SNS)を通じて少年と知り合い、約1カ月前から会う計画を立てていたという。
少年が自宅に帰らないことを心配した家族が同署に相談、同市内で少年を見つけた署員が事情を聴いて発覚した。

(転載ここまで)


何も問題ありませんね。一言で言えば「野暮」ってとこですか。
富島健夫や睦月影郎の名を出すまでもなく、官能小説にはよくあるシチュエーションだし、映画や文芸作品にだってありがち。つまり、こういう経験をした方は少なからずいるという事です。
あえて苦言を言えば、1ヶ月も前に計画していたんであれば、家族対策はやっておいてほしかったですよね。どこそこに行くとか泊まるとかの理由付け。無職だそうだし、口裏を合わせてくれる友達とかいなかったのかもしれませんけど。
相手の女性に迷惑をかけないようにするのも、大事なことですよ。

女性にどういう思惑があったのかは分かりませんが、ほっといてあげれば良かったと思うんですけどね。警察も仕事とはいえ、そういう案件だと分かった時点で「そうか、良かったな(ニヤリ)」で済ませろよ。
変に童貞をこじらせたヤバい人間になるよりは(20才の女の子をメッタ刺しにする27才みたいな)、こういう年頃で経験させて頂けるのは幸せなことですよ。これをきっかけとして、無職少年が職についたりすることもあるかもしれないし。
自分が16の時に同じようなことがあったとしたら、相手女性はそりゃもう『女神』でしょうね。実にウラヤマしい。
この殺伐とした世の中に『女神』は貴重なわけで、それを狩っちゃイカンです。ロマンのかけらもありゃしない。

ともあれ、無職少年には「良い経験をしましたね」と祝福してあげましょう。
2016/05/28 Sat. 11:13 | trackback: 0 | comment: 0edit

男性向け美少年は実在する 

大津署は25日(2015年6月)、滋賀県青少年健全育成条例違反の疑いで、甲賀市信楽町長野、会社員の男(30)を逮捕した。

逮捕容疑は、5月15日深夜、大津市内の駐車場に止めた乗用車内で、県内の中学3年の男子生徒(14)が18歳未満と知りながら、わいせつな行為をした疑い。
同署によると、男子生徒は同月16日にも栗東市内のホテルで別の20代の男から同様の被害に遭っており、その捜査の過程で会社員が浮上したという。

(転載ここまで)


約1年も塩漬けしていたニュースですいません。
このニュースにはいろいろツッコみたい事があるんですが、一番気になるのが…当時14才の男子生徒ですよ。
5月15日に、駐車場の車内で30才の会社員からわいせつな行為をされ、その翌日の16日にはホテルで20代の男から同様の「被害に遭った」んですよね。
(いかにこの手の法律が、現実に追いついていないかがよく分かる表現ですな)
…この14才は、魔夜峰央的世界観の美少年なんですかね? マライヒとかラシャーヌみたいな、巻き毛の可愛い美少年。
とにかく、この少年がその手の好事家を喜ばせる外見や雰囲気を持ち、かつ積極的に行為に勤しんでいたのは間違いないでしょう。(同意無しの無理矢理なら強制わいせつという表現になるし)
一般的には「わいせつな行為」は挿入無しの性的行為で、「みだらな行為」が挿入有りの性的行為だと言われていますが、今回の…男vs男の場合もこの基準は適用されてるんですかね? まあ少年愛方面はよく分かりませんが、相互愛撫みたいなのでも満足なんかなあ…。
とりあえず、この少年が"キラー"なのは間違いないと思います。魔夜峰央先生に描いてもらいたいわ。

昔から、お稚児さんとか男色とか歴史のあるものですから、やってる本人が満足ならいいんですけど、全国の中学生男子がこの方向に目覚めるのも…w。
実はあなたの隣りにも、こんな男子中学生がいるかもしれません。

探さないように。
2016/05/05 Thu. 11:42 | trackback: 0 | comment: 0edit

女と女の愛のもつれ 

25日未明、札幌市東区で、交際中の19歳の女子大学生の首を絞めて殺害しようとしたとして、18歳の少女が殺人未遂の疑いで逮捕されました。
少女は「殺すつもりはなかった」と殺意について否認しているということです。

逮捕されたのは、札幌市東区に住む無職の18歳の少女です。
この少女は、25日午前2時すぎ、札幌市東区の19歳の女子大学生の部屋で、この女性の首を絞め殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いが持たれています。
悲鳴を聞いた近所の人の通報を受けて、警察官が駆けつけたところこの女子大学生が気絶していて、少女に事情を聴いたところ首を絞めたことを認めたということです。

女子大学生は命に別状はなく、けがの程度も軽いということです。
警察によりますと、少女と女子大学生は交際中で現場の部屋で一緒に生活をしていて、調べに対し、「殺すつもりはなかった」などと殺意について否認しているということです。

当時2人は別れ話をしていたということで、警察は、交際をめぐるトラブルが動機とみて、事件のいきさつを調べています。

(転載ここまで)


とりあえず、相談してくれれば良かったのに…。
…という自分の願望は置いといて、二人の関係はいわゆる"百合"ですね。百合好きの自分としては見逃せないニュースでした。「キマシタワー!」
ちょっと驚いたのは、法律的には両者とも未成年なんですけど、交際前提同棲しててもうるさい事は言われないんですね。これが19才の男と18才の女だったら(逆でもいいけど)、警察にせよ不動産屋にせよいろいろ言ってくると思うんですよ。当然親兄弟もね。
まあ傍目には女性が二人でシェアハウスして暮らしてるくらいに見えるんでしょうけど、こういう交際があり得るとなっても…周囲は何も言えないでしょうねえ。男が損な世の中だわ。(男同士が同棲してると、より一段と警戒されるだろうしw)
殺人未遂の段階までいってしまったのは、やっぱ若いからだろうなあ…と思いますが、女性同士の恋愛というのはそういう情念が強いのでしょうか。小説にしろ映画にしろ、そういう傾向がある気がします。
この美少女二人が(もう脳内設定がそうなってる)どういう行き違いで別れ話になったのかが分かりませんが、単なる喧嘩にせよ、男絡みにせよ、第3の女が絡むにせよ、いずれ小説化か映画化されそうな題材ですね。

こういう痴情のもつれというのは、あまり表沙汰にはならないイメージがあったんですが、時代が変わったのか、こうやってきっちりニュースになるんですねえ。
とりあえず、二人の相談に乗ってみたいですね。(まだ言ってる)

♪フニフニフニフニ フニフニ フニフニ 女と女の愛のもつれだよ~
♪イブとイブが~ 林檎を…

ダメだ、この歌も成り立たないな。
2016/04/27 Wed. 03:06 | trackback: 0 | comment: 0edit

ある人にはあるんですけどね 

伝説の性感帯Gスポットは「存在しない」――伊ローマ大トル・ベルガータ校の研究グループが先日、英国の泌尿器学の専門誌に発表し、ネット上で「マジ!?」などと話題になっている。

Gスポットはドイツの産婦人科医エルンスト・グレフェンベルグが1950年に唱えたもので、以来、世界中の研究者の間で「ない」「いや、ある」と大論争になってきた。
2008年には、別のイタリアの研究グループが、膣内で快感が得られる女性とそうでない女性を集めて調べた結果、「確かに存在しているが、全員に備わっているわけではない」というリポートをイギリスの科学誌に発表している。

今回は存在まで否定されたわけで、指マンテクを磨いてきた中高年にはショックな話だが、実はそんなに気落ちすることはなくて、冒頭のローマ大の研究グループは、Gスポットの代わりにクリトリスと尿道、膣の前壁が複合的につながった「CUVコンプレックス」という性感帯の存在を提唱している。
要するに、単純なひとつの“スポット”ではなく“帯”なのだ。
ただし、執拗な攻め方にはこんな声があることを知っておいた方がいい。

「AVの影響か、即指マンでGスポットを攻める若い男性が増えているようですが、風俗嬢やAV女優の8~9割は<痛いだけで何も感じない>と言います」と、風俗ライターの蛯名泰造氏がこう続ける。
「仕事だから我慢しているだけ。彼女たちに言わせれば、Gスポット攻撃は『男のファンタジー』なんだとか。女性の性感帯は千差万別で、<足の薬指と小指の間をなめられるとイク>なんてコもいますから、指マン一辺倒より複合的に攻めた方が効果的だと思いますよ」
女性の体は神秘的で、便利なツボがあるわけではない。

(転載ここまで)


また1年以上前の塩漬け記事ですけどね。
Gスポットというのは主に官能小説で密かに波及し、黄金期であったAV業界が一気に有名にしたという印象があります。
サザンオールスターズの『マンピーのG★spot』が1995年の発売ですから(おいおい、20年前かよ…)、言葉として認知度が上がったのは90年代前半だということになります。
まあ、そういう業界的には、キャッチーで便利な言葉ではあったと思います。

上の記事にはもっともらしく解説がされている訳ですが、平たく言えば「性感は人によりにけり、千差万別!」ってことですよね。
そんなもんが画一化されていたら、男がすることも画一化されて、単なる儀式となって、妙にうるさい家元の茶道みたいに全て同じ動きをしないと怒られるようになります。
そんなものにドリームはありませんぜ。

近年の官能小説に『Gスポット』はあまり登場しなくなってますね。鶴光師匠風の「ここがええのんか~」みたいなのはありますけどw。
ある人にはあって、無い人には無い。だから面白いんだと思いますけどね。
しかし、この一連の調査と実験には是非参加協力したいものです。求人募集してないかな?

この言葉を爆発的に有名にした桑田佳祐には敬意を払うけど(カラオケでの飛び道具にもなったし)、まあ「あるといいね」くらいの認識にしとくのが一番でしょう。
2016/02/08 Mon. 12:30 | trackback: 1 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。