03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

金田朋子御懐妊に思う 

アニメ「おしりかじり虫」の声などで知られる声優・金田朋子(43)が、9日放送のTBS系『人間観察バラエティ「モニタリング」』に出演。第1子を妊娠中であることを発表した。

この日の放送では、お笑いトリオ・ジャングルポケットからおたけ、太田博久とともに幼稚園へロケへ赴いた金田。
幼稚園の先生役でのロケ挑戦を決めた理由として「実はわたし、お母さんになるんです」と告白した。

金田はテレビアニメ「おしりかじり虫」シリーズのおしりかじり虫18世役や、『あずまんが大王』の美浜ちよ役などを担当。
2013年11月に俳優の森渉(33)と結婚している。

(転載ここまで)


いろんな思いが心をよぎったニュースですが、とにもかくにも無事に産まれてほしいですよね。いわゆる高齢出産と言われる年令ですし。
スカパーやめて、地上波も見ないんで近年の動向はネットでしか知りませんが、なんというか…ごく一般的なニュースサイトでも妊娠報道されてまして、この人がこういう立ち位置になるとは全く思ってもいませんでした。

声優としては…声も、御本人のキャラクターも、使いどころ限定飛び道具みたいなもので、声豚から見ても規格外の人だったでしょう。
代表作は、美浜ちよ(あずまんが大王)、シロボン(ボンバーマンジェッターズ)。自分はどちらも大好きなキャラクターなんですが、考えてみれば…もう15年前なんですねえ。
その後は、役柄としてはゲストかサブが中心で、御本人の特異なキャラクターを活かした顔出し番組やラジオの方が印象的でした。
それが、御結婚を機にこの類い希なるキャラクターが地上波に進出しだしたのですよね。
地上波のバラエティー番組に出演すると、必ずと言っていいほどツイッターのトレンドに入るもんで、仕事の休憩時間でも「ああ…金朋先生また番組出演か」と分かってしまいます。オタには常識である金田朋子のキャラクターも、一般の方にはインパクトあるでしょう。
それと比例して、オタ系番組への出演は減っているようです。Wikipediaで番組出演見ると、ここ3年くらいはほとんど地上波のバラエティーか、マラソン関連ですね。
オタや声豚を相手にする声優格付け、勢力図の中では決してメインストリームにはいなかったのに、今や一般知名度としては…堀江由衣や田村ゆかりを遥かに凌ぐ存在になっているというね。紅白5回出場の水樹奈々でもインパクトで負けているでしょう。
しかも「結婚して、優しい旦那さんがいる」という属性まで身につけて、声豚相手にアイドルぶってる声優なんぞ全員木っ端みじんにしてしまい、そのうえ「お子さんがいるママ声優」という属性まで追加されるんですよ。
結婚も旦那も子供も、狭い世界でアイドルぶってる声優には御法度なのに、そんな売り方をされてなかった金朋先生が全て持って行った。
噂では…金田朋子を毛嫌いしていた女性声優も少なからずいたようですが、どんなにやっかんでも手が届かないとこまで行ってしまったんです。
なんというか、人生は分からないものだなあ…とつくづく思います。もちろん、金田朋子という…余人の真似出来ないずば抜けた個性があってのことですが。

2002年に戻って、「一般的知名度を得るのは、ほっちゃんでもゆかりんでも能登でもなく金田朋子。清水愛は女子プロレスラー」と言っても誰も信じないだろうねえw。
ともあれ、おめでとうございます。
スポンサーサイト
2017/02/10 Fri. 05:26 | trackback: 0 | comment: 0edit

硬直化したアニメ雑誌 

職場の新しい部署に移って2日過ぎました。とにかく気を遣うんで、普段の倍は疲れてる感じ。
部屋に戻るとバタンキューで寝てしまっているので、思うようにブログ更新出来てません。
実は25日の午前中に『君の名は。』4回目鑑賞を済ませてきてるんですが(その足で前の部署の最終業務日行きました)、その日の夜もあっさり寝てしまいましたし、どうせ明日の休日は『君の名は。』5回目鑑賞に行くんで、まとめて書こうと思ってます。
そこで、その周辺で気になることを。

今回の『君の名は。』超特大ヒットは、大手の広告代理店(電通、博報堂)が全く噛んでおらず、テレビ局も全くタッチしてないという、今までに無い形で起こりました。
作品に対して手応えを掴んだ東宝が、上映館を増やしたり、多めに試写会をやって口コミを生み出す努力はしていたんですけど、それでも興収60億円を想定していたというのは前も書きました。配給元も製作元も予想してなかった訳です。
新海誠監督はアニメでもサブカル的な知名度はありましたから、公開前にチョロチョロと雑誌に露出はあったんですけど、それは…"あの新海誠監督の新作です"くらいな扱いで、大きく取り上げる媒体はあまり無かった記憶。
この超特大ヒットを受けて、「女性セブン」が7ページぶち抜きで特集組んだり、「CUT」が新海誠ロングインタビューをやったりして、ようやく雑誌媒体が反応し始めた感があるんですが、いまだに動きが鈍いというか、完全に乗り遅れて置いてけぼりを喰らってしまったのが、…アニメ雑誌です。

『君の名は。』を見てからというもの、注意深くアニメ雑誌の表紙文字や、中身が見れるものは記事を丹念に拾ってるんですけど、興収100億円突破してなお客足が続くアニメ映画が公開中とは思えないくらい、避けてるんですよ。
唯一、アキバカルチャーマガジン『Febri』だけは、巻頭特集『君の名は。』と銘打って、監督や川村P、神木クン、上白石さん、RADWIMPSなど主要関係者のインタビューを中心に32ページと、監督の過去作品に16ページで計48ページ、がっつり特集していました。巻末にも映画で登場した場所を訪ねる企画をやってたし、この雑誌らしい力の入れようです。
対して、『アニメージュ』『ニュータイプ』『アニメディア』などの老舗アニメ雑誌の動きの鈍いこと。公開後の破竹の勢いに対しても、馬耳東風を貫いて秋アニメの話題しか載っていません。
これがジブリ作品なら、徳間の『アニメージュ』がしつこく特集を組んだでしょうが、『君の名は。』は原作小説もムック本も角川なんで、いくら話題になっても『アニメージュ』は我関せず。
じゃあその角川の『ニュータイプ』はというと、援護射撃をするでもなく訳の分からない秋アニメの紹介しかしてません。"空前の大入り!"とか煽り記事を4ページくらいでっちあげて、それを文字で表紙に入れるだけでも売り上げに繋がると思うんですが、そんな素振りも無い。
そもそも、角川でも力を入れてるのは『新海誠Walker』を出してる部署のようで、アニメ映画なのに『ニュータイプ』はあんまり関わってない雰囲気。萌え豚声豚腐女子だけ相手にしてろ的な割り当て。
邦画の興収記録を登り続ける"アニメ映画"が登場し、しかも角川書店から原作もアナザーも出ているというのに、その角川のアニメ雑誌はノータッチ。
これは、アニメ雑誌という媒体が軽んじられており、狭く閉じた世界で細々とやれと決定づけられた事例だと思います。メディアとしてのアニメ雑誌の終焉。
『君の名は。』の事を知ろうと思っても、アニメ雑誌には何も書いてないという時点で"用無し"ですからね。一般人からしたら『クズメディア』『クズメージュ』『クズタイプ』でしょう。

どの記事に力を入れて、どこに何ページ割り当てるなんてのは端から決まってることで、100億150億売れてしまった予定外のアニメ映画が出たところで知ったこっちゃないんでしょうけど、情報媒体としてのアニメ雑誌は今回の件で馬脚を現しました。
予定された情報だけを流す硬直化したアニメ雑誌に魅力はありません。いずれ無くなるだろうね。
2016/10/28 Fri. 03:40 | trackback: 0 | comment: 0edit

『クロムクロ』全26話終了おめでとう! 

富山県を舞台にしたアニメ『クロムクロ』、全26話が終わりました。
TVアニメをちゃんと追っかけてみるのって5年ぶりで、しかも2クール作品ですから見応えあったし、毎週の楽しみでありました。

基本的にはロボット物、異星人の侵略に立ち向かう話…なんですが、王道やお約束を微妙に外してくるのが味な作品。
黒部ダムの施設はあくまで研究所なんで、研究者と作業員と国連軍人が入り乱れて軍事的なセキュリティーはゆるゆる、緊張感に欠けるし、そもそも所長が研究畑の能天気。
由希奈が高校生で、過去から来た侍である剣之介も高校に編入され、学校生活に時間が割かれる。
侵略してるはずのエフィドルグにしても、変な会議は開くし、「グロングル(クロムクロ)を返してください。それは我々の物です」と丁寧な通信を送ってくるし、ミラーサのアホの子っぷりにニヤニヤさせられるし、どう見てもおかしな団体。でも圧倒的な戦力を持っている。
こういった違和感を抱えつつ、次第に明らかになる真相の面白さ、切羽詰まった事態と隣り合わせなのに日常回もしっかり入れて、かつその日常回に重要な事柄を混ぜてくるというのは…2クールならではの余裕でしたね。

地球に来ているエフィドルグがあくまで一部隊で本隊は別に存在したり、地球側を導く異星の戦士というゼルの存在などは『幻魔大戦』を彷彿とさせますし、争いと隣り合わせの日常や寝返る形で協力するムエッタも考えると『超時空要塞マクロス』も下敷きになってるんだろうな…と思います。80年代フォーマットやね。
そこに過去から来た侍である剣之介と、白羽パパが追っていた鷲羽家の謎と鬼、由希奈のDNAなど、繰り返される撃退の物語という味付けがされ、『クロムクロ』ならではの面白さになっていました。
富山の雰囲気も、独特の雰囲気に一役買ったんじゃないかな。

今時の若い人にどの程度ウケたかは分かりませんが、おっさんである自分にはとても面白かったですよ。10年代はほとんどアニメ見てないので、印象深い作品となりました。
映像ソフトは買いませんが(もうソフトは基本買わない)、ムック本など出るならしっかり買っておさらいしたいと思ってます。
P.A.WORKSのみなさん、お疲れさまでした。富山県在住として、堪能させて頂きました。
願わくば、後々まで評価される作品になってほしいですね。

あ、続編とか完結編とかいらないですよ。
2016/10/03 Mon. 11:13 | trackback: 0 | comment: 0edit

清水愛さん、おめでとう 

声優で女子プロレスラーの清水愛が2日、自身のツイッターを更新し、リングアナウンサーの井上マイク氏と結婚したことを報告した。

清水と井上氏はそれぞれのツイッターに書面を添え、
「私たち、井上マイクと清水愛は結婚しましたことをご報告させていただきます。これから2人で良い家庭を築いていきたいと思います。今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします」
と報告。

「おかげさまで、ついに、こんな私ですが、結婚することができましたー!」と歓喜し「『ゴールイン』なんて言いますが、ここがゴールではなく、私たちのタッグマッチは試合のゴングが鳴ったばかり。まだまだ未熟な2人ですが、どんな強敵が相手であろうと、お互い手を取り合い、立ち向かう所存です」とつづった。

清水は2013年の1月にプロレスデビュー。声優としては15年以上のキャリアを持ち、アニメ『朝霧の巫女』『ワルキューレ ロマンツェ』『ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園- 絶望編』『蒼の彼方のフォーリズム』などに出演した。

(転載ここまで)


ともあれ、おめでとうございます!

これを書いたのが2年半前なんですがね。

2013年11月5日の当ブログ、清水愛さんがプロレス始めた話題

今読み返すと、本格参戦ではなくディーヴァをやるんじゃないか…と書いてあるのが滑稽です。レスラーとしてがっつり本格参戦したんですから。
御本人のツイッターをフォローしてまして、動向はちょくちょく目を通していたんですけど、ほとんどがプロレスの話題で、予想以上に真摯に打ち込んでいるのが伝わってきました。
もちろん、現在の声優界が謎の若手偏重で仕事が少なめだからというのはあるでしょうけど、元々プロレス好きという部分を上手く広げて仕事にしているのは頭が下がります。
何度か書いているように、自分は清水愛さん結構好きですから、応援しながらも「大きなケガとかしなきゃいいけど…」とハラハラもしてました。声優としてはかなり活動的な方とはいえ、32才までレスラー経験は無かったんですから基礎体力に不安がありますしね。
2年半、しっかり続けてこられたんですから、それは素晴らしいことです。
結果、伴侶にも巡り会えた訳だし。

現在の、次々と若手を入れて30代の女性声優を切り離す業界サイクルにはあきれています。
おかげで若い女性声優に対して急速に興味が無くなりましたし、「いずれこの声優も仕事無くなるんだろうなあ」としか思えなくなりました。
数年前にスフィアとかいうユニットがありましたが、あの4人ももうメインストリームにはいないようですし、栄枯盛衰というより使い捨てにしか見えません。
この状態では、「デビューした頃は大根だったのに、今では上手くなったねえ」的な声優は生まれないでしょうよ。
清水愛さんは自己プロデュースでどうにか乗り切ってましたが、完全に姿を見なくなった方がゴロゴロいるのに、若いというだけで"数年"使われる女性声優が次々業界入りしているというのは怖い話です。
いずれ崩壊するでしょうね。深夜アニメの激減か、使い捨てられた側の告発という形で。(AV業界の騒動は対岸の火事じゃないんだよ)

清水愛さんには今後もプロレスと声優(と釣りとサバゲ)を上手くこなしていってほしいと思います。
声優兼業ビジネスモデルの一つとして、今後も増えるであろう干され声優の受け皿になってほしいですからね。…まあ好き好んでこの道を選ぶ人は多くないだろうけどw。
ともかく、おめでとうございます!

ちょっと横になるわ…。
2016/08/04 Thu. 11:41 | trackback: 0 | comment: 0edit

富山市民視点での『クロムクロ』PART2 

『クロムクロ』の最新16話、ついさっきチューリップテレビで見終えたんですけどね。
富山市民的には見逃せない回でしたw。

由希奈が美夏の発案であるコスプレ撮影に見学で付いていく流れ。乗っているのはまごうこと無き富山地鉄。
まあ自分は鉄道に対して冷淡なので(単なる交通機関としてしか見てない)、出てきた電車がどういうウリがあるのかはさっぱり分かりませんが、「ああ、こんな感じの電車が走ってるよねえ」という感想でした。
電車の中も、客の少ない寂れた雰囲気があって実に良かったと思います。

そんでコスプレ撮影をしていたのが還水公園なんですけど、自分富山市に住んで17年ほどになりますが、一度も行ったことがありません。
風景が美しいそうなので、カメラを趣味にしていた頃なら…そういうお約束のスポットも行ったんでしょうけど、現在は封印してしまいましたので、今後も行くことは無いかな。
確か、世界一美しいスターバックスとやらがあるらしいですが、自分は世界一どころかスターバックス自体一度も利用したことが無いので…。「コーヒーなんて液体で味があって飲めりゃあいいじゃん」という考えなので、はい。ジョージアのロング缶で充分。
あと、恋人同士がイチャイチャするための謎伝説があったりする、いわゆるデートスポットでもあるので、よほど物好きじゃないと男一人では行かないでしょう。お前ら東山公園のボート乗れよと言いたい(名古屋ではお約束の破局行為)。

その後、一行が廃墟でコスプレ撮影していましたが、これがまさかのファボーレだったので吹きましたw。
ウチから歩いて40分、富山市西側(旧婦中町)にある大型ショッピングモールで、ファボーレ東宝というシネコンもあります。
よく、地方都市にとってジャスコが唯一の遊び場みたいな事を言いますが、富山市民にとってのジャスコと言えるのがファボーレですね。そこ以外に遊ぶ場所は無いですから。
そんな富山市の娯楽の生命線であるファボーレが、おそらく富山きときと空港での戦闘による大爆発の余波で、完全に使用不能になっているんですから悲劇ですよw。そりゃみんな富山市から引っ越すわな。
(ウチからファボーレまで歩く際、神通川にかかる大きな橋を渡ります。地理的にファボーレが甚大な被害を被っても当然)
2Fで窓が無いはずのシネコンがあれだけ廃墟だったんですから、爆発の凄まじさ推して知るべし。そして、ウチのアパートもダメだろうなあw。
ちなみに、エンディングテロップの"取材協力"にちゃんと地鉄もファボーレも名前が出てますので、ちゃんと壊す許可は取っているんでしょう。

本筋では、自分イチ押しのミラーサがムエッタを簡単に裏切ってw、ムエッタが姫の記憶を戻しそうな気配。とりあえず鬼に助けられると見た。
姫が記憶を戻した時、剣之介がどうするのか。由希奈だけでなくソフィーも一枚噛みそう。姫もソフィーも寺に転がり込んでくる展開もありそう(なんというハーレム)。
剣之介の方向性が定まって、そこで初めてカタルシスに繋がってくると思うんで、20話あたりまでかけて煮詰める気がする。まあ2クールなんだから徹底して固めればいい。
そして、あと1回は富山市民が悶絶する場所の描写をお願いします。…アルペンスタジアムか?w
2016/07/24 Sun. 04:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

水谷優子さんの訃報 

大平透さんの訃報は、あえてスルーしたんですよ…。
『科学忍者隊ガッチャマン』の南部博士が大好きだったもんで、かの有名な「ギャザー! ゴッドフェニックス発進せよ!」の異様なカッコよさとか、いまだに職場で仕事を請け合う時に「ラジャー! 了解!」と言っていることなど、書きたい事はあったんですけどね。(ラジャー!については、『Oh!スーパーミルクちゃん』の影響もあるけど)
他にも大魔王や、ココロのスキマ埋めてくれる人への思い入れとかあったんですが、花粉症でツラかったのと、年令的に天寿を全うされた感があったので、ブログで触れるのはやめました。
…なのに、今日はどうしても触れないと気が済まないのです。
まだ51才の水谷優子さんが亡くなられるなんて、一体誰が思ってましたか?

水谷優子さんの声優としての初のレギュラーは、『機動戦士Zガンダム』のサラだそうです。
シロッコに「パプティマス様!」と固く初々しい口調で呼びかけるのが妙に印象的で、高校で友達相手によくマネしてました。
あの作品がほぼ30年前の作品ですから、当時の水谷優子さんは20才そこそこだったわけで、その若さでよく役をこなしていたものだなあと思います。
この…80年代にデビューした女性声優は、ちやほやされずに厳しく指導されたせいか上手いうえに非常に芸域が広く、かつファンから愛された方が多いんですよね。川村万梨阿、佐久間レイ、林原めぐみ、鷹森淑乃、日高のり子、渕崎ゆり子、本多知恵子…。井上喜久子もほぼ近いか。
もちろん水谷優子さんもこの世代で、独特な甘い声を活かした役柄で人気となり、その上でラジオや雑誌などで自分ら「マニアック」なファンを魅了していました。なんせ明るい人だったし、好かれる性格でしたね。
アニメではヒロインか重要脇役を常に任せられ、洋画や海外ドラマの吹き替えも手広く担当して、この2010年代でもその声をコンスタントに聴くことが出来ました。セーラームーンクリスタルのうさぎのママもやっておられるし。
だからこそ、訃報を目にした瞬間…スマホの画面見たまま凝固してしまったのです。「そんな馬鹿な!」

水谷優子さんで自分が好きなキャラクターといえば、まずは『エースをねらえ2!』『エースをねらえ!ファイナルステージ』の岡ひろみですね。
水谷優子さんの仕事の中では珍しい"主役"なんですけど、昭和のTVアニメ版2作品の雰囲気を残しつつ、宗方コーチ没後の岡ひろみの苦悩を演じきっています。原作が好きなだけに、このレベルの高さは嬉しかったですね。
出崎統監督には大変気に入られ、『ブラックジャック』のピノコを始め、何かしらの役で呼ばれてます。
余談ですが、2011年頃のパチンコ『CRエースをねらえ!』(エース電研)では、本来水谷優子さんが演じていない宗方コーチ生前の岡ひろみを演じられ、「白球よ、私の命を乗せて飛べ!」などの名台詞を聴かせて頂きました。耳福でした。
90年代の一連のあかほりさとる作品(天地無用、セイバーマリオネット、爆裂ハンター)、『不思議の海のナディア』で活躍されたのも印象深いですね。
ディズニーは縁が無いのでミニーマウスはあまり知りませんが、『バフィー~恋する十字架~』の主役の吹き替え、『ビバリーヒルズ青春白書』のアンドレアなどはハマってました。
そして…『ちびまる子ちゃん』のお姉ちゃんですよ。二人姉弟で育った自分としては、あれほどの"お姉ちゃんボイス"はそうそう無いです。「…まる子、アンタいい加減にしなさいよ」
さっきWikipedia見てたら、ゲーム『同級生』のコンシューマー版の田町ひろみ(割と攻略しやすい中小企業OL)とか、田中芳樹の『創竜伝』のOVAの鳥羽茉理もやってたんですね。何でも出来るなあ。
…いや、何でも出来る人だったなあ…。

声優さん、アニメ関係者、漫画家さんなどのツイッターアカウントを巡っていたんですけど、その沈痛な文言だけでいかに慕われていたかが分かります。
20年以上の長きに渡って一緒にラジオ番組をやっていたあかほりさとるは相当落ち込んでいるそうです。外道を自称するあかほりさとるの話を上手に聞いてくれたのが水谷優子さんでしたからねえ…。それでも…気を張ってそのラジオ番組の収録に臨んでいるとか。
そして、ミニーマウスやお姉ちゃん、ピノコといった皆が知っているキャラクターの声優が亡くなられたことを悲しんでいる方々のツイート。
その流れに隠れつつ、自分らマニアックなおっさんが…まだ若かった頃に好きだったキャラクターへの思い出と、水谷優子さん本人の思い出をツイート。
まだ51才の現役バリバリ、まだまだあと20年かそこらは声が聞けるはずだったのに、あまりに突然過ぎた訃報。
川上とも子さん、本多知恵子さん、松来未祐さんの時に味わった喪失感を、また味わうことになるとはね。

なんか書くことがまとまってないんですけど、とにかく残念としか言い様が無い。
素敵な声と振る舞いで楽しませてもらったことについては、感謝しかありません。有難うございます。
でも、こんなに早くいなくなるのは…ダメです。
2016/05/20 Fri. 04:03 | trackback: 0 | comment: 0edit

富山市民視点での『クロムクロ』 

『クロムクロ』第5話最後、第6話最初で、馬がキューブ形態になってムクロに収まり、高速高架の向こうにムクロが直立する様が描かれてますが、あの国道41号線と北陸自動車道の交点は…自分が通勤で毎日歩いて通過している場所ですw。
左側手前に民家がありますが、あれも現実そのまんまです。住んでらっしゃる方は、自宅がアニメに一部分登場したことを御存知なのかなあ。
あそこから北陸自動車道高架に乗って、富山きときと空港まで走って移動するというのは理に適ってますね。下手に下道使うより楽で速い。(壊す許可を取るにあたって、富山きときと空港という名称をしっかり出すことが条件だったとか)
5話でチラッと出てきた渋滞で繁盛してるコンビニも、時々寄りますね。たまにマルハンでパチンコする時とか、漫画倉庫で成年漫画買った時にも寄るかな。

このアニメ、富山県外で御覧の方はストーリーや演出にすんなり入れると思うんですが、富山県民、特に富山市民は身近な場所がリアルな描写で出てくるんで燃えるポイントがズレてますw。もちろんストーリーや演出もとても面白いんですがね。
今まで御当地アニメの「御当地」という部分にはそれほど反応してなかったんですよ。『ガルパン』にしろ『らきすた』にしろ『おねがいティーチャー』にしろ『エヴァ』にしろ、その舞台となってる街は知りませんしね。
『true tears』の南砺市(旧城端町)は、前の仕事でちょくちょく訪れていたんで知ってはいましたが、『true tears』を見た時にはもう今の仕事だったんで、改めて訪れるという事も無かったし(旧城端町はかなり田舎なんです)。
それが、現在住んでうろついている市街が舞台となっているもんで、実にこう…楽しい訳ですよ。聖地巡礼ではなく、聖地に住んでいる状態。
そして、単に舞台になっているだけでなく、そこで戦闘が起きて壊されるという高揚感ね。
昔の話ですが、1990年頃に『ゴジラvsキングギドラ』が公開されましたが、あの映画でキングギドラが暴れるのが福岡市なんです。自分、当時福岡市在住で紀伊國屋書店福岡店でパートしてました。
そんで、天神上空に飛来したキングギドラが、引力光線(昭和設定の呼び名)で…紀伊國屋書店福岡店が入っているビル(天神コア)などをまとめて破壊しまして、自分ら大喜びですよw。映画館で妙な笑いが起きてました。
単に壊されるだけでも嬉しいのに、キングギドラという悪役の大看板スターに壊していただいたんですから、そりゃあ名誉な事です。あれは忘れられません。
ちなみに、同映画でゴジラは札幌の紀伊國屋書店札幌店を破壊してました。紀伊國屋書店大災難。
まあ『クロムクロ』の場合はキングギドラとは意味合いが違いますけど、やっぱ見知った場所がフィクションの中で壊されるというのは楽しいですよ。
6話の最後の大爆発、規模的に…自分が住んでるアパートも無傷では済まないでしょうw。フィクションで良かった。

イエロークラブはどうにか倒せましたが、これによって世界各地にいる"鬼"が富山市目指してやってくるんでしょうか。
次はぜひ、ウチの職場を破壊してください。フィクションなんだから、再起不能になるくらいでお願いします。
2016/05/16 Mon. 02:10 | trackback: 0 | comment: 2edit

キャラクターと声優は違うもの 

落ち着いたみたいだし、あの件にさらっと触れておきます。
4月の上旬でしたか、『ラブライブ』の人気声優がアダルトビデオ出演の過去をすっぱ抜かれて、一部が大騒ぎしてました。
自分は『ラブライブ』を全く見てないんで興味無かったんですが、御丁寧にも検証画像が大量に出回ったんで拝見しました。まあ本人か、そのドッペルゲンガーと見て間違いないでしょう。
騒動を外から眺めていてよく分からなかったのは、声優オタクさん達の身勝手なまでの糾弾ぶりですね。
若い頃にいろいろ事情があって1本きり出演したんでしょうし、「苦労したんだねえ」くらいな感想はあっても良さそうなものなのに、なんか狂ったように新田恵海さんを叩いてる。
かくいう自分も、12年前には石原絵理子を叩いたけどさあ、アレは同情の余地の無い酷さだったからね。

石原絵理子は声優事務所に所属しながら、事務所には内密にアダルトビデオ事務所とも契約し、声優の仕事をしながらアダルトビデオに出演しました。
しかもあろうことか、アダルトビデオでの芸名を「うさだひかる」と名乗ったんです。『デジキャラット』のラヴィアンローズの本名として有名な名前で、しかも石原絵理子は『デジキャラット』には全く出演もしてない、無関係のアニメから名前をとったのです。これは酷い。
この二足のわらじは、2004年の夏頃の東スポの記事を発端に各メディアが追随したことで露見し、本人否定するも…声優事務所とアダルトビデオ事務所が双方「本人である」と認めw、石原絵理子はどっちも一発解雇。
石原絵理子は徐々に仕事が増えていた若手ポジションだったので、持ち役は『メモオフ』とか『北へ』くらいでしたが、この一件で永遠に語られる存在となりました。
金遣いが荒かったのと、「両方の世界でトップを取りたい!」という…妙に前向きな野望があったんだとかw。
あ、自分は彼女の主演DVDを2本持ってます、はい。

これに比べれば、今回の一件は全く問題の無いレベルだと思うんですけどね。人生いろいろ、人に歴史ありですよ。
これをダメって言っちゃうと、若かりし頃に角松かのり名義で豊満なヌード写真集やVシネ出演された柚木涼香さんや、同じく若い頃ヌード写真を発表してる大野まりなさんも糾弾されかねないんだけど、そこのとこどうなの?
アダルトビデオだから云々みたいな言い分の方もいらっしゃるでしょうが、なんというか随分閉鎖的なお考えなんですねえ。童貞ですか?
女性声優はすべからく彼氏がいて、しかるべき性体験はしてる訳だから、今更そこに処女性を求める方が頭おかしいでしょ。
今日ここで一番言いたいのは、アニメのキャラクターと声優を同一視してはいけないという事です。声優さんは、声はあてるけれど、それ以外はただの人間なんですから、オタクがツベコベ言う必要は無い。
自分はアイマス好きですが、アイマス関連の声優に同じような過去があっても全然構いませんがね。むしろすぐDVD買いに行きますよ。

キャラクターと声優さんは違うもので、声優さんは生きた人間なんですから、尊重してあげてください。
今回のDVDは、検証画像見たし買う予定はありません。
2016/05/09 Mon. 03:31 | trackback: 0 | comment: 0edit