04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

4月の締めプレイ 

ここ10日ほど激務が続いてまして。職場のいろんな情報システムを全く新しいものに切り替える為の、準備と実作業の日々。で、ようやくシステム入れ替えは終了し、今日が実務初日。
出るわ出るわ出るわ出るわ出るわトラブルがorz。ほとんど休憩する事も無く12時間働いてました。まあ順調にいけば以前より負担軽減になる…はずなんですが、これが産みの苦しみでしょうか。
そんな状況で、先延ばしになっていた休日が明日と明後日に入ったんですが…本当に無事休めるのかなあ。

4/29の夜に少し早めに帰れたので(それでも朝9時から夜10時半まで仕事してたんですがw)、喜々としてゲーセンへ。4クレ押しました。
●1クレ目、間が悪かったのかCOM3人とのマッチング。しかし、都道府県的には奈良、徳島、鳥取という未制覇県ストリームアタック。ここを慎重に勝って、一気に3県制覇、3地方リーチをかける。1位。
●2クレ目、アチローさん、おれんぷさん、麺大王さん。【サバイバル特番】連想、早押し。自分1位、おれんぷさん2位で速攻突破。決勝はおれんぷさんに早押し投げるも、10対30で敗北、2位。
●3クレ目、おれんぷさん連戦、紺ブルマ娘さん、♪まささん。決勝は自分と♪まささん。連想で先にリーチかけるもひっくり返され20対30で敗北、2位。
●4クレ目、にゃんこさん、ボカパマズさん、崇山庵子さん。逆ラ早押しで漫アゲが3つ並んで狂喜してたんですが、その漫アゲで分からん問題に思わずダイブして終了~w。最終問題は萌え問題単独正解だっただけに、くだらん誤答で首を絞めてしまいました。4位。

以上1224。まあこんなもんです。これが4月の最終プレイとなりました。
今まで月間成績とか出した事がありませんでしたが、今ふと気になったので出してみると…。
4月は、36-33-27-26。うーむ、思ったより良くないというか、こんなもんなのかな。4位が多かったのがマズイな。

さて連休ですが、そんなには押さない…つもり。パチンコも行くだろうし。
スポンサーサイト
2011/05/01 Sun. 06:42 | trackback: 0 | comment: 0edit

鼻炎に負けてます 

サボってすいません。
いまだ引きずる花粉症で体調悪いわ(もう花粉とか関係無く鼻炎なんだと思う)、仕事は鬼のように忙しいわ(黄金週間とシステム一新のダブルパンチ)、パチンコは負けるわ(G1 DREAMなのに夢が無いとは…)と、ブログ更新意欲が低下してました。

とりあえず、5/1の夜にAnAnしたのですが、5クレで13313。
3位だったクレは全て逆ラの最終問題で逆転を喰らうというw、げんなりな展開でした。
4クレ目に富山県が点灯。「こんな夜11時台に押すプレイヤーは、富山県には2人しかいない。自分メテオと…王者・春風さんだわなあ」という読み通り、春風さん登場。いやあ、燃えますな。一応、富山県の1位と2位の対決なのであります(5億台と1億台ですがw)。
このクレは春風さんと共に決勝に行き、テクニカル投げられるも会心の返り討ちにして、ようやく富山県をゲットしたのであります。
で、次のクレ、連戦の春風さんに、逆ラの最終問題で華麗な逆転を喰らって3位転落したのでありますw。いやあ楽しかった。

以来AnAnもやってませんが、ちょくちょくは押さないとねえ。
5月は漫アゲタワーがあるようですが、漫アゲとはいえタワーですから、あんまりモチベーションは…。まあ気が向いたらという事で。

なんにせよ、この鼻炎が軽くならんと押しにいく気力が湧かない。どうにかならんものか。
2011/05/05 Thu. 04:26 | trackback: 0 | comment: 2edit

『CR雪物語』(SANYO) 

『海物語』といえば、泣く子も黙るパチンコ界のベストセラー。近年はアニメ『うみものがたり』になったり、ナムコのメダルゲーム『ラッキーマリンシアター』になったりと、その活躍の場を広げております。
で、自分は『海物語』の主役であるマリンは………どうでもよくてw、その相方、友達であるワリンの大ファンなのであります。
ワリンのデビューは『CRスーパー海物語』(青海)。この機種では当たりラウンド中、マリンが頭の悪そうな自己紹介をwするのですが、5連するとワリン様が格調高い自己紹介をされるので、それを目当てに打ってました。
この頃はワリンとマリンは一種の好敵手っぽい感じだったのですが、ワリン様主役の『CRハイパー海物語inカリブ』が盛大にコケて(自分には神台だったのですが…)、その後『CRスーパー海物語in地中海』あたりから、ワリン様とマリンは完全に友達モードに。アニメ『うみものがたり』のワリン様も、マリンの事をすごく心配し、気にしている素晴らしい性格のお嬢さんでしたなあ。

そして先の年末年始に出た、『海物語』シリーズのスピンオフである『CR雪物語』。ワリン様とマリンがスキー場に遊びに行ったという設定のこの台で、ワリン様とマリンは完全に百合モード全開、まさに俺の為の台だろ!という域まで達したのであります。
通常時の予告でも異様に仲良しな二人ですが、聖堂リーチでの二人の雰囲気はもうヤバいw。広瀬香美の『プロミス』をバックに二人がそれぞれギターとピアノを奏でるんですが、なんというか実に百合なんですなあ。当たる外れるは度外視して(度外視しちゃいかんだろw)、素晴らしい演出です。
さらに大当り中の『プロミス』ラウンドはもう…シェフを呼べ!の世界。泣きそうな顔で考え込んでるマリンに、ニッコリとコーヒーを持ってくるワリン様とか、意味ありげに見つめ合う二人とか、おいおいこの後どうなるんだよ!と溜飲を下げまくっております。当たり中は可能な限り『プロミス』ラウンドを選択して百合百合な世界を堪能。これを演出した人に国民栄養賞をあげるべきでしょう。
当たる為の重要演出である”スノーチェンジ”も、マリンの『いっかーい!』はさておき、ワリン様の「にかーい!」まで聞ければ満足満足w。二人で叫ぶ「さんかーい!」までいかないと普通当たらんのだけどね…。
あ、一応サムの演出で当たると出玉が最も多い16Rなんですが、今回のサムはどう見ても一人で遊びに来た痛い子にしか見えません。こいつ、昔はマリンの恋人設定だった気がしたが、今は格下げされたのかな? まあ、確変16R確定キャラクターなんで、痛い子だろうと出てくるのは歓迎ですが。

大当り中の音楽や変動音は広瀬香美の『ロマンスの神様』、『ゲレンデが溶けるほど腰痛い』、『プロミス』の3曲がフィーチャーされております。この3曲は名曲だと思ってるので飽きが来ません。広瀬香美は歌上手いしね。
しかし、『ロマンスの神様』は究極に前向きで陽気な歌だよなあ。♪来週遊園地、一年経ったらハネムーン………か。

確率的にも打ちやすく、潜伏も分かり易く、ステージもまずまずで、確変・時短中は右打ちでストレスも少ない。そして百合百合百合百合百合百合百合百合………。
最近の新台ラッシュで1パチにしか生存してないかもしれませんが、なかなかの良台だと思いますので、ワリン様とマリンの百合世界も含めて興味のある方はどうぞ。
…魚群柄の雪だるま(保留)は、ちと気持ち悪いけどねw。激アツなんだけどさ。
2011/05/06 Fri. 05:25 | trackback: 0 | comment: 0edit

濃い28クレ 

すいません。昨日はこれを書きながら寝落ちしてしまいました。多忙なせいか、なんか耐久力が低くなってる気がします。

で、7日は休日でしたので、久方ぶりに昼3時頃から押しに行きました。仕事も忙しく、今度いつ押せるか分からないので、ちょっとまとめ押しのつもりで。

2224112223424221214112244123。
28クレ、7-13-2-6。
いや、調子は良かったと思うんですが、なんというか決勝がねw、とことん負けた印象。途中、2-9-1-3という星勘定になった時は本当どうなる事かと思ってました。終盤は多少持ち直したというところ。4位が多かったため、リーグはSS1とSS2をエレベーターしてました。
しかし、13回の2位は納得のお名前ばかりで、その点はあまり気にしてませんでしたよ。負けるべくして負けたのです。

今日のトピック。
●1クレ目、シンさん、グルさん、キング・ヌノさんという、初っ端から手強いマッチング。3人とも進出率が金色なんですがw。しかし幸運にも1位突破出来、決勝はキング・ヌノさんに連想投げたものの、10対30で敗れ、2位。
●2クレ目、ぽにーたさん(全国王者)、つらいちさん、しゅうまいさん。ぽにーたさんに続いて2位突破して決勝へ。決勝に『全国王者斬り2人目』の称号が懸かって初めて「あ、ぽにーたさん王者じゃん…」と気付くw。相変わらずマッチング画面見てませんね。ぽにーたさんに奪取投げられ、30対30の順位負け…大魚を逃しました。
●3クレ目、アイリスさん、ToQさん、くのすけさん。2位抜けして、アイリスさんと早押しでしたが、10対10で順位負け、2位。
●6クレ目、こうすけパパさん、シビトさん、ズォイェさん。予選は☆5の4位での逆ラ早押しでしたが、逆転2位突破を果たし、決勝はシビトさんからの連想を30対10で返り討ち、1位。逆転優勝、そしてズォイェさんの滋賀県斬りで近畿制覇、スーアンチャンはVIP2日。
●7クレ目、強豪・紀州みかんさん、エリーさん、まゆすけさん。2位突破で紀州みかんさんとの決勝も連想で敗れ2位。強い人は強いなあ。

●8クレ目、強豪・紀州みかんさん連戦、ち??さん、きくちこももさん。【総当たり特番】紀州みかんさんにテクニカルで敗れたものの、ち??さんとの奪取、きくちこももさんとの早押しを制して1位突破。決勝はきくちこももさん、連想投げるも10対30で負け、2位。しかしながら沖縄県斬り。
●9クレ目、こうすけパパさん、紫の疾風さん、赤影さん。赤影さんは先だってお会いしただけに緊張します。予選☆5ながら逆ラ早押しで2位抜け。決勝はこうすけパパさんで、これまた緊張w。テクニカル投げられ、相変わらず『ワンピース』問題で墓穴を掘って沈没w、2位。この2位でなんとリーマスへ。
●10クレ目、☆胸板の妹☆さん、しろくまさん、orzさん。福島県が光った時に予感めいたんですが、久方ぶりにマッチングですね。ビジュアル4位、あまのじゃく2位の☆5、逆ラ連想粘るも、今日の数少ない3位終了。リーマスも1クレで陥落w…しかしながら福島県斬り、戴きました。東北もリーチ。
●11クレ目、ほたぴょんさん、MANUさん、さらささん。【総当たり特番】2敗1分で圧倒的4位www。
●12クレ目、ぽんぽこさん、みーやんさん、地下鉄桜通線さん。未制覇の石川県、この方ですか…緊張するなあ。予選☆8、逆ラ早押しで地下鉄桜通線さんの”あの押し”が炸裂したものの、漫アゲを慎重に取って2位通過。決勝はぽんぽこさんに早押しで0対30で敗れ2位。地下鉄さん、まだ勝機はあったんですが………とりあえず石川県斬り。
●14クレ目、Tグチさん、ズォイェさん、プリシラさん。通過はするも、決勝はズォイェさんとの早押し、0対30で敗れ2位。
●15クレ目、はるとさん、がむりんさん、しろやまさん。【サバイバル特番】連想、テクニカル、積み重ね。はるとさんに続いて2位突破、決勝ははるとさんに早押し投げられ0対30の完敗、2位。
●16クレ目、ひーほーさん、なぐさん、イルさん。【サバイバル特番】テクニカル、早押し。速攻1位突破。決勝はひーほーさんに早押し投げて勝利、1位。本日最高の38万パワー頂戴しました。
●17クレ目、ケミクンさん、しろやまさん、クロタマさん。全ラ1位を果たすも、決勝はクロタマさんに敗北w、2位。
●19クレ目、senriさん、あきなりさん、細川可南子さん。出ました細川可南子さん、マッチングするたび、マリみての細川可南子が頭にちらついて離れませんw、可南子可愛いよ可南子。【サバイバル特番】連想、ビジュアル。速攻で4位終了ですwww。連想前のめり過ぎました。
●22クレ目、タルタルSさん、ぶこびっちさん、伊賀人さん。予選は☆同点ながら点数頭ハネで辛くも2位突破。決勝はぶこびっちさんに早押しで敗れ2位。伊賀人さんから三重県斬りを戴いて、東海制覇でスーアンチャン…VIP3日追加ですw。
●23クレ目、ロアーヌさん、芽原みのり!さん、ミルミルSさん。………さっきのタルタルSさんは親類でしょうかw。パロディーCNが出る人は一流の証ですね。で、1位通過したものの、決勝はミルミルSさんに早押し10対20で敗北、2位。
●26クレ目、花音さん、泡姫さん、ikimjrさん。全ラ1位で突破し、ikimjrさんとの連想を30対20で辛勝して、ようやく『完全優勝30回』称号ゲット。
●27クレ、つえーげんさん、ゆうくんさん、きくちこももさん。【サバイバル特番】テクニカル、連想、積み重ね。優位に運んで突破したものの、決勝はつえーげんさんに連想で完封負け、2位。しかしながら、ゆうくんさんの大分県斬りで40都道府県制覇スーアンチャン、………VIPさらに追加w。

という事で、2位クレを中心に振り返ってみました。
最多マッチングは、きくちこももさんの3回でした。有難うございます。他のみなさんも有難うございました。久しぶりに多彩な強豪の方と押せて嬉しかったですよ。
未制覇県としては、愛媛県のタイポマンGさんを斬り損ねたのが心残りですね。残り7県は山形県、群馬県(栃木県だったかもw)、福井県、岡山県、愛媛県、宮崎県、長崎県です。福井県と岡山県はここまで残るとは意外w。山形県は当然として、今まで苦労してない長崎県の存在が気になりますねえw。噂に聞く長崎県難民となってしまうのか…?

後半からルキヲさんが来られ、雑談しながら押せたのは良い気分転換になりました。押し終わってからも、閉店までのよもやま話楽しかったです。やはり同世代は話が合うw。普段ああいう話題はする機会無いですからね。有難うございます。

明日から7日間のVIPですが、正直押せないなあ。キープボトルしたいぞ。
今日、例のコラボ漫画タワーやってましたが(ゲーセン行くまで知りませんでしたがw)、その漫画まだ買ったままで読んでないwので、どこかで読まないといけないなあ(今日の問題、パスしましたw)。学生スタイルのアバターが多かったのは、そのせいなんでしょうね。あの衣装にはそそられないので、門外漢で構いませんけどね。
しかし、こういうコラボが有りなら、もっと積極的にいろんなものとコラボってほしいものです。阪神とか、ひこにゃんとか、『ムー』編集部とかw。
2011/05/09 Mon. 02:29 | trackback: 0 | comment: 2edit

作詞で世界を操った男、阿久悠 

アニメ『まりあほりっく・あらいぶ』のED曲が、あの『どうにも止まらない』でしてね。山本リンダのオリジナルではなく、声優さんのカバーですが。
前作は『君に胸キュン』(YMO)のカバーだったので、てっきり今回もその辺りの80年代を狙ってくるのかと思いきや、70年代のお色気歌謡曲とは意表を突かれました。
スタッフが何故にこの曲を使ってきたかは謎ですが、自分はしみじみと歌詞を堪能しております。そして戦慄するのです、阿久悠という巨大な才能に。

♪噂を信じちゃいけないよ、私の心はウブなのさ
♪いつでも楽しい夢を見て、生きているのが好きなのさ

あの、いかつい顔の気難しいおっさんが、夜、布団に転がって懸命に頭を捻りながら、この歌詞を原稿用紙に書いていく。

♪ああ蝶になる、ああ花になる、恋した夜は貴方次第なの
♪ああ今夜だけ、ああ今夜だけ、もうどうにも止まらない

阿久悠の作詞の凄みは、歌う歌手に合わせた歌詞…を通り越して、歌詞で歌手のイメージを作り上げてしまう点にあります。
沢田研二には気障で美学があるけど少し情けない男を。西城秀樹には熱く燃える愛を貫く男を。ピンクレディーには大人から子供まで楽しめる巨大遊園地の要素を。そして山本リンダには、恋多い女のむきだしの本性を。岩崎宏美の成長に合わせて、少しずつ大人になっていく少女の世界を演出していったのも、リアルタイムでは分かってませんでしたが、ベストCDで振り返ってみると明確な意図を感じて感嘆しました。河島英五の『時代おくれ』なんて、他人が書いたと思えないくらい河島英五そのものじゃないですか。

『どうにも止まらない』を改めて聴きながら、なんでこんな歌詞が書けるんだろうねえ…という絶賛と、このおっさんは一種の中二病なんだろうなあという推測と、そして…もうこんな絶品な歌詞を書く職業作詞家は出ないんだろねえ…という落胆が複雑に入り混じった思いでいます。
以前、自分で作詞する若い女の子がデビューするとかで、こんなキャッチコピーがついてました。”本当の事しか歌わない”。それを見た瞬間、「ああ、それじゃあ駄目なんだよな」と寂しい気持ちになったのを今でも覚えています。

阿久悠の作詞には本当の事なんか一つもありません。
着てはもらえぬセーターを寒さこらえて編む人は実在しないし、北へ向かう人の群れは誰も無口で、海鳴りだけを聴いているなんて事もありません。街は今眠りの中なのに、あの鐘を鳴らしたら迷惑でしょうし、嫁に来ないか僕のところへ桜色した君が欲しいよなんて求婚は成立しません。地球の男に飽きた女性も今のところいないのです。

阿久悠の作詞には本当の事なんか一つも無いのに、…それなのに”真実”が溢れて止まらないのですよ。
青春時代が夢なんて後からほのぼの想うものなんですよ。一日二杯の酒を飲む時代遅れの男になりたいんですよ。あなたはすっかり疲れてしまい、生きてる事さえ嫌だと泣くんですよ。あなたお願いよ席をたたないで息がかかるほどそばにいてほしいんですよ。
どれもこれも、人として生きていたら必ず思いあたる事ばかりじゃないですか。それを端的に歌詞にして世界を作れるというのは、恐ろしい才能です。

ブログみたいな歌詞が氾濫する昨今、もうこんな超絶作詞家が誕生する事も無いでしょう。畑亜紀は言葉の魔術師系で、方向性が違いますしね。
『まりあほりっく・あらいぶ』のEDは、作品のアクの強い世界に負けない曲を用意した、という事なのかもしれませんね。このEDはそういう感じで楽しんでみてください。
これをきっかけに、阿久悠にハマッてくれる若人がいるといいなあ。
2011/05/10 Tue. 03:41 | trackback: 0 | comment: 0edit

藤子格ゲーを妄想する 

あったら面白いだろうなあ…と思いつつ、恐らくは絶対に実現しないと思われるのが、『藤子不二雄キャラクターによる2D格闘ゲーム』です。この妄想をしだすと止まらないのですよ。
ポリゴンで3Dにしてもいいかもしれませんが、やはり2Dの方が雰囲気が出ると思うのでね。

◎ハットリくん
おそらくは最強キャラクター。パンチ、キックの出が早く、威力もあって移動も速い。飛び道具の手裏剣もスピードが速いため避けるのが難儀。風呂敷で滞空も出来るし、逆さ立ちも可能。基本性能だけで追い込んでいけるキャラクターでしょう。ゲージ消費の必殺技(刀系)の威力を弱めにし、打たれ弱くする事でバランスを取るしかないか。変わり身でもゲージ消費させるというのも手か。

◎パーマン
ハットリくんに基本性能で互角の勝負を挑めるのは、このキャラクターしかいない。滞空での移動スピードは最高、そして怪力。滞空状態が基本となるでしょう。ただ、パンチ・キックの出はハットリくんほど速くはないと思われるので、過信は禁物。打たれ強い反面、ゲージが伸びるのも鈍い。飛び道具が無いのも痛い。必殺技は怪力系メインか。コピーロボットを使った必殺技があってもいいな。

◎ドラえもん
格闘性能は低めだが、重いキャラクターなので当たれば威力はあるし、浮きも小さい。飛び道具は空気砲で。滞空はもちろんタケコプターだが、使い過ぎると電池が切れるし、移動スピードも遅め。空中メインは危険か。ネズミに弱い。ひらりマントや通り抜けフープでのトリッキープレイも可能。ゲージ消費の必殺技が多彩で、スモールライト、もしもボックス、ふえるミラー、USO800など魅せるプレイが出来る。地○破壊爆弾は没になった。

◎オバQ
格闘性能は低いのだが、全キャラ中唯一、完全に消えたまま戦う事が出来る。位置関係をしっかり把握していればハットリくん相手だろうと不意を突いてラッシュする事が可能だが、その操作は上級者向け。滞空制限も無いので滞空プレイが基本か。犬に弱い。ゲージ消費必殺技の『劇画オバQ』は、あまりにせつない。

◎怪物くん
相手との距離に関係なくパンチ・キック・投げが繰り出せる強烈キャラクター。威力もあるし、遠距離から捕まえてホールドする事も出来る。念力系の必殺技も強いが、滞空が苦手(コマンド入力で、ドラキュラにつかまって最大5秒だけ)なのと、飛び道具は持たない。それと打たれ弱い。とにかく伸びる手足を使いこなせるかが鍵。

◎浦見魔太郎
トリッキーに特化したキャラクター。パンチ・キックは出も遅く弱い、しかも打たれ弱い。ただしゲージの溜まりが半端なく早く(全キャラトップ)、体力ゲージが半分を切ると発動する『コ・ノ・ウ・ラ・ミ・ハ・ラ・サ・デ・オ・ク・ベ・キ・カ』モードが真骨頂。学生服姿から、黒いマントにバラ柄の長袖シャツ姿へと変化し、多彩なうらみ念法を使えるようになる。格闘性能や移動スピードも多少上がり、滞空も数秒可能に。操作の度に飛び散るバラのエフェクトがかっこいい。魅せるプレイの代表格。

◎変奇郎
魔太郎よりは多少格闘性能はあるものの、道具中心の、やはりトリッキーなキャラクター。召喚系魔術も使う。必殺技を繰り出した後、必ず請求書を書く。もみあげ賛否両論w。

◎佐倉魔美
女の子なので、格闘性能は低いものの、平手打ちだけは出が速い。移動、滞空ではなく瞬間移動で相手の意表を突くのが基本戦略。一定距離以内なら、コマンドで相手を瞬間移動させてダメージを与えられる。瞬間移動を使いこなせれば強いキャラクター。ゲージ消費必殺技は…モデルでしょうなあ。対戦相手大ダメージだわ。

◎並平凡
平々凡々の少年なので、格闘性能や移動は平均より少し下。ゲージ2本消費してタイムボートを呼んでからが勝負。ボートでの滞空は制限無し。圧縮学習で格闘性能を上げるも良し、コントローラーで自分の移動スピードを上げるも良し。ゲージ3本消費の超必殺技『凡、リーム、ユミ子のトリプルタイムボートアタック』は見応え充分。

◎喪黒福造
重量級キャラクターの割に格闘性能も高め。魔美ほどではないが、瞬間移動で隣接して投げ…という戦術をよく使う。飛び道具は名刺、コマンド入力で帽子も投げられる。ゲージは溜まるのが遅めだが、最後は唯一無二の必殺技『ドーン!』で決めたい。

◎プロゴルファー猿
遠距離からガンガン打ってくるキャラクター。飛び道具としては全キャラクター中最速。近接戦闘については木製ドライバーやヌンチャクドライバーでの格闘がメイン。相手がどこにいようとガンガンゴルフボールを浴びせ、必殺技『旗包み』で決める。

◎野比のび太
時限解放キャラクター。格闘性能は魔太郎よりも低いが、遠距離では正確無比な射撃、近距離ではあやとりの大技で相手を搦め捕る難儀なキャラクター。滞空はタケコプターだが、ドラえもんより電池切れが早い。相手の攻撃を無効化できる『瞬時昼寝』も面白い能力。ゲージ消費必殺技『しずかちゃん家の風呂場』は、自分もダメージを受ける両刃の剣である。

◎キテレツ
時限解放キャラクター。先祖の数々の発明品で戦う。コロ助とのサンドイッチ攻撃がメインか。

◎パー子(星野スミレ)
時限解放キャラクター。パーマンよりパワーは劣るが、歌系のゲージ消費必殺技が独特。また、ヘルメットを外す事で相手をメロメロ硬直させる最大必殺技もある。

◎ジャイアン
時限解放キャラクター。とにかく腕っぷしが強い。打たれ強さもあるので接近戦は危険。下手にゲージを溜められると、必殺技の『ボエ~』『ホゲ~』が出るのも恐怖。


あとは、ウメ星デンカ、21エモン、まんが道あたりも題材としては出したい。出来杉、ドラミ、小池さん(ウルトラスーパーデラックスマン)、U子、ドロンパ、切人、ケムマキなども時限解放キャラクターにはしたい。
とにかくカプコンかアトラスに作ってもらえると嬉しいなあ。SNKは向いてない気がする。
2011/05/10 Tue. 05:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

祝辞 

眠いので一言だけ。

セガワ富山の女王、いくらさん、S級プロ合格おめでとうございます。
2011/05/11 Wed. 05:47 | trackback: 0 | comment: 0edit

『時の河』(横山光輝・三国志) 

久しぶりに、このシリーズを。
以前にも書いた通り、自分は無類の三国志好きであります(いや、自分より深い人は星の数ほどおられるでしょうが)。出会うきっかけは、横山光輝の三国志。当時は騙されて、諸葛亮を凄い軍師だと思ってましたなあw(何度でも書きますが、諸葛亮は軍師としてはヘボです。諸葛亮の手柄とされているのは、実際は周瑜や魏延など他人の手柄です)。あれは面白いだけに罪つくりな本だわ。
横山光輝の三国志の面白さは、一応劉備を主人公に近い存在としながらも、ある程度神の視点に各陣営の思惑を描いた事と、単調なように見えて実は的確に重要人物・武将を目立たせた画作り、そして読ませるテンポが凄くいい事だと思っています(やっぱ横山光輝は天才だわ)。そりゃあ大ベストセラーで、超ロングセラーにもなるわさ。

そんな横山光輝の三国志が、ついにアニメになる。これはいやがおうでも期待しますよ。果たして、あの独特の面白さを出せるのか。テレ東の真価が問われます。
当時自分は福岡市に住んでいたのですが、テレ東系のTVQは室内アンテナ(これももう懐古アイテムだなあw)では映りが悪くて困りものでした。が、なんとか頑張ってマシなポイントを探して、第1回目の放送を録画しました。
雷鳴の中を竜が舞い、タイトルが出てOPが始まります。この1分半は至福でしたねえ。劉備が、曹操が、呂布が、趙雲が、出るわ出るわお馴染みの群雄・武将・軍師達。しかも演出がカッコいいんですよ! 「このOP、すっごい出来よかばい!」とワクワクさせられました。
そして、そのOPを支える屋台骨である曲は、実力派バンドであるFENCE OF DEFENSEの『時の河』。

FENCE OF DEFENSE(以下FOD)は、スタジオミュージシャンとして実力のあった3人が80年代半ばに結成したバンド。当時はバンドブーム前夜で、各地からいろんなバンドやグループが名乗りを挙げていた頃です。
FODはヒット曲や流行りの曲を歌うより、「上手いねえ」「いいよねえ」と言われるタイプのバンドでしたが、それでも『シティーハンター』のOP曲『SARA』など、ちょこちょこ売れる曲も出してました。♪うおおおおおおおおせええええらあああああああ!
で、このアニメ『横山光輝・三国志』の音楽全般の仕事を請け負うに当たって、原作を全巻読破したうえで、この世界観をどう表現するかに腐心した…と当時のアニメ雑誌で読んだのを覚えています。こういう風にきちんと取り組んでくれると嬉しいですよね。

音作りや歌声に関しては、何も不満が無いです。さすが実力派、きっちり仕事をしてくれます。中国の古典に、あえてアップテンポのロック調サウンドを持ってきたのも異様にハマッてますよね。
そして、原作を読み解いて書き上げたと思われる歌詞がまた、実にいいんです!
♪果てしなく広がる、この宇宙の片隅に
♪新しい生命(いのち)が、歴史を刻み始めてく
♪流れ流れていつか消えゆくとしても
♪永遠に止まらない、時の河は続いている
三国志の、次々と実力者が移り変わっていく栄枯盛衰の世界を、”時の河”と表現したのがカッコ良すぎてたまりません。これこそ横山光輝の三国志が持つ、神の視点でしょう。素晴らしい歌詞です。

本放送は1年間続きましたが、やはりというか”赤壁の戦い”で終わってしまいました(三国志モノはいつもそうだ)。おかげで自分の大好きな魏延の出番はありませんでしたw。
まあ、それは差し引いても、演出もしっかりしていたし、声優陣も銀河英雄伝説ほどではないにしても実力者をズラリと揃えていて見応え充分でした。キャラクターデザインが何気に荒木新吾・姫野美智というのも嬉しかったし。

今ではスカパーのキッズステーションで定期的に再放送されていますが、やっぱり今見てもOPでワクワクしますわ。この曲があるから、FODのベストCDは金に困っても処分できないんですw。
ちなみに、FODは現在も活動してます。糞のようなK-POPや、屁のようなJ-POPは放送禁止処分にして、FODみたいなちゃんとしたロックバンド聴かせろっての。
2011/05/12 Thu. 06:51 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。