01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

1月の成績 

雪がやんだかと思ったら、寒気来てんのに星空全開で晴れわたって、加えて強風吹き荒れて路面凍結しまくり…って、何の嫌がらせだ冬将軍よ。
雪から雪煙が立ちまくって、その辺からエージェントスミスやT1000、仲代達矢とかの、いい悪役が出てきそうな雰囲気だったのは楽しかったですけど。ま、自分は救世主でも用心棒でもないんですがw。

昔から、『1月はイクー!』とよく言いますが、なんかあっという間に終わってしまった印象。まあ、下旬はずっと体調が悪かったので、記憶が薄いというのもあるんでしょうけど。
今日は月の締めで押したかったんですが、雪の中で用事をこなしてたらゲーセン行く暇なくなったんで、やむなくノーAn。体調もまだまだ全快には程遠いし、無理は禁物。
では1月の成績を。

◎181クレ、49-57-36-39、決勝進出率58.5%。

忙しかったり、体調崩したりした割には、結構なクレ数押してたんだなあと感心w。このクレ数での58.5%は悪くないですね。積み重ねチャレンジの期間中が良かったからか。
しかし、4位をしばしば取っている事で、S1落ちをちょくちょくやらかす傾向なのがイカンです。それに、確か年明けから決勝7連勝だった記憶もあるんですがw、終わってみれば借金8かあ。

2月は、プレッシャーと山分けのチャレンジがあるようですね。プレッシャーについては30点戦法を通すので、上位どころか中位も無理でしょう。山分けはなんとも…。
刺客には何の期待もしてないので、まあ勝手にやってくださいといったところ。

以前aldilaさんのツイートを読んでいた際、セガモバが一旦サービス終了し、スマホ向けに改築されるというセガワ富山店員さん情報を知りました。
「お、これはAnAn.netも包括するんじゃないかな?」と思ったんですが、どうやらその展開になるようですね。PC対応はどうするのか知りませんが、スマホには対応するようです。
さて、そうなると思案のしどころですね。正直.netのサービスに魅力あるものは無いんですよね。対戦メモについては、現在の手書き形式だからこそ印象に残るという面が強いですし。
ただ、カード紛失保険としての.netというものには入っておきたいのが人情なので、一応前向きに考えてみたいと思います。
かのEDDYさんが、スマホに変えた事で.netの自己データが見れなくなった事と、カード紛失出来なくなった事を嘆いておられましたが、カード排出、回収収納などには相当気を使うようになったのではないでしょうかw。どうやらあと少しの辛抱で済みそうですよ。

明日からは2月。2月は「ニクー!」…じゃない、「逃げる」ですね。まあせっかくの"うるう年2月"なんで、そう簡単には逃がさないんだからねっ!
スポンサーサイト
2012/02/01 Wed. 05:36 | trackback: 0 | comment: 2edit

『Self control』(TM NETWORK) 

学生時代は、歌謡曲大好きな子だったもので、教室の後ろでよく歌手の形態模写をやってました。他にも教室の後ろは、プロレスやら相撲やら、ジャッキー映画翌日のカンフーごっことか、いろんな事に使われる多機能ステージでした。

さて、とりあえずこいつを見てもらいましょうか。

『Self control』(TM NETWORK) by YouTube

まあ、80年代の長崎県の離島で、アホな高校生が心の底から楽しく真似しまくっていた、掛け値なしにカッコいい映像です。
この『self control』は、まずイントロ。リズムを刻みながら徐々にテンションが上がっていくのを口オケし、小室役の悪友が身体ユラユラさせながら、左右の手を優雅に使いながら薄笑いでのキーボードアクションをする。
自分(ウツ役)は、マイク片手にリズムを刻みながら、宇都宮隆特有の、ハキハキ発音でおもむろに歌い出す。
"♪キ.ミ.を.連.れ.去.る.ク.ル.マ.を.見.送.っ.て.追.い.か.け.る.こ.と.さ.え.出.来.な.か.っ.た.あ.の.よ.る."
宇都宮隆しかやらないような、恥ずかしいポージングも、なりきる事でクリアします。特にフレーズの最後に来る"♪セルフコントローォル!"のとこでは、自衛隊勧誘ポスターばりの天空指さしポーズをビシッと決めて浸ります。
自分と小室役の2人がノリノリで演じている時、木根さん役の友達は静かにギターを弾いているだけです。
こういうのを、アホな高校生と言い、あの頃確かに実在していました。

YouTubeの映像を見てもらえば一目瞭然ですが、この限りなく中二病な歌詞と、後に花開く小室サウンド、自己陶酔がよく似合う希有なヴォーカル宇都宮隆、あと木根さんを適度に混ぜると、こんなカッコいいバンド(ユニット?)になる訳です。
こんなんが、ベストテンや夜ヒットで演歌と交わったりするのがたまらんかったですね。
♪縛られたアダムとイブ 走り抜けたボニー&クライド

今では、この『self control』の直後に発売された『Get Wild』の方が有名ですが、両曲ともシングルレコードを買った身としましては、この二つの曲は対をなすものだと思ってます。
『self control』の歌い出しが、♪キミを連れ去るクルマを見送って、追いかけることさえ出来なかったあの夜…と見送る側の心情なのに対し、『Get Wild』は♪アスファルト、タイヤを切りつけながら、暗闇走り抜ける…と運転側の心情なのも、偶然とはいえよく出来てます。
この2曲は、TM NETWORKが世間に認知されだした頃の看板曲であり、世界観の頂点に立つ曲でもあります。
どっちも大好きな曲なんだけど、カラオケで歌って高揚感溢れるのは『self control』でしょうね。歌詞がもう、いちいちカッコ良すぎw。
♪大切なあの娘の目を これ以上曇らせないで

最後に、このYouTubeの映像に出てくる謎の棒w、なんなんでしょうね。芋羊羹とか栗羊羹だと笑えるんですが。
こういう演出を、照れもせずに大真面目にやれるのも、TM NETWORKだよなあと思います。
いい時代でした。
2012/02/02 Thu. 04:47 | trackback: 1 | comment: 0edit

プレッシャーチャレンジ、75pt埋め 

昨日の帰り際に、「他の人の都合でゴメンけど、明日休日にさせてもらっていい?」と言われて、いきなりの本日休日。
一番ベストなのは、体調的に寝る事なんだけど、やっぱ外出はしたい。さりとてパチンコするには持久力が足りない。となると、自然と足はゲーセンに向かう訳ですw。
ま、ちょうどプレッシャーチャレンジスタート日だし、満足のいくまで押すとするかあ。
サテに座ったはいいけど、正直頭は働いてないw。これは苦労するなあ…と予感しながら、おもむろにスタート。

本日の戦績
◎35クレ、441324234231231231312132412233411121、11-9-9-6。
とにかく、前半戦は苦労続き。連続決勝進出すら出来ない状況で、結構イラついてました。
後半戦は、ようやく連続決勝進出や連続1位が取れるまで冴えてきて、なんとか収支を黒字化し、滅亡期に入らないうちにスパッと撤退w。トータルでは満足かなあ。
プレッシャーチャレンジについては、本日中に全枠75pt(30点戦法)で埋めてしまおうとの決意で挑み、無事達成しました。
75×15=1125ptを基礎点と考え、チャ権が転がり込んできたクレはボーナスと割り切った結果、1435pt(87%)で終了。まあ上出来です。これ以上は、スタイルを変えないと伸びないでしょう。正解率が90%切ってしまったのが心残りですかね。明日以降に多少伸びるかは運次第。

◎今日のトピック
○前半戦、ねこやなぎ♪さんと5回もマッチング。ほとんど自分が負けていたので、当たる度に胃が痛い思いをしてましたw。有難うございます。
○最近は、悪い時に087さんが現れる傾向がw。今日も2回マッチングして、どちらもお見送り。泣き面にスズメバチです。
○DjHosaさん、シンさん、逆神△地味子さん、小倉アン子さん、ダンシングSさん、志波サオニャさん、姉歯鉄筋家族さん、かめちょくさん、真・暇人さん、松浦亜弥子さん、☆ハルカ☆さん…といった、個人的にお久しぶりの古豪強豪の方々が次々に出てこられたのが前半戦でした。有難うございます。
○23クレ目、ようやく持ち直してきたところで、.comさん、しろくまさん、EDDYさんという、「ああ…首刈り族の奇祭に遭遇しちまった…」と頭を抱えた一戦。とにかくミスは許されない! ダウトは正解押しに徹したものの、快調に嘘をつくEDDYさんを止められず3位。プレッシャーは30点に徹する自分スタイルで2位の☆6。逆ラ連想、勝ち目が無い事もなかったんですが、なにせ回答権が取れない取れないw。3位を守ったのが奇跡でした。しかし、最近トップ5の方々を斬った覚えがないなあ…。
○27クレ目、SLCさん、せつな康さん、ととろんさんというマッチング。この回は予選☆5の4位で逆ラ突入でしたが、終わってみれば1st正解2回、2nd正解2回で逆転突破w。たまにはこんな事も無いとね。あ、決勝はSLCさんに、20対20の順位負けの2位でしたw。いざという時勝ちきれない体質。
○32クレ目、にっしいさん、EVEさん、みーやんさんというキツいマッチング。1R目の押し付けで、ようやく称号『押し付け将軍』を取りました。リーチかかってから10回くらい失敗してたんですよ。途中までいい調子で来てたので、「ミスるなミスるな…」と慎重に立ち回って、最終問題を念の為スルーw。これであとは皇帝のみかあ。あ、余勢をかって決勝もにっしいさんに勝てました、1位。有難うございます。
○34クレ目、444さん、こんにちは♪さん、にょろ☆さん。予選☆4の最下位で逆ラテクニカルに突入したんですが…、並んだ並んだ漫アゲ4問www。これは珍事w。ええ、逆転突破ですとも! …あ、決勝は444さんに20対30で負けました、2位w。安心のメテオクオリティです。
○後半はGTでもあり、いろんな方が楽しく出現されました。孫5号さん、K.Sさん、たかあきさん、面相冷子さん、則天武后さん、荒ぶる有袋類さん、ひろにいさん、ポッポSLさん、あたっく25さん、ケミカル土方さん、波溜晴さん、KEN-6さん、カスタムさん、520さん、ミルミルSさん…など、皆さん有難うございます。

明日は刺客が出るそうですが、どうせマッチングしないので、気にもしてません。「刺客は外ぉおおお!、萌えマッチは内ぃいいい!」という気分です。起きる時間によって、出勤前AnAnするか決めます。
プレッシャーチャレンジはもう伸びないだろうし、あとは偶然次第かな。今の数字だと、500位以内は無理でしょう。
雪は峠を越した…のかしらw。ともかく、道路の雪がそれなりに溶けるまでには時間かかりそう。日本海側のみなさん、耐えましょうね。
2012/02/03 Fri. 01:28 | trackback: 0 | comment: 0edit

新しきメモ帳 

相変わらず悪い目覚め。風邪も日に日に良くはなっているんだけど、なかなかスカッと良くなってはくれない。まあ、休日に廃プレイしてる段階で、身体には良くないんだけどもw。
プレッシャーチャレンジ、多少追加できればいいなあ…と、老体に鞭打って起動。

カード入れてみると、漫アゲが13位www。もうちょっと上位なら、テレビ馬みたいな気分になれるんだけど、ちょっと中途半端ですねえ。いずれ50位からは消えますよ。
○1クレ目、ゲー将さん、杉さん、国宝雪絵さん。早押しは快調に1位だったんですが、プレッシャーは誤答あって4位。30点戦法は、とにかく誤答しちゃイカンのです。☆7で逆ラテクニカル、取りきれずに3位。
○2クレ目、いさをさん、杉さん、ワタルっ知さん。連想2位、プレッシャーまた4位wの☆5。逆ラ早押しは単独もあって、逆転2位突破。決勝はワタルっ知さんでしたが、連想投げられ見せ場なく敗北、2位。
○3クレ目、部長さん、ふくろうさん、三咲さん。積み重ね2位、プレッシャー3位の☆6。逆ラ早押し全く機能せず、4位。
○4クレ目、いさをさん、明彦かおるさん、PPpPpPさん(メモ泣かせなCNですw)。早押し1位、プレッシャー1位(150pt)の☆12。逆ラ連想は2位通過で、明彦かおるさんとの決勝は、早押し投げられ見せ場なく敗北、2位。

以上4クレ、3242、0-2-1-1。
なにせ出勤前AnAnですから、これで良しとしなければイカンでしょう。
案の定、刺客に遭遇する事はありませんでした。最後に斬った刺客はなんだったかなあ…。
プレッシャーチャレンジはちょっと伸びて、1510pt。心情的には1600ptまで行けると嬉しいんですが、無理ゲーかなあ。今日の暫定順位が80位くらいでしたから、明日には暫定200位くらいかな。やっぱりもう少し伸びんと500位はキツいですね。

個人的な事ですが、対戦メモ帳が3冊目に突入しました。A6の、20ラインのスパイラル綴じのものを愛用しているんですが、1年数ヶ月で一杯になるペースですかね。
さて、このメモ帳に新たな記録が書き加えられていくのですが、出来ることなら、「誤ブラ野郎!馬鹿!」とか注釈を加える事なく一冊満了したいですねえw。
なんにせよ、楽しく押したいものです。
2012/02/04 Sat. 03:08 | trackback: 0 | comment: 0edit

スポーツはお金で成立する 

スポーツという興行が成立する為には、協力的なスポンサーが必要不可欠なのは言うまでもありません。
ゲームで『サカつく』や『やきゅつく』あたりをやってる方は、特に実感出来るのではないでしょうか。

このたび、新日本プロレスの親会社がユークスからブシロードになりました。
プロレスファンとしては、まずユークス有難うと労いたいですね。
経営状態の芳しくなかった新日本プロレスを買収し、借金を肩代わりし、監査にしっかり耐えうる経営状態にして、ついには単年度ながら黒字を生み出せるまでに至らせたのですから、本当に理想的なスポンサー、親会社でした。
買収した頃は、正直「プロレスのゲームをずっと作ってきた会社だから、プロレスを愛してはいてくれてるだろうけど、経営大丈夫なんかなあ…」と懐疑的に見てたんですが、ここまで真摯に健全化に取り組んでくれるとは…。本当に有難うございます。

で、次の親会社となるブシロード。最初、「聞いた事あるような?」と思ってたんですが、『社長・木谷高明』というのを見てサイダー吹きましたw。「あいつかっ!」
木谷高明さんという方は、オタ方面ではなじみ深い会社『ブロッコリー』を創設し、その方面で積極的な展開をしてきた、超やり手社長です。コスプレして表舞台に出てくる事もしばしばw。
一時は飛ぶ鳥を落とす勢いがあったんだけど、やり手故に経営を広げ過ぎて赤字に転落し、ブロッコリーの社長、会長職を辞任して、新たに自ら立ち上げた会社が、この『ブシロード』。なんでも、現在は年間数十億の黒字なんだとか…。やっぱこの人、やる事が凄いわw。
で、有名なのが、この木谷高明社長、筋金入りのプオタなんですねえ。確かブロッコリー時代にも、プロレス方面をスポンサードしていたと思うんですが、現在のブシロードも、主に新日をスポンサードしていたそう。で、今回ついに新日本プロレスそのものの親会社となった訳です。プオタここに極まれりといったところ。
まあ、なまじっかプオタなだけに、無理な展開をしやしないか不安もありますがw、プロレスへの愛に満ち溢れた人物が金を出してくれるという点は、素直に喜んでいいと思います。

ちょっと前に、横浜ベイスターズの親会社がDeNAになるや、長年ベイファンを自称していた漫画家やくみつるが、「職種が気に喰わないから、ベイスターズ応援凍結」とか馬鹿丸出しの発言をしてました。本当に馬鹿です。
スポーツというやつは、基本道楽であり、伊達と酔狂の要素がないと成立しません。スポーツチームとしての活動"だけで"利益を出しているとこなんて、世界にもあまり無いはずです。
物好きな金持ちや企業が、赤字持ち出しになるのを覚悟の上で、スポーツに金を出す。スポーツに限らず、囲碁や将棋の賞金もそうですね。そういう図式で成立しているものに対して、やれ親会社の職種が嫌いだからと、贔屓のはずだったチームの応援をやめてしまう。じゃあ、DeNAから給料や強化費用を出してもらう選手は立場無いじゃないですか。
自分の贔屓である阪神タイガースは、大変優良な金回りを誇るチームなので(時にヤンキースから金を巻き上げたりw)親会社が変わる事はほぼ無いと思われますが、もし親会社が変わったとしても、自分はタイガースを応援します。
例えSODタイガースだろうと、ドグマタイガース、エスワンタイガース、オーロラプロジェクトタイガース、コアマガジンタイガース、茜新社タイガース、フランス書院タイガース、英知出版タイガース、カリビアンドットコムタイガース…、真面目に愛情をもってスポンサードしてくれるなら、それは有難い親会社なのです。
ライブドア騒動の時もそうでしたが、プロ野球界は考えを改めた方がいい。そして、やくみつるの馬鹿は、死ぬまでベイスターズを応援しなくていい。

愛情をもって金を出してくれる親会社に続けて恵まれた新日本プロレスには、ぜひ今まで以上の選手とマッチメイクの充実を図ってもらい、夜8時とまでは言わないけど、見やすい時間へのTV放送時間移動を実現してもらいたい。
新日本プロレスがしっかりしていれば、他も活性化出来るのだから。
2012/02/05 Sun. 03:57 | trackback: 0 | comment: 2edit

メテオなりのプレッシャーチャレンジw 

今日も鈍い目覚めではあったんですが、プレッシャーチャレンジも最終日だし、幾らか押して出勤しようかね…と起動。
外気も幾分暖かめで、頑固な積雪も少し溶けモード。このまま溶けてくれれば言う事は無いんですが、数日するとまた寒波が来るんだとか…。
そう言えば、信号機が軒並みLEDに変わって、消費電力や耐久性が上がった…と喜んでいたら、LEDは熱を発しないため付着した雪が溶けず、信号が見えなくなるトラブルが発生しているとか。こういうのを盲点と言うんでしょうねえ。LEDに変わったが故に、手作業で雪を払ってまわる羽目になる。マッチポンプですなあ。

さて、サテにカードを入れますと、漫アゲがもう60位台w。みなさん張り切っておられますなあ。GP上位の方は今月も頑張ってください。
○1クレ目、ねこやなぎ♪さん、サファリさん、アンアンさん。積み重ね1位、プレッシャー3位の☆8。逆ラ連想は2位通過、決勝はアンアンさんに連想投げられ、30対20で辛くも勝利、1位。
○2クレ目、マサキさん、えいちさん、ウザ下さん☆さん。メドレー3位、プレッシャー2位の☆6。逆ラテクニカル冴えず、4位に沈む。全国制覇6周目、まだ富山県斬ってないんですが、最近えいちさんには全敗してるんでしょうねえ…。
○3クレ目、AS-Rさん、まご蔵さん、アンアンさん。山分け2位、プレッシャー3位の☆6。逆ラ早押しはいい感じで1位通過。決勝はまご蔵さんに早押し投げて、30対10で勝利、1位。このクレで歴地社が『歴地社英雄』に到達。4つ目の英雄です。次の趣味雑学は早ければ来月かな。
○4クレ目、ここから10代目カードに突入。ギヤマンの鐘さん、蝶の舞いさん、karzさん。積み重ね2位、プレッシャーは2位ながらチャ権1回成功、☆8。逆ラ連想は1位通過。決勝はkarzさんに連想投げて勝利、1位。
○5クレ目、本田愛乃介さん、☆ハルカ☆さん、Newクイ坊さん。押し付け3位、プレッシャーまたも2位ながらチャ権1回成功で☆6。逆ラ早押しは1位通過。決勝は本田愛乃介さんに早押しで勝って1位。3連勝でSS1という事は、次のクレは出る杭を打ちにくるなあw。
○6クレ目、枢さん、シビトさん、突然段ボールさん。ほらやっぱり「ここは通さねえぜ~!」な面子の方々だあw。ビジュアルは上出来の3位、プレッシャーは悔いの残る3位で☆4。逆ラはテクニカル、ここで相手の誤答と単独正解などを絡めて懸命のアップトリムをかけるも、2位の突然段ボールさんに☆が並んだところで試合終了。3位まででした。

以上、6クレ、141113、4-0-1-1。
いやいや予想外の好成績でした。予選は☆8が最高でしたから冴えてもいなかったんですが、逆ラと決勝にピントが合っていたようです。
ただ、未制覇の富山県とかがかかると、すんなり4位というあたり、いざという時に勝負弱いというのは健在だったようですがw。
プレッシャーチャレンジは、今日2回伸びて、1584pt(86%)で終了しました。Max150pt、Min75pt。伸びただけでも儲けものですが、1600ptには乗せたかったですねえ。75ptのマスがあと4つありましたし。暫定410位くらいでしたが、なにぶん昼間ですから、最終順位は600位から700位あたりじゃないですかね。ま、自分なりの数字は出せたと思います。
で、さきほど各人のブログを巡っていたら、ベラミさんがあっさりと2600ptに乗せられていて「やっぱ違うなあ」と思っていたら、EDDYさんの数字を見て一瞬気が遠くなりましたw。こういう方と戦えるのは楽しいですよね。

明日は休日なんで、体調次第で廃プレイするかもしれません。パチンコ屋でエヴァ7を打ってるかもしれませんw。全ては、その時の足の向き方で。
2012/02/06 Mon. 03:42 | trackback: 0 | comment: 4edit

スパイラーメテオ誕生 

目覚めた時から、妙にだるい。風邪そのものは沈静化しつつあるのに、腹具合も芳しくないし、正直眠い。ダラダラと二度寝とかしてたんだけど、夕方4時頃になってきたので、「ちょいとゲーセン行ってくるかあ…」と外出。
それが、今年最悪の選択になるとも知らずに…。

コンビニで多少食い物を買ってゲーセン到着。プレッシャーチャレンジの結果は、ほぼ予想通りの644位。とりあえず250万パワーを有難く頂戴し、『プレッシャー後援会』なる圧力団体的な称号は適当に受け取る。
さて、地獄さ行くんだで。

◎40クレ、3244312441333111141343111134433123224443、12-5-12-11。
こんなに負け越した事は近来記憶にありません。開始当初SS1にいたのが、真っ逆さまにS1へ。そこからが酷かった。1日に実に4回ものS1落ち。もう、なんでクレ入れてるのか自分でも理解不能。これではSSリーガーではなくスパイラーです。しかも、SS3に戻ると5クレ、4クレ、3クレ(444)でS1に落ちてますから、もうなんというか…。
これからはスパイラーメテオと名乗った方がいいかもしれません。

酷かったポイントはいくつもあります。
まず、集中力に欠けていたのか、積み重ねがメロメロ。12クレで、2-2-3-5という、どこが得意形式なんですかという有様。余計なものを積む、萌え問なのにごく単純な引っかけをためらいもなく積む、これでは勝てません。平均順位も転落し、あまのじゃくに得意形式の座を明け渡しました。
逆ラの誤答も酷かった。結局、焦りで前のめりになってしまっていたんでしょうけど、☆10だの12だの予選で取りながら沈没したクレもチラホラ。何やってんだか。
泣き面に来たのがサバイバル特番。4回のサバイバル特番は3444という、なんじゃそりゃ的な数字。4位の回は全て2形式目で沈没してます。弱いとしか言いようがありません。
近100戦進出率も、61%→53%というブラックマンデー。いやもう、お目汚ししまして申し訳ありませんでした。

そんな中で良かった事も。
一番嬉しかったのは、『タイマン10連勝』の称号を貰った事。今日はS1落ちもあって、決勝まで行けば1位が取れる状態が続き、今まで縁の無かったこの称号を戴きました。
で、11連勝まで伸ばして、12連勝目、みっきいさんとの決勝でリーチをかけ、ある野菜名を答える問題で回答権取った! …写真が出てきて押し間違えましたorz。グル生弱者なので、野菜の実物とか記憶に乏しいんですよ…。この痛恨のミスで連勝ストップ。以降、3回の決勝全て敗北w。キレてしまってますねえ。

全国制覇は大分県と滋賀県を斬って、残り6県。残ったのは、沖縄県、山口県、香川県、福井県、富山県、秋田県。珍しい面子です。
今日も富山県の方と1回マッチングしたんですが、お約束の4位。ちょっと苦手な方なので、負けたくはなかったんですが、そういう精神状態だと逆に負けるもんです。

萌えマッチングとしましては、ユキチャンさんとの連戦、世捨て人さんとの2回(お見送り)、CNを見るとときめくw細川可南子さん(お見送り)、ブログを始められたたいせいくんさん(お見送り)、EDDYさん(当然お見送り)、といったあたりですか。
なにぶん気分が滅入ってましたんで、楽しかったクレはそんなに無かった一日でした。
よって、今日は細かいトピックは割愛します。すいません。

エンタメの衣装を着てやれとかいうイベントは、一応貰える称号はもらいました。違和感たっぷりだったので、称号もらったら速攻で脱ぎましたけど。
個人的には、プレイ数より斬り数の方を重視した方がいいと思いました。今後同様のイベントがあるなら、改善してほしいかな。

ま、とにかくスパイラーのメテオとして、今後も頑張っていきます。
本日対戦していただいた全ての皆様、有難うございました。
2012/02/07 Tue. 01:09 | trackback: 0 | comment: 0edit

『I'm proud』(華原朋美) 

プロモビデオ(PV)にはいろいろ名作があります。
曲のテーマに合ったもの、歌い手を格好良く、美しく見せているもの、笑えるもの、いろいろあります。
今回のお題は、その人の絶頂を見事に切り取った、価値のあるPVです。

『I'm proud フルバージョン』(華原朋美) by YouTube


このPVを見る度、いろんな思いが頭の中をよぎります。
まずは、このPVにおける華原朋美こそ、芸能人生で一番輝いていた瞬間であり、さして華原朋美ファンでもない自分すら「めちゃめちゃ可愛いよなあ。幸せそうな顔してるわあ」と思ってしまう出来だという事。こういう瞬間を映像に残せたのは、結果として良かったんだろうな…と。本人にしてみれば忸怩たるものがあるとは思いますが。
それと、この『I'm proud』という曲が、神懸かり的に華原朋美に合っていたのも、印象をより深いものにしています。♪壊れそうで崩れそうな情熱を、繋ぎ止める何か、いつも探し続けてた…という歌詞は、まさに華原朋美のその後。作詞は小室かあ、分かってんなあ。
曲としても、中盤からサビへの盛り上がりは素晴らしく、華原朋美もよく歌いきってるなあと感心します。

その小室は、昔の女とヨリを戻さないタイプなんで、もう華原朋美とどうにかなる事は一切無いと思いますが(ひろみと聖子みたいに双方逞しい間柄とは真逆ですw)、それ故に、その瞬間での女性への愛情はデカいですよね。精神的に子供っぽいと思われるので、愛情=金をかけるという事になる訳ですが。
このPVの無茶な金のかけ方は、ひとえに小室の愛情を現していると思えます。芸能界が冷え込んでいる昨今では、こんな豊富な資金を投入したPVなんて作れないでしょう。
「アーティストに曲を書いたのではなく、恋人に曲を書いてデビューさせただけ」というのは、日本の芸能界史上に残る名言だと思います。小室箴言。
このPVに自ら出演して、『小室さん』を演じている小室もまた、このPVの頃が絶頂だった気がします。

この曲が世に出た1996年3月というのも、自分の記憶を刺激して止みません。
この時期、セガサターンは『バーチャ2』や『セガラリー』を擁し、『ガンバード』『ヴァンパイアハンター』の神移植、『パンツァードラグーンツヴァイ』『ガングリフォン』の登場など、まさに絶頂を極めていた時期で、「絶対に、任天堂と、あとソニーには負けんねん!」と湯水のように金を突っ込んで、サターン買い支え部隊を自認していましたw。その夢の跡が、今でも部屋にある140本ほどのサターンソフト(ほぼ新品定価)と、おびただしい周辺機器なんですが…orz。4大サターン雑誌も『全号』買ったなあ。
タイムマシーンがあるのなら、あの頃の自分に…「少し落ち着け」とは伝えたいですね。『麻雀同級生』とか『センチメンタルグラフィティ』は無理に買わなくてもいいぞ、とw。
しかし、サターンを買い支えるのはそのままやらせるでしょう。あんな燃えた、面白かった時代は経験しておかなきゃ損です。
この幸せだった時代と、飛ぶ鳥を落とす勢いだった小室サウンドは見事にシンクロし、16年経った今でも色褪せません。
深夜、仕事から家に帰り、TVをつけると銀座ジュエリーマキのCMと、通販のテレコンワールド。おもむろに外部入力に切り替え、サターンの電源を入れる。あのデモ、あのロゴ、あのシーク音。まごう事なき1996年。

このPVで、二人が超高層ビルの屋上で楽しそうにじゃれている姿は、二人の関係の頂点であり、小室の時代の頂点であり、CDがべらぼうに売れていた音楽界の頂点であり、そして華原朋美の芸能人生の頂点を暗示していたのかもなあ…と考えたり。まさに儚い夢の一時であり、バベルの塔です。
その泡沫(うたかた)を見事に切り取ったこのPVは、見る度に、せつなく、感慨深く、そして楽しかった記憶を呼び覚ましてくれます。
華原朋美、現在37才。このPVで魅せた会心の笑みを、どこかで振り撒いてほしいです。
2012/02/08 Wed. 03:50 | trackback: 0 | comment: 0edit