12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

2012年のAnAnのまとめ 

無念…、仕事終わらず、年越しAnAn出来ませんでしたorz。
なんか早く終わろうみたいな事を言ってる割には、人手が少ない気はしてたんですが、案の定延び延びでした。残念無念。
終わった事は仕方ないので、次回はちゃんと年越しAnAn出来るようにしたいですね(鬼が爆笑)。


さて、『メテオ・ストライクス』を読んで頂けてます皆様、明けましておめでとうございます!(どーもどーも高橋圭三でございます)。

♪年の始めのためしとて~

どうしても、大晦日から元日のイメージは高橋圭三さんの張りのある名調子なんですよねえ。あんなキチンとした司会者をもう一度見たいものです。
さて、年越しAnAnが無くなってしまったので、余った時間で12月のまとめと、昨年のまとめを書いてみたいなと思います。

まず12月………145クレ、45-42-27-31、決勝進出率60%

昨年は月間100クレ以上の月が6回ですから、結構押した月でしたね。急性の胃腸トラブルもありましたが、後半も安定して押せてました。
進出率60%は上出来、決勝勝ち越しもめでたい。不満を言えば4位の多い月だった事ですかねえ。S1落ちの要因にもなりますし、減らしたいものです。
では、昨年の月間数字を全て羅列しまして、年間総評をしたいと思います。

◎1月……… 35クレ、11-9-9-6、57.1%
◎2月………134クレ、42-29-32-31、52.9%
◎3月………134クレ、39-44-23-28、61.9%
◎4月……… 41クレ、11-11-9-10、53.6%
◎5月………231クレ、62-75-51-43、59.3%
◎6月……… 78クレ、24-19-22-13、55.1%
◎7月……… 39クレ、16-7-6-10、58.9%
◎8月……… 86クレ、27-30-17-12、66.2%
◎9月………174クレ、45-53-46-30、56.3%
◎10月……173クレ、38-68-44-23、61.3%
◎11月…… 80クレ、24-18-22-16、52.5%
◎12月……145クレ、45-42-27-31、60.0%

☆2012年総計、1350クレ、384-405-308-253、58.4%
☆2011年総計、1419クレ、404-432-355-228、58.9%(参考)

むう、いろいろ感慨深いものがありますね。
1、4、7月のクレ数が極端に少ないのは、仕事が忙しかったからですが、一部財布の問題もありますねえw。そういう事さえ無ければ、基本80クレ以上は押せる勘定です。逆に5月は、何でこんなに押したんかなあ…。
進出率については、60%台が4回あったものの、結果としては2011年より微減。現在までの通算も58%台なだけに、今後は60%以上を強く意識しないとジリ貧になってしまう。
決勝の勝率推移は悪くなかっただけに、10月に崩れて2位量産したのが残念。
年間の数字に成長が無いのは悔しい限り。いいかげん成長しないと。
しかし、改めて見ると年間400勝前後なんだな。1日1勝。こりゃあ2013年中の1500勝到達は難しいか。2位は余裕で到達するだろうけどw。
この数字を胸に刻んで、今年も楽しく押すとしよう。

しかし、自分の対戦メモ帳を捲って数えないと、上記のような月間ごとの数字まで分からないのはイカンよね。こういうのこそ.netで簡単に検索出来るようにしないと。セガさん頼みますよ。
では、本年も楽しく勝負したいと願っております。よろしくお願いします。
スポンサーサイト
2013/01/01 Tue. 03:56 | trackback: 0 | comment: 2edit

今年も苦戦しそうです 

昼2時半に目が覚める。せっかくの休日なんだし、もう少し寝た方がいい事は身体が分かってるんだけど、気持ち的には一年の計は元旦にあり、AnAnとパチンコだよなあ…と思っている。悲鳴をあげる身体と、逸る気持ち。おっさんになって、この辺の食い違いが増えました。
とりあえず中間を取って、ゴロゴロしながら年末に買った官能小説なんぞを読む。ラジオは天皇杯決勝、TVはもう部屋じゃほぼ見ないねえ、もう自分が生きてる間にTVが面白くなる事は無いでしょ、不必要なメディア。
いつの間にか夕方になったので、そろそろと起動。まずはAnAnと洒落込んで、キリのいいところでパチンコ行くか。

ゲーセンの人出はそこそこ。AnAnは例によって無人w。
先週は288万パワーの60位か。1.4倍、有難く享受致します。
昨日、年越しAnAn出来なかった件がまだ気分的に尾を引いていて、ちょっとどんより気分。そういうのは如実にプレイに出るもんですねえ(意味深)。
クレ数多いので、申し訳ありませんが印象的なクレのみにします。

☆[SS2]7クレ、2134223、1-3-2-1
悪くない滑り出しだったのですが、妙にジリ貧になって、1回の4位に2位量産が重なってSS2を陥落。この時点で「ノレてないなあ」と自覚。

◎1クレ目、朝倉さん、J-ONEさん、EVEさん。2013年最初のクレです。
早押し1位、あまのじゃく2位の☆10。逆ラテクニカル、まずまず2位通過。
決勝はJ-ONEさん。テクニカル来て、20点取られ、20点取り返し、最後に…取られましたorz、2位。
今年も2位に縁が深い一年になりそうです。

◎2クレ目、MIX!?さん、赤隼さん、COM。
連想2位、サバイバル2位の☆8。サバイバルはラスト問題で突っ込まなければ1位だったんですが…。おかげで逆ラテクニカル、一時は3位でしたが…なんとか2位通過。ふう。
決勝はMIX!?さん、連想投げて勝利、1位。今年の初勝利!

◎4クレ目のプレッシャーで、チャ権持ったほっそひーしさんに正解ブラボーしたら4位減点でしてorz。すいませんすいません(o_ _)o。
こういう事があると気分的に引きずるんです、4位。

◎6クレ目、パンサー鳥取さん、べにちおさん、ターャジスさん。
パンサーさんは今日も鳥取から。ターャジスさんのラジオ時報、終わってしまうそうですね、残念です。
テクニカル1位、山分け1位の☆12。山分けは2問目にして60-0-0-0という会心の超絶展開でした。逆ラ早押し、伸ばして1位通過。そしてパンサーさんは☆2からの逆転突破…怖い。
決勝はそのパンサー鳥取さん、自分は完全優勝、パンサーさんは逆転優勝がかかった一戦。連想で勝負を挑むも、このクラスの方には無謀でした、ストレート負け、2位。
この2位で"次回3位でSS3落ち"になったのも痛かった…。次クレ3位取ってSS3へ。

☆[SS3]5クレ、33423、0-1-3-1
ここはテンション下がってましたねえ。COM二人戦でやらかしたのがマズかったんですが…。

◎9クレ目、ミストラルさん、・~・!!さん、真野恵里菜♪さん(北海道)。………真野さん、なぜ元日からそんなところにいるんですか。200%感心してました。
4奪2位、サバイバル3位の☆6。逆ラ早押し、特筆する事も無く3位。
考えてみれば、自分のように富山県から出ない、行って石川県というプレイヤーが、真野恵里菜♪さんに2回お会いした事があるってのがスゴい事なんだよな、ウン。

◎10クレ目、うっかりさん、COM二人(一人は宮崎県)。…ほら真野恵里菜♪さん、COMに留守番させちゃダメでしょ。
【総当たり特番】…COM二人でこの形式、心の中が暗雲だらけなんですが…。
テクニカル、連想、早押し。全敗、4位。以上!

◎12クレ目、智洋さん連戦、赤隼さん、小嶋陽菜さん。智洋さんには前クレ決勝で負けてます。3人とも九州ですね。
連想4位、山分け4位の☆2。連想の漫アゲ、好きな漫画で、コミック装丁、作者名、連載誌名まで頭にスタンバってるのに、タイトルが出てこず誤答orz。この誤答が命取り、逆ラテクニカル挽回して2位同点まで持ち込んだんですが…3位。
これでまたS1落ちです。直近62%でのS1落ちとか、白い目で見られそう、すいません。

☆[S1]4クレ、1211、3-1-0-0
中村区役所前さんに遭遇、ちょっとびっくり。有難うございます。
決勝で戦ったのは、ソーニャ→→さん、GLAYさん3回。
GLAYさんとの3連闘は面白かったのですが、驚いたのがGLAYさんのタイマン戦績。勝利と敗戦がそれぞれ4000回以上だったんですよ。
これが金属プロなら別に不思議じゃないんですが、GLAYさんは3.6億パワーのSSプロ。ちなみに3.1億のSSプロである自分のタイマンは勝ちが1100回台、負けが1200回台。
長い事AnAnやってる割に、システム的な事には無知な自分で申し訳ないんですが、こういうのってどうなってるんでしょうか? タワーですかねえ…。
ともあれ、3連闘有難うございました。

☆[SS3]2クレ、31、1-0-1-0
ぼちぼち9時迫ってきたし、いくらパチンコ屋が深夜営業期間中とはいえ、そろそろ動くかな…という感じでした。

◎18クレ目、エルクラシコさん、グロムイコさん、COM。グロムイコさんのCNを見た瞬間吹いてしまいましたw。この人絶対おっさんだ。いいとこ突くなあ(賞賛)。
連想2位、早押し3位の☆6。逆ラテクニカル、抜けて1位通過。…んで、空気を読まないCOMがついてきました…。
決勝はCOM。連想でチンチンにしてやりました、1位。
余談。このスマホの予測変換なんだが、得る暮らし子、グロ無為子というのはやめなさいw。


以上18クレ、213422333423121131、5-5-6-2。
先月、4位が多いと反省したら、いきなりの3位無双orz。いやまあ…確かにマシなんだけどね。まあ勝ち越しではあるけど、S1での調整があるから威張れた話じゃないです。
新年早々、対戦して頂いたみなさん、有難うございました。

その後、パチンコ屋で400ハマりの牙狼を1000まで引っ張ってw、ようやく真魔界ラッシュゲットで4連。ST抜け50回転で再び当たるも単発。ここで終了。
投資46k、回収34kで、12kの負け。まあ40k以上負けてる状態から追い込んだので、心境としては悪くない感じ(パチンカー的ダメ思考です)。次回は1ぱちで平和に遊ぶとしよう。そうそう牙狼やタロウでは勝負できんしね。
という事で、AnAnは今一つの推移、パチンコも負け、身体は疲労残りという、これこそ『一年の計は元旦にあり』という日になりました。今年もこんな一年なんだなあ………ふう。
2013/01/02 Wed. 02:49 | trackback: 0 | comment: 0edit

WBC、百害あって一利無し 

元日のスポーツ新聞の1面見出し、スポーツ報知だけがWBCネタで吹いてしまいました。まあ、ここまでWBCにこだわるのは読売だけだよなあ…という薄笑い感。
どうせアメリカでは、大学バスケの国を挙げての熱狂にかき消されますし、故障を恐れるメジャー各チームは、所属選手に不参加を…無言で圧力をかけるでしょう(メジャーにいる日本人が全員不参加の時点で察しがつきます)。
このイベントに全力で挑んだレッドソックスの松坂大輔が、前年の活躍が嘘のように転落していってしまったのも拍車をかけてます。原因がWBCなのかどうかはともかく、シーズンに向けて調整するべき時に無茶をやりゃあ、そうなります。
大会自体は、ベースボールにおける世界一の団体はMLBというメンツを保持する為に開かれるんでしょうし、変に力を入れてくる日本あたりの戦力を品評する為でもあるでしょう。


(ここから転載)

今年3月に行われる野球の国・地域別対抗戦、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、1試合で1投手が投げられる球数の制限などの大会規定の一部が明らかになった。

球数制限は、前回2009年大会より各ラウンドで5球ずつ減らされ、1次ラウンド65球、2次ラウンド80球、準決勝以降は95球と、06年の第1回大会と同数に戻った。
WBCに派遣した投手の故障や疲労を懸念する大リーグ各球団に配慮した措置で、前回より投手の継投のタイミングが早まるため、各チームはよりきめ細かな投手起用を迫られることになりそうだ。

また、今大会は1次ラウンドで2大会ぶりに総当たり方式が採用され、勝敗が並んだ場合の順位決定方式を一部変更する方針。
国際野球連盟(IBAF)の公認大会にならい、勝敗が並んだ場合は当該チーム間の

(1)直接対決での勝敗
(2)得失点率(1攻撃イニング当たりの平均得点から1守備イニング当たりの平均失点を引いた数値)

――など4項目を順に比較し、それでも並んだ場合は、コイントスで決定する方式をベースに調整される見通しだ。

(転載ここまで)


まだWBCに『世界一決定戦』の幻想を抱いている方がいるかもしれませんが、この球数制限を見てもそう思えるなら大したものですよ。メジャーも日本もオープン戦がありますが、オープン戦には球数制限は無い訳で、大会としてはオープン戦以下と見ていいんじゃないですか?
もちろん、オープン戦は調整の場であり、そこで好成績を収めても何ら得にはならない事は百も承知ですが(阪神ファンならなおさらねw)。

もちろん、メジャーでも続々と辞退されてます。
両リーグトップの51セーブを記録したオリオールズのジム・ジョンソン投手もWBC米国代表入り辞退を表明。「国を代表するのは名誉なことではあるが、春のキャンプに集中したい」とコメントしているとか。出場自体が罰ゲームでしょうw、これ。
あの韓国でも、今回は辞退者続出なんだとか。なんでも今回は兵役免除が無いからだそうで(ある意味素直だよねえw)、そんな寒い時期に全力出して日本に勝っても仕方がない…という反応。

そんな化けの皮が剥がれたイベントでも、力を入れざるを得ない日本のプロ野球の現状が悲しい限り。
スポーツ報知が、"V3確率80%!"と煽ったところで、「はあ、さよですか」という気分ですね。
ともかく、阪神に限らず全ての選手を故障させないようにだけはしてくれ。巨人は大嫌いだけど、巨人の選手であろうと…こんな噴飯もののイベントで選手生命狂わすなんて馬鹿げてる。

一番いいのは、大学や社会人中心でお茶を濁す事だと思うけどねえ。大学生がメジャーに青田買いされたら、それはそれで。
2013/01/03 Thu. 08:23 | trackback: 0 | comment: 2edit

ああ、暁の3000枚 

昨日は、夜に入ってから雪がチラつき始め、残業が終わる深夜にはきっちり白い世界になってました。
「まあ新雪だし、これくらいならサクサク歩いていけるからいいや」とサクサク歩いて帰宅してたんですが、ふと「ああ、年末発売の成年コミックをチェックしとかないとな」と思い立ち(アホな大人や)、24時間営業の漫画倉庫に寄りました。
これが間違いの元とも知らず。

成年コミック自体は新刊吟味の末、2冊ジャケ買い(ソムリエですからw)。その後ゲームコーナーへ。ここのゲームコーナーにはパチ&スロが置いてあるので、ちょくちょく職場帰りの真夜中にエヴァ7やタロウを回して遊んでます。
いつものようにパチンコ回して、特に当たりも引かず「んじゃ、帰るか」と何気に見ると………おお! アイマスのスロットがある…。
自分は羽根物以来の純粋パチンカーでして、スロットは肌に合わない為、ほとんどやりません。一番最近やったのは、前のキン肉マン(マッスルタイムART)をちょろっとかな…というw。
アイマスのスロットについては、もちろん題材的には大いに興味ありましたし、マイホでパチンコ打ってる時でも、意味なくスロットコーナー経由して、通りすがりに(チラッ、チラッ)と観察はしていました。
さて…、ここで会ったが百年目、こいつは回してみないといかんよねえ(ニヤリ)。

まあ、最初は噛みしめるように回します。
(ふむ、春閣下がデフォか。まあ仕方ないな)とか思いつつ、時折登場する真、あずさ、伊織、千早、律子にニヤニヤしている状態(ダメ大人)。
ほどなくサクッとライブ突入。春閣下すげえ格好で歌ってますw。
「ああ、RTかARTかしらんが、このゲージが一杯になればボーナス確定か」と考えつつ、赤青混じりのビッグをゲット。♪ごまえーごまえー
そこからなんかライブ10連くらいし、「小鳥さんのMCええのう…」と楽しんでいたところ、ちょっと集中力が切れた時にナビをミスってw、いきなり通常モード演出へ。
そこでキャラクター変えられないかいじるも、どうやらモバスロじゃない一見さんは春閣下固定のよう(こういうのはやめてほしい)。仕方なく二人目をあずささんに変更だけして回すと、高確続いていたのかあっさりライブ復帰。
………ここからが長かった~。
ライブ連チャンが再びスタート。今度はボーナスもビッグじゃなくて、赤7ハイパー、青7ハイパーが来る祭り状態。後ろでチラ見していた若い連中がどよめく展開だったらしい。とはいえ所詮は純増0.8枚の機種、すごく増えてるという感じではないけどね。特に1900枚越えて2000枚に到達するまで、たぶん30分近くもみもみされてました…。
10連目であずささん、その後伊織んが加わって踊るんだけど、自分は(あずささんはいいとして、ここは真と律子、あるいは千早だろうがよ)と少し冷めた意識。
選曲もなんか…。初代の曲が『THE IDOL M@STER』しか入ってないのが不満。これもモバスロですか、ああ汚い汚い。…そう罵りつつも、アイマスには勝てないんだけど。

さて、この増えないけど途切れないARTが延々と続く中、仕事帰りで明日も仕事という自分は、時計を見ては溜め息をつく状態になります。
そして次第に、スロッターモードに入っていきます。演出をガンガン飛ばす、レバーを叩く速度がMAX、チェリーナビはしっかり止める、ART中の「狙って!」がBAR揃えだと理解するやキッチリ狙う…。もうアイマス云々よりも、早く全てを終わらせようという、閉店前のART機ガンガン大会みたいな状態です。
15連目と、その後もう一回、ボーナス中にいわゆるスペシャルエンディング的な映像(春閣下名場面)が流れたんですが、もうガンガン叩いて消化してましたねw。春閣下はプロデュースした事がないのもあるけど。
自分でそうなっといてなんですが、スロットが肌に合わないという理由の一つはこれですね。パチンコやスロットはギャンブルだと心得てはいますが、金と時間を使って楽しむ以上、自分は演出を愛したい。牙狼の大号竜リーチ、エヴァ7のクサレ眼鏡女ビーストモードリーチみたいな、正直長過ぎだろうwというリーチだって、それはそれでいいんですよ。

で、パチンコの話はさておき、このアイマススロットの止まらない連チャンがついに止まったのは………もう朝7時過ぎてましたwww。たぶん25連だか26連だかしてたと思います。
そして、画面に表示されている枚数は、3065枚。「等価なら6万か…」と思いつつ、そんな仮定が無意味な事はよく分かっています。パチンカーですから。
とりあえずコインにならなかった残りを消化(160枚ほどあったから、また引くんじゃないかとビクビクw)。んで、3時間ぶりにようやく外へ出ます。

白い。
3時間前、サクサク歩けていた歩道は、雪がひざ下までくる歩行不能状態orz。「しまったああああああ!」 スロットプレイ中に雪歩の事を無視していたばっかりに、雪の中を歩く事になるとは(違う)。
幸い、1月3日でまだ通勤ラッシュではなかった事と、家まで15分くらいの位置だったので、車道を小走りに進んで、セブンイレブンで弁当買って帰りつきました。
弁当喰って、職場で書き上げていたお題でブログ更新したのが、昨日のブログ更新時間、朝8時過ぎだwww。
そして、即寝ました。出勤前AnAnは取りやめ。ギリギリまで寝るw。

まあ、アイマスのスロットは楽しかったですよ。モバスロに入ってりゃ何倍も面白いんでしょうけど(皮肉)。
でもねえ、あのライトスペックで3000枚出るとこを見ちゃったんで、逆にパチンコ屋では打てない気分になりました。どのくらいの設定だったかは分からないけど、あんな馬鹿みたいな挙動はそうそう起こらんと思うわ。
また気が向いたら深夜に回すかもしれんけど、ね。
2013/01/04 Fri. 05:16 | trackback: 0 | comment: 0edit

3DSのゲームネタ、2本 

三が日も終わったし、年末のうちに書けなかったネタをw。
ゲームの小ネタを二本立てで。

まずは絶賛稼動中の『とびだせ! どうぶつの森』から。
本体をどうぶつの森仕様に買い換えるくらい楽しみにしていたソフト。村長放棄の状況は何も変わりません。ひたすら釣りと化石掘り、いたら虫取りくらいかな。それで満足してます。
それと、この年末から正月にかけては、あえて起動していません。理由は、ウザ女しずえに「正月がどうのこうの…」とか口を出されたくないからです。クリスマスで懲りたからね、正月は勝手に各自でやれ。
ホントにね、村長をやらせるにしても、もう少し違うやり方があるだろうと小一時間言いたい訳ですよ。引退するコトブキじいさんから禅譲されるとか、出来レースでもいいから選挙ってものをやるとか。それをあんな………「面倒くさい役目は新参者に押しつけちゃえ!」的な事をやられると、押しつけられたこっちはムチャクチャ腹が立つんですよね。
そして、そういう村の世論を率先して先導し、プレイヤーにドンドン仕事を押しつけようとするウザ女しずえとは絶対妥協できない。こういう女が一番嫌いだ、ムカムカする(--#)。
しずえと結託した村の住人にもいい感情は持ってないので、会話は最低限。こちらから話しかける事はほぼ無いですね。向こうから話したい素振りがあった時のみ会話してます。手紙なんて書く気はないですよ。便箋も買ってない。
そんな案配なんで、うちの『ももじり村』は、たぬきの商店がコンビニになる事はないし、CLUB444もありません。靴屋もたぶん出来ない(エイブルシスターズでほとんど買い物してないし)。博物館は広げてあげたいけど、しずえがいる限り役場には行かんしなあ。前作で大好きだった喫茶店ももうあきらめました。南の島も行けないんでしょ。
あと、すれ違っている方には申し訳ないけど、ソパカの写真わざと貼ってないんで、すれ違い不可能です。もちろん夢見館も無いので、交流は無し。
まさかこんな事態になるとは思ってなかったけど、ゲームを起動するたびに出てくるしずえを見ると、「このクサレ女が!」とムカつくのですから仕方ありません。
まあ、しずえと村民に押しつけられた仕事を完全無視して、テント住まいでひたすら釣りをする自分というのは、結構自分らしくて案外気に入ってますw。分厚いガイドブックや攻略本の類も必要ないしな。

少し前に、ダウンロードの"バーチャルコンソール"で『忍者じゃじゃ丸くん』を買いました。
自分が高校の時に発売されて以来、友達の家で盛んにやりまくった思い出のソフトであり、大人になってからも中古のカートリッジを所有し、ツインファミコンやニューファミコンで時折遊び倒している、自分定番と言えるゲーム。
だもんで、バーチャルコンソールに登場した時は「♪キタ―――――――ヽ(゜∇゜)ノ―――――――!!!」と狂喜し、即購入決定でした。で、しばしばやっているんですが…どうもこう………おかしいんですよ。
移植はしっかりされてるし、そういうクオリティの問題は無いんです。問題なのはキーコンフィグ。
『忍者じゃじゃ丸くん』は、Aボタンがジャンプ、Bボタンが手裏剣です。もう身体が覚えている感覚です。で、3DS版もこのボタン割り当てなんですが…違うんです。
ファミコン(及びその派生商品)のパッドのABボタンは平行に並んで配置されているのに対し、3DSは4つのボタンが…いわゆるひし形配置で、ABボタンは斜めの位置関係なんですよ。これがマズい。
敵の位置を測りながら、ジャンプ、手裏剣で倒す、即ジャンプして魂を取る…という一連の流れが上手く出来ない。平行配置に慣れすぎている。
アクションゲームにおいてこれは致命的。じゃあ平行関係にあるAボタンとYボタンに割り当てを変えればいいんですが、…そんなキーコンフィグはついとらんのですよorz。
いやあ、これはちょっと気を利かせてほしかったなあ。ファミコンのゲームをやりたい層は、ファミコンパッドに慣れてる事が多いんだし、そういう操作を見越したキーコンフィグは入れてほしかった。
今後もバーチャルコンソールにはジワジワと懐かしゲームが増えると思うけど、この点はぜひ改善してほしい。

以上、ゲームの話でした。
2013/01/05 Sat. 06:32 | trackback: 1 | comment: 0edit

朝から『マッチョドラゴン』 

連日残業のくせに、深夜ゲーセンでパチンコとか回してるんで結構なお疲れモードw。自業自得。
今日も重い目覚め。布団でゴロゴロしつつ、そろそろ出勤前AnAnもしなきゃなあ…と思ったり、ギリギリまで寝たいなあ…とも思ったり。
そうこうするうち、垂れ流してるラジオで、NHKの『関西土曜ほっとタイム』が始まる。
"トークコーナーのお客様は、プロレスラーの藤波辰巳さん…"
………ほう、ならばトークコーナーまでは、このままいるとしようw。

やがてトークコーナー。もうすぐ還暦になるという藤波辰巳登場。今までのプロレスラー人生を振り返る話が中心。ドラゴンスープレックス会得、そして封印という話や、猪木エピソードなど、一般の聴取者にも馴染みやすい話で推移。興奮さえしなければ長州より会話出来るしなw。だがしかし!

「それではここで一曲。藤波辰巳さんで『マッチョドラゴン』」

布団の上でバッタリ突っ伏す自分w。いやあ、NHKもくだけたねえ。まさか、これが土曜の昼下がりに全国で流れるとは…。久しぶりに聴くと実に破壊力あるわあ。運転中の方、床屋で髭剃ってもらってる方には大変な事ですが。
高音の魔術師、藤波辰巳の名曲が1番まで流れたところでフェイドアウト(フルで流せよw)。司会の男性アナはさすがに「声高いですねえ」と振る余裕を見せてましたが、アシスタントの千堂あきほは、その振りでたまらず爆笑してましたw。まあ千堂は責められないな。
男性アナの振りに対する、「いやあ、一所懸命声を張り上げて歌ったんですよ」という藤波の返しも、(いや、事の本質はそこじゃないw)とツッコミたくてツボでしたがw。
そこまで聴いたところで目も覚めちゃったし、『マッチョドラゴン』口ずさみながら起動。4日ぶりかな、出勤前AnAn。

◎1クレ目、ひまわりさん、フローレさん、紫の疾風さん。おお、ブロガーのフローレさん、お久しぶりです。
テクニカル3位、あまのじゃく1位の☆6。逆ラ連想、誤答一発で撃沈、4位…。
「なんか冴えてないなあ」と自覚。ならば予選で稼ぐしかないか。

◎2クレ目、てぃじぃさん、ユキチャンさん(岡山)、フローレさん。
プレッシャー1位、山分け1位の☆12。ここまでは思い通りの会心の流れ。逆ラ連想、地蔵&最後に誤答orz…3位。これは心のダメージでかい。
おまけに次回3位以下でS1なんだと。どうなる事やら。

◎3クレ目、でかいひとさん、よしおさん、つらいちさん。今度は古豪で旧ブロガーのでかいひとさん、緊張の一戦。
連想1位、積み重ね3位の☆8。連想漫アゲで、20年以上前に知り合いの部屋で無理矢理見せられたOVAが登場して、9枚目で思い当たって単独。あの時は「こんなんどうでもええねん」と思っていたんですが、見ておくもんですねえw。逆ラテクニカルは、なんとか2位死守。
決勝はつらいちさん、連想が来てストレート敗北、2位。
S1落ちは回避、次回優勝ならSS2。

◎4クレ目、つらいちさん連戦、ゆうさん、大我さん。
プレッシャー2位、サバイバル3位の☆6。んで逆ラ………形式メモってねえorz。まあ調子良くいって1位通過(老化現象ですね)。
決勝はつらいちさん連闘。あえてさっきストレート負けした連想で勝負、取りつ取られつフルセットから、最終漫アゲの萌え問を取って勝利、1位。
つらいちさん、連闘有難うございました。そして、土俵際からのSS2浮上成功。


以上、4クレ、4321、1-1-1-1。
滑り出し最悪でしたが、なんとか形にはなりました。しかし、ブランク開くとボタン押しの反応が鈍るね。なまじおっさんだけに戻すのに時間がかかる。日々の鍛錬を怠るなという事でしょう。
対戦して頂いた皆様、有難うございました。

そういや今月、藤波辰巳は全日のマットで…"ネイチャーボーイ"リック・フレアーと対戦するんですよね。見たいなあ。
子供の頃は、リック・フレアーのどこがスゴいんだろう?と思っていたものですが、大人になるとリック・フレアーは本当にスゴいレスラーだよなと、ヒシヒシと思う次第です。
リック・フレアーの最高のパターンに、藤波辰巳の最高のパターン(雪崩式リングインとか)が噛み合う。いいですよねえ、プロレスって。
入場はぜひ『マッチョドラゴン』で。

明日は大残業確定なんで寝たいのはヤマヤマなんだけど、押したくもあるので、起きた時の感覚で決めますw。
2013/01/06 Sun. 05:13 | trackback: 0 | comment: 4edit

『夢のつづき』(ゲーム『サクラ大戦2』ED) 

新年一発目の曲ネタは何にしようかな…と考えていて、内容的な新年というのもそう無いし、ここは新年らしい豪華な気分を味わえる曲にしようかな…と思いました。
となると、素晴らしいグランドフィナーレ曲がベストでしょう。

『サクラ大戦』というシリーズが大傑作である事は、今更言うまでもありません。第1作から最終4作目まで、実にきれいな流れで完結する金字塔です。
『サクラ大戦』シリーズは"ショウ"という形を意識してますから、各作品に素晴らしいエンディング、グランドフィナーレが用意してあります。
どれを取っても名曲なんですが、今日は『サクラ大戦2』のエンディング曲である、『夢のつづき』を。

この曲はまず、『サクラ大戦2』をやり進めていくとインストメロディを必ず耳にする事になります。その回の戦闘が終わって「勝利のポーズ! 決め!!」をやった後の帝劇での日常エピローグなど、随所で流れます。
やってるこっちは「公平先生、いい曲作るなあ…」と思いつつ、鼻歌でメロディ追いながらゲームを進めていく訳です(自分だけだなw)。
そして、最終決戦に向かう際の花組との個別面談(笑)で、ソレッタ織姫様から「チャオ、少尉さん…」という脳天直撃の台詞を喰らって、以来織姫は俺の嫁となって………すいません、話が逸れました。
最終決戦を終え、『サクラ大戦2』という物語がグランドフィナーレを迎える時に、この…すでに聴き慣れたメロディに歌詞がつくのです。公平先生万歳、広井王子はこういうの上手いなあ。

帝国華撃団の素晴らしい公演も、いよいよ終了。織姫エンディングを堪能したところへ、スタッフロール開始と共に流れ始める至福の曲、『夢のつづき』。
まあ、実際に見るのが一番ですよ。

『サクラ大戦2』、ソレッタ織姫エンディング by ニコニコ動画

織姫パパの描いた絵を織り込んだ(どう見ても夫婦の絵w)エンディング、実に素晴らしい。いやあ、ゲームって本当にいいもんですね。
すみれ、紅蘭、カンナ、マリア、レニのエンディングをお好みの方は申し訳ありません。タグを使ってニコ動を探ってもらえれば、必ずや見つかることでしょう。
さくらのエンディングっすか? あるんじゃないすか、一応メインヒロインという噂なんで。
黄色くてウザいの? あんなんモブでしょ。

そういう私情はさておき、曲としての『夢のつづき』は本っ当に素晴らしい。もちろん『サクラ大戦2』をプレイしてこそではありますけど。
この曲で重要なのが、『サクラ大戦』シリーズは配されている声優が…一分の隙も無く演技が上手く、そしてまた歌も上手いということ。当初から舞台を意識していた広井王子の、実力重視主義の賜物です。
その実力派声優さん達が、一人ずつ舞台で歌っていくイメージですよね。まさにグランドフィナーレ、豪華絢爛。
いつ聴いても素晴らしい曲ですが、新春公演舞台のフィナーレ的に感じてもらえるといいですね。

この『夢のつづき』のアイマスPVは神作品です。

『夢のつづき』 アイマスPV by ニコニコ動画

もうね、20万弱という再生回数が全てを物語っているんです。自分も何回見たことか…。見る度にちょっとウルウル来ている事は内緒だw。
まずは配役がいい。ほぼピッタリ合っている。個人的には、あずさと千早は入れ替えた方がしっくりくるけど、些細な事です。
アイマスメンバーで『サクラ大戦』の舞台をやって、そのグランドフィナーレという感じがよく出てます。
おそらくはスゴいテクニックを使っているであろう、交差しながらのダンス。さくら役の春香が途中から消えている芸の細かさ。そして、暗転から春香の独唱(ちょっと笑うけど、素晴らしい)。
んで、ラスト前の全員の敬礼がもう…たまらないですね。この曲のグランドフィナーレ感を実によく出してます。プロフ職人さんや歌詞職人さんもご苦労さまです。
気に入ったらマイリスしてください。繰り返し見る価値のある名作です。

聴くと幸せになれる曲『夢のつづき』。『サクラ大戦』を好きな方はもちろん、全く知らない方でも充分におススメできる名曲。ぜひ堪能してください。
2013/01/07 Mon. 07:01 | trackback: 0 | comment: 0edit

こんな贈り主はイヤだ 

だいぶ前に、"タイガーマスク"伊達直人名義による匿名寄付のニュースに触れましたが、この寄付形式が意外と根付いたようで、今年もチラホラとその手のニュースを聞きます。
ただ、始まった当初は伊達直人や矢吹丈といった、いわゆる貧しさを経験しているヒーローからの寄付が目立ったんですが、昨今は…ムスカ大佐やギレン総帥といった【大物悪】からの寄付というのが出てきているようです。
貰うのが子供である事を考えれば、まずはヒーローから貰った方がいいと思うんですがねえw。悪の魅力に気づくのは、大人になってからで充分。まあ、贈っているのが大人だから、そういう思考も出てきちゃうんだろうけど。

という事で、大人目線で考える、今後出てきそうな贈り主を推測してみます。

◎デスラー総統(宇宙戦艦ヤマト)
美学の人だからあり得る。「地球の子供達よ、立派な男になれ!」くらいの事も言いそうだし。贈るランドセルに"デスラーランドセル"とかネーミングするかもしれんがw。変に尖ってたり。

◎キャプテンハーロック
同じく松本世界に大物。例の「男には~」の台詞の引用はあるでしょう。大きなドクロのプリントと、これ見よがしのキズがついたランドセルが目印。真面目に授業には出ない子供になるだろうけどw、親友は出来る。

◎メーテル(銀河鉄道999)
松本世界をの人は汎用性高いw。黒のランドセル、「私はメーテル。(名前)999に乗りなさい」のメッセージに、謎の定期入れ付き。

◎ノロイ(ガンバの冒険)
白一色の斬新なランドセル。集団の中でも最高のリーダーになる事請け合い。

◎ベガ(ストリートファイター2)
殺意の波動に目覚めるランドセル。マントも付いてきます。喧嘩に負けない子供になれる。

◎オスカル(ベルサイユのばら)
女の子用が存在しない、男装の麗人のためのランドセル。気高い精神性を身につけてくれるでしょう。薔薇は薔薇は気高く咲いて、薔薇は薔薇は美しく散る。

◎ルードヴィッヒ(未来警察ウラシマン)
クリスタル・ナイツ・ランドセル。美学と野心に溢れたランドセル。白と黒。

◎音無響子(めぞん一刻)
年上趣味養成ランドセル。勉学に行き詰まると、響子流の叱咤激励が送られてきます。

◎パプティマス・シロッコ(機動戦士Zガンダム)
施設の職員が報道陣の前で「パ、パプ…」と3回くらい噛むに違いない。

◎竜崎麗香(エースをねらえ)
贈り主が高校生にも関わらず、おそろしく高い精神性の文言がびっしり書かれてきて、職員がどん引き。薔薇のランドセル。

◎鮎川魚紳(釣りキチ三平)
ランドセルに大きく【祈願・日本一周釣行脚】とプリントされている。釣り針や重り、ウキをきちんと収納する仕掛け付き。

◎ブリタイ(超時空要塞マクロス)
「この手に文化を取り戻すのだ」という、ゼントラーディ文字で書かれた手紙が入っている。ただ、マイクローン化してないランドセルで大迷惑w。

◎松田鏡二(ブラックエンジェルズ、ザ松田)
「いんだよ、細けえことは!」という殴り書きの手紙付き。


いかん、こんなネタを考えるのは大好きなんでw、いい加減にしとかないと寝れない。
まあ、貰うのは子供なんで、ネタをひねるのはほどほどにね、みなさん。
2013/01/08 Tue. 03:46 | trackback: 0 | comment: 0edit