06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

2013年、上半期のパチンコ PART1 

今年も半分過ぎましたね。あいかわらずパチンコはコンスタントに打っております。
近年のパチンコの傾向は、とにかくハイスペックが多すぎる。というか、ヒット作品がハイスペックに偏っていると言ってもいいかもしれません。特に今年の上半期は、各社主力ハイスペックが目白押しでした。
そりゃまあ、金に余裕があればガンガン打ちたいですけどね。ギャンブルというのは資金力で結構有利に展開出来るものだし。ロト6でも当たったらパチンカーやって、手持ちを目減りさせながら生活したいw。
しかし、そんな資金力は全く無いので、ハイスペックを打つ時に結構利用させてもらってるのが、1ぱちなんですよね。正直助かってます。一攫千金は無いけど大火傷もしない。演出を楽しむ自分には有難い存在です。おかげで追及出来た機種もあるし。
ま、4ぱちと1ぱちを上手く併用しながら、今後もパチンコを探究していきたいと思います。
さて、序文はこれくらいにして、上半期は7機種を打ちました。

◎CR牙狼 魔戒戦騎鋼(サンセイ)
これ、去年の3位機種です、すいませんw。しかし、この牙狼3は本当によく出来てる。いまだに飽きない名機だと思います。
先日も、擬似3連(牙狼そのまま、ひねり)、サイコロ"希望"で「オワタ!」と半笑いw、フェイス完成で…なぜか邪眼竜。「え?」と思ったらエフェクト青で再度「オワタ!」。で、最後のボタンを力無く押したら…幸福の振動が!!!
消化中はオバチャンに月ぶん投げられて単発orz。で、時短も80回転を越したあたりで緑保留。剣クルが赤エフェクト。「リーチは成立やなあ…」と眺めていたら、"当たり""強ホラー""中ホラー"の3つの発展先を全スルーして終了。「あいたぁ、剣クルの赤はガセ有りかあ…」と思っていたら、通常画面に戻って一瞬の間。「?」と違和感を感じた瞬間にフェイス落下ですよぉ。あまりの幸福に座席で気が遠くなりましたw。よくよく考えてみりゃ、赤エフェクトにガセは無いんだけどね。しかし、牙狼の、時短での挙動であれば、パチンカーほど切羽詰まっているもんですから、こういう引っ掛けが面白い訳です。
あと一年くらいは楽しみつつ打ちたかったんですが、まさかこんなに早く後継機が出てしまうとは…。

◎CR攻殻機動隊MAXスペック(オッケー)
これも去年1位の機種ですが、実は別物です。去年のやつは、スペックが288分の1、潜伏確変有り、確変中は45分の1(当選確率)と72分の1(転落確率)の同時抽選、電チューでの出玉振り分けは2000発と1000発が50%ずつでした。
今年になって出たのが、スペックが397分の1、潜伏確変無し、ST100回転、確変中は72分の1、電チューでの出玉振り分けは2000発が70%、1000発が30%。要はハイスペックST機に生まれ変わったんです。で、これにともなって一部演出割合をマイナーチェンジしてるんですが、それがなかなか良かったんですよ。
まず大前提としてハイスペックですから、基本当たらないものですw。その分、演出を見守るこっちも余裕があるってもの。イラつかないのは大事。
演出で気付いたのは、擬似2連ガセが増えた事。これは牙狼を見習ったんだと思いますが、擬似2連目でたいした予告が出なかった瞬間「へえへえ、ガセね」と諦められるのは助かりますw。それに合わせたのか、擬似2連から妙な発展をして当たるケースも有りましたから、この辺が演出予告の割合のサジ加減なんでしょう。保留変化がウザいのは毎度の事ですがw。
通常時の最大の変化は、潜伏確変が無くなった事。これによって、潜伏の可能性をを示唆する演出だったプラグ接続が、接続したら即突確で電サポ付きST100回転に移行する歓喜の演出になったのです。つまり赤エフェクトでの素子パスワード入力演出は、発展した瞬間に突確確定というw(パスワード入力は必ずプラグが接続される為)。これは抜群に良くなりました。
確変中のタチコマバトルは以前のままですが、負けても「ああ、今ので確変から落ちてるに違いない、きっとそうだ、嫌いだ青い空なんて」と鬱にならなくてもいいのは精神的に凄くいいですね。「よかよか、タチコマ、あと85回転もあるばい!」と強気になれるというものです。
強気になれる理由は上に書いたスペックにあります。よく見てください。前作の転落確率が72分の1、今作の確変中当選確率も72分の1。「前作であれだけ単発即転落をやらかしたこの俺に、100回転以内に72分の1を引く事など造作も無い事よ!」と本気で思っていましたw。結果、単発は1回か2回かな。あとはとにかく2連以上はしました。メンタルって大事ですよねえ。
あと、牙狼の真似なのか、ST100回転目にボタン押し指示が出るんです。まあ、当たる訳ない儀式みたいなもんですが、この機種で"ボタンを押せ!"と出て「はいはい」と力無く押したら、まさかのガトリンク作動で本当にケツが浮いたのはいい思い出ですwww。100回転目の劇的当たり、特別ムービー見れました。隣のオバチャンに睨まれましたがね。
これも長く打ちたい機種だったんですが、もうマイホ、準マイホともありませんorz。京楽系だから押し出されたんでしょうねえ。

◎CRスキージャンプペア2(平和)
前作はもう…7年ほど前かなあ。神機種だったんですよ。みなし機更新でいまだに置いてるホールもあるそうで、その気持ちよく分かります。
で、今作なんですが………、平和の馬鹿!。前作の何が面白かったのか、さっぱり分かってないじゃん。
最大の勘違いは、茂木アナをあまりに前面に押し出し過ぎた事。茂木アナはサラッと面白い事を喋るのが役目で、主役はジャンパーのみなさんじゃないとおかしいでしょ。しかもウザい女レポーターと延々掛け合いときたもんだ。それはスキージャンプとは関係無い。
そしてウザ擬似連ですよ。誰がこんな改悪しろっつたよ。スピード感死んでるじゃん! 選手がクルクル回って、国同士揃ったらリーチでええねん、責任者出てこいや。
おかげでね、せっかくのリーチ(ジャンプ演技)もカタルシス無しですよ。予告を見せすぎてるから、結果が見えてるもん。結果が分かっててジャンプ見ても寒いだけでしょうが。
しかも特殊機種なもんで、確変中にもジャンプ演技を堪能出来やしない。確かに出玉はあるけど、もう一度打ちたいという気持ちにはならんです。なんで素直な甘デジスペックで出してくれんかった…。
もう、ガッカリ感が半端ないです。もし前作をまだ置いてるホールが近くにあるならば、ぜひそっちを打ってみてください。

◎CR銀河英雄伝説(aaaエース電研) 実戦はミドルスペック。
まさかまさかの再パチンコ化。前作は平和から出てました。良い面と悪い面が半々という台でしたね。この平和版についても語りたい事はあるんですが、今回はパス。
今回のaaa版は、図柄、基本演出の95%が帝国サイドで進行します。まあそうした方がパチンコ演出にしやすいとは思いますが、同盟もどうにかなあ…という気分にはさせられます。
名言や提督の異名などのアオリ方は、同社のCRエースをねらえ!に実によく似ていて、「ああ、そうなるわなあw」と納得。しかも、しょっちゅう発展する対決リーチが帝国と同盟それぞれの三択になっているのを見て、「やっぱりエースをねらえ!と同じやん」とニヤニヤしてしまいました。帝国はラインハルト>ロイエン>ミッター。同盟はヤン>ビュコック>アッテン。ただし、ラインハルトやヤンがこっち側で出てきても、あっさり負けます。ここはもう少し考えてほしかった。ミッターマイヤーの無能ぶりも悲しい。人選を変えるべきだろう、レンネンとかに。
予告全般が凝り過ぎて若干分かりづらいのも残念ですが、激熱の(という割にはよく外れる)同盟モードに移行した瞬間、右上にあったイゼルローン役物が、すごく身軽に右下に移動するのは毎度笑えるけど…なんか嫌w。ガイエスブルグじゃねーんだから、イゼルローンは孤空の女王らしく重々しい扱いにしてほしかった。
当たりに関しては、特筆すべきなのが16Rを上アタッカーで消化するんですね。だからこぼしが少なくて、かつ速い。ミドルにしては出玉も多い。ここは素直に賞賛しますよ。
ただねえ、消化中に見れる映像とか、聴ける音楽がすごく手抜きなんですよね…。せめてさあ、1曲ずつでもアニメからの曲を収録してくれと言いたい。ここぞという時に小椋桂流して、銀英パチンカーを泣かせるべきでしょうが。刺繍王アンネローゼ様も見たかったぞ。
全回転にビュコックの最期の名台詞とか(絶対泣くから困るけど)、確変から転落する時にトリューニヒトの通信文とか、実は確変でしたという時にルッツが踏みとどまって奮闘しブリュンヒルトが発進するとか、保留連確定の時にアルテミスの首飾り粉砕演出とか、10連するとアイゼナッハが「チェックメイト」と津嘉山ボイスで言うとか、あれだけの量の素材をもっとなあ…。
3戦3勝、1回は37000発の超爆裂までしながら、あまり打ち込んでないのは…やっぱ不満が大きいからですねえ。甘デジスペックは人気があるようなんで、そっちならまだまだ打てるでしょう。そのうち甘デジも打ってみます。


あ、時間がヤバいw。満喫なんでこれ以上長居するとリアルに金が…。という事で、残り3機種は次回に。
スポンサーサイト
2013/07/04 Thu. 06:01 | trackback: 1 | comment: 0edit

すいません、再開します 

スマホ、帰ってきました。ようやくブログが再開出来る~。

前回、上半期のパチンコの事を書いた直後から体調を崩しまして(猛烈に暑くなったのが直撃したようで)、夏風邪のような症状が延々続いてグロッキー。寝てると咳が出て眠れないという、体力削り地獄。
これでは満喫に行くどころか、AnAnすらやりたくない状況で、とりあえず体力を浪費せず、休日も断続的な睡眠と…部屋の片付けと称しての発掘作業に明け暮れていました。いろんな文化財が発掘されてw、結局一部しか片付いてはいませんが。
症状もどうにか中旬には一息ついた感じでしたが、そこからは仕事が忙しくて、ブログ書きに満喫行く気力が湧きませんでした。ほっといてすいません(_ _)。

体調と多忙、そしてもう一つキツかったのが、満喫のPCでブログを書く際、一切の下書きも骨子も無いまっさらな所に書いていくのが苦行という事でした。
要は、スマホだと思いついた時にメールフォームに骨子をまとめておいて(下書き)、それに肉付けしたものをコピって、ブログ管理画面にペーストという形で書けるのですが、満喫のPCではもちろんそうはいかない。
和田監督論とパチンコのお題、両方とも3時間かかってしまう状況で(笑)、これでは仕事帰りに満喫で…という気分にはなかなかならないものです。もちろん入力、変換とも手間取ってしまうのは言うまでもありません。
そんなこんなで、「………スマホが帰ってくるまで、更新は無理だなあ」という心境になり、3週間ほど放置してしまいました。パチンコの残る3機種が、書きたい事がかなりあって長文になる可能性大だったのもありますがw。

AnAnは体調が回復してきた中旬に久しぶりにやりに行ったら、あまのじゃくのイベントが終わっていたというのが衝撃で(笑)、そこからしばらくふてくされてやってませんでした。スマホ無いとAnAnの情報も分からない。
今日はちょっと押しました。対戦記録はメモ帳に書いてありますが、ちと理由があって(後述)ブログ上では触れません。
ここんとこクレ数が少なくなっているので、7月の残りと8月は多めに押したいと思ってます。
で、今年は誕生日(8月5日)に休日がハマりそうな流れなんですが、2年前に懲りたので時報はやらない予定(時報は半端なく疲れる)。その代わり、たぶん50クレ以上をメドに、おはようからおやすみまで丸一日押すつもりであります。
まあ、とりあえずは休日がガッチリハマってくれないとね。

スマホ帰還。この文章も職場からの帰り道、"歩きながら"サクサクと書いています。
ただ、帰ってきてくれたのはいいのですが、このスマホ、大映ドラマ張りに…記憶を全て失っているんですorz。
充電が出来ないというトラブルで突然使用不能に陥ったため、バックアップなど全くとってないのです!(赤い激流のようなピアノ曲をBGMに)
一番痛いのが、鍛え上げたATOK辞書数百語でして…。ま、"えう"と入力すると"交響詩篇エウレカセブン"、"ろさ"と入力すると"紅薔薇さま、白薔薇さま、黄薔薇さま"が全て候補に挙がってくるような鍛え方をしてましたので(どんな辞書だ)、こういうのを全部登録し直すかと思うと…。もちろん、AnAn用語とプレイヤー名、歴史用語、パチンコ用語なんかもねえ…。
だから、今日のAnAnの結果を書きたくないんですw。
あと、Googleのアカウントが思い出せないと、面倒な事になるなあ…。Androidなもんで、アプリの再ダウンロードに絶対必要だし。とりあえず今は便利なアプリが一切無くなった状態であります。
まあ、保証期間内の通常使用での故障という事で、修理代が無料だったのが幸いではありましたが、充電回路の故障ならばフルリセットはしてほしくなかったなあ(T_T)。
しばらくは元に戻す為に四苦八苦というとこでしょうか。

そんなこんなで、ブログ執筆を再開致します。あいかわらずのお気楽な内容になります。
AnAn対戦記は、辞書を整え次第書いていきます。
また、よろしくお願いします。
2013/07/27 Sat. 02:48 | trackback: 0 | comment: 2edit

2013年、上半期のパチンコ PART2 

さあて、宿題を片付けていこう。残り3機種、今日は文句編w。

◎CR戦国乙女3(ミドル)
…どうも最近の平和は、何かしら勘違いが多い気がするんですよね。
そもそも『戦国乙女』というシリーズは、下手なタイアップなんかよりパチンコ発のコンテンツの方が楽しいよ!という事を痛烈にアピールした、萌えパチンコの中核だったはずなんです。初代と2代目、両方とも299分の1の…まあまあ遊びやすいミドルだったのも奏功したと思います(時折、とんでもないハマりを見せるけど、それは仕方ない)。
今回の3作目、誰がST機にしろと言ったんです? それも、確変中89分の1というクソ重いST(100回転)に。これが今回最大の間違い。
牙狼3(ST145回転、99分の1)、燃えよドラゴン(ST160回転、69分の1、ただし20%は単発)、攻殻機動隊(ST100回転、72分の1)といった、ハイスペックのST機と比べても異様に重い。本当にST中が苦行。
それというのも右打ち16R2000発なんていう、"戦国乙女には似つかわしくない出玉性能"を搭載してしまったから。まるで牙狼を打ってるようなもの。
実は今回、戦国乙女3は299分の1のミドルだけではなく、399分の1のハイスペックを同時発売してるんですよね。つまり、牙狼や北斗の客に色気を見せた訳です。しかしそれは、初代から戦国乙女を楽しく打ってきた萌えパチ大好き層とは異なる客層。適度に連チャンして嫁武将を育てたい連中に、ハイスペックを意識した出玉はいらんのですよ。思えば戦国乙女2の、16Rと5Rが混在しつつ継続率72%という割り振りは良かったなあ…。
当たりを引いても、100回転ずっと嫁が走ってSTあっけなく終了という単発地獄を連発しちゃあダメなんすよ…。出玉を少なくして確率をせめて80分の1程度まで下げるか、STを120回くらいまで延ばすかしてほしかった。

通常時の演出も、何というか…厄介に変わりました。
戦国乙女2が擬似連を4種類搭載して「擬似ってナンボ! 3連4連は当たり前!」という擬似待ち台だったのに対し、今回の戦国乙女3は…完全な保留変化待ち台。なにせ、ノーマル止まりのリーチすら保留変化を伴うという、通常時に保留だけをひたすら見ていなきゃいけない苦行台。
もともと戦国乙女2の時から保留変化はあったんですが、戦国乙女2の保留変化は実に優秀な、『風呂敷保留』だったんですよね。時折、風呂敷に隠された保留が現れ、直前まで中身が何か分からないという演出。他機種に見られない、ちょっとドキドキ感のある好演出でした。
ところが今作では、風呂敷保留の割合がガクッと減って、いわゆる色保留(確定>赤>ピンク>緑>青)が大半。で、色保留が入ると、保留の横にチビ巫女が現れて、一所懸命玉串を振って保留を育てようとするんですよ。………これがウザい。CR攻殻機動隊の保留変化よりもウザい。まあ…巫女ちゃんが一所懸命なのは分かるんだけど、ほぼ青→緑にしかならないもんで、期待感も何も無い。赤保留が80%台の信頼度を持っているので、そもそも赤保留が出ないしねえ。
しかも、本当にアツい時は『萌えモード』という先読みゾーンに突入し(現時点で5分の5、確定じゃない)、保留が役物で遮られて見えなくなるというw。実際、当たる時は保留変化を伴ってない事も多く、「…そんなら、何で通常時が極端な保留変化待ちなんだ?」と疑問噴出。バランス悪い。
あと、せっかく液晶画面大きくしたんだから、萌えカットイン(通称エロゲ)出る時に役物が目立っちゃダメでしょ。なんか…本当にバランス悪い。
まあ、戦国乙女2も演出については不満あったけど、今回は保留にばかり目が行く時点でマズいと思う。

キャラクターについて言えば、おなじみの面子は安定の出来映え。
戦国乙女2から加わったソウリン、モトナリ、モトチカにも、今作から個別のリーチと協力リーチが用意されていて、これがまた出来が良い。
また、"ラオウのような女"ことオウガイさんと、その子分のコタロウにも特別な出番アリ。オウガイさんのモードは、どう見ても『花の慶次』の時短のパクリです。まあ…ムラサメだけ今回出番が極端に少ないのが気の毒かw。
戦国乙女2では連チャンしないと見れなかった卑弥呼様も、今回はST終了後に雑用をこなされています(卑弥呼チャンスで当たるなんて奇跡でしょw)。
ただね、問題は…今作のラスボスであるカシン居士一味でして。正直、小物にしか見えないんです。
カシン居士は、演出のあちこちに意味ありげに出てきて、ラスボスアピールをしてくるんだけど、要は動き過ぎの喋り過ぎ。時代劇のクライマックスの殺陣なら、早々に斬られて終了するタイプですよ。
で、最終決戦リーチ(無論激アツ)で大概倒されるんだけど、敗走するカシン居士が「これで終わりではないぞぉ」みたいな捨て台詞を吐くんですなあw(笑えます)。ある意味見事な小物っぷりとも言えます。
それと、カシン居士の手下二人がですね、全く印象に残らない造形なんですよね。たしか眼帯してる方が鬼灯とかいったかな。相方は名前すら思い出せない。こいつらも小物。
やっぱオウガイさん一味の方が、敵役としての存在感があります。次回に期待。

二人協力リーチの信頼度が上がったんですが、発展率が下がったので、リーチ全体のバランスは壊れてません。武将系リーチでも当たるしね。
故に、先読みと保留変化中心の予告になっているのが、もったいないですねえ。通常時をもっと楽しませてほしい。
戦国乙女の新作が出る度に文句ばかり言ってますがw、今回はとにかく『重い』。通常時の保留変化待ち、確変ST中の89分の1という確率、カシン居士関連の演出、みんな『重い』。
せっかく魅力的なキャラクターを持った萌えパチなんだから、軽やかに楽しめるようにしてほしかったなと、そこが残念でなりません。
ま、文句を言いつつ打つんだけどねw。
2013/07/28 Sun. 01:34 | trackback: 3 | comment: 0edit

『絢爛たるグランドセーヌ』と、バレエ漫画の役割 

バレエというのは、基本的に裕福な上流階級の子弟が習ったり学んだりするものらしいですね、………あくまで海外の話ですけど。イメージですが、西欧や東欧の白人の子らが寄宿舎あたりで習っている感じですよね。
ところが、ここ日本においては、子供の、特に女子の習い事の一つとして認知され、ピアノそろばんバレエみたいなノリから入り、市や町にはバレエ教室が必ずあって、格別裕福でなくともバレエを学んでいたりします。「昔バレエをやっていたもので、無意識に美しい姿勢を保とうとする癖がありまして…」なんて大人がたまにいるのが日本。
なぜ日本でバレエが、バレエという習い事がそこまで根を張ったのか、理由として有力なのが………漫画なんだそうです。

バレエという題材は、美しさを求めるものでありながら実にハード。そして競争の中で役を掴む。美しさと激しさ…漫画の題材としては最高です。
まだ"スポ根"なんていう言葉が無かった頃から、創成期の少女漫画雑誌にバレエ漫画が載り、その世界に少女たちが憧れを抱く。
バレエ漫画は確実に需要があり、そしてバレエを描きたい漫画家が次々と現れる。有吉京子、山岸涼子、槇村さとる、水沢めぐみ………。次々と生まれる名作バレエ漫画。それを読んだ少女達が、時を越えてバレエへの憧れを受け継いでいく。それは母が娘にバレエをやらせたいという流れをも生みだし、バレエを教える教室が増える。
漫画が呼び水になる形で、本来は上流子弟のものであったバレエが、日本では一般的な習い事となり、その底辺が大きくなると共に日本人バレエダンサーの海外進出も増え、今やバレエ大国と言ってもいい状況になり、そして今もなおバレエ漫画は描かれ、読まれている。
野球やサッカー、その他のスポーツに漫画が及ぼした影響以上に、バレエと漫画は常に蜜月なのです。

秋田書店の男子向け漫画雑誌『チャンピオンRED』の最新号で、バレエ漫画の連載が始まりました。
タイトルは『絢爛たるグランドセーヌ』、描いているのはCuvie(キュービー)、知る人ぞ知る…実力派の成年漫画家さんです。
自分メテオは、Cuvieさんの作品が大好きでありまして、新刊が出たら必ず買います。おそらくウチの成年漫画単行本の中では、一番冊数が多いであろう漫画家ですね。
どれも基本的に短編集なんですが、なんというか…シチュエーションや設定が常に面白く、ネタも豊富。男性女性、ローティーンから中年まで対象が広く、現代から明治大正物に中世歴史物と何でもござれ。かつそれぞれの心理描写が上手いんですよね。これはCuvieさんが女性だからかもしれません。
女性の成年漫画家というのは一定数おられまして、いとうえい、和六里ハル、陸乃家鴨なんかは、作風が好きなものでウチに何冊かキープしてあるw女性成年漫画家ですね。他にも琴の若子とか。
話が上手いですし、男性漫画家とは毛色、ベクトルが違う成年漫画を描かれます。ただしレディースコミックとは全く違う、あくまで男性読者を想定したものですけど。
あと、女性成年漫画家は絵柄があまり変わらない気がしますね。Cuvieさんも…もう10年以上成年漫画の単行本を出されていますが、絵柄は常に上手く安定しています。
近年は、成年漫画だけでなく一般漫画も手がけているので、TSUTAYAみたいな一般書店でもCuvieさんの単行本はよく見かけてます。
「Cuvieさんは、今も活発にエロ描きつつ、一般も手がけるんだからスゲエよなあ…」と脱帽しきりであります。

そこへ今回の新連載。
『チャンピオンRED』誌に初登場のCuvieさん、いきなりカラー含む巻頭63ページ。エロ無し。
『チャンピオンRED』ですから、他の連載陣はパンツも乳首券もごく普通に描かれている作品が…当たり前にあるような雑誌なんですがw、今回いったい誰に読ませたいのか分からんくらいの、ごくごく真っ当な全力投球のバレエ漫画なんですよねえ…。あいかわらずこういうとこが不思議な雑誌です。まさに赤い核実験場。
そもそも『ウルトラレッド』(原作・西村寿行)が載ってるから『チャンピオンRED』を買ったり目を通したりしてるんで、今回のCuvieさんの新連載は意表を突かれて衝撃を受けましたw。奥が深い雑誌だわ。
で、新連載に際してのCuvieさんのインタビューが1ページ載ってまして(この雑誌の恒例)、今回の作品は以前からずっと描きたいとあたためていた、念願の作品なんだそうです。
「昔、自分が打ち込んでいて道半ばで挫折してしまったものを、客観的に見られるようになったことで、描くべき時期が来たのかなと思った」とのこと。
これを読んだ瞬間、「ああ、やっぱバレエと漫画は蜜月だわ」と心底感心しましたね。
おそらくCuvieさんは昔バレエをやっていて、その体験から自分なりに描きたい骨子があるんでしょう。こういうのもまた、底辺の広い日本ならではのバレエ漫画の流れなんでしょうね。原作者ではなく漫画家自身が経験しているバレエへの思い。こういうのがまた、日本のバレエを盛んにしていくんでしょう。

まあ、この『絢爛たるグランドセーヌ』が面白くなるかは分かりませんが(短編の名手だから、長編をきちんと読ませてくれるかが不安なのと、漫画家が描きたかったものを描くというのは…案外危険というイメージもあったり…)、願わくばある程度評価されるバレエ漫画になってほしいですねえ。
掲載誌がどう考えても男性読者100%なんで(山口貴由、刃牙外伝、横山光輝・永井豪・車田正美原作作品、時折乳首券)、どう展開するのか読めませんけど。自分は『チャンピオンRED』との縁が深まってしまいましたがね。

漫画がバレエを盛んにし、バレエがまた漫画になる。こういう流れがこれからも続いていくんでしょうなあ。
2013/07/29 Mon. 01:37 | trackback: 3 | comment: 0edit

セガワ富山の閉店に思う 

スマホも復帰したし、体調不良であまのじゃくイベントを知らずにスルーしたショックも癒えてきたので、徐々にAnAnに復帰してます。
とりあえず7月のクレ数を帳尻合わせたかったので、ここ3日間は合わせて50クレ以上押しましたw。リハビリみたいなもんです。出勤前なんで疲れましたけど。
んで、今日から日々の対戦記も復活といきます。まだメモのポイント勘が戻ってないので、ちょっと簡略かもしれませんが。

カード挿入。先週は1.1倍週で金土日の3日間しかやってないのに、705万パワーは上出来。今週は1.3倍です。
ちなみに戦国チャレンジは完全不参加でした。なにせ途中からだったんで、やる気起こらず。アイテムは貰いましたよ、上杉、武田、織田、真田、直江、伊達の6種類。まあ全部死蔵ですけど、直江だけ小物じゃん。徳川や毛利、島津とかでアイテム作ればいいものを…と思いました。

◎1クレ目、ジャスパー♪さん、もーふぃあすさん、五十音ことはさん。
4奪3位、山分け2位の☆6。山分けまたも倍プッシュし損なって墓穴w。逆ラ早押し、3位が精一杯。

◎2クレ目、亡塔費鐸接さん、アリシアさん、可不可の返信さん。…亡さんのCNを書き終えるのに必死だった事は言うまでもありません。
連想2位、あまのじゃく1位の☆10。逆ラ早押しは可不可の返信さんに続いての2位通過。
決勝は可不可の返信さんから早押し、展開有利となり、残り2問で20対0。…そして20対20に持ち込まれるというw。まあ相手が強いのです、2位。

◎3クレ目、猫すけさん、4yさん、COM。なんと未制覇の福井と山口降臨。最下位だけは避けたい。
プレッシャー4位、サバイバル3位の☆3…orz。逆ラ早押し、完全に蚊帳の外、4位。
ちょっと…ショックでしたw。山口県はレアなうえに斬りにくく、福井県は北陸最強のレア度ですからねえ。石川県なんて全く苦労しないのにね、第2種郵便さん。

◎4クレ目、ひまわりさん、へべれけさん、COM(佐賀県)。…この佐賀県だけは斬っておかないと発狂してしまうなw。
テクニカル1位、早押し3位の☆8。逆ラ連想は慎重に1位通過。
決勝はひまわりさん、連想投げてフルセット、最後を…取られるw、2位。
まあ、佐賀県を斬っただけでも良しとしよう。

◎5クレ目、ダミーさん、ぽてぽてさん、のりおちゃんさん。
【総当たり特番】奪取、積み重ね、早押し
ダミーさんに奪取でけんもほろろにされるも、積み重ねは慎重に取り返し、早押しは漫アゲ投入で勝利。なんとpt僅差でダミーさんを抜いて1位通過。
決勝はダミーさんへ連想投げ、またもフルセット、そして最後を取られるw、2位。お約束に忠実なメテオ(涙目)。

◎6クレ目、かず~カズ~さん、スカーレットさん、クイズは苦手さん。
早押し4位、テクニカル3位の☆3…orz。しかし逆ラは連想、ここで問題に波長が合います。単独2回を含む1st3回、2nd1回の爆裂が来て、☆17での1位通過。
そして決勝はクイズは苦手さん、ここも連想で、勢いそのままのストレート勝利、1位。
こういう勝ち方は滅多に出来るもんじゃありません。まだ続行予定でしたが、ここで止めて麻雀格闘倶楽部に移動しましたw。


以上6クレ、324221、1-3-1-1。
決勝も完敗は無かったんですが、最後の1問を取れないのも実力ですからね。仕方ありません。
昨日2位回数が1400に乗って、今日の終了時点で…【1245-1403-1090-788】。ぼちぼち決勝の借金が200まで来そうな感じw。今年中には行きそうだなあ。あ、タイマンではもう借金200越えてるはずですw。決勝弱者とか、詰めが甘い男と呼んでください。
対戦して頂いたみなさん、有難うございました。


昨日の日曜日にAnAnしている時、ルキヲさんが登場。これからセガワ富山で大会があるんで向かいますとの事だったんですが、残念ながら今回が最後の大会と聞きました。なんでも、セガワ富山そのものが閉店するそうで(初耳)、よって大会も終了だそうです。
まあ…、そう言われると納得せざるを得ないんですよねえ。というのは、セガワ富山は立地が悪すぎて、平日昼間とかほとんど人がいなかったですから。あれで電気代だけ喰ってるとすれば…限界でしょう。
セガワ富山の横にパチンコ屋があるんですけど、…贔屓にしている人が少ないパチンコ屋で(遠回しな表現w)、最新台は良くて半年後、台のラインナップがだいたい5年前という………静かに打てるのが取り得かなw。そんなホールなんで、セガワ富山の集客には正直全く寄与しない。パチンカーな自分が3年ほどそこで打ってないくらいですから…。
市町村合併するまでは、セガワ富山が富山市の南の果てという場所だもんですから、ゲーセンがやって行くにはツラいと思いますよ。
AnAnの大会にももう2年近く行ってませんでしたが、大会開始までの時間、『ミスタードリラー』かパチンコ台しかやるものが無いのも個人的には苦手でした。セガワなのにラインナップが今一つ。バーチャとか置いててほしかった。
そこにAnAnのサテが4台あるというのもビックリでしたが、大会に協力していただいた事には感謝せねばなりませんね。長い間有難うございました。

閉店となると、セガワ富山をホームにしていたプレイヤーさんの動向も気になります。
セガワ富山からの距離で言えば、自分やルキヲさんのホームである『さんしょう掛尾』(サテ2台)、あまり誰もホームにしてない『さんしょう二口』(サテ3台)でしょうか。『さんしょう駅前』(サテ2台?)は旅行者用で地元民は使わないです。駅前は真空地帯ですから。
少し距離があるのが『さんしょう新庄』(サテ3台?)。ここは富山王の春風さんや、ダブルス組の方がよく使っておられるようです。AnAn的には一番栄えている…んですかね。
あと一つ、『アピナ富山新庄』というゲーセンがあるそうなんですが、どこにあるのかもよく知りません。♪どこかにあるユートピア~。サテは4台あると聞いた事がありますが、再集計サイトを見る限り…ここもまたホームにしてる人がいない感じですね。宝の持ち腐れ。
まあ、サテの数ばかりではなく、それぞれの環境に好き嫌いはあるでしょうから、そういう事も踏まえて動くのだと思います。
自分も、セガワ富山の静かさや二口の椅子の低さは苦手w。プレイヤーさんは多かれ少なかれそんなもんでしょう。
セガワ富山組はこれから大変でしょうけど、いいとこ見つけてください。
これで北陸でのAnAnの大会は、完全に終わりなんでしょうね。何度か参加させてもらいまして、有難うございました。
2013/07/30 Tue. 03:18 | trackback: 0 | comment: 4edit

睡眠不足はAnAnの大敵 

今日も出勤前AnAnやろうと、昼前の時間に目覚ましをかけていたのですが、ふと朝8時45分くらいに意識が戻る。眠い重い………だがっ!
(………これはひょっとして、エヴァ8の初打ちに行った方がいいんだろうか?)
しばらく心の中で葛藤、そして眼前暗黒感をものともせず………メテオ起動!www。フラつきながらパッパと着替えて、マイホへGo!
3日前にエヴァ8初打ちをしに朝9時に突入したのに、46台のエヴァ8すでに埋まっていた苦い記憶が足を速めます(結局、乙女3で2箱出して即逃げの5000円勝ち)。
今日は朝9時10分に突入! エヴァ8は………1台だけ空いてるぅぅぅぅw。良かった、起きた甲斐があった。
で、回し始めると………左隣りの親父がウザい事が判明。盛んに…『自分(メテオ)の台の挙動に反応して』コンタクトをとろうとしてきやがるんですw。自分はパチンコは必ず一人でやる主義なんで、こういう親父と仲良くなる気はありません。しかも、周囲の台が直撃音で当たると、必ずそっちを"身を乗り出して"確認してます。バカ丸出しです。
ひたすら無視して打っていると、投資6500円、ポッと出の眼鏡女ザビースト8連青カットインでまさかの当たり、確変バトル突入。もう隣りの親父のウザさ最高潮へw。
仕方ないので、被っていた愛用の帽子を…"あしゅら男爵"風に顔半分隠すように装着し、「テメエがどんなにコンタクトとって来ようとも、俺は関わる気はサラサラ無い!」という鉄の意思をアピールします。
親父もそれでようやく何かを悟ったか、その後こちらにちょっかい出してくる事はありませんでした。というか、帽子で完璧に遮ってたから、もう左の親父なんぞ眼中にもありませんでしたが。
そこから15連の7箱半。半分の玉とカード残高分を投入し、再度当たりを引くも単発w。そこで出た分を飲ませて正午過ぎに終了。投資1万で利益4万余。早起きは4万の得。
親父のせいで通常時の演出に今一つ集中出来なかったんですが、今日のところは好感触でした。しっかり打っていこう。

…と、ホクホクながら若干お疲れモードでゲーセンに到着。AnAnやりますよ。…とは言いつつ、「今日は…数字は残せない気がするなあw」とは思ってました。
無理は効かない年齢ですから。

◎1クレ目、安倍まりあさん、COM二人。
テクニカル2位、早押し1位の☆10。逆ラ連想、☆20まで伸びて1位通過。
決勝はCOM。連想にてストレートで葬り1位。…このクレ、良すぎたなあ。

◎2クレ目、HIDE.Kさん、ダジュンさん、ビルゲイツさん。うわあw、グロい。
連想3位、山分けは倍プッシュ大成功の1位で☆8。逆ラテクニカル、誤答2発で撃沈の4位。何を焦ってグル生なんか押してるんだorz。

◎3クレ目、たまりんv2さん、ビルゲイツさん、あさひっこさん。ここもキツい。
ビジュアルは完封(1度も解答権すら取れず)され4位、テクニカルもほぼ壊滅の4位、☆2。逆ラ早押し、最終問題でどうにか3位だけは確保。

◎4クレ目、船長さん、COM二人。明らかな緩めたマッチングでしたが…。
ビジュアル1位(80pt)、サバイバルも大事に2位の☆10。そして逆ラ早押し、COM二人覚醒でブースト、こちらも誤答はしないものの漫アゲで2ndしか取れず窮地に。そして最終問題、COMが単独で「どけ!豚っ!」と抜けていき、3位終了。
この瞬間、今日の負け越しが確定した事を悟りました。このマッチングでCOMにやられているようじゃ、捕食されて終わりですよ。

◎5クレ目、クイズは苦手さん、パチーノ∞さん、風林火にゃんさん。
早押し1位、サバイバル4位orzの☆7。噛み合わないなあ。逆ラテクニカル、語る事も無く3位。

◎6クレ目、たかゆきさん、HYBRIDさん、風林火にゃんさん。
早押し1位、積み重ね2位の☆10。逆ラテクニカル、ここは差を活かして2位通過。
決勝はHYBRIDさん。もちろん連想が来ます。漫アゲで一撃返すのが精一杯で10対30の敗北、2位。連想マスターとの勝負は楽しいです。

以上6クレ、143332、1-1-3-1。
切れも悪いし、運も無いという日でした。もう少し睡眠とらないとAnAnでは厳しい。財布と引き換えに☆を失った出勤前AnAnでした。
対戦して頂いたみなさん、有難うございました。

先日、今度の誕生日には廃プレイの予定と書きましたが、そこに重要会議が入りましたぁ。よって廃プレイはありません。
そうですね…、午前中のみ押して、正午にはもう終了するスケジュールになりそうです。いつもより厳しいw。誕生日斬り配りは、午前中マッチングの方のみとなります。やれやれ。
ま、実は妖精なんで誕生日なんて無いんですけど(涙目)。
2013/07/31 Wed. 04:09 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。