03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

都道府県、行くや行かざるや 

自分ももう…おっさんになるまで生きてはいるんですが、大して旅行もしないもんで行った事が無い都道府県はたくさんあります。
おそらく、今後の人生でも行く可能性はほとんど無いでしょうねえ…。

(ここから転載)

日本には47の都道府県がありますが、どの県もそれぞれ違った魅力がありますよね。
その魅力を楽しもうと、旅行やドライブで他県を訪れる人も多いと思いますが、一方でなかな縁遠い都道府県も…。
そこで、今回は社会人を対象に「一生行くことはないだろう」と思う都道府県を調査しました。

■あなたが「一生行くことはないだろう」と思う都道府県は?
第1位 佐賀県 49人(9.8%)
第2位 青森県 38人(7.6%)
第3位 沖縄県 31人(6.2%)

今回ベスト3入りしてしまった県は、佐賀、青森、そしてまさかの沖縄でした。

●佐賀県
・はなわさんの歌以外に思いつくものがない
・アクセスが悪いので、旅行先として選びにくい
●青森県
・遠いわりに寒くて何もなさそう
・北海道に行ってしまう
●沖縄県
・暑そうだし海が嫌いだから
・飛行機に乗るのが怖いから遠いところには行けない

以下地方別に

●北海道・東北地方………北海道
●関東地方………群馬県、埼玉県
●中部地方………富山県、石川県
●近畿地方………大阪府、和歌山県
●中国地方………鳥取県、島根県
●四国地方………徳島県、高知県
●九州地方………福岡県、大分県

などが上位を占めました。

(転載ここまで)


納得出来る名前が並んではいますが、実はここに名前の挙がっていない地味な県が一番怪しいんですけどねw。東北4県、茨城県、栃木県、岐阜県、滋賀県なんか。パッと思い浮かばない県こそが真のチャンピオンでしょう。
転載の佐賀県へのコメントの「アクセスが悪い」ってのは同意しかねるなあ。こいつ頭悪いんじゃね?
福岡県と長崎県に挟まれてるんで、アクセスは悪くないはず。というかかなり良いんだけどw。要は…そこに降りる価値を見いだすかどうかの問題ですよね。(長崎県に生まれ、福岡県にも住んだ経験からの失礼な目線)

自分が行かなさそうな県を考える前に、今までの人生で…素通りじゃなく目的地があって訪れた県を挙げていきますね。

・長崎県(出生地。高校卒業まで住んだ)
・福岡県(4年住んだ)
・大分県(中学修学旅行→別府、高崎山)
・熊本県(中学修学旅行→ひのくにランド、草千里)
・山口県(中学修学旅行→小郡、秋芳洞)
・兵庫県(宝塚市、手塚治虫記念館、甲子園)
・大阪府(高校修学旅行→大坂城。その後も幾度となく買い物旅行)
・京都府(高校修学旅行→三十三間堂、平安神宮、太秦映画村)
・愛知県(2年半住んだ)
・岐阜県(仕事の外回り。あと笠松競馬場、飛騨高山)
・三重県(仕事の外回り。あと鈴鹿サーキット、志摩半島)
・静岡県(職場慰安旅行→美保の松原近辺だった)
・石川県(5年住んだ)
・福井県(仕事の外回り。芦原温泉)
・富山県(現在住んでる)
・新潟県(仕事で一週間ほど出張滞在)
・長野県(職場慰安旅行→そばが嫌いなんで居心地悪い県)
・群馬県(職場慰安旅行→草津温泉)
・東京都(小2家族旅行と高校修学旅行。上野動物園、東京タワー、秋葉原など)
・千葉県(高校修学旅行→東京ディズニーランド)
・茨城県(高校修学旅行→科学万博つくば85)

以上ですね、締めて21都府県。茨城県から北には一切行ったことがありません。
素通りだけで目的地が無かった県は、佐賀県、広島県、岡山県、滋賀県、神奈川県、埼玉県かな。佐賀県は特急みどり、あとは新幹線、埼玉は地理上、つくばへの往復のバスでおそらく通っていると思います。
暇と金があると大阪行っちゃう性質なもんで、今後もこれ以上増えないと思います。リアル全国制覇は断念w。

そういう自分が、生きてる間に絶対行かなさそうな県といえばですね…。

◎1位………沖縄県
自分は長崎県の離島の出身ですから、島とか海とか何の憧れもありません。ニューカレドニアとかならまた別だけど。
グアムみたいに無修正のDVDや雑誌を入手する楽しみがあるんならいいんですが、そんな事あるわけ無いのでやっぱ一生行かないでしょう。

◎2位………四国4県
コシの柔らかい薄口なうどんを好むので、讃岐うどんにそそられる事も無いですし、坂本竜馬大嫌いですからねえw。長宗我部元親は好きだけど、まあ縁は無いでしょう。

◎3位………秋田県
東北5県にはおそらく行かないと思うけど、青森は知り合いがいるし、岩手は平泉、宮城は仙台、山形は天童と興味のある場所はあるので、そうなると秋田県は…うーん。

とはいえ、今こうやって富山に住んでるのもただの成り行きでしかないので、今後どうなるかちっとも分からんのですけどねw。
まあ、名物や名産品などを好む喰い道楽ではないので、そういう目的では旅行しないですから、結局都会に行きたがるというw。
所詮自分は、永遠の"おのぼりさん"なんですよ。
スポンサーサイト
2015/04/01 Wed. 10:54 | trackback: 0 | comment: 0edit

ゲーセンには復帰したものの 

連日の鼻水で、まともに睡眠出来ずに疲労困憊のメテオです。
昨晩は特に苦しくて、ブログ更新もままならずに無理矢理…断続的に寝て、目覚まし鳴ってから…書きためたストックで更新して誤魔化すというw有様でした。(そんなにたくさんストックしてある訳じゃないので、あまり使いたくはないんですがね)
んで、今日もあまりツッコんだ事を書ける体調じゃないので、軽い内容で勘弁してください。

ホームだったゲーセン"ゲームインさんしょう掛尾"の閉店以来、しばらくゲーセンには行ってませんでした。AnAn燃え尽き症候群でもありましたし。
で、ようやく3月からボチボチ顔を出すようになりました。やっているのはもちろん…麻雀格闘倶楽部。
初代からずっと継続してやっているんですが、ここ数年はAnAnに注力していたんで、改めて上を目指そう…てな感じですね。
出勤前など時間が無い時は、出勤経路の途中にある"プレーランド掛尾"(100円1クレ、東風20000点以上でコンティニュー無料)。とはいっても、出勤前に麻雀というのは目を覚ますには不向きなんで、たまにしかやりませんが。
休日などの時間がある時は、方向が全く違う"ゲームインさんしょう二口"(200円3クレ、東風21000点以上でコンティニュー無料)。現在の仮ホームはここですね。
ただ、ゲーム内の所属店舗はいまだに"ゲームインさんしょう掛尾"なんですよw。特に変更するか聞かれないのでそのままやってます。だから店舗内順位とかのデータが出なくなりましたけど、問題なく打てるんで気にしてません。
まあ、画面の所属店舗表示に"さんしょう掛尾"と書いてあるのが、ちょっと感傷的な気分にさせてくれる…かな。

出来ればもう一つくらい、クレ投入する気になるゲームがあるといいんですけどね。
『まどかマギカ』のカードゲームを何クレかやってみたりもしたんですが、「…これ、何が面白いんだろう?」と挫折w。カードもらえるのはいいとして、肝心のゲーム内容がピンと来ないです。
『ベースボールヒーローズ』は、1試合が長くて好きじゃない。『WCCF』は10年くらい前にやってたんだけど、再度特攻するのは気が進まない。
結局、『艦これアーケード』待ちかなあ。これもまあ、ゲームとして面白いのかは未知数なんですけど。不正防止のため、カードは筐体内で印刷する形式というのが、いろいろ不安だったりします。大丈夫かセガ。

あと、プライズを取るUFOキャッチャーの類をほとんどやらなくなりました。
ゲームインさんしょう掛尾がプライズが充実していたのと、ゲーセンにお金を入れる意味合いも兼ねてやっていた面がありましたので、良く言えば無駄遣いしなくなっていますw。
まあ、本家アイマスと艦これのプライズばかりやっていたので、現在の…ラブライブだのシンデマスだのは微塵も欲しくないんですけどね。取ったところで全部ゴミだわ。

しかし、ゲーセンも面白くない場所になってしまったね。
AnAn復活はあるかも…と少し希望を持ってますけど、このままゲーセンが衰えていったら…無いでしょうね。
とりあえず、少しでもお金を入れていくことにします。麻雀は勝ちに行くけどなw。
2015/04/02 Thu. 02:14 | trackback: 0 | comment: 0edit

AnAnジャンル考察その7 スポーツ 

さて、自分にとってのスポーツは…AnAn8ジャンルの中で2番手の存在、サブジャンル四天王の筆頭という地位でした。
以前誰かのツイッターで、漫アゲとスポーツが両方好きな人は割と少ないというのが書いてあり、「そうなのか?、まあ俺あまのじゃくだからだなw」と思ったりしたものですが、そんなもんなんでしょうか。
自分は、スポーツと漫アゲは親和性が高いジャンルだと思うんですけどねえ。

とりあえず…スポーツ中継ってのが、子供の頃から大好きでして。
よく日曜の昼間に、割とマイナー系なスポーツでも中継してるじゃないですか。水泳とか柔道、剣道、バドミントンとか、冬ならジャンプ、そしてフィギュア…etc。なんかこう…そういうものを真面目に見る子だったんですよ(むろん、暇な時に限りますけどね)。
当時の長崎はチャンネル選択肢が少ない(NHK2局と民放2局)環境でしたから、映画、アニメ、時代劇、刑事ドラマなどやってないとスポーツ中継に流れるクセがあったと言った方が正しいかもしれません。
だから、自分にとってスポーツってのは、アニメや映画と同じ映像コンテンツなのです。
あとは、オリンピックとワールドカップはむさぼるように見るという習性があるもんでw、その時起こった事はかなり記憶してます。

スポーツを見る上で大事だと思うのは、ご贔屓のチームや選手を出来るだけ作ること。
阪神タイガースは小2から応援してますし、高校野球はPL学園、ワールドカップは82年と86年はブラジル(ジーコ)、90年以降はオランダ(出てなければ、その時次第)、ゴルフは青木功、グレッグ・ノーマン、NBAはチャールズ・バークリー、F1はマンセル、プロレスは猪木、相撲は貴ノ花→若島津→霧島→琴錦→朝青龍、K-1はアーネスト・ホースト、ボクシングはフォアマン、テニスはナブラチロワ、マッケンロー…などなどなど…。
好きなチームや選手を応援するから、そのスポーツへの理解と造詣が深まるというのは当然。漠然と見ていても意味は無いのです。

そこへ"スポーツ漫画"というものが絡んできます。
おびただしい数の野球漫画はもちろん、サッカー、テニス、バスケット、ボクシング、ゴルフ、プロレスなどなど多種多様な漫画があります。出来の良い漫画であれば、目を通す機会も増えますからね。
実際、AnAnのスポーツ問題では、漫画で得た知識で正解したというケース結構あります。スポーツと漫アゲの親和性が高いというのはこういうとこです。
テニスの知識は『テニスボーイ』、柔道の知識は『柔道部物語』、ゴルフの知識は『ホールインワン』、陸上の知識は『いずみちゃんグラフィティ』『デカスロン』。『硬派銀次郎』みたいにいろんなスポーツやってくれる漫画もあるしね。
萌えアニメブヒー!、処女女性声優ブヒー!みたいな漫アゲラーの方はアレですけどw、古い漫画でも興味を持って読めるタイプの漫アゲラーはスポーツにも充分対応出来ると思いますよ。

あと、スポーツ雑誌というのも好きですね。
『週刊ベースボール』は毎週立ち読みしますし、本屋で興味を引いたスポーツ雑誌は手にとってみます。
80年代末から90年代にかけて、『スポーツグラフィックNumber』を毎号買って読んでいたりもしました。現在はさすがに、あの…独特の美化された文章に精神がついていけなくなったのでw、まあサラッと立ち読みする程度です。
それと、野球のデータブックが大好きです。特に"記録の神様"と呼ばれた宇佐美さん監修のヤツが好きで、あれのおかげでプロ野球の各種記録は頭に入ってます。

苦手なのは、まず国内サッカーですね。ジーコ好きなんでJリーグ創設当時は鹿島ファンだったんですが、ジーコ引退以降はどこのファンでもありません。日本代表はワールドカップに出るなが合い言葉。
あとは、嫌いなんでラグビー。それとあまり見てないスポーツは当然知らないですから、地蔵にならざるを得ませんね。

逆ラでスポーツを投げられるのは、基本的に御褒美だと思ってました。
投げられたスポーツをしっかり答えたうえで、自分の漫アゲで決める!というのが基本線なんですが、スポーツランカーの方々との勝負となると当然無理ゲーでしたw。
でも、ジャンルとして大好きですから、勝負は楽しかったですよ。
…なんかスゴい乱文になってしまったw。まあそんなとこです。
2015/04/03 Fri. 03:56 | trackback: 0 | comment: 4edit

結婚式は無駄金? 

結婚式には縁がありません。
自分はとうの昔に結婚願望を喪失してしまいましたがw、それとは別に"結婚式"というセレモニーにも関わらないようにしています。要は参加しない、呼ばれないのが一番。
…人生で唯一出席した結婚式は、小3の時の従兄弟の結婚式だけ。こちとら小3ですから格別何も考えておらず、料理もさして旨くないし、親類がたくさん集まってる雰囲気だけが楽しかったですかね。
余談ですが、その結婚式で今でも鮮明に覚えているのが………くす玉が割れなかったことでしてw。確か司会者がひもを引っ張ったら、ひもがプッツリ切れてしまったんですよねえ。その時は笑い話だったんですが、…それから十数年後、お二人は離婚されました(棒)。
以来、大人になってからは招待状は数回貰ったものの、全て"御"を消して"欠席"に丸して済ませてます。友達だろうと職場の同僚だろうとそこは徹底。
結婚する事はその人のプライベートであって、自分には関係無いというスタンス。「結婚したんだって? へ~良かったね」の一言で済む事です。
一度、職場の同僚同士が結婚する時に、いつもどおり招待状に"欠席"で返したら…職場でなんかスゴい問題視されてw、上司まで出てきて「なんで出席しないんだ!」みたいに言ってきて、…(こいつらバカじゃねーの?)と笑いたいのを必死に堪えてました。職場全員でガン首並べて参加する方がどうかしてるわ。
結局、自分以外の同僚が全員出席するというのを逆手に取って、「みんな仕事溜まってんでしょ。自分休日出勤してその分の仕事しますよ!」と啖呵切ったら、ぐぬぬ…となったようで、自分は一人だけ不参加で休日出勤というとこで落ち着きました。ああ馬鹿馬鹿しい横並び主義。
こちとら実の姉の結婚式にも出席してないのに、同僚の結婚式なんぞ出てたまるかっつーの。
(自分その時福岡在住だったんですが、一応出席の為に島へ向かったら…雨女の姉が台風にも招待状出したようで、海路全て欠航となり自分佐世保で足止めw。電話口で姉に「この雨女!台風呼ぶな!」と悪態ついて福岡に戻ったという一件。これで一生結婚式には参加しない決意が出来たんですがw)
そういう訳で、結婚式に対する偏見は人一倍強いですよ。

(ここから転載)

最近は結婚式をやらずに済ます人が増えているようだ。
結婚式をやらない理由について探ったところ、"挙式や披露宴をする資金がなかった" "費用が高そう"といった「経済的事情(23.1%)」がトップとなった。
次いで「さずかり婚なので(20.6%)」、「セレモニー的行為が嫌(15.5%)」というのが三大理由という結果となった。
過去4年の調査結果の推移をみても、この三つに順位変動は見られなかった。
他には、「家族の諸事情(9.8%)」や「再婚のため(8.2%)」といった理由も見受けられた。

(転載ここまで)


まあ、当然ですよね。今後確実にやらない人は増えるだろうと思います。いずれ…拮抗とまではいかなくても、数割はやらなくなるか、式だけとなるでしょう。
経済的事情というのは、裏を返せば…冠婚葬祭業者がいかにぼったくってきたかの証明です。しなくてもいいようなアホくさい演出をプラスして料金を水増ししていくんですから(賭けてもいいけど、結婚式のビデオなんて残しても誰も見ないよ)。
以前なら、親が子供の結婚式を見たいから金を出すケースも多かったでしょうが、今や親世代すら生きるのに汲々としている時代ですからね。その代わり一人っ子世帯も多いですから、今後も出す親は出すでしょうけど。

あとは出席者から現金を授受するシステムが、もう崩壊寸前ですよね。
そもそも昔はみんな貧乏だったから、晴れの式の足しにしてもらうため心ばかりの御祝儀を持参していた訳で。現代においてはもう意義は無いですし(披露宴やる人は、経済的にも余裕ある場合が多いでしょうしね)、その金が冠婚葬祭業者に吸い込まれるかと思うとやってられないでしょう。
北海道では主流だという会費制の方がよっぽどスマートですわ。

葬式の戒名についてもそうですが、冠婚葬祭にかかる金は今後どんどん削られていくだろうと思います。日本全体が上り坂の右肩上がりだった頃は、お金をかけるのもステイタスだったでしょうけど、そういう見栄が褒められる時代でもないし。
呼ばれて、御祝儀という名の現金を渡して、たいして旨くない料理とゴミにしかならない引き出物をゲットし、長いスピーチに飽き飽きしつつ、懇願されて出し物までやらされるという疲れる休日。そういうのはたぶん少なくなるでしょう。
芸能人同士の結婚すら、高さ数メートルのケーキとかは過去の遺物となってしまいました。一般的庶民の結婚もスケールダウンするのは必然。
あとは、…新婦の願望と親の気持ち次第でしょうね。新郎は十中八九やりたがらないもんだからw。
身内だけ、内輪だけ、親戚への顔見せ。結婚式はそういう方向にシフトしていくはずです。
2015/04/04 Sat. 08:32 | trackback: 0 | comment: 0edit

『Lはラブリー』(The・かぼちゃワイン) 

80年代前半頃の、とある中学校の休み時間。

自分「エルゥ!」
友達「エル!」
自分「エルはラブのエルゥ!」
友達「エル!エルエルエルエル…」
自分「エルゥ!」
友達「エル!」
自分「エルはリップのエルゥ!」
友達「エル!エルエルエルエル…」
自分「こっのおおお唇にいい!燃える愛をのせええてえええ!」
二人「エルはあなたを見っつっめてっるううう!」(ハモリ)

普通、中学にもなったら、こんなアホな事やって遊ぶなんてやらないもんですがw、そういう中学生が実在したんだから仕方がない。
それくらい、この曲にはインパクトがあったんですよね(言い訳)。あの年のアニソンは強烈に粒揃いだったけど、その中核を担う名曲ですよ。

あの頃の少年漫画雑誌といえば、ジャンプがグングン伸びているんだけど、マガジンやサンデーも強力で、チャンピオンもまだ一大勢力だったという時期。まあ幸せな時代でした。ビッグコミックもあったな…『みゆき』のためだけに…。
親戚や友達の家に行けば、何らかの漫画雑誌が転がっていて、そこをきっかけに興味を持った作品は数知れず。友達の家に数人集まったのに、遊びに来た全員が漫画読み出して、友達怒るみたいな事もよくありましたw。
で、この頃のマガジンといえば…『釣りキチ三平』『1・2の三四郎』『胸さわぎの放課後』『あいつとララバイ』『ガクラン八年組』『コンポラ先生』といったラインナップに、『あした天気になあれ』『コータローまかりとおる』が加わってくる感じ。『巨人の星』『あしたのジョー』同時連載という黄金期が終わっての過渡期ですが、80年代の盛り上がりへの準備着々といったところです。
その80年代へ切り込む役割を果たしたのが、1981年連載開始の…三浦みつるの『The・かぼちゃワイン』。単なる人気漫画に止まらず、ラブコメ漫画史においても、漫画女性キャラクター史においても、非常に重要な作品です。
大柄でぽっちゃりした女の子の魅力を存分に引き出したのですから。

サンシャイン学園中等部の2年に転校してきた、バンカラで硬派を志す男・青葉春助。
転校初日、一番乗りで誰もいない学園に登校して、満足げにおにぎりを頬張る春助に、明るくあいさつしながら絡んでくる同級生の女の子・朝丘夏美(エル)。
実は開校記念日で休校だと知ってガッカリする春助に、飼育小屋の世話に来たエルが学校案内を買ってでる。立ち上がったエルを見た春助は「で、で、で、でけ~。ほんとに中学2年かよ!?」とおののくのであった。
…という導入で始まる『The・かぼちゃワイン』。自分にとってのバイブルの一つであるこの漫画、マガジンKC全18巻+番外編2巻(月刊マガジン連載)、全て部屋の書棚に収まっております。押し入れにしまい込んだりしてません!
この漫画の魅力は、エルの中学生離れしたグラマラス体型と、一途な性格と包容力ですけれども、忘れちゃいけないのが青葉春助の意地っ張りな性格と、内心はエルに惹かれているギャップの部分であります。これがあるからこの漫画は、微笑ましい雰囲気を逸脱せずに多くの支持を集めたのです。
以前ニコ動のコメントで、「そうか、この時代は男がツンデレなんだ」というのがあって、なるほど…そういう見方もあるんだなあwと感心したんですけどね。そういう古いバンカラ感覚の主人公に、巨大な母性をぶつけて心を開かせる過程の面白さ。その当時は新感覚な漫画でしたね。
ヒロインのエルの入浴や着替えも適度に入っていて、時折乳首券も発行されるという大らかさも、もちろん高評価のポイントでしたw。昨今なかなか中学生ヒロインは脱がないからね。
また、絵柄の安定というのも評価したいです。1巻の時点で既にエルも春助もほぼ出来上がっており、その後に絵柄の大きな変化が無いというのは地味にスゴいことです。
それで週刊マガジン全18巻、月刊マガジン全2巻の同時連載までやっているんですからねえ。改めて人気を痛感。

それだけの人気作ですから、当然アニメ化されます。
アニメ化は1982年で、『一休さん』終了の後番組という期待のされよう。そしてほぼ2年間、100話近く続いたんですから、そりゃもう大成功ですよ。
主人公の青葉春助の声は古川登志夫が担当。同時期に『うる星やつら』の諸星あたるもやっていたんですが、全く違う性格なのに…それぞれエルとラムへの対処の仕方は似てるというのが面白いですね。(マガジンとサンデーの人気作の主人公を同時にやっていたんだなあ…スゴい話だ)
エルの声は横沢啓子。おっさん世代にはヒロイン級のスター声優ですよね。花村紅緒(はいからさん)、ソフィア(ウラシマン)、佐倉魔美(エスパー魔美)、シータ(ラピュタ)など、文句のつけようも無い経歴であります。
そして、この主題歌が掛け値無しの名曲だったりするわけで。


『The・かぼちゃワイン』OP映像 by ニコニコ動画

このOPを初めて見た時のワクワク感は忘れませんね。「おお、エルが動いてるよ!」というのと、「なんか覚えやすい、いい歌だ」というのもありました。
映像的には、もうバッサリと二人の世界に絞っているのが「よく分かっている」というか、そういう漫画ですもんね。後半サビ突入時の、エルが春助に覆い被さっている図はなかなか刺激的で、毎回ちょっとドキドキしておりましたw。エルは天然のようでいて、存外押しが強いからな。

歌っているのは、かおりくみこという方で、TVやアニメの主題歌・挿入歌、童謡などをたくさん歌われていますが、代表作はこの『Lはラブリー』でしょうね。世界観にピタッとハマる、キレが良いのに甘い歌声です。
伊藤アキラの作詞はもう、さすが大作詞家としか言い様が無い仕事っぷり。
"エル"というのは、大きいとかLサイズとかから由来するニックネームなのに、それを「LOVEのL」「LIPのL」と女の子アピールに使い、そして♪この唇に~と歌詞を繋げていくのはスゴい。さすがはヒロイン心理アニソンの超名曲である『ラムのラブソング』の歌詞を書かれただけのことはあります。(ここでも『うる星やつら』と縁があるのな)
そして、キャッチーな曲を書かせたら日本でも指折りの大作曲家、馬飼野康二による"耳に残る曲"ですよ。代表作?ここに書いたら容量オーバーです。
大作詞家と大作詞家、それぞれのいい仕事による生まれるべくして生まれた名曲といえます。

アイマス動画も貼っときます。

『Lはラブリー』アイマスPV by ニコニコ動画

エルに一番近い体格をしているのは、やはり四条貴音でしょう(169cm)。
動画としては踊っているだけですが、歌の力で楽しく見れるものになっています。
まあ、貴音がエルなら文句無しですよ。

そもそも原作が面白かったのに、良い主題歌付きでアニメ化されたんですから、実に幸せな事です。
おかげで、おっさんになった今でもエルは憧れの存在でありますw。
今でも(LIVE)長く(LONG)好きで(LIKE)見つめて(LOOK)生きているので(LIFE)独り者ですが(LONELY)いろいろと教えてくれた(LISTEN)失いたくない(LOST)幸運の(LUCKY)女性(LADY)です。愛してます。
…ああ、拙い英語力だことorz。
2015/04/05 Sun. 11:46 | trackback: 0 | comment: 2edit

無知な自分と、博識なネット 

今日は、ちと真面目な話を。
インターネット上で発達した"ブログ"という自己発信媒体に、自分のどうでもいい考えや思い出を書くようになって5年ほど。
ネットが無ければ、もちろんこの謎のブログも存在せず、自分もまた違う人生を送っていたでしょう。
ネットは楽しく、興味深く、そして恐いツールです。

(ここから転載)

ネットによる情報検索は、実際以上に自分が賢いと錯覚させる──米国の研究者によるこんな研究結果が米心理学会の専門誌に掲載された。
検索ユーザーはネット上の知識と自分の知識を混同してしまう傾向があり、研究者は「正確な知識を身につけるのは難しいことだが、ネットはそれをさらに困難にしている」という。

ある実験では、対象者をネット検索を使ってもいいグループとそうではないグループに分け、「ジッパーはどういう仕組み?」といった4つの質問に答えてもらった。
その上で、4つの質問とは無関係な別の質問(「曇りの夜はなぜ暖かい?」など)を示したところ、ネット検索を使ってもいいグループは、そうではないグループに比べ「自分はその質問に答える能力がある」と考える傾向にあったという。

検索を使えるグループは、正確な回答が見つからないようなとても難しい質問や、Googleのフィルターによって回答が見つからないようになっている質問を検索した場合でさえ、自分の知識は十分にあると感じる傾向にあった。
「“検索モード”時の認知作用はとても強力で、検索で何も見つからなかった時でさえ、人々は自分を賢く感じているようだ」と研究者は述べている。

「質問に答えられないということは、自分がその答えを知らないから、というのは明らかだ。だがインターネットでは、『自分が知っていること』と、『自分が知っていると思っていること』の線引きがあいまいになってしまう」

スマートフォンの普及で常にネット環境が手元にある現在、この問題は深刻化している可能性があるという。
また早くからネットに親しんでいる子どもへの影響も懸念されるという。

こうした傾向が、多くの利害関係が存在する政治などの分野に持ち込まれると危険だとも警告する。
「決断が大きな結果をもたらすようなケースでは、自分自身が持つ知識を見分け、本当は知らないことについて知っているかのうように考えないようにすることが重要になるだろう」としている。

研究はイェール大学のマシュー・フィッシャー氏らが行い、成果は「Journal of Experimental Psychology」に掲載された。

(転載ここまで)


このブログを書くにあたって、ネットは欠かせない存在です。
一つは、自分の思い出や記憶を補完するための確認ですね。アレは何年だったか、どんな事が起こったか、周辺で何が起こっていたかなど、書きたい事を補強する事実を検索するのに使います。
そうやって事実を整理したうえで、文章を書いていくことになります。これを疎かにすると、嘘内容にならないとも限らないですしね。
これが、自分が持っている文献と記憶のみで書くということになると、間違いなくデイリー更新は出来ないですし、下手すると月イチ更新になってしまうでしょう。
調べ物ツールとしてのネットは、もう手放せない存在です。

もう一つは、ネタの捜索です。あちこちのニュースサイトやツイッターなどを巡って、興味を惹かれる事柄を探していく。
見つかったら一時保存して塩漬けし、それに絡めて書きたい事をまとめる。まとまったらネタとして使いますが、まとまらないまま塩漬けしっ放しのニュースも結構ありますけどw。
そういうTVでやらないようなニュースが手軽に見つかるのも、ネットの特徴でありセールスポイントですよね。
そんなわけで当然の話ですが、ネットが無いとこのブログは書けないのです。

ただ、上記の引用にもあるように、ネットで得られる知識は仮初めのものです。長く自分の中に止まる知識はそうそう得られません。
ググれば何でも分かるというのは、裏を返せば自分は無知であるということですからね。
今後も、その辺を意識しながらブログを書いていきたいなと思う次第です。
2015/04/06 Mon. 11:12 | trackback: 0 | comment: 0edit

ダメです! ロンギヌスの槍、月面に送れません! 

2月16日のこのブログで、エヴァンゲリオン20周年の一環として…ロンギヌスの槍(という名の、全長24cmのガラクタ)を月面に送りつけようプロジェクトというのがあるという事を書き、いろいろ難癖つけたうえで「出来ればポシャってほしい」という願望を書きました。
いやいや、願えば実現するもんです。(BGM・星に願いを)

(ここから転載)

1月30日に、クラウドファンディングサイト「READYFOR」にてスタートしたエヴァンゲリオン20周年記念特別プロジェクト『ロンギヌスの槍を月に刺すプロジェクト』が、5日午後11時に締め切られた。
締め切りまでに集まった支援額は5469万5000円で、目標の1億円に届かず、プロジェクト不成立となった。

先月3日には、公開から38日間で3538万円という、日本のクラウドファンディング史上最高の支援額が集まったことが発表されたが、そこからペースが鈍化。
締め切り4日前の今月2日の時点で約4000万円となっていた。

同プロジェクトは、1995年にスタートしたアニメーション作品『エヴァンゲリオン』の記念すべき20周年という節目に、エヴァ零号機によって投げられた「ロンギヌスの槍」が月面に到達するという名シーンの再現を目指す作品公式プロジェクト。

月面への打ち上げ・輸送や「ロンギヌスの槍」の射出に関しては、株式会社ispaceが運営する日本初・民間月面無人調査プロジェクトチーム「HAKUTO(ハクト)」が技術協力することが発表されていた。
1億円未達成だったため、支援金は寄付者に全額返金される。

(転載ここまで)


いやいや、みなさん案外冷静でしたねw。月面に訳の分からないモノを送りつける愚行に、しっかりNOを突きつけた格好です。
とはいえ、この手のクラウドファンディングでは破格の金額が集まった事は事実だそうで、まあ1億円というハードルが…ブブカじゃないと飛べない高さだったんでしょう。
これが…エヴァの旧劇場版公開前後あたりの、いろいろと異様だった頃なら1億円いってたかもしれんねえ。
映像ソフト、CD、ゲーム、各種グッズ、検証本、カードダス、同人誌など、強烈に売れていたからなあ。自分もあの時は相当な額をエヴァにツッコみましたわ。エヴァとウテナでいくら使ったかなんて、恐くて計算したくもありません。
その仇討ちという訳ではありませんが、先日パチンコのエヴァ9で久々の特大ホームラン、16万円勝ち取ってきました。こんなに勝ったのはエヴァ2(セカンドインパクト)以来だな。
パチンコは羽根物専門だったのが、CR機を打つようになったきっかけはパチンコの初代エヴァでした。…結局、人生の大半をエヴァに振り回されているんだなw、俺は。

せっかくの20周年、もっとまともな事をやってほしいですね。というか、早く新劇場版作れよ。
2015/04/07 Tue. 02:59 | trackback: 0 | comment: 4edit

多忙と体調不良につき 

今日と明日は、職場での仕事がかなりたてこんでいるので、更新はパスさせてもらいます。すいません。

体調もまだまだ今一つという状況でもありますので、ちょっと無理が出来ないもんで。

えらく寒いですから、花粉症の方は風邪を引き込まないようにしましょうね。
2015/04/08 Wed. 11:54 | trackback: 0 | comment: 0edit