04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

ロトの数字は分からないから面白い 

3日前にロト6とロト7の事を書きましたが、それを前フリにして触れたい…アホなニュースがあったんですよね。今年の1月頃の塩漬けニュース素材ですけど。
昨日は勢いでアップルウオッチを腐してしまいましたがw、とりあえず3日前の続き的に読んでもらえるといいですね。

(ここから転載)

「情報料を払えばロト6の当選番号を教える」と持ちかけられた東近江市の男性が、900万円あまりをだまし取られ、警察は詐欺事件として捜査しています。

一昨年6月、東近江市に住む当時34歳の会社員の男性の携帯電話に、「ロト6で稼がないか。情報を得るには会員登録が必要だ」
というメールが届き、男性はインターネット上で電話番号やメールアドレスなどを登録しました。

このあと情報提供会社の社員を名乗る男数人から、
「無料でも当選番号を教えるが、確実にもうけるには金が必要だ」
「運営会社の社員を新たに買収する費用が必要だ」
などと連絡があり、男性は一昨年9月までにあわせて925万円を17回にわたって振り込んだということです。

やりとりしていた先と連絡がつかなくなり、不審に思った男性は探偵を雇うなどして調べていましたが、結局連絡がつかないまま警察に被害を届け出たということです。

警察は詐欺事件として捜査するとともに「ロト6の当選番号を教えるという話は全て詐欺だ」として注意を呼びかけています。

(転載ここまで)


以前書いた、パチンコの必勝法を教える詐欺にあった老人のニュースとよく似ていますが、今回のポイントは"34才の男性会社員"というとこですね。…よくこんなのが会社員やってられるなあw。
携帯に届いたメールを鵜呑みにして、電話番号とメールアドレスを登録するというのも豪気な話ですよ。大物といえるかもしれない。
たぶん、詐欺グループの方はスパムメールとして数撃ちゃ当たるくらいの心積もりで大量送信してるんでしょう。実際に何人かが網にかかって、最終的に残ったこの34才から900万円余りをせしめてドロン。
喰う者と喰われる者がクッキリ表れた一件です。

しかし、34才にして900万円余りを振り込めるというのも羽振りがいいですよね。17回に分けてと言っても、1回平均50万円以上になりますし。
ある程度お金を動かせるような人間の方が、心が欲どおしいということですかね。これを元手にさらなる一攫千金を狙うという考え。そういう欲望に心が乱れ、「ロト6の当選番号を教える」という荒唐無稽な罠に乗ってしまう。分からんもんです。自分は動かせるお金無いしw。
まあ、ロト6やロト7の番号が簡単に漏れるようなら、世の中は金持ちだらけですよ。34才にもなってるんなら、それくらいは察してくれ。

さて、さきほど…今日抽選のロト6の番号を照合しました。
いつも通り2口買いまして………ンフフフ、片方が…29、32、35の3つ的中しました! 久々の5等1000円ゲット♪。
残り片方(2つ的中)の04がこっちに来てたら4等12500円だったんですが、そこまでの冴えは無かったようです。まあ、当たったことに価値がありますので。先日的中してまだ引き換えてないロト7(5等2100円)と合わせて3100円。小さなことからコツコツと。
そう、1等に目を奪われがちなロトですが(今日のロト6は1等2口出て6500万円)、こういうチマチマした金額をせしめるところに面白さがあるのです。お金を持ってる34才会社員に、ぜひ教えてあげたいものですねw。
明日はロト7の抽選日。選んだ数字がしっかり選ばれますように。
スポンサーサイト
2015/05/01 Fri. 03:53 | trackback: 0 | comment: 2edit

ベン・E・キングの訃報 

もう10年は前の話ですが、一世を風靡した80年代の洋画音楽だけを集めたCDを編集したんです。『映画音楽は80年代が最高!』というタイトルまでつけてw。
巷で売ってるオムニバスCDは…どうも何かが欠けているラインナップばかりだったので、自分にとっての決定版を作るべく、所持してるCDだけでなくレンタルまで動員して腰を据えての編集でした。
『ストリート・オブ・ファイヤー』『セントエルモス・ファイヤー』『フラッシュダンス』『ゴーストバスターズ』『ホワイトナイツ』『ブルース・ブラザーズ』『グーニーズ』『フットルース』『トップガン』『カクテル』『ロッキー4』…といった、いかにもな選曲で嬉々としてCD編集していたんですが、最後まで迷ったのがCDのラストナンバー。どの曲を最後に持ってくれば、いい余韻で終われるか。(どんなテーマのCD編集でも、必ず真剣に悩みます)
自分としては『オーバー・ザ・トップ』のエンディングである「In this country」にするつもりでした。元々エンディング曲で、しかも名曲。90年代前半のF1中継でもエンディングに使われて実に印象的でした。CDを締めるには申し分ない曲ですわ。
しかし………結局悩んだ末に『オーバー・ザ・トップ』はラス前に配置とし、実際にラストナンバーに起用したのは、この曲でした。


『STAND BY ME』オリジナルPV by ニコニコ動画

まあ…我ながらセンチメンタルな選曲ですが、80年代に生きた映画好きとしては、そして年齢を重ねてしまった身としては、この曲は心に滲みるのです。
上に貼ったPV、随分と久しぶりに今回見たんですが、途中であの4人が出てくるだけで涙腺が崩壊しました。ちきしょう元気そうじゃねえか、リバー・フェニックス…。
この映画のために作られた曲ではありませんが、これはもう…まごう事無き主題歌であります。1962年に大ヒットし、ジョン・レノン始めいろんなシンガーがカバーするほどのスタンダードナンバーで、そして1986年のこの映画でリバイバルヒットした。あとはもう…語るまでもない。ベン・E・キングの代表曲であり、未来永劫廃れないであろう名曲中の名曲。
編集したCDは、今でもたまに職場への行き帰りに聴きますが、締めを『スタンド・バイ・ミー』にして良かったと思ってますよ。

ベン・E・キングが4月30日に76才で亡くなったというニュースを聞いて、意外とお若かったんだなあ…と思いました。もう半ば伝説の人ですから、80代か90代くらいのイメージがあったんですけど。
してみると、ドゥワップの名シンガーとして名を馳せたのは20代も前半なんですね。若くして売れていたんだなあ。
お若い方は『スタンド・バイ・ミー』の一発屋みたいなイメージがあるかもしれませんが、この方は…かの"ドリフターズ"のボーカルだったんですから(日本のザ・ドリフターズではないw。グループ名のネタ元ではあるだろうけど)
ベン・E・キングがボーカルだった時代のドリフターズの曲で、一番好きなのはコレです。


『ラストダンスは私に』(ドリフターズ) by ニコニコ動画

これもまた名曲ですよねえ。なんて素敵な曲なんでしょうか。
洋の東西を問わず、数多くカバーされたことでも有名ですね。日本では越路吹雪が一番有名ですけど、他にもかなりいるはずです。映画『Shall We ダンス?』でもドリフターズ版がエンディングでかかっていたと記憶。
こういう素晴らしい歌い手が天に召されるのは切ないことですが、遺してくれた歌声を時々楽しませてもらえるんですから、それで良し…としなければ…ね。

心に残る歌声と名曲を遺した、ベン・E・キング。
こんな全世界レベルのスタンダードナンバーを歌う人は、もう現れないかもしれませんね。

2015/05/02 Sat. 04:39 | trackback: 0 | comment: 0edit

輝いてる研修生と、ダメなおっさん 

今日は、最近には珍しく出勤が遅めだったんですよ。連休とやらのせいで職場のシフトも混乱してましてね(不機嫌)。
まあ、遅いんならそれはそれで…と開き直って、超久々の出勤前パチンコに出陣。疲れてるから多めに寝よう…という殊勝な心掛けなぞ、無縁な人生ですから。
最近調子がいいパチンコですが、あくまで出勤前なんで休日みたいにハイスペックから打つ…という訳にもいきません。今日は甘デジだけにしよう…と決め、めぞんか夢夢ちゃんか迷った挙げ句、めぞん一刻の甘デジへ。
いずれ書きますが、今回のめぞん一刻の甘デジは特上の演出にキッツいスペックという、なんとも遊びづらい出来なんですけど、いろいろと快感のツボが多いもんで頻繁に打っています。
で、今日は…劣勢のまま投資20k越えたところで、ようやっと連チャンの波を掴んで10連、3箱半出たところで即ヤメの28k。出勤前に7500円の勝ちは上出来。
ホクホクとパチンコ屋を後にし、さて…このまま出勤したもんか…と思案してたら、「あ、この7500円で今月のスマホのパケ代を払ってしまおう」と思い当たり、出勤途上にあるauショップへ。

auショップはどの窓口も接客中。人が多いな、さすが連休の土曜日。
仕方ないので待合い券を取って、スマホでツイッターなんぞチェックしていたら、「どのような御用件でしょうか?」と女性の担当者さんがやって来たんだけど…。
えらく若いお姉ちゃん、制服を着てるんだけど、制服に着られてる感じがw。若い顔に、まだ上手くない化粧が微笑ましい。口調は接客丁寧語なんだけど、明らかに喋り慣れてない甘いイントネーションで、ついこの間まで学生だった感がアリアリ。胸には『研修中』のプレート。
(あらあら、こりゃあ高校卒業したばっかだなw)と思いつつ、自分にしては優しい受け答えで「料金の払い込みです」と伝え、その研修生に担当してもらいました。
単なる料金支払いなんで難しいことは無いんですが、料金検索端末の扱い方や、お金の受け渡しなど一つ一つが少し危なっかしく、こっちは保護者か教師かくらいな気分で微笑ましく眺めておりました。
ふと気付くと遠目から責任者とおぼしき男性が、研修生ちゃんの一挙手一投足を見てましてw。新人育成御苦労様です。
とりあえず研修生ちゃんに7800円ほど払って、自分の用件は終了。微笑ましい気分のまま、その場を後にしました。

まあ、この季節ならではの光景でした。いいですな、新人さんは。
あの娘さんも、2年も勤めりゃ立派なお局様になるんでしょうけど、最初は誰でも初々しいもんです。
携帯キャリアショップの店員さんという事は、彼女も世間様が休んでいる時に働く"接客業"。土日は仕事、休日は平日という人生でしょう。ゴールデンウイークなんてちっともゴールデンじゃないんです。学生の時には想像もしなかったでしょうけどねw。
そんな5月を乗り切って、慣れていってほしいもんです。

…と、朝からパチンコ打ってから出勤するようなドス汚れたおっさんが、キラキラした初々しい新人さんを見て、ほんのちょっと浄化された昼下がりでありました。それだけw。
2015/05/03 Sun. 04:20 | trackback: 0 | comment: 0edit

クラシックのコンサートで物を投げる馬鹿 

国内を代表するプロオーケストラの一つである「日本フィルハーモニー交響楽団」より、コンサートに際しての注意事項がツイートされた。

公式アカウントによると、先日行われたコンサートにおいて終演時のカーテンコールの際に、客席から花束が投げ込まれて演奏者の手にあたり、弓が地面に落ちてしまったという。
そのような行為はプレイヤーおよび楽器を傷つけることにつながるので、今後は花束でなく拍手と歓声で応援してほしいとのこと。

実際に見ていた人によると、無防備な背後から投げられてとても危険だったようだ。
楽器本体や弦楽器の弓は非常に高価であり、一本数百万円以上、ものによっては一千万以上の値段の場合もある。
そもそも演奏会では贈り物は投げるものではなく、ホワイエ(※休憩室もしくはエントランスから続くホールまでの広い空間)に預けるものだそうだ。

フィギュアスケートの試合後によく見られる、リンクにプレゼントが投げられる光景だが、それとコンサートを同様に考えてはこのような危険な結果になってしまう。
公式アカウントのお願い通り、プレイヤーに投げるのは心をこめた喝采だけにしておこう。

(転載ここまで)


子供の頃から、しかるべき場所では行儀良く静かにするという事を躾られなかった世代が増殖したんですかねえ。
とにかく、これやったのは…いわゆる"ニワカ"ってヤツでしょ。普段からクラシックに接している方は、こういう行為は世界中どこでもやってない非道な振る舞いだと知ってますから。
お客が物を投げ込む文化がある業界からの迷惑な移民なんでしょうが…。

真っ先に思いつくのは、ひと頃のプロレスの紙テープですけど、現在はそうでもないですからね。メジャー団体は基本やらないし。
相撲の座布団は、90年代までは投げる価値のある番狂わせにのみ投げられてたんですけど、近年はとにかく投げるみたいな質の低下が嘆かわしいですね。
あとは………今回一番怪しいのがフィギュアスケートの馬鹿ファンですねえ。自分は羽生結弦に対して冷めた目でしか見てないせいもあって、演技終了後に飛んでくる花や人形が悪質にしか思えません。昔は投げ込まれる量が少なかったから気にはならなかったんですが、最近は"おひねり"と勘違いしてる馬鹿ファンが増殖してるようで…。
決めつけるのはなんですが、今回オーケストラの楽団に向けて花束を投げるという暴挙をやらかしたボンクラは、フィギュアスケートの悪い風潮に影響されたか、もろにフィギュアスケート馬鹿ファンだったかだと思います。

映画『ブルース・ブラザーズ』のカントリー系飲み屋でステージに金網が張ってあって、お客が喜ぶとビール瓶を投げ込んでくる描写がありますが(ブーイングでも投げてくるw)、投げられる事がお約束になってる業界はそれに対する準備をしているものです。
今回は大事に至らなかったようですが、投げた花束が当たって…ストラディドバリウス(だっけ?)とか、高級車や一軒家並みの価値の楽器に直撃したら…投げた馬鹿は確実に損害請求されるって分かってないんかね。馬鹿には一切同情しないけど、楽器の奏者と制作者が可哀相だろ。
これからは、心あるファンが馬鹿を取り押さえて警備員に引き渡すようになっていくのかなあ。クラシックのコンサートで、そんな殺伐とした事態になるのは御免ですけど。
2015/05/04 Mon. 10:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

本日多忙につき 

昨日の夜中から、水瀬伊織生誕祭で画像集めをしながら寝落ち、出勤早いんでそのまま出勤というコンボ発動中。
今、職場にいますので、本日は更新無しです。

さて、休憩時間にも画像を集めねば!
2015/05/05 Tue. 14:25 | trackback: 0 | comment: 0edit

プロレス界は業界再編真っ只中 

新日本プロレスが、急速に傾いて熱心に見えたファン(ノアオタ)すら逃亡して知らんぷりしてる状態の、あのノアを事実上傘下に収め、選手を派遣している事は以前書きました。
興業からとんとん拍子に隆盛を極めた会社が、次第に右肩下がりになっていくのに何も手が打てず、倒産寸前となったところで…勢いを盛り返した老舗の大会社の関連会社となって生き残ってる状態。いずれは整理されるでしょう。
UWFやSWSなど、かつてのプロレス界の再編はあくまでもレスラーの離合集散的側面が強かったんですが、近年は単純に経営が苦しいというのがモロ見えになってます。それだけプロレス界が脆弱になったんでしょうけど。
そして今日飛び込んできたニュースは、今までのプロレス界には類例が無い、新しい形の再編です。

(ここから転載)

武藤敬司(51)率いる「WRESTLE-1」が5日の後楽園ホール大会で新体制を発表。
W-1の運営会社であるGENスポーツエンターテインメントの最高経営責任者(CEO)に、DDT社長の高木三四郎(45)が就任した。

GEN社の社長を務める武藤は試合前「W-1がこれからますます飛躍するために、ある人物を招き入れることになりました」と高木を紹介。
DDTの社長業と兼任となる高木は「日産とルノー、2つの会社のCEOであるカルロス・ゴーンさんのように、2団体経営者としてプロレス界を盛り上げて行きたい」と所信表明した。

W-1は全日本プロレスの分裂に伴い、2013年9月に旗揚げしたが集客面で苦戦。また役員の退陣などもあり、経営の陣頭指揮を取る人材が不足していた。

こうした経緯から今年3月に武藤が高木に協力を要請。
「高木、頼むよ」という武藤の“鶴の一声”がCEO誕生への発端となったという。
丸投げ社会のプロレス界でも、経営そのものを丸投げするケースは極めてまれだ。

二束のわらじをはくことになった高木は、W-1とDDTの選手間交流は否定。また自身もW-1では極力、表舞台に出ない意向だ。
高木は「コストカットし、売り上げアップを目指す。圧倒的に興行数が足りないので増やしていきたい。若い選手が多く、若い戦力という点ではプロレス界でも負けていない」とW-1再生に意欲的。
かつての「3大メジャー団体」時代が完全に崩壊したと言っていい現プロレス界において、DDTを業界トップクラスの団体に押し上げた「大社長」の手腕に期待が集まる。

(転載ここまで)


なるほどねえ。悪くない話だと思います。
武藤敬司というレスラーはプロレス史に燦然と名を残す天才でありますが、経営者としてのセンスは…あまり…ほとんど…絶望的に無いんですね。
馬場元子から全日を託されていた時代は、自分がある程度動けていたからまだ良かったんですけど、膝が致命的な近年はねえ…。
全日時代の末期に外部から来た経営者と対立、それが新団体W-1の設立に繋がっていったんですけど、その経験から今回の高木三四郎起用に至ったんでしょう。プロレスが分かっていて有能な人材に経営を任せたいという皮算用。
こういう思い切った事が出来るのは、武藤の良いところでしょうね。

高木三四郎としては、まあ…相手が武藤だけに断れなかったのが大きいでしょうけどw、雇われとはいえW-1を生かすか殺すか生殺与奪の権利を握ったのは大きいでしょうね。
DDTのレスラーはW-1に出さないようですが、めぼしい人材をDDTに囲い込む事だって可能。DDTと全日の関係は清算になるのかな。
コストカットという事では、高木三四郎が嫌いな人材(具体的に言えば、TAJIRI)を切るだけでも有意義でしょうしね。TAJIRIは引退かなあ。
これもまた、DDTが主という形での業界再編と言えるでしょう。

3大メジャー団体時代ってのは、新日、全日、国際の事だと思うんですが、現在のプロレス界もそういう流れになりつつありますね。生きていけないとこは淘汰される。
レスラーの個性ではなく、会社や経営者がクローズアップされているのも時代でしょうか。
まあ、インディーズまで無くなることは無いでしょうけど、先が見える、先が作れる団体が業界をまとめあげていくことになりそうです。
2015/05/06 Wed. 03:53 | trackback: 0 | comment: 2edit

健康と美容のために、食後に短時間昼寝 

花粉症はおさまったんですが、寝不足が続いた故の身体の疲れと脱力感はなかなかとれません。
このブログもどうにか更新してますが、ちょっとバイオリズムが下がってる状態ですね。
なかなか快眠も出来てないので、職場の休憩時間での"コレ"は重要なんですよ。

(ここから転載)

昼寝を積極的に取り入れる人や会社、学校がある。「作業効率の改善に効果的」と、国も勧めるなど風向きも変わってきた。
午後をより良く過ごすための「戦略的昼寝」。

厚生労働省は昨年3月、「健康づくりのための睡眠指針」を11年ぶりに改定した。
十分な睡眠を取れない働く世代が、午後の早い時間帯に短い昼寝をすれば、作業効率の改善につながるとの一文を盛り込んだ。

高校で積極的に昼寝を取り入れているところも。難関大への合格者を輩出する福岡県立明善(めいぜん)高校。
佐藤恵子教頭は「昼寝をすると午後の授業で寝る生徒が減り、成績アップなどの効果がありました」と話す。

同校が「午睡(昼寝)タイム」を設けたのは04年。
昼休み中の午後1時15分から15分間、生徒たちは教室のブラインドを閉め、机にうつぶせになる。
BGMにはモーツァルトの曲を流す力の入れようだ。授業への集中度の増加、センター試験の平均点の向上―などの効果があったという。

(転載ここまで)


自分の場合は、職場でメシ喰ってから10分15分程度テーブルにうつ伏せになって気を失ってます。短い時間ではありますが、コレをやるかやらないかで集中力が違ってくるんですよね。もちろん眠気も止められるし。
休憩時間に同僚と喰っちゃべっているのは楽しい面もありますが、体調的には全く回復しないんで、「休憩時間は休憩をする時間」を徹底するようにしています。…おっさんですからw。
前の仕事は営業車で遠出するタイプの仕事でしたから、出先のコンビニ駐車場あたりでやはり睡眠補完してましたね。事故りたくないですから。
ドリンク剤やサプリで補完出来る面もありますが(もちろん活用してますけど)、やっぱ睡眠が一番だと思います。

しかし、モーツァルトもえらい迷惑な話w。クラシックは確かに寝やすいですけど。
歌詞の意味を追わなくてもいい洋楽もいけますよ。昔はシンニード・オコーナーとかよく寝る時に流してましたわ。
寝やすい音楽というのも需要はあると思うんですけど、人それぞれ過ぎて商売にはならんかなw。

という事で、今日は遅めの出勤ですが、やはりメシ喰ったら気を失っていることでしょう。
2015/05/07 Thu. 13:52 | trackback: 0 | comment: 0edit

野球は授業には向かないスポーツ 

野球は好きです。やるのも見るのも楽しい。
しかし、好きな人間から言わせてもらうと、確実に衰退していくスポーツなのは間違いありません。
あまりにも特殊なスポーツだからです。

(ここから転載)

子どもの野球離れを食い止めようと、プロ野球12球団と日本野球機構が初めて、小学校の先生を対象とした指導用の教材を作って、全国の小学校に無料で配布することになりました。

野球を巡っては、民間のシンクタンクのおととしの調査で、小学校高学年の子どもが1年間によく行ったスポーツで、
サッカーが40%に上ったのに対し、野球は14%にとどまるなど、子どもの野球離れが進んでいると指摘されています。

また、小学校の体育では、4年前から「ベースボール型」の授業が3年生以上で必修となっていますが、教師の3分の2は女性で野球の経験や知識がない人が多く、授業で十分に教えられない人もいるということです。

こうした現状を受け、プロ野球12球団と日本野球機構は、授業を通じて子どもたちに野球の楽しさを教えてもらうため、小学校の先生向けの指導用の教材を初めて作成しました。

教材はDVDと冊子で構成され、正しいボールの投げ方や打ち方、それに子どもにも簡単にできるようルールを簡略化したゲームなどが紹介されていて、野球を知らない先生が指導の参考にできるようになっています。

日本野球機構は、この教材を今月中旬から全国2万余りのすべての小学校に無料で送る予定です。
プロ野球の熊崎勝彦コミッショナーは「2020年のオリンピックでの復活に向けて、野球を発展させる意味でもこの教材は有効だ」と話しています。

(転載ここまで)


正直な話、野球やソフトボールは体育の授業には向いてません。
自分も小学中学の時に授業内でやった事はありますが、必ず中途半端に終わります。時間制スポーツじゃないから、皆がほぐれてきて盛り上がった場面で終業のベルが流れて「はい!終わり!」。フラストレーション残したまま、道具を片付ける事になります。
手慣れた男性教師ならともかく、不慣れな女性教師では止めるのも一苦労になる予感がしますね。

それよりも問題なのは、野球は特殊技能スポーツなんですよね。
よくキャッチボールが基本みたいに言われますが、裏を返せばキャッチボールが出来るようになるだけでも時間がかかるんですよ。
まずはボールを思ったところに投げる。しかも相手が取りやすいのをね(全力で投げたら悲惨だしw)。もちろんグローブという日常まず使わない特殊用具も、上手くさばけるようにならなきゃいけない。
本格的にやろうとするなら、クラスの人数分のグローブを準備して(右用と左用問題もあるけどね…)、対になってのキャッチボールを時間をかけて行うべきなんです。身体に覚えてもらうってヤツですね。
それはバットについても同じで、飛んでくるボールを打ち返すという日常やらない動作感覚を身につけなきゃいけない。
そもそも、昔から野球は個人差が激しいスポーツで、仲間内で野球をやっても「お前はライトで8番な」と言われるような子が必ずいました。投球、捕球、打撃などの感覚を備えていないのは別に罪な事じゃありませんが、野球をやるにおいては"お荷物"扱いです。
子供が野球に接する機会の多かった昔ですらそうなのに、野球が好事家のモノでしかなくなった現在では、授業としてはツマランものになるでしょう。しかもルールが膨大なんで審判が不可欠だし。
こういうとこは、ボールだけで楽しく出来るサッカーの敵ではないのです。

そんな野球を、子供に"楽しいもの"だと思わせる材料もありませんしね。
野球中継は『番組録画にとって邪魔極まりないモノ』としての認識が定着して、地上波から追放。たまに放送があっても、もう視聴率は稼げない三流コンテンツ。
自分らおっさんを夢中にさせた野球漫画も、NPB自らが「実在選手を出すな、出すなら金を払え、荒唐無稽な事をさせるな」という欲どおしい要求を突きつけて、今や実在選手を出す野球漫画は…『ドカベン・ドリームトーナメント編』くらいで、しかも実在選手はほぼ活躍してないというw。
まあ、子供が野球に接する機会はことごとく奪われてますわな。

以前、アフリカの子供に野球を普及させようと用具持参で教えに行ったら、子供達は実につまらなそうで、終いにはボールでサッカーを始めたwという話を読んだことがあります。
野球は、特殊な感覚をもって特殊用具を駆使する特殊スポーツなんで、それを楽しめる素地を入念に作らないといけないんですよ。
それを踏まえて、…やはり野球は衰退するとしか言いようがないですね。子供は野球にはもう二度と興味を示さない。野球帽を被った子供ももういない。興味を示す機会を奪ったのは、他でもないNPBの無策愚策なんですけど。
そして、なんとなく巨人ファンという軽薄層が消滅していき、巨人ブランドが崩壊していく。スパイラルですなあ。
2015/05/08 Fri. 12:20 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。