09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

早押し学園、作問の日々 

はい、サボりました。
まあ…ちょっとバイオリズム下がってる感じだったし、コメ返しする気力もなかったので(コメ返しはブログで一番気力を使うんです)、2日間ブログは開きませんでした。
ま、中年なんで身体はいろいろと言う事を聞きませんが、えっちらおっちらと書いていきたいと思います。

さて、『早押し学園』の事を少し。
対戦に関しては、朝起き抜け(といっても昼前後)と、職場で仕事に入る前に少しやっている程度ですね。休日は、余裕があれば夜11時台とかに対戦する事もあります。あくまで自分の都合優先ですね。
ルームがあればそこに入るし、無ければ自分で立てます。難易度やジャンルには特にこだわりません。グル生とかは勘弁ですがw。
というわけで、対戦は数をこなせていませんが、アプリ導入した8月18日以来一貫して楽しんでいるのが作問です。
ちょうど9月も終わったので、月別の作問数をさっき数えてみました。

◎8月の作問数………93問(14日間)
◎9月の作問数………158問(30日間)

☆今まで戴いた「いいね」数………233コ(一番戴いた問題は、7コ)

改めて数えてみると、一日平均5問は作ってる勘定ですね。
作問する時間帯は、職場から帰ってきての夜中が中心ですけど、職場で休憩してる時にふと思いついたネタを、スマホで裏を取ったり、そのまま作問したり…という事もありますね。
ジャンルとしては、ほとんどが芸能と漫アゲ(主に漫画)です。あと、スポーツと歴史を少々。声優問題は昔のちゃんとした声優で作るようにしてますし、競馬問題は作りませんw。
長文も短文も作りますが、問題として成立するかは常に気をつけてます。笑って欲しいタイプの問題でもそれは同様。
あとは…以前も書きましたが、「その映画なり漫画なりを実際に見たり読んだりしている人が、まず反応出来るような問題文」を書くようにしています。
結果、クイズ屋さん達が好む綺麗な問題文ではないかもしれませんが、単に知識として十把一絡げに知っているだけの人より、その作品に思い入れがある、その当時大好きだったような人に答えてもらいたいんですよ。もちろん全文読めば、知ってる人なら反応出来るようにしなければいけませんが、まあ…クイズを好きなのはクイズ屋さんばかりじゃないって事です。クイズ屋さんばかりが有利なクイズって、つまらないでしょう?
そういう点では、早押しってのはいいですね。QMAではこうはいかない。

対戦していると、自分など比較にならないくらい凝った問題文をちょくちょく見かけますんで、張り切ってる方がいるんだろうなあ…と刺激になります。
いかに…読んで楽しく答えて楽しい問題にするか、考えるのは張り合いがありますね。
時に酷い問題も見かけますが(声優の名前が4人ほど箇条書きにしてあるだけで、一切の指示が無いとかね。声優って答えたら不正解なんだと。考えたヤツの頭が不正解だよ)、玉石混交っぷりが楽しいクイズだと思います。

さて、10月。今月もサクサクと作問していきますので、妙にまわりくどいw問題文の漫画問題や映画問題など見かけたら、よろしく答えてやってください。
…もう少しルームが立つと、非常に助かるんだけどねえ…。
スポンサーサイト
2015/10/01 Thu. 04:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

『ルパン三世』4thシリーズ、富山で放送されます。 

今しがた、ボケ~っとツイッター見てたら、『ルパン三世』の4thシリーズのTLが大量に流れているのを発見。どうやら今日が第1話放送だったらしい。
確か、『ルパン三世』はイタリアで絶大な人気があって(まあ、キャプ翼も星矢もドラゴンボールも人気があるけどな)、今回のシリーズはイタリアが舞台で、放送もイタリアが世界最速だとか言ってたなあ。
まあ、アホみたいな萌えアニメを量産しては消費して捨ててしまう昨今、骨太なアニメがそろそろ復権するべきだな…と思っていたので、ちょっと期待しつつTLの文面をツラツラと読んでいくと…8割が絶賛してる。
情報を総合すると2ndシリーズに一番近いらしい。自分は1stの再放送と2ndシリーズの本放送が、TVの『ルパン三世』の基本体験なので、その頃のノリに近いのなら俄然興味が湧きます。
あ、自分は声優さんへの不満は無いので。無いモノねだりをグチグチ言ってるヤツは嫌いです。

まだ第1話とはいえ、そんなに面白いんなら土曜夕方の小学生探偵の枠あたりでやればいいのに、なぜ深夜にやるかねえ。くだらないバラエティーやるくらいなら、『ルパン三世』らしく月曜夜7時にやってもいいのにさ。(OPの前に、教会の鐘の音が響く中を外国人の少女が歩いてくる映像が流れ、「長崎物語劇場~」とアナウンスが入るのは、長崎県出身のおっさんしか知らないだろうなw)
日テレとしても、あの『ルパン三世』なんだからもっと推せばいいものを。昨年の小栗旬版実写映画に、テーマソングや劇伴の貸し出しを一切しなかったくらい大事にしてるコンテンツなんだから。
しかし…4thシリーズが評判になったら、小栗旬版はいよいよ霞むだろうなあ。宝塚版に完敗してるそうだからどうでもいいけど。

で、富山県ではやらんのかいな…と思って調べたら、なんと10月7日の水曜深夜1時59分から放映開始ですと!(ちなみに、あのアニメ『艦これ』と全く同じ時間帯)
しかも、お隣りの石川県、新潟県がやらないのに富山県はやるというね。両県の皆さん、お元気ですか?(勝ち誇った笑み)
という事で、来週見るまでは情報をこれ以上入れずに待ちたいと思います。『艦これ』以来のワンセグ始動確定。『艦これ』の時みたいに、見る度に感想を書くかは未定。
とりあえず、楽しみにしながら一週間後を待ちたいと思います。
2015/10/02 Fri. 04:28 | trackback: 1 | comment: 2edit

目の前のチームに優勝されるのは嫌なもんです 

ヤクルトファンのみなさん、おめでとうございまーす。

昨日の岩田見殺しの試合展開に、今年の集大成を見た気がしまして、負けたあとはふて寝してました。なんもする気せん。
ヤクルトに優勝されるのは結果だからいいんだけど、阪神にかなり有利な星勘定だったはずなんで、その失速過程がイヤになっておりますの。
9月の失速は毎度の事とはいえ、打てなさと層の薄さをこうも見せつけられるとね。関川が代表して袋叩きされてるけど(それは当然)、全体の問題というか、体質だわ。
この調子だと、5年か10年は優勝なんて期待出来んね。

負広GMの訃報に伴い、阪神からGM職の後任を置かず廃止するという発表がありまして。
聞いた時は「なんじゃ、そりゃ!」と馬鹿さ加減に頭にきたんですけど、いろいろ考えてみると…やむを得ないかな。
というのは、負広GMが亡くなった時、ホテルのロビーで待ち合わせていた南社長も部屋を訪ねてるんよね。そりゃあショッキングだったでしょう。
GMという役職を"押し付けた"ことで、結果的に死に追いやってしまった…と、南社長が自責しているとしても仕方ない。それはそれだからビジネスとして割り切れよ…と外野は言うでしょうが、まあ…南社長が傷心であるのは間違いないでしょうから。
阪神らしいといえば阪神らしい話ですが。

これで、藤浪の15勝目が成るかだけが今シーズンの最後の楽しみです。
クライマックスシリーズなんぞ広島にくれてやってもいいんだけど、対戦相手が広島なんでね。
勝って3位としたいものです。
2015/10/03 Sat. 12:20 | trackback: 0 | comment: 0edit

『ランナー』(超時空要塞マクロスED) 

自分が前の職場で働いていた頃、中学生の時に友達が持っていて憧れていた『三段変形バルキリー』が復刻販売されました。
買いましたとも。VF-1J(バルカン2本、一条輝カラーリング)、VF-1S(バルカン4本、ロイ・フォッカーカラーリング)、VF-1A(バルカン1本、マクシミリアン・ジーナスカラーリング)の3機を。いっぺんに全部買った訳ではなく、1機ずつ。特にマックスカラーリングは、後に大阪の"まんだらけ"で見つけたんだけど。
だから、部屋には3機のバルキリーがあるのです。あたしゃ満足だよ。…まあ、アーマードパーツ装備型バルキリーを買い損ねているのは残念だけどさ。
こういう馬鹿な大人買いをさせるほど、自分にとって『超時空要塞マクロス』というアニメは重要なんです。

その『超時空要塞マクロス』の放映が始まったのが、1982年10月3日。そう、今からちょうど33年前の話。
しかし、自分はこの初回放送(第1話、第2話一挙放送)は見逃してます。アニメ誌は読んでたはずなんですが、なにせ日曜日の午後2時という摩訶不思議な放映時間ですから、そんなアニメがあるという意識が無かったのでしょう。
だから、最初に見たのは第4話(放映3週目)の『リン・ミンメイ』の回でした。数人で友達の家に遊びに行ってて、外が雨だったもんで家の中で遊んでたんだけど、友達から「このアニメ、すごい面白いよ!」みたいな感じで見た記憶があります。
この回は、マクロス艦内で遭難してさまよってる輝とミンメイが、宇宙空間に漂うマグロを確保しようとしたりする回。なぜ二人がさまよっているのか…など友達の解説を聞きながら、徐々にストーリーの概要を掴んでいました。
そして、ミンメイのシャワーシーンには解説など必要ありませんでした。中学生だしな。
もう助からない…と諦めた二人が、結婚式の真似事をしている最中にトランスフォーメーションが解除されて、助かった途端にムード吹っ飛ばして談笑してるミンメイに、輝が女の怖さを痛感するという締めだったと思います。
この、33年前の『超時空要塞マクロス』初見の記憶は何故かいまだに鮮明で、いろいろとインパクトがあったんだと思います。シャワーシーンとか。中学生だしな。
マグロを確保しようとする輝を見ながら、誰かが「マグロす!」とか言って大笑いした記憶もあったりする。自分が言ったかもしれないw。
戦闘も無いし、バルキリーもろくに出てこない回だったんだけど、だからこそ「こんなアニメ今まで無かったぞ!」と思ったんでしょうね。
友達の解説でいろいろ補完して、ここから毎週欠かさず見るようになります。

日曜日午後2時という放映時間の為、ほとんどの回を友達の家で見ました。
だから、展開やら場面やらに対して、笑ったりツッコミ入れたりするのが常でした。たまに自分の家で見てると、妙に寂しかったものです。
そういう、2ちゃんの実況板みたいな見方をしていたからこそ、いろいろと印象に残っているのでしょう。
その最たるモノがOPとEDですね。今回は、EDの『ランナー』に触れたいと思います。


『超時空要塞マクロス』OP・ED TVサイズ by ニコニコ動画


『超時空要塞マクロス』OP・ED フルサイズ by ニコニコ動画


TV映像とフルサイズ、どっちの動画もOPとEDが繋がってますんで、どっちにも触れたいんですけどねw。散漫になるんで今回はEDだけ。
上の動画は、TVで実際に放映された映像ですが、なんといっても鮮烈だったのが、この…実写でアルバムをめくっていく演出ですよ。これがアニメ処理ならそこまでインパクトは無かったと思うんだけど、実写のアルバムにミンメイの写真があるというのが、今見てもスゴいと思うんです。単なるミンメイの写真ではなく、輝とのツーショットは実際にストーリーの中で撮られるものだしね。
この映像に被さるのが、名曲と言っていい『ランナー』。
歌っている藤原誠さんは上手いし、曲は安定のハネケンさんこと羽田健太郎さん(お二人とも故人ですなあ…)。静かだけど力強い曲調が、本編を楽しんだ自分らを余韻に浸らせてくれました。
歌詞もねえ、おっさんになった現在改めて聴くと滲みますわ。

♪僕はもう追いかけはしない 君の走る影の跡
♪人は誰も走り続ける ゴールはまだ見えない

まあ、当時の自分らは、
♪今日の次に 何がある~ 「明日!」
♪明日の先に 何がある~ 「明後日!」
…とツッコミを入れてケタケタ笑ってたんですけどね。中学生だしな。
そうやってみんなでツッコミを入れながら、次回予告を待つというのが視聴スタイルでした。このEDに思い入れがあるのは、そういう楽しい記憶があるからだろうなあ。

この名曲『ランナー』、確か最終回だけ藤原誠さんではなく飯島真理が歌うバージョンが流れました。
これはこれで良いモノでしたが、あくまで最終回ですからね。聴くとちょっと寂しい気分が甦ったりします。おっさんだけでしょうけど。
だもんで、動画は貼りません。YouTubeでもニコ動でも簡単に見つかるんで、興味のある方は聴いてみてください。

♪遙か彼方の 光に向けて
♪僕は今も 走り続ける

日曜日午後の気怠い感じが甦ってくる、名曲であります。
さて、…OPにはいつ触れようかw。
2015/10/04 Sun. 05:13 | trackback: 0 | comment: 0edit

『マクロス』(超時空要塞マクロスOP) 

昨日からの続きw。一気にやってしまいましょう。今日のお題はOPの『マクロス』。
歌ってるのは同じく藤原誠さんですが、藤原さん特有の格調高い歌いっぷりが奏功している曲だと思います。(オタキングこと80股恋愛の岡田斗司夫が、藤原さんを「何でもオペラみたいに歌う」と評していたなあ…)
重々しいイントロ、シンクロする映像、おもむろに入ってくる「♪マクロの空を貫いて~」という歌声。実に素晴らしい。
テイクオフするバルキリーの映像と「♪目覚めてくれと放たれた~」が重なって疾走感溢れ出し、バルキリーがファイターからガウォーク、そしてバトロイドと瞬時に変形しながらリガードを仕留める映像に、毎回心奪われていたものです。なんてカッコいいんだ!


『超時空要塞マクロス』OP・ED TVサイズ by ニコニコ動画


『超時空要塞マクロス』OP・ED フルサイズ by ニコニコ動画


曲の格調高さとたまらない映像の調和、80年代でも出色のOPだと思います。
まあ、友達の家で数人で見てますから、「♪目覚めてくれと鼻垂れた~」とジェスチャー付きでギャグをかましたりするのも定番でしたけどねw。中学生だからな。
このOP、実はたいらいさおさんが歌う予定で(代表曲『伝説巨神イデオン』の『復活のイデオン』)、レコーディングも済ませてあったらしいんですが、"諸事情"で藤原誠さんになったという逸話があります。たいらさんVerも味があったでしょうねえ。
ただ、結果的には藤原さんの格調高さがピタッとハマったと言えます。

これほど正統派のOPなのに、『超時空要塞マクロス』という話は…いろんな意味で"掟破り"な作品でした。こうなるだろうという、その当時の感覚を破壊したというか。
一条輝という主人公からして、地球を守るとか正義とかいう発想が無く、ミンメイを振り向かせたいという若者らしい煩悩の塊でしたし、ミンメイはミンメイでどうしたいんだかよく分からん、まさにその辺の若い女そのものでした。ちゃんと悩んでるのがグローバル艦長だけというね。
そのグローバル艦長にしたって、ブリッジに女ばかりはべらせてw、ピンポイントバリアーまでも女に操らせる有様。自分ら中学生から「好色艦長」呼ばわりされておりました。沖田艦長の剛健さ、ブライト艦長の苦労など、そういう流れからは完全に離れたポジションでしたね。
監察軍という死に設定、ゼントラーディーとメルトランディーの関係性、アームド01、アームド02という失われる為の設定、デストロイドという軍としてのリアリティを増す為の設定など、今までのアニメには無い怒濤の設定を構築し、そしてマクロス艦内に街があり、ミスマクロスコンテストまでやってしまうという能天気な設定で、見ている自分らの許容範囲を破壊してしまったのですよ。ピンポイントバリアーも面白い設定だったわ。
終盤(27話『愛は流れる』を最終話とした場合ね)、マックスとミリアの件、ゼントラーディーのブリタイ艦隊との和平、エキセドル参謀の『私の彼はパイロット』などで見てるこっちの脳を破壊しながら、ロイ・フォッカーとパインサラダ、輝のスカルリーダー着任など盛り上げておいて、『愛は流れる』の超絶作画最終決戦に至るという…あれはスゴかったわ。デストロイド・モンスターが歩いた時の、見てるこっちの歓声ですよ。
…ま、ミンメイだけが、最後の最後で「輝とはお友達だと思ってたのに~」という、中学生の自分らが見てても最低の発言をかまして株価暴落し、「いいぞ輝、早瀬を選んで正解だ!」と思わせてくれましたがね。ミンメイ=真性のアホ説の完成。
劇場版でのミンメイが、かなり性格を修正されてたのは…製作側もヒロインとしてヤバいと思ったんでしょう。80年代の女っぽいとも言えるけどね。

『ガンダム』や『エヴァ』のムーブメントとは趣が違うかもしれないけど(女性をそれほど巻き込んでないし)、『超時空要塞マクロス』は常識破壊型で、新しい潮流を作り出したムーブメントだったと思います。いわゆる"メカと美少女"時代の幕開けね。
そういうアニメの主題歌が、当時流行ってきていたシンセ音ビジバシの、アニソン畑以外の歌手起用ではなく(タイアップは80年代末から)、羽田健太郎作曲による番組名連呼の格調高い名曲だったというのも、不思議なミスマッチでこっちの心に焼き付いているんです。
この主題歌も含めて、自分にとって『超時空要塞マクロス』は特別なアニメなのであります。

♪WILL LOVE ME TOMORROW
2015/10/05 Mon. 12:47 | trackback: 0 | comment: 0edit

『くりいむレモン』のイベントが開催されます 

自分が買ったのは、『エスカレーション』と『ポップチェイサー』ですね。
町に時々来ていた、巡回型ホームセンター的よろず道具商売のテントで見つけてしまったんです。
「こ、これは…世間(の一部)で大変な話題の『くりいむレモン』ではないか!」
当時すでに官能小説やエロ本、そして『レモンピープル』は嗜んでいた自分でしたが、エロアニメというモノに接したのは初めてでした。(まあ、エロアニメも劇画じゃない成年漫画も、勃興し始めた時期でしたがね)
一番見たかったのは『媚・妹・BABY』でしたが、売れてしまっていたのか無かったので、そそくさと2本をレジに持って行って、無事売ってもらえましたw。
まあ、アレの中身は大人はあまり知らんかっただろうし、知っていたとしても巡回型商売だから、そううるさい事は言われんかったでしょう。80年代だしな。
そのビデオテープを持って行って、友達の家で鑑賞会をやったり、『くりいむレモン写真集』みたいなムック本まで通販で購入したりしたものです(ウチは厳しいので、ユルい友達の家に送ってもらったw)。
あ、言い忘れましたが、自分その時…中学生でした。

こんなイベントがあるそうなんですよ。とにかくこのページをじっくり見てください。


『くりいむレモン』オンリーイベント 案内ページ


まずね、この…『俺の妹が黒猫館で今夜はハードコア』というイベントタイトルが泣かせます。
そして、このイベント準備委員会の名称…"25年経っても未だに『亜美それから…』の声優変更が許せNight準備会"というのがねw、強烈に笑えて、かつ…いかにこのイベントが真剣なものかを示していると思います。主催者は本気だ。
ちなみに自分はライトファンでしたので、『亜美それから…』の声優変更問題は当時一応知ってはいたものの、そこまでこだわりは…。すいません。『今夜はそっと、くりいむレモン』も聴いたこと無いし。
ページに書いてある、事細かいイベント該当・否該当の区分など読んでいると、この方面も深いんだなあ…と感嘆します。
こういうのは、オフィシャルでは逆に出来ないでしょうね。同人的なイベントだからアリなんだ。

まあ、開催場所的に自分は行く事は出来ませんが(行っても圧倒されるだけでしょうし)、こういう催しが開かれるのは本当に素晴らしいことですよ。
当時、『くりいむレモン』の一端に触れた人間として、成功を祈りたいです。
自分はエロなら大概のジャンルはイケるクチですが(神原駿河的発言)、百合とか明るいエロスがかなり好きなのは、ひょっとすると『エスカレーション』と『ポップチェイサー』の影響なのかもしれません。
日本のアニメ史に偉大な足跡を残した『くりいむレモン』と、それに影響を受けた80年代チルドレンに幸あれ。
2015/10/06 Tue. 11:51 | trackback: 0 | comment: 2edit

巨人、福田の野球賭博の件 

当球団所属の選手が、野球協約の有害行為に該当する行為を行った疑いが明らかになったので、野球協約第181条に基づきコミッショナーに告発することとしました。

 1・告発の対象選手

福田聡志(投手)2006年入団

 2・事案の概要

現時点までの調査で判明した事実は以下の通りです。

(1)福田は今年春ごろ、税理士法人勤務という男性A氏から、野球の試合で賭けをしないかと誘われ、一度は断った。
しかし、今年8月初旬、再び誘われ、遊びだと思って軽い気持ちで誘いに乗り、全国高校野球選手権大会の複数の試合で賭けを行った。
A氏は、当球団所属の笠原将生選手(2009年入団)の友人の知り合いで、昨年、笠原から紹介された人物だった。

(2)A氏からは、当日の各試合ごとにハンデをつけた一覧がメールで送られてきた。
その中から賭ける試合を選んで、賭ける点数を伝えるやり方で賭けは行われた。
A氏から1点1万円と説明され、最初は5~10点を賭けていたが、負けが続いたため挽回しようと賭け点を増やしていった。高校野球が終了した時点で、大きな損になっていた。

(3)A氏から、「遊びだからプロ野球で取り返せばいい」と持ちかけられ、プロ野球とメジャーリーグの試合も賭けの対象にするようになった。
9月初旬まで、プロ野球で約10試合、メジャーリーグで約10試合、賭けを行った。プロ野球の試合では、巨人戦が3~4試合含まれていた。

(4)A氏から、「遊びだから、どんどんやっていいよ」と言われて、精算を求められることはなかったため、現金のやりとりは一度もしていない。しかし、最終的には百数十万円の損となっていた。

(5)9月初旬、近く子供が生まれることから賭けはやめようと思い、A氏からのメール等に応えなくなった。それから、A氏の取り立てが始まった。

(6)9月30日、A氏がジャイアンツ球場を訪れ、「福田選手の借金を取り立てに来た」と話したことから問題が発覚した。

(7)笠原もA氏とは麻雀仲間で、A氏から何度か野球の試合で賭けをしないかと誘われていたが、断っていた。


 3・有害行為該当性

(1)福田が、巨人戦を賭けの対象とした行為は、野球協約第177条1項6号もしくは、第180条1項2号に違反すると考えられます。第177条1項6号は「所属球団が直接関与する試合について賭けをすること」、第180条1項2号は「出場しない試合について賭けをすること」で、出場しない試合というのが、球団が出場しない試合を指すのか、選手本人が出場しない試合を指すのか、両様の解釈があり得るため、どちらを適用するかは、コミッショナーの判断に従います。
第177条1項6号であれば永久失格処分、第180条1項2号であれば1年間ないし無期の失格処分となります。

(2)福田が、他球団の試合を賭けの対象とした行為は、野球協約第180条1項2号の「所属球団が直接関与しない試合について賭けをすること」に違反すると考えられます。

(3)福田とA氏の交際については、A氏が「野球賭博常習者」と認められた場合は、野球協約第180条1項1号(野球賭博常習者との交際禁止)に違反すると考えられます。
なお、笠原とA氏の交際についても、同様の違反になる可能性があります。

(4)福田の賭けに絡んで八百長が行われた形跡は、これまでの調査では認められておりません。福田は今季、1軍登板はありませんでした。


 4・投球段の対応

A氏が9月30日にジャイアンツ球場に来て問題が発覚した後、直ちに福田から事情を聞くとともに、福田の携帯電話に保存されていたA氏との通話記録やLINEのやりとり等を確認しました。
その結果、プロ野球の試合で賭けをしていた疑いのあることが判明したため、10月1日、2名の弁護士に調査を委嘱し、福田や笠原に対する事情聴取を行うとともに、同日、熊崎勝彦コミッショナーに通報しました。
コミッショナーから、野球協約第181条の告発事案に該当する可能性があるので、速やかかつ厳正に調査するよう指示を受け、連日関係者の事情聴取等の調査を続けてきました。

この結果、福田については告発相当と判断したので、本日、コミッショナーに概要を文書で報告しました。一両日中に正式にコミッショナー宛ての告発を行います。

笠原については、野球賭博には関与していませんでしたが、A氏が野球賭博常習者と認められれば、A氏との交際が協約に違反する可能性が出てくるため、本日のコミッショナー宛て文書報告で笠原についても概要を報告しました。
笠原を告発するか否かは、コミッショナーの指示に従います。

また、A氏と福田の賭けは刑法の賭博罪に当たる疑いもあるので、警察への届け出も検討しています。

福田と笠原には当面謹慎を言い渡しました。コミッショナーによる調査、処分等今後の状況を勘案しながら、当球団としての処分も行う方針です。

(転載ここまで)


まあ、福田がハメられたのは間違いないでしょう。
笠原を通じて知り合った際、「ああ、コイツは野球賭博でもやるタイプだな」と思われたのか、あるいは…後輩である笠原がそれを見抜いて、A氏と接触させたのか(その場合、笠原がA氏に弱みを握られている可能性が高いですけどね)。
そんで、春に第一段のお誘いがあって、そこでは福田もお断りしてる。春先は本業に燃えてるだろうしw。
そして夏。…言っちゃあなんですが、高校野球賭博は面白いんです。それこそ友達レベルや職場レベルなら、メシおごれとか的中者の総取りとか、別にヤクザ絡みじゃなくったって水面下で行われていますからね。(昔は日本シリーズもそういう賭けイベントだった)
夏の福田は二軍で腐っていたでしょうし、「遊びなら…」と手を出しても不思議ではない。ギャンブルは好きな性分だったようですしね。
ただ、友達同士や職場でやるのと違って、モノホンの賭博は基本的に胴元が勝つんです。野球賭博のハンデ師は、下手なマスコミや球団関係者よりも野球をよく見て熟知してますからね。(漫画『ラストイニング』の鳩ヶ谷の師匠が、このハンデ師だった)
絶妙なハンデの試合を予想するのは楽しかったでしょう。瞬く間にのめり込み、"帳簿上の借金"が膨らんでいく。実際にシビアに金を取られるんであれば、ペースとか自重するはずなんですが、おそらくあえて精算せずに泳がされていたんでしょう。
9月に入って、我に返った福田が賭博をやめようと思った途端に、取り立てが始まります。

推測ですが、この自称税理士関係のA氏については、頭のキレるインテリヤクザだった可能性は高いですね。
本来なら、もう少し借金が累積するまで遊ばせたかったとこでしょうが、潮時と見て実力行使に出た。
まあ、堅気だったのかヤクザだったのかはともかく、A氏自身も追い詰められていたのかもしれません。金ヅルに逃げられては上への申し開きが出来ないし。
ともかく、ジャイアンツ球場で洗いざらいブチまけた。興味があるのは…このブチまける行為によって、どうなると予想していたのか、ですね。
確かに過去、原が1億円をヤクザに払った一件はありますが、アレは賭博などではなく一種の恐喝で、表沙汰にしたくはない個人的事情によるものでした。これを前例として「踏んだくれる!」と思っていたのであれば、見通しが甘いと言えるでしょう。
なんせ野球界で一番恐ろしい賭博関連、大相撲の大関琴光喜ですら追放されてしまうレベルの案件です。これを黙ってたら、日本プロ野球そのものが終わる。この手の出来事へのコンプライアンスも、近年はしっかりしてますからね。
球界の盟主を自認する巨人としたら、二軍でくすぶってるレベルの投手と心中する訳はありません。だから即刻告発した。
巨人としては、やれる事はやったというキチンとした対応ですが、今後への影響は計り知れないでしょう。
A氏の狙いが、借金の取り立てではなく巨人、あるいは野球へのダメージだったとすれば、「差し違えた」結末となるのでしょう。A氏がインテリヤクザだとすれば、これでも充分箔がついたでしょうし、しかも何年も喰らい込むような重い罪ではない。A氏としても、やる事はやった訳です。
『黒い霧事件』の時は、パ・リーグの人気球団だった西鉄だったから徹底して大ナタが振るわれ、八百長荷担してない池永なんぞ…先輩から押し付けられたお金を押し入れに置いてただけで永久追放されました。
今回は八百長の疑いは極めて薄いにせよ、巨人の選手がこれをやったという衝撃は…デカいね。

福田の永久追放は避けられないと思いますが、あくまでコミッショナー判断でもありますので、巨人に気を遣えば一定期間出場停止止まりというのも有り得ます。ただ、福田自ら辞めるでしょうけどね。
笠原は…直接は悪くないけど、手引きしてる立場だからねえ…。しかも先輩をハメてる。巨人にはいられないな。トレードされるにしても、引き取る球団があるかなあ。台湾球界とかオランダとか、そういうとこしか無い気もします。

日頃、巨人嫌いの阪神ファンな自分ではありますが、この件に関しては巨人がどうこうとか言ってられません。
賭博に関わってるスポーツというレッテルが貼られた時点で、日本における局地的な野球人気も終わるのです。
野球がtotoに向いてないのは、こういう…八百長荷担が容易なスポーツだからなんだよね。この間の阪神戦の横浜みたいに、振り逃げ→落球→捕逸のコンボでサヨナラ負けとか、totoやってたら暴動モノだわ。
せっかく政治力で五輪一度だけ復帰の工作を行っている最中なのに、この件でIOCに嫌われたらオシマイ。サッカーだって大概だけど、サッカーは五輪で一番客が入るからね。人気の無い野球とは違う。
とにかく、しっかりとした対処をコミッショナーに求めたいですね。福田の永久追放を渋ったら、野球が永久に信頼されなくなると思え。
2015/10/07 Wed. 03:56 | trackback: 0 | comment: 2edit

ルパン三世4thシリーズ、富山もスタート。 

いよいよ富山県での『ルパン三世』4thシリーズ放送開始ということで、いつものドン・キホーテでの買い物もそこそこに帰宅。
開始時刻の1時59分に間に合うように準備をして、おもむろにワンセグ入れると…なんか知らんが2時14分スタートになっとるorz。組閣でニュースが押したのか? で、見たくもないつまらん番組を15分ほど見て待機。

ようやくスタート。アバンからいつもの5人が勢揃い。ルパンの結婚式という掴みはなかなか。
そんでOP。OPはニコ動で5回くらい見ているので、「カッコいい!」とかの感想はすでに通過済み。よく作ってあると思う。マンドリンとか入ってるよね。
披露宴(?)での会話、次元の声が…どうも気になる。小林さんの意欲は尊重するけど、後任も考えておいた方がいいよなあ。
不二子は"面白くない"雰囲気がよく出ている。沢城芝居がいい方に作用してるか。あと、今回の不二子は顔がいい、色気があるね。
五エ門は独立した朴念仁という立ち位置もまずまず。シリーズによって外見が変わるのが五エ門だけど、今回は割と普通。
いまだにツベコベ言う人はいるけど、ルパンの声に関してはもうほとんど違和感は感じてない。栗田寛一のルパン三世としてモノにしてると思う。コロンボが石田太郎風味になったように、ルパン三世もクリカンの味が出るようになったのだ。ルパンの猿顔、今回はなかなかハンサム。
さて、レベッカという…お姫様。泥棒を覚えたクラリス…というと異論あるでしょうがw、かなりネジの飛んだ設定と性格がいかにも現代のキャラクター。これくらいでないとルパン一味を相手には出来ないか。執事っぽい男も今後のキーだろうな。
銭形のとっつぁんは、どうやら切れ者設定のよう。不満は無いけど、山ちゃんはまだ銭形の悲哀を見せてないからなあ。今回のシリーズでやるか?

感じたのは、とにかくテンポを2ndシリーズに近づけたいという思惑ですね。リアリティは求めず、ノリとテンポ重視。
王冠の件はもう少し分かりやすくした方がいい気もしましたが、第1話で説明事項が多い回でもあるし、あんなもんかな。警備の人は有能には見えなかったぞw。
まあ、大概のことは"変装"でカタがつく世界観だし、あまりケチをつけても仕方ないでしょう。
レベッカとルパンが空中を浮遊するあたりは、作画も構図も相当頑張っているなと思いました。カリオストロオマージュもしっかり入ってたなw。ルパンが王冠を渡したのが分かりづらかったけど。
指輪を返せなかったルパン、レベッカはまた出番があるという示唆ですが、どの程度の頻度で出るのかが問題。あまり出し過ぎるのもどうかと思うんで、全24話の中であと3回くらいがベストか。
イタリアとサンマリノから出ないシリーズだそうなので、結構出番あるかもしれないけどね。

第1話としては充分合格点だと思います。レギュラー陣もそうだけど、レベッカを印象づけることに成功してるし。
さて、問題は2話と3話だね。ここで失速しないようなら、このシリーズ自体が成功すると思う。
とりあえず、来週も楽しみであります。
まあ、5日遅れてるから情報は入ってきちゃうだろうけどねw。
2015/10/08 Thu. 04:27 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。