02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

今年の名人戦は面白い 

将棋界最大のタイトルである名人戦。
ま…竜王戦という"読売様"の意向の強い棋戦もありますが、将棋界の骨組みを決めているのはやっぱ名人戦ですからね。あえてそう書かせて頂きます。
現在の名人は羽生善治。すでに将棋史に残る大棋士であり、齢46にして四冠を保持しているという、過去の定跡が全く通用しない怪物。
この1年、四冠でそれぞれ…4人の異なる若い挑戦者をキッチリ退け、そのうえ郷田王将の王将位を奪うべく王将戦の挑戦者になっているという(現在2勝2敗)、ファンの自分ですら「どうなってるんだ、この人は…」と思ってる破格の人。
もし五冠となると、将棋界の7大タイトルは羽生五冠と渡辺二冠で分け合うという珍しい事態になるんですが…。実現するか?
で、この4月から始まる名人戦、羽生名人への挑戦者が…佐藤天彦八段に決まりました。
A級リーグ最終局、挑戦者の可能性がある二人の直接対決となった行方八段との熱戦を制し、A級1年目にして8勝1敗のズバ抜けた成績で挑戦者となった佐藤天彦八段。現在の将棋界では最も勢いのある挑戦者といえるでしょう。
ちょっと興味深いデータを見つけたので、引用してみます。


【順位戦50局以上で10敗未満の記録を達成した全棋士】

・佐藤天彦 54勝07敗 .885  C2~A1年目
・森内俊之 53勝07敗 .883  C2~A1年目
・羽生善治 62勝09敗 .873  C2~A1年目 
・羽生善治 54勝09敗 .857  A級時代(2004~2013年度)
・谷川浩司 52勝09敗 .852  C2~A1年目
・南芳一  43勝08敗 .843  C2~B1 (A1年目は5勝4敗)
・中原誠  48勝09敗 .842  C2~A1年目

順位戦というのは将棋界における強さの目安となる段階式リーグ戦で、"C2→C1→B2→B1→A"と5段階になってます。(フリクラは割愛)
各リーグは1年かけて競うので、昇級は1年で1段階のみ。どんな好成績を残しても、自分より上の順位に同じ成績の棋士がいれば、頭ハネを喰らって昇級出来ないなんて事もザラに起こります。B1(12人)とA(10人)は総当たりなんで自力でどうにか出来る率は上がりますが。
で、A級でトップになった者が名人戦挑戦者になる訳です。
上記の6人は、言ってしまえば…瞬く間にAまで駆け上がった方々と考えていいと思います。
(一人だけ、恐ろしいのが混じってますがね…。全てA級での7年間で54勝9敗という前代未聞の数字の方が)
佐藤天彦八段の数字は歴代最高ですが、実は安定して勝てるようになるまでに少し時間がかかってます。
上記のメンバーで、名人経験者の足跡を見てみましょうか。


☆谷川浩司
S52 C2 四段 15歳 8-2
S53 C2 四段 16歳 8-2 昇級
S54 C1 五段 17歳 9-1 昇級
S55 B2 六段 18歳 10-0 昇級
S56 B1 七段 19歳 10-2 昇級
S57 A 八段 20歳 7-2 名人挑戦→奪取
昇級後32期連続A級以上 名人通算5期 十七世永世名人

☆羽生善治
S61 C2 四段 16歳 8-2
S62 C2 四段 17歳 10-0 昇級
S63 C1 五段 18歳 8-2
H01 C1 竜王 19歳 10-0 昇級
H02 B2 棋王 20歳 8-2
H03 B2 棋王 21歳 8-2 昇級
H04 B1 竜王 22歳 11-1昇級
H05 A 四冠 23歳 7-2 名人挑戦→奪取
昇級後24期連続A級以上継続中 名人通算9期 十九世永世名人

☆中原誠
S41 C2 四段 19歳 12-0 昇級
S42 C1 五段 20歳 11-1 昇級
S43 B2 棋聖 21歳 11-1 昇級
S44 B1 七段 22歳 10-3 昇級
S45 A 八段 23歳 4-4
S46 A 八段 24歳 8-0 名人挑戦→奪取
昇級後29期連続A級以上 名人通算15期 十六世永世名人

☆森内俊之
S63 C2 四段 18歳 8-2
H01 C2 四段 19歳 7-3
H02 C2 五段 20歳 9-1 昇級
H03 C1 五段 21歳 10-0 昇級
H04 B2 六段 22歳 9-1
H05 B2 六段 23歳 8-2 昇級
H06 B1 七段 24歳 10-1 昇級
H07 A 八段 25歳 7-2 名人挑戦→失敗
昇級後21期連続A級以上継続中 名人通算8期 十八世永世名人

☆佐藤天彦
H19 C2 四段 20歳 6-4
H20 C2 四段 21歳 7-3
H21 C2 五段 22歳 5-5
H22 C2 五段 23歳 10-0 昇級
H23 C1 六段 24歳 8-2 昇級
H24 B2 七段 25歳 8-2
H25 B2 七段 26歳 10-0 昇級
H26 B1 七段 27歳 10-2 昇級 
H27 A 八段 28歳 8-1 名人挑戦→?


こういうのを見ると、「名人は選ばれし者がなる」みたいな格言が現実味を帯びてくるんですけどね。
まず谷川、中原両永世名人が持つ「6年で名人到達」というのは、今後もアンタッチャブルレコードでしょうねえ。ほぼ毎年昇級しないと出来ない偉業です。名人挑戦も両者とも一発ツモ。
羽生名人の場合、数字が悪い訳ではないのに順位のアヤで昇級出来なかったりして"2年に1度昇級する"ペースだったんですが、そのおかげで19才C1にして竜王となり、23才でA級に現れた時すでに四冠を引っ提げていたという…これまたアンタッチャブルレコードであろう超実績。そして名人挑戦一発ツモ。
森内永世名人の場合は、C2で3年溜めたとこから一気に駆け上がってます。B2で9勝1敗でも昇級出来ないという年があるのが順位戦の恐ろしいところ。名人挑戦は…羽生名人相手に奪取ならずでしたが、6年後に丸山名人から奪取した後は、名人戦と順位戦にやたら強くて、羽生名人より先に永世名人となる活躍ぶり。まあ名人以外のタイトルにはそれほど縁が無かったけど。
この4人を踏まえた上で…、佐藤天彦八段の足跡を見ると…タイプとしては森内永世名人に近いんですよね。C2で手間取ったというか、慣れるのに時間がかかったというか。
しかし覚醒してからは、前述の54勝7敗というズバ抜けた数字を残しての名人挑戦。28才という年令は過去の例からすると少し高めですが、棋士にもいろんなタイプがいますから…少し歩みが遅いだけかもしれない。
挑戦者としては、非常に楽しみな存在なのです。

羽生名人にとっても、今回の名人戦は分水嶺だと思うんですよ。
佐藤康光名人、丸山名人の4年間の後、2002年から14年もの間、名人位は羽生&森内で廻し続けてきた訳です。「名人戦は羽生と森内の為にあるのかああああ!」てなもんです。
今年の名人戦、勢いのある挑戦者登場というだけでなく、順位戦A級で森内永世名人が…あわや降級の負け越しだったというのが…一つの時代の終焉を感じさせましてね。このまま終わるな森内永世名人。
羽生名人は先述したように相変わらず変態的な強さを発揮し、昨年秋に佐藤天彦八段を迎え撃った王座戦でも、フルセットの末に退けているんですが、それを踏まえてなお名人戦の挑戦者となってきたのは恐い。天彦八段は心折れてないってことです。
羽生名人が今回の名人戦でも佐藤天彦八段を退けることが出来れば、50代になっても間違いなくタイトル戦の中心となるはずです。
(年齢的にはもう弱くなっても誰も文句言わないはずなんだけど、そんな素振りが無い)

過去の戦績は、羽生善治5勝vs佐藤天彦3勝。
王座戦のフルセットを見る限りでは、終盤の乱戦ではやはり羽生名人に分があるものの、しっかり序盤にリードを作って保てれば佐藤天彦八段が勝ってもおかしくない。
なんせ、羽生名人は相手の研究手筋に興味津々で乗ってきたり、ふと思いついた手をタイトル戦で試してみたりする御方なんでw、展開は全く読めませんけどね。(それで生涯勝率7割だから恐ろしい)
とにかく、「棋界を代表する超第一人者vs今最も勢いのある挑戦者」という組み合わせになった今年の名人戦、実に楽しみであります。
第一局は4月5日~6日、刮目して待て。
スポンサーサイト
2016/03/01 Tue. 02:43 | trackback: 0 | comment: 0edit

あの"エルフ"の終焉 

【エルフホームページ閉鎖のお知らせ】

平素は格別なご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
また、日頃より「エルフホームページ」をご愛顧くださいまして、誠にありがとうございます。

長年に亘り皆さまにご利用頂いておりました「エルフホームページ」ですが、2016年3月31日をもちまして閉鎖させていただくことになりましたので、お知らせ申し上げます。

現在ご利用いただいております皆さまには、大変ご不便をおかけすることとなりますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

また、情報メール「エルフ速報」の配信につきましても、終了させていただきます。
株式会社エルフにご登録いただきました個人情報につきましては、全て責任を持って削除させて頂き二次利用は行いません。

これまで「エルフホームページ」を支えてくださいました皆さまには、心から感謝を申し上げますとともに、サイトを閉鎖いたしますことを深くお詫びいたします。
長年にわたりご愛顧くださいまして、誠にありがとうございました。

エルフソフトのサポートに関しましては、引き続き対応してまいりますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2016年3月1日 株式会社エルフ

(転載ここまで)


パソコン(あえてPCではなく)で遊びまくった世代としては、非常に物悲しいニュースであります。
家庭用ゲーム機でいえば、スクウェアがアホな映画作って潰れかけて、エニックスに救ってもらった一件に近いものがありますが、まあ…00年代以降は時代にノレていなかったから、やむを得ないとも思います。
エロゲを隆盛に導き、市場を拡大させた功労者的存在でありながら、近年は知る人ぞ知るエロゲ(『彼女はガテン系』とか)を細々と商売してましたし。
悲しんでいるのは、おっさんばかりなんだろうなあ。

エルフは1989年の設立。(本棚から『エルフマニアックス』という本を引っ張り出して書いてます)
この当時の自分はまだ富士通FM-77AV40EXを使っていたので、エロゲの世界には足を踏み入れてません。だから『ドラゴンナイト』シリーズや『DE・JA』『ELLE』といった初期のソフトはほとんど触れてません。
PC-98を入手したのが…1991年かな。だから…92年発売の革命的エロゲ『同級生』には、すぐに飛びつきました。コピーじゃなく、ちゃんと8800円出してソフト買いました。
『同級生』についてはいずれ書くつもりなんですけど、とにかく陽気なシナリオ、美麗なグラフィック、時間とマップの野心的なゲームシステム、複数同時攻略が可能、魅力的なキャラクター…など、全方向にクオリティが高かった。ゲームとしては『同級生2』よりもコッチが好き。
その『同級生2』は1995年発売。即買いましたとも。
一段と深化したシステムとキャラクターは素晴らしいの一言。ただ…一人一人のシナリオが深まった分、複数同時攻略は難しいゲーム性になったのが個人的に残念。純愛寄りになったとも言えるか。
そして同じ1995年、…もう一つ忘れてはならないのが『遺作』ですよ。
いわゆる伊頭三部作の始まりですけど、この…息詰まるゲーム性は素晴らしかった。職場から帰って、夜中真剣にやってましたわ。繰り返しやるタイプではないけど、実に満足したソフトでした。
1996年は『下級生』『野々村病院の人々』『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』という充実の3作品を生みだしてるんですが、この3作品、自分は全てセガサターン版でやってますw。
この3作品から、PC-98版はハードディスク必須になっちゃったんですよね。ウチのPC-98に限界が訪れた訳です。ちょうどWindows95の時代に突入したこともあって、自分はパソコンをやめました。(たぶんこれから買い換えが頻繁になる予感がしたので)
96年の3作品はどれも大変面白かったんですけど、特に『下級生』は『同級生』システムの集大成で大好きですね。『下級生』はPC版をやりたかったなあ。
ここから後の、『臭作』『鬼作』『下級生2』『ワーズワース』『河原崎家の一族』『愛姉妹』…などなどのソフトは、セガサターン版も出ず、パソコンも無い自分はやっておりません。『臭作』『鬼作』はエロアニメ借りて見たけども。『下級生2』のメインヒロイン非処女騒動とかも「アホやでこいつらw」と眺めていました。

自分にとって、エルフのエロゲ最大の魅力はシステムでした。
00年代に入ってから【DVD-PG】ってのが出たじゃないですか。DVDプレイヤーで出来るエロゲ。
パソコンを持たない自分には非常に有難いモノでしたが、逆に言えば…アレは90年代末に勃興したエロゲの潮流を現したものだと思うんです。一本道でたまに分岐するだけ。
別に、LeafやKeyのソフトをディスってる訳じゃありませんが、感動させる系統の脚本さえ用意出来れば、あとは分岐だけ作っておけば成立するという、DVD-PGでも何ら問題無く移植出来る単純な紙芝居。
エルフのソフトは、決してDVD-PGに移植出来ないとこが魅力だったんですよ。決して一本道ではないし、繰り返し遊ぶことを前提としたものでした。『YU-NO』の"A.D.M.S"とか、『下級生』の同じ娘と寝る度にグラフィックが変わっていくとか、最高過ぎます。
そういう練ったシステムがよりも、物語性がウケるようになっていくと共に、エルフは急速に落ちていきます。
(まあ、蛭田昌人取締役の引退、竹井正樹との決別、剣乃ゆきひろが『YU-NO』だけで退社、『下級生2』ヒロイン非処女騒動、あかほりさとるまで巻き込んでアニメ化した『らいむいろ戦奇譚』不発…など、いろいろあったのも事実ですけどね。特に竹井正樹と決別したことで『同級生3』が永遠に無くなったのが…)

今やエロゲ業界は衰退の一途を辿り、エロゲという媒体から何か生まれるという事すら無くなっている有様。エロゲのノベルズ化も見かけなくなったしねえ。
こんな状況ですから、老舗で栄光の過去を持つエルフが活動停止になってしまうのも仕方のない事なんでしょう。
先頃PS Vitaでリメイクされた『YU-NO』は、リメイクの許可を得るため話を持ちかけたら…エルフ側から「もうウチにはリメイク出来るスタッフもいないんで、権利を買わないか?」と言われて権利ごと買い取ったというエピソードを聞きました。なんて哀しい…剣乃ゆきひろの傑作が…。
エロゲという市場が無くなり、DVD-PGでも遊べないエルフの名作群は…もう二度と遊べなくなるのでしょうかね。何らかの形で、18禁指定のエルフのゲームを遊べるようにしてほしいです。スマホやタブレットで気軽に遊べれば…。
ぜひ、そうなる事を期待しています。おっさんは気長に待ちます。
2016/03/02 Wed. 08:19 | trackback: 0 | comment: 0edit

骨法の堀辺正史師範、逝く 

日本武道傅骨法(こっぽう)創始師範の堀辺正史師範が、2015年12月26日に心不全のため亡くなっていたことが分かった。

亡くなった当日は、いつも通りに早朝に起床。散歩をし、道場にて指導などをこなし、普段通りの生活を送った。
特に調子が悪い様子もなく就寝につくと、眠るように亡くなっていたという。74歳だった。

堀辺師範は1941年、茨城県出身。
1950年、奈良時代より日本に伝わる独自の拳法という骨法を、流派継承上51代骨法師範で、かの東條英機の身辺警護を務めたという父から学ぶ。
1976年に骨法道場を東中野に創設し、アントニオ猪木を始め、グレートカブキ、獣神サンダーライガー、船木誠勝ら有名プロレスラーを指導したことで一躍その名が知られ、テレビや雑誌にたびたび登場した。

(転載ここまで)


はい!おっさん集合! みんなの大好きな骨法の堀辺師範だよ。亡くなってしまわれたそうで、大変残念だけど…。
夢があったよね、骨法。なんというか胡散臭くてさ。奈良時代に大伴古麻呂が開祖となったらしいんだけど、その事ばかりがクローズアップされて、そこからの1200年余りの歴史が…あまり語られないのがお約束でした。
(朝松健の『私闘学園』シリーズに"滅法"というのが出るけど、登場するごとに滅法の歴史が大袈裟になっていくのがお約束でした。あれは骨法のパロディだったんだろうな)
まあ、武術であり整体でもあったので全くのデタラメでもないんですけど、…良くも悪くも堀辺正史師範のインパクトが強くてね。あの風貌にヒゲ、ある意味説得力はあるんですが、胡散臭さもものすごいものでした。
そんな人が、なぜかアントニオ猪木と意気投合して、80年代後半から新日本プロレスのアドバイザーになっていく流れは、今考えても…笑えますw。
その辺の事情は、今やプロインタビュアーとして名を馳せる吉田豪さんがしっかりインタビューしてますので、下のリンクを読んでみてください。おっさん必読。


吉田豪、堀辺正史師範を語る

これを読むと、海賊男、ビッグバンベイダー、そして堀辺正史師範が何故ドン・中矢・ニールセンに怒っていたのかが分かります。
んで、あの頃の堀辺正史師範は、なんか知らんけど『週刊プロレス』でターザン山本とずっと対談してたんだよねえw。本も出してたし、『スーパージョッキー』にも出てたし、露出は多い人でした。
この堀辺正史師範や、塩田剛三といった…「謎が多くて、いろいろとミステリアスなんだけど、問答無用で強いらしい達人」というカテゴリーの方々が、格闘技最強論争に彩りを添えていたのは言うまでもないでしょう。信者になるか、一笑に付すかは貴方次第ってね。
『グラップラー刃牙』の渋川剛気や本部以蔵は、明らかにこのカテゴリーをキャラクター化したもので、あの頃はこういう達人の最強幻想が確かにあったのです。

一時はライガーや武藤、船木も師事していた堀辺正史師範。格闘技業界では実に得難い御方でした。
こういう謎が多くてツッコミ所満載みたいな人がいると、なんやかんやで業界全体が活気づくんですよ。強いのか弱いのかも含めてね。
現在の衰退した格闘技界や、健全化した新日本プロレスではお呼びじゃなかったかもしれませんが、もうちょっと長生きしてもらって、胡散臭く関わってほしかったですね。
骨法の後継者、53代目はちゃんといるのかなあ。ここで途絶えたら大伴古麻呂に申し訳ないからね。マイナンバーとか持ってない、胡散臭い人を希望。
では、堀辺正史師範、あの世で大伴古麻呂と存分に手合わせしてください。
2016/03/03 Thu. 03:38 | trackback: 0 | comment: 0edit

政党名すら決められないそうで 

民主党と維新の党は、新しい党名を巡って実務者が協議を行い、4日から3日間、両党のホームページなどで党名の案を国民から募集することを決めました。

民主党と維新の党は、今月中の合流に向けて新しい党名と綱領を策定するための協議を2日から行っていて、3日、両党の実務者が党名の案を募る方法を検討しました。

その結果、4日から6日までの3日間、両党のホームページとファックスで、新しい党名の案を国民から募集することを決めました。

両党は、寄せられた案をどのように絞り込むかについて、来週7日に改めて協議することにしています。

党名を巡っては、民主党が「民主」の文言を入れることは譲れないとしているのに対し、維新の党は、世論調査を行って絞り込むことを主張しています。

会合のあと、民主党の赤松前衆議院副議長は記者団に対し、
「密室で新しい党名を決めるのはよくないので、幅広い英知を集めることで両党の合流への関心を持ってもらうことにつなげたい」
と述べました。

また、維新の党の江田前代表は「国民に開かれた政党にしたいという意味を込めて、広く国民の意見やアイデアを募集したい」と述べました。

(転載ここまで)


アホですかね、こいつら(笑)。
どんな馬鹿な親でも、たとえDQNネームであったとしても名前は自分でつけるというのに(祖父母がつけるパターンもあるだろうけど)、自分らが政治活動をするための党名を自分で付けられないという時点で終わっています。
動物園が、生まれた赤ちゃん動物の名前を公募したり、ロッテオリオンズが千葉にフランチャイズを移転する時にチーム名公募をしたりというのよりもレベルが低い話です。
民主党のネーミングは適当だとして、維新の党は「日本に維新を!」みたいなノリがあったと思うんですが、そういうのは丸めて捨てちゃうってことですね。
(まあ、民主党は何を言っても「民主党は黙ってろ」と言われる有様だから、党名を変えて過去の過ちをウヤムヤにしたいんでしょうけどね)
どう考えても、政治家として大事なモノを投げ捨てた感のある公募だと思います。政党助成金から賞金100万円くらい出せよ。

嫌悪感はそれくらいにして、ネタ出ししてみましょうかね。


【反対党】
党の方針が一番分かりやすいと思います。

【離合集散会、離合集散倶楽部】
今後も細かく離れたりくっついたり逃げたりするでしょうから、あらかじめそう謳っておけば納得出来る。

【子供は大事だけど実際に働いてる世代はどうでもいい党】
子供手当大好きみたいですからね。

【腹案党】
かの鳩山元首相が基地問題に際して言った、口から出任せの嘘八百に敬意を表して。

【おっぱいが大好き党】
大量得票が見込める画期的党名。政権取れますよ。

【岡田克也とニューウェーブ】
内山田洋とクールファイブ、ダン池田とニューブリードみたいなノリで。

【洋画の吹き替えに素人タレントを使わせない会】
これは投票するなあ。


どう考えても無理だよねえ、カッコいい党名を考えてあげる義理が無い。
だって、何がしたいのかさっぱり分からないんだもんw。(たぶん自分らでも分からないから公募なんだろうなあ…)
一定の票が取れて、内実をよく表している党名なんて………ああ、【おそ松党】が一番いいかもしれないな。お粗末だし、腐女子にも愛されそうだし。
ま、どんな名前になったところで、自民と共産と山本太郎が得をするだけでしょう。民主も維新もくだらないなあ。
2016/03/04 Fri. 04:49 | trackback: 0 | comment: 0edit

ハヤブサさんを偲ぶ 

ハヤブサさんが亡くなりましてね…。
ファンというか、単純に好きでした。カッコいい、シビれる、憧れる。ルチャを主体とするレスラーの中でも、雰囲気と切れ味が物凄かった。
90年代はインディーズのFMWですらレスラーを海外修行に出せるくらい、プロレス自体の景気が良かった時代ですが、それが無ければハヤブサというレスラーはあそこまで見事に開花しなかったかもしれない。
新日や全日のようなメジャー団体だと、あの体格の持ち主にルチャはさせなかった気もするので、FMWだったからこそハヤブサが誕生したということになるんでしょう。
プロレス雑誌でその存在は知ってましたが、初めて動くハヤブサを見たのは新日が主催した『スーパーJカップ』です(1994年だったと思う)。
この大会、参加レスラーが凄かったんですよ。優勝がワイルド・ペガサス、準優勝がザ・グレート・サスケ。あとは獣神サンダーライガー、エル・サムライ、スペル・デルフィン、TAKAみちのく、ディーン・マレンコ、リッキー・フジもいたなw。
そしてハヤブサが、ライガーと素晴らしい試合をしましてね。「うおお、ハヤブサすげえ!」と認識し、プロレス雑誌で情報を追うようになります。(この試合の映像、YouTubeとニコ動には無い…というか削除されてますね。他の動画サイトにはありそう)

大仁田の引退(という行事)によってFMWのトップとなってからは、火の車であろう団体を盛り立てるべく、数々の名勝負と、それに伴う故障、その故障を癒す暇も無い団体事情…と、満身創痍で戦っておられました。「メジャーだったらもう少しどうにかなあ…」と思わずにはいられなかったものです。
でも、リングでのハヤブサは本当にカッコよかったです。ファイアーバード・スプラッシュ、フェニックス・スプラッシュの有無を言わさぬ説得力。ルチャは楽しく激しい。
ハヤブサが活躍したのは…いいとこ5~6年なんですけど、それ故に記憶は鮮烈なのです。

あの…事故で、ハヤブサが半身不随となってから15年ほど。
プロレス復帰に執念を燃やすハヤブサさんの姿を見るたび、応援したい気持ちと切ない気持ちと半々でした。
後に三沢が頚椎断裂で亡くなった時、頚椎損傷のハヤブサさんは…それでも運が良かった方なのか…と愕然とさせられもしました。プロレスラーというのは、なんて因果な商売なんだろう。
プロレスラーは身体削っているんだから、こっちも真剣に見て批評するのが礼儀だと思うようになったのは、ハヤブサさんの存在が大きいですね。

あの重傷から、松葉杖、補助付きとはいえ、立ち上がってどうにか移動出来るようにまでなって、………訃報を聞くとは思ってませんでした。
長年戦った頚椎損傷からの半身不随ではなく、睡眠中のくも膜下出血というのが、なんともやるせない…。酒が好きだったそうだけど、それが関係あるかは分かりません。
いずれにせよ、ハヤブサさんはこの世からいなくなったのです。

こういう日は、こういう映像を見る事が供養かな…と思いまして。


『ルチャ、空中技セレクト』 by ニコニコ動画


『ハヤブサ画像集』 by ニコニコ動画

ルチャの名場面集は、ハヤブサだけでなく数々の名レスラーのいい場面が見れます。ルチャの楽しさが集約されてます。
ハヤブサの映像は、…やっぱ持ってる雰囲気が素晴らしいよなあ。

ファイアーバード(火の鳥)、フェニックス(不死鳥)。それがハヤブサさんの決め技でした。
ハヤブサさんの残した記憶は不死鳥のように永遠に残り、時を経て火の鳥のようにいずれ甦ってきますよ。
鮮烈な試合と、長いリハビリ、お疲れ様でした。安らかに。
2016/03/05 Sat. 04:50 | trackback: 0 | comment: 0edit

今年も花粉症が発動しました… 

今日書きたいネタがあるんですが、…昨日からついに花粉症が発動し、やむなくクスリ(パブロン鼻炎薬)に手を出してしまいました。
こうなると、あとはクスリに溺れていくだけなのです。

とにかく、鼻水は一時的に止まっているものの、ちょっと頭が痛いのと、若干の貧血感があるので、ブログ更新は諦めて寝ます。
慣れてきたら、それなりに更新出来ると思いますけど、今日は無理。
誰か杉林に火を放ってきてください。
2016/03/07 Mon. 03:13 | trackback: 0 | comment: 0edit

藤商事の作り込みは素晴らしい 

藤商事というパチンコメーカーは、昔から…ちょっと狂気を抱えていると思ってます。
作る台の変態さという部分では、高尾という偉大な空回りメーカーがあるんですけど(固定ファンはいる)、藤商事の狂気は…作り込みとセンスですね。
『CRリング2』で見せた、貞子の怖さ徹底追及の演出。他社に類例が無かった事もあってロングヒットしましたが、演出自体も入魂の出来だったと思いますよ。『CRリング3』はちょっと欲張り過ぎたと思いますけど。
『CR地獄少女』も原作の雰囲気を全く壊さずパチンコ化してスマッシュヒット、『CR地獄少女・弐』は絶妙のスペックと、これまた力入っている幻想的演出が冴えまくって大ヒット。数年後あるであろう『参』が楽しみです。
『CR暴れん坊将軍』は藤商事の定番ですが、そこに怪談要素を加えたパチンコオリジナルの『CR暴れん坊将軍・怪談』は、ハッキリ言ってやり過ぎもいいとこですがw、サービス精神旺盛な松平健が物の怪相手に奮闘する様は一見の価値はあります。将軍の職務を大いに逸脱しとるけど。
『CRヴァン・ヘルシング』は一部に熱狂的にウケたよねえ。変態スペックなのにスマッシュヒットした稀有な例。
かと思うと、『CR緋弾のアリア』をまずまずの出来にまとめ(スロットは壮絶な失敗らしいけど)るなど、萌え素材でもキッチリ仕事が出来るメーカーでもあります。『魔法少女隊アルス』をスロットにしたのは、いったいどんな狙いだったのか分からんけどw。
近年は台枠の性能もいいし(玉飛び安定、音良し、ボタン丈夫、顔面エア有り)、ホールにおける占有率も上がってるようですね。
藤商事の作り込みといえば、これを忘れてはいけません。


『CR宇宙戦艦ヤマト2』のCG映像 by ニコニコ動画

これは『CR宇宙戦艦ヤマト2』で実際に使われたCGなんですけど、質感と動きがCG劇場版よりも素晴らしいんですよね。台そのものの出来はイマイチだったけどw、映像が見たくてちょくちょく打ってましたわ。
地獄少女のラウンド中映像の見事さ(あい&ゆずきのキマシタワー)なんかも、藤商事伝統の入魂ぶりと言えます。

また、ゲーム題材をパチンコ化するのも好きで、『CR風来のシレン』や『CRクリスタルドラゴン』などありますが、その経験を活かして、もうすぐこんな機種が出ます。


『CRヘルプ! 恋が丘学園お助け部』公式PV by ニコニコ動画

…正直、スマホの課金ゲームにした方が儲かるんじゃないかと思いますが、これをパチンコにしてくれるところが藤商事たる所以。ヒロイン30人とかオリジナルなのにどんだけ作り込んでるんだよ。
スペックとしては、サミーの『CR化物語』の甘デジから、確変6回転STが無くなった代わりに、必ず100回転の時短(電サポ)が付くというもので、感覚としては『コブラ・ザ・ドラム』や『ドラムロイド』『ハクション大魔王』みたいなドラム機に似たスペックだと思います。
マイホに入ったら迷わず打ちますがw、なんせ打つ人を選びそうな題材なんで入るか不安。まあ近年の藤商事はそれなりに信頼あると思うんで…。

今年はさすがに『リング』も『地獄少女』も出ないと思うんで(『きくり』は出たけど)、藤商事オリジナルの隠し玉が出る予感がします。この『CRヘルプ!』はその先鞭でしょう。
『かっぱ伝説』のリメイクとかも待ってますのでw、よろしくお願いしますね。
2016/03/08 Tue. 05:43 | trackback: 0 | comment: 0edit

プロ野球に自浄能力は無い 

一度は解決したはずだった巨人投手による野球賭博問題が、シーズン開幕を約2週間後に控えた最悪の時期に再び広がりを見せた。
巨人の高木京介投手(26)の野球賭博関与の疑いが発覚したのだ。

記者会見で「他に関わっている選手はいないと断言できるか」との問いに、森田清司総務本部長は「調査が難航している。簡単ではないのが実態」と返すのが精いっぱいだった。

久保博球団社長は記者会見で「昨年10月から11月にかけての調査が十分に及ばなかった」と悔やんだが、強制力を持たない球団や日本野球機構(NPB)による調査の難しさは、当初から指摘されていた。 

昨年11月、NPB調査委員会の大鶴基成弁護士は調査の際に、この問題に関与した飲食店経営の男性の協力を得られていないことを明かし、「『捜査』と違い『調査』は相手が任意で応じなければ対応できない」と述べている。

今回の問題でも球団は、重要な証拠を握っていると見られる笠原将生元選手に協力を拒否され、飲食店経営の男性には電話にすら出てもらえていない。  

高木京も、週刊文春の取材を発端に3月に入ってから行われた球団の事情聴取に、当初はシラをきっていた。
親族らの勧めもあって8日朝になって真実を告白したが、最後に「良心」が動かなければ発覚しなかったかもしれない。

高木京は球団の調べに対し、昨年の問題発覚後も飲食店経営男性から度々電話を受けていたことを明かし、「10月からびくびくしていた。でも(男性から)電話がかかってくるのが怖いので断れなかった」と話しているという。 

「恐れを断ち切って勇気を持って本当のことを言ってくれと(選手に)訴えるしかない」と森田本部長。
だが、「保身」が頭にちらつく中で正直に名乗り出るのが難しいことは、容易に想像がつく。

NPBの熊崎勝彦コミッショナーは巨人に徹底調査を命じ、久保社長は信頼回復に最大限の努力をすると強調した。
任意の調査でどこまで真実に迫れるのか。信頼回復への道のりは極めて険しいと言わざるを得ない。

(転載ここまで)


真実には迫れないし、信頼も回復出来ませんよ。
やってる人はまだ複数いるでしょう。巨人が中心なんでしょうが、他球団にもOBにもいるかもしれません。
いるんでしょうが、…「調査」に対して正直に告白するメリットがあまりにも無いでしょ。言い損というヤツです。
なんせ、昨年の賭博発覚時の3人、問答無用で野球界から追放されました。それは当然なんですけど、「追放するからお前も正直に話せ」と言って話す訳が無い。生活もあるしね。「調査」なんてそんなもんです。
外部の調査グループを設定したとしても、野球界のしがらみは当然あるでしょうから無駄です。現在のコミッショナーは司法方面からの天下りですが、この問題に対して無能極まりないでしょ。
もはや、野球界に自浄能力なんぞ残っておらんのです。

警察の介入ならちょっとはマシでしょうが、親方日の丸である以上、遥か上の方からの意向があれば手を緩めざるを得ないでしょうからね。
長嶋&松井を国民栄誉賞に推したのはナベツネで、それを実行したのは安倍ちゃんでしょ。プロ野球に深刻なダメージを与えるような真似は出来ないはず。
あとは外圧か。MLBから断絶されるとかね。MLBは日本の高校生を青田買い出来るから、そっちの方がいいかもしれんけどね。
ということで、あとは週刊文春様に…いいタイミングで矢を射込んでもらうしかないでしょう。
(文藝春秋社といえば『Number』という文章がナルシズムな雑誌があるんだけど、社から見捨てられたか、野球の取材を諦めたかなんだろうねえ)

今にして思えば、大相撲の『技量審査場所』は対外的な効果あったよね。あれで"一応"八百長問題にケジメをつけたんだから。
同じような問題で対処を誤ったセリエAは、全盛期に遠く及ばない転落リーグと化してしまいましたし(本田が入れるってことは、そういうこと)、スポーツで八百長を疑われる事案が発生した場合は、しっかりとした対処をするべきなんです。
さて、日本のプロ野球はどうすんのかね。ペナントは普通にやります、皆さん早く忘れてくださいっていうんじゃあ…一層の客離れが進むだけだよ。
とりあえず巨人に対して、億単位の制裁金、5年間ドラフト2位まで参加不可、強制ボランティアくらいは課すべきだろうね。そのうえで、巨人が自主的にどうするか…。阪神だって対岸の火事ではない。
とにかく、文春の次の矢でまた誰かが辞任する泥縄対応ではなく、早く芋づる式に発覚させてほしい。
全球団から出てきたら、そん時はペナントを一年休め。
2016/03/09 Wed. 16:57 | trackback: 0 | comment: 2edit