09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

トウカイテイオーに思いを馳せる 

トウカイテイオーが亡くなりましたね、享年26。
このスマホで"とうかい…"と入力したら、予測変換に【トウカイテイオー】と表示される程の名馬でした。
なにより…強いだけでなく、実に味のある超一流の役者だったんですよねえ。

まず親父がね、クラシック三冠を全て制しG1を7勝した"皇帝"シンボリルドルフ、しかも初年度産駒。いやでも期待が集まるのです。そしてまさか、こんなスゴい仔が爆誕するとは…。
自分がトウカイテイオーの名を聞いたのは、皐月賞の前くらいでしたが、ここまで4戦4勝で、鞍上の安田隆行がレース中まだ一度も鞭を入れていないという、漫画かお前はwという強烈な前評判でした。
皐月賞はTV観戦。重賞未勝利なのに単枠指定という強烈な支持、そして完勝。もうね、"コイツはスゴい"感が全開でした。
ダービーも1倍台の圧倒的支持、そしてここも文句無しの完勝。「こりゃあ、菊も取るねえ」と思ったし、鞍上の安田隆行も指二本を高々と掲げて、"三本目"への予約を周囲にアピールしていました。
このまま展開すれば、ルドルフの息子がまたも無敗三冠となるはずだったんですが、トウカイテイオーという馬の物語はここから俄然面白くなるのです。

トウカイテイオーはダービーの競走中に骨折していました。全治6ヶ月。これはもう、菊花賞は断念せざるを得ません。
テイオー不在の菊花賞を勝ったのは、ダービー2着ながらテイオーの影を踏めなかったレオダーバン。この結果に多くの競馬ファンが溜め息をつく事になりました…。
この年は古馬G1が混戦だった事もあり、皐月・ダービー二冠のトウカイテイオーが年度代表馬となりました。記者投票ですから…"幻の三冠馬"という部分への感情的投票もあったでしょうね。

翌年、古馬となったテイオーは、鞍上に当時最高の騎手である岡部幸雄を迎え、4月の大阪杯(G2)をまたも鞭を使わず完勝。目指すはG1天皇賞(春)。そこに待ち構えているのは、古馬のトップホース、最強ステイヤー、前年の覇者、鞍上武豊、…自分が大ファンだった名馬メジロマックイーン(めじろと入力したら予測されたw)。
この天皇賞(春)へのマスコミと競馬ファンの盛り上がりは空前のものでしたね。あんなのは後にも先にも記憶に無い。
7戦7勝、骨折明けでも古馬をねじ伏せた実力、鞍上はルドルフの主戦でもあった名手岡部、ルドルフの息子のテイオーが勝つ。
いやいや、現役最強にしてステイヤー、菊に春天と3000m級のG1を実際に勝っていて、鞍上は天才武豊、メジロ牧場の悲願だった三代春天制覇も成し遂げているメジロマックイーンが勝つ。
マスコミもファンも真っ二つの論戦になるくらいの盛り上がり。岡部が「地の果てまで走れる感じ」と言えば、武豊が「こっちは天まで昇れますよ」と騎手まで応酬する。勝つのはどっちだ!
その天皇賞(春)、人気はテイオーがマックイーンを押さえて1番人気。この2頭の馬連が1.5倍しかつかないという異様なオッズ。
そして、…結果を言えば、レースはメジロマックイーンの完勝。前年覇者による王者のレースとなりました。自分は歓喜w。
トウカイテイオーは、最後の直線伸びず5着。レース中に軽度の骨折をしていた事が判明したため、敗因がスタミナだったのか骨折だったのかは分かりませんが、長距離G1というメジロマックイーンのホームグラウンドだったというのが一番デカいと思いますけどね。
トウカイテイオーは骨折治療の為、またも休養に入ります。

夏を越して秋。テイオーは予定していた天皇賞(秋)に、なんとか急仕上げで挑むも、逃げ馬メジロパーマーが作り出した超ハイペース展開に翻弄され、まさかの7着(勝ち馬はレッツゴーターキン)。
口さがないファンや関係者からは、テイオー限界説まで出てくるくらい、この7着は大きい衝撃でした。
続くジャパンカップ。外国馬のレベルが高かった事もあって、テイオーへの期待は小さくなっていたんですが、1戦叩いて良化していた事もあり、外国の強豪を押さえてこのジャパンカップを完勝!
ジャパンカップでの日本馬の勝利は、父ルドルフ以来の快挙。ここでも父に迫る実力を見せつけます。
そして有馬記念。もちろんファン投票1位。鞍上岡部が騎乗停止だったので、実力者の田原成貴を鞍上に。
………ところが、テイオーは全く見せ場無く11着と惨敗(勝ち馬はメジロパーマー)。いろんな憶測が飛び交いましたが、直前に発覚した寄生虫の駆除の為、やむなく下剤を飲ませた事が直接の原因と言われています。
マックイーンに敗れ、秋天も勝てず、かと思うと外国の強豪を蹴散らして勝ち、有馬で謎の惨敗。トウカイテイオーは、父ルドルフとは全く違う、波瀾万丈を絵に描いたようなキャラクターとなっていきます。

翌年は捲土重来を期していたものの、故障、そしてまたしても骨折。テイオーはひたすら休養する日々を送ります。
その間、メジロマックイーンの春天三連覇は寸前でライスシャワーに阻止され、クラシックをナリタタイシン、ウイニングチケットとともに盛り上げたビワハヤヒデ(皐月2着、ダービー2着、菊1着)が本格化。桜花賞とオークスを制した名牝ベガ、その三冠を阻止した「ベガはベガでも」ホクトベガ。マイルとスプリントを激しく争ったノースフライトとサクラバクシンオー…。
激動の競馬界は、トウカイテイオー不在などどこ吹く風の活況を呈していました。
ようやくレースに出れる状態になったテイオーでしたが、調整調教が間に合うレースは前年惨敗した有馬記念のみ。1年ぶりの復帰戦です。
主戦だった岡部幸雄は…有馬記念にビワハヤヒデ騎乗を選び、武豊もベガ騎乗。結局、前年と同じく田原成貴に依頼されます。
1年のブランクでG1を勝った馬は皆無。ファンも…「走れるようになって良かったね」的な捉え方でした。

自分はこの日、名古屋の金山ウインズにいました。
仕事だったんですが、移動中にうまく金山ウインズを経由できるように仕組み(笑)、職場には適当に連絡を入れ、いざ馬券!
前日、競馬新聞とにらめっこしてピックアップした馬は4頭。これを二組の馬連にする予定。4頭の馬とは、メジロパーマー、ビワハヤヒデ、ベガ、トウカイテイオーでした。
まずこの有馬は、G1馬が8頭も出る超豪華メンバーでした。「ここはG1を勝てる馬に絞る」…よって残りはボツ。
パーマーに関しては、前年の宝塚と有馬を制したグランプリ逃げ馬である事と、波乱を呼べる最大の存在である事。
ビワハヤヒデは驚異の安定性(完全連帯中)。秋以降の充実と、岡部の騎乗から見ても崩れないはず。
ベガは、敗れたもののエリザベスを叩いた事と、武豊の腕前を期待。
トウカイテイオーは、キチンと仕上がっているなら勝ち負けになるし、大阪杯で鉄砲勝ちした事もあるので。
そして、最終的には………ハヤヒデとベガ、パーマーとテイオーという組み合わせにしちゃったんですよねえorz。タイムマシンがあるなら「馬鹿か!」と言いに行きたいw。

移動という名のサボリで馬券ゲット。そのままウインズのモニターで観戦します。
スタート。馬群はバラけ、パーマー予想通り逃げるも、さすがに見逃してはもらえない雰囲気。名手岡部のビワハヤヒデはしっかりといい位置をキープして、ジリジリ上げて来ている。「やっぱビワハヤヒデ強えええ」
第3コーナーを回る頃には、ビワハヤヒデがすでに優勢な展開。最後の直線、粘ろうとするメジロパーマーを捕らえたビワハヤヒデがあっさり先頭へ。「あ~、スゴいわ」
直線を駆けるビワハヤヒデの後方に…、黒い馬体が迫ってきた!!! 「!…テイオオオオオオオ!」 ウインズの群衆の叫びが段違いに上がった!
ゴール直前、ついにビワハヤヒデを捕らえたトウカイテイオーが、半馬身抜いたところがゴール。この瞬間のウインズ内の喜び、歓声、驚嘆、スゴいものを見た感は忘れられません。皆が口々に「すげえ」「スゴい」を言い合ってましたから。
自分も、スゴいものを最高の場所で見た感動と、何故ハヤヒデとテイオーという組み合わせで馬券を買わなかったのかという後悔とがない交ぜになって、「ああああ、すげええええ」しか感想が無かったです、はい。
364日の休養明けのG1勝利というのは、現在に至るまで破るもののない孤高の記録。それも、充実してきた伸び盛りの若い馬を、一刀両断にする伝説の勝ちっぷり。
ほぼ完全なレースを展開し、2着に敗れた岡部幸雄が「テイオーに負けたんだから仕方ない」と観念していたのも印象的でした。
この勝利で、トウカイテイオーという馬は不朽の名声を得たと言ってもいいでしょう。
翌年も現役続行するはずでしたが、故障、そして4度目の骨折に見舞われ、一度も走らぬまま秋に引退。
引退式には、なんと10万人を超える競馬ファンが詰めかけた事も話題となりました(その日の東京競馬場は重賞無し)。

12戦9勝(9-0-0-3)、G1(皐月賞、ダービー、ジャパンカップ、有馬記念)、G2(大阪杯)
敗れたレース…天皇賞(春)5着、天皇賞(秋)7着、有馬記念11着

トウカイテイオーという馬は、希代のドラマ性があった馬でした。
強すぎる父の息子である事。父と同じくダービーまで無敗で制した事。4度の骨折に巨大な可能性を封じられた事。それでも目の覚めるような走りを見せつけた事。負ける時は惨敗した事。
安田隆行、岡部幸雄、田原成貴という三人の騎手に愛され、乗り替わりのドラマを生んだ事。幻の三冠馬という存在である事。メジロマックイーンとの『対決』という空前の盛り上がり。海外勢を蹴散らしたジャパンカップの勇姿。惨敗した有馬記念を、1年後、しかも故障明けに劇的に制した事…。
これほどいろんな方向から語るべきドラマのある馬は、そうそういないんですよ。そりゃあ人気も高いし、あの頃の競馬ブームを支えた訳です。

成績だけならテイオーよりいい馬は数年に一度現れますが、強さと脆さがこれほど愛されていた馬は、他にいません。
トウカイテイオーは、まさに名馬だったのです。楽しかったよ、有難う、安らかに。
関連記事
スポンサーサイト
2013/09/03 Tue. 04:07 | trackback: 1 | comment: 2edit

コメント

自分はこの日、中京競馬場におりました。オーロラビジョンをみていた大観衆と共にやはり大興奮。馬券ははずしましたがすばらしいモノをみさせてもらいました。

当時は結婚する前で毎週のように中京にいってましたねぇ。エリザベスでノースフライトから総流ししてまさかの「ベガはベガでもホクトベガ」で万馬券を当てたのもいい思い出です。新婚旅行で北海道に行き、オグリキャップやビワハヤヒデも見てきました。金が自由に使えたあの頃に戻りたい・・・。

突然段ボール #- | URL | 2013/09/03 23:23 * edit *

>>突然段ボール様
ああ、中京ですかあ。いいですねえ。まだ2000mだった高松宮杯を見に行った事があります。さぞや盛り上がったことでしょう。
スターホースはわくわくしますよね。あれは超一流のアスリートです。

自分も、若いときは恐いもの無しでお金使ってましたよw。
お気楽な事を書いていますが、あの頃に比べたら自重してます。
得るものあれば、失うものもある。失えば得られる。そんな気がします。

メテオ #- | URL | 2013/09/04 08:27 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1190-99094ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グッチ バッグ

トウカイテイオーに思いを馳せる - メテオ・ストライクス!

グッチ バッグ | 2013/10/26 00:42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。