09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

電気自動車は普及しない 

自分は自家用車を持たない主義なもんで、昔から公共交通機関と徒歩を愛用しております。
自動車免許はあくまで仕事で使うものと割り切って取りました。
そういう人間なんで、自動車そのものにそう興味はないんですが、前々から「胡散臭いなあ」と思ってる事があってですね。

(ここから転載)

自動車メーカーは「脱ガソリン」の次世代エコカーの開発を急ピッチで進めている。
その主戦場で争うのは、走行時にCO2などの排出ガスをまったく出さない電気自動車(EV)。そして、水素を酸素と反応させて作る電気で走行し、水しか出さない燃料電池車(FCV)だ。

2009年7月、三菱自動車が「アイミーブ」を、10年12月には日産自動車が「リーフ」を発売した。
しかし、販売台数は伸び悩み、苦戦を強いられている。たとえば、リーフの今年9月末までの累計販売台数は日本で3万台、世界では8万3千台。
仏ルノーと合わせて、16年度までに世界で150万台を販売する目標の達成は現実的ではないとみられている。

「小型で、近距離移動に特化したアイミーブと異なり、日産はEVでいちばん難しい領域とされるファミリーカーに挑戦しました。その姿勢は評価しますが、ハードルが高かったということです」

ハードルのひとつは車両価格だ。リーフの場合、国の補助金を使っても220万円以上する。それでも、環境性能や加速性能に優れ、停電時には家庭に電気を供給することもできるのがEV。
一回の充電でガソリン車並みに400~500キロ程度走行できれば決して高くはないのだが、リーフの場合は228キロ。実際はその半分程度の距離とされる。

高速道路のサービスエリアなどに設置されている急速充電器を使えば約30分で80%まで充電できるため、設備の整備が進めば、ドライブ途中でバッテリー切れとなる心配はない。ただし、急速充電器の数はまだ全国で約1900基(9月末時点)にすぎない。

「一回充電して、郊外のゴルフ場と往復できない程度の走行距離ではユーザーの不安感が強いのです」

自動車メーカー4社は、来年10月をめどに急速充電器を4千基、普通充電器を8千基、共同で設置するなどインフラ設備を進めるが、同時に車両価格の低下を実現できるか。

(転載ここまで)


電気というのは、基本蓄められないものですよね。もちろんバッテリーというものはあるんですが、いつまで経っても電話やスマホのバッテリー容量に満足出来ないのは、大容量蓄電というのは難しい事を端的に表していると思います。
自動車を電気で動かすメリットって、静音と排気ガスですよね。それは、長時間駆動という利便性を無視してまで重視しなきゃいけない事だとは思わんのです。
自動車ってのは、確実に動いて、乗員がある程度安全で、運搬能力があって、行動範囲を広げるのが目的ですよね。電気自動車の場合、どれも物足りない気がします。

まず、充電しないと動かないってのは明らかにマズい。
緊急の用事が出来たけど、肝心の自動車は今充電を始めたばかりなんて笑い話にもなりません。それとも急速充電スタンドとやらを各家庭に備えますか。自動車とセット販売で。
せめて携帯電話みたいにバッテリーが装填式ならいいんだけど、そんな便利な自動車バッテリーは現状無いし、あったとしても走行距離は…。
ゴルフ場とかショッピングモールに充電スタンドを備えればいいとも言われますが、30分かかる充電スタンドで、どの程度待てば自分の自動車の充電が出来るんでしょうね。ショッピングモールの駐車エリア1台ずつ全てに充電スタンドつけますか。
東京近郊で走っているという電気自動車のタクシーも、走行距離問題で難儀しているという話も聞きました。お客の行きたい所までに充電スタンドが無いと断らざるを得ないとか。踏んだり蹴ったりです。
充電スタンドが増えれば問題解決、というのも詭弁ですよね。出先や途中で30分充電するなんて、そんな呑気な話は無い。

乗員の安全って事を考えると、巨大なバッテリーの安全性は大丈夫なんでしょうか。
バッテリーは加熱しやすいし、現に携帯やPCのバッテリーは発火事例もある。ガソリンや軽油のエンジンに較べて、走行中のトラブルは数倍恐ろしい気がします。
あと、雪国はアイドリングしてナンボなんですけど、車内の暖房をフルに使って渋滞に巻き込まれても(よくあるシチュエーション)、電気自動車とやらはバッテリー切れも起こさず安全なんですかね?

なんかねえ、誰の思惑かはしらないけど、ガソリン車が不当に悪者にされてる気がしますよ。
地球温暖化うんぬんも、近年ようやくその胡散臭さが暴露され、急速に話題にのぼらなくなりましたよね。うちの近所のドラッグストアも、ビニールの買い物袋復活しましたし。
エコという便利な言葉もありますが、電気自動車の場合は、発電所に責任を押しつけてるだけで、エネルギーを生み出す際に発生する"有害さ"は全く変わらない訳です。使用済みバッテリーの処分という新たな問題もあるしね。
要は、電気自動車使って「俺ってエコで、地球に優しい」とか思ってる人は滑稽なピエロに過ぎず、不便を押して使うだけの価値は今の電気自動車には無い、という事です。
普及しないのは、みんなそういう事が分かってるから手を出さないだけですよ。
関連記事
スポンサーサイト
2013/10/26 Sat. 00:02 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1245-64f6c76a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。