09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

『主は世界にただ一人』(ムトゥ 踊るマハラジャ) 

連日の勤務で疲れているので、自分がとことん奮い立つ音楽の事を書こう…と思案。
その結果、アースウィンド&ファイヤーを振り切って今日のお題になったのは、映画『ムトゥ 踊るマハラジャ』のオープニング直後に流れるムトゥの超絶カッコいい信念披露ナンバー、『主は世界にただ一人』です。

もうね、この曲は身体がどんなに疲れていても、首にタオルかけてニヒルに笑いながら、自信満々に歩いていきたくなる、まさに奮い立つ曲です。
「俺もムトゥのような男になりてえぜ」と思わずにいられない、現代では数少なくなった"主人公になりきれる"曲ですね。

いつぞやも書いたんですが、自分はこの『ムトゥ 踊るマハラジャ』という映画を3回劇場で見ました。
東京国際ファンタスティック映画祭での評判、シネマライズ単館上映ながら連日の大入りで行列が出来ているという噂。愛読していた映画秘宝を筆頭に、いろんなメディアが取り上げている中、金沢の単館系映画館開館のこけら落としとして、いよいよ北陸襲来が決定。これは絶対見ねばいかん!と正月休みの1月3日に電車で金沢へ。
話題作だけあって、開場待ちのお客もたくさんいる中、前から3列目真ん中という、自分にとってベストのポジションを確保し、いよいよ開幕。
各種テロップが入り、大きな屋敷の主人の誕生日。寺院に出向いている使用人ムトゥ(吉幾三似)が「神様、全ての人々に災難が降りかからず、いつもすこやかで幸福な日々が送れますようにお守りください」…と祈りを捧げ、おもむろに口笛を吹き、馬車を呼んだ!!

『主は世界にただ一人』 by ニコニコ動画

壮大に始まるイントロ、笑いながら走ってきたムトゥが馬車に飛び乗る(この時点で館内すでに爆笑)。
圧倒的ないい声で歌い出したムトゥ、ムチをふるって馬車を操り、タオルを回し、ウインクを決め、雄大過ぎるインドの風景の中を疾走し、沿道の歓声に応える。なんだこの男は!?
そして、字幕で表示される歌詞が素晴らしく深い。人生は欲をかかずに大らかに生きろ、人生を謳歌するのが自然な生き方、人生に苦難などあってはならない。…刺さる。この歌詞は心に刺さる。
こんないい内容を、素晴らしくいい声で歌い上げながら、ムトゥは楽しげに踊り、喰い、民衆を巻き込みながら疾走する。身体のキレはおっさんとは思えないし、だんだんムトゥがカッコよく見えてきたw。衝撃の体験。
5分余りのこの曲が終わった時、もう完全にこの映画に引き込まれ、ムトゥのとりこになっている自分がいました。

『主は世界にただ一人』は歌詞はもちろんですが、ディスコミュージックのようなビートを織り込んだ曲も印象深いです。
吉幾三っぽい"スーパースター"ラジニカーント、雄大な大自然、ミュージックビデオのようなダンス、深い歌詞。これをしっかりまとめ上げて一気に映画に引き込んだインド映画音楽の巨匠、A.R.ラフマーン。これぞ映画音楽という才気がほとばしってます。
とにかく、映画の冒頭を飾るのにふさわしいナンバーで、いい曲過ぎて中毒性も高いです。

他の曲の事は次の機会に譲るとして、映画を見終わって大満足、超満足の自分は、そのビルの地下にあるレコード屋に直行して、この映画のサントラを入手し、近くの本屋で1700円のムック本もゲットするミーハーぶりw。ちなみにこのムック本、ほどなく出版元のトラブルで入手不可能になったので買っておいて良かった~。
富山に戻っても頭の中が『ムトゥ』一色の自分は、その後1月8日、1月12日と電車で金沢へ行っては『ムトゥ』を繰り返し見るという歯止めの効かなさw。衝撃だったもんなあ、邦画とも洋画とも違う異質の文法と成り立ちが。なのに傑作というのもね。
そしてLD発売、DVD発売はもちろん予約してゲット。LDはもう見ないだろうけど、デカいジャケットにランガナーヤキ(ミーナ)の美しい顔が映えていて、お気に入りです。
なんでもこの秋に、リマスターでのDVDとBlu-rayが発売になったそうで、DVDはもちろん、プレイヤー持ってないけどBlu-rayも欲しいなあw。

連日忙しくて疲れていますが、今日はとことんこの曲を聴いて、心に栄養をつけて寝ます。
人生に苦難などあってはならないんですから。
関連記事
スポンサーサイト
2013/11/25 Mon. 03:50 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

いいですね「ムトゥ」。私も久しぶりに動画見てきました。
(なぜかここからのリンクでは「プレミアム会員のみ」となってて見れませんでしたが)
私も疲れた時にフィギュアスケートのエキシビション共々よく見てました。

ムトゥはカメラワーク、色使い、演出、金のかけ方、ヒロインの可愛さどれをとっても絶品ですね。なんといっても主役のラジニ様最高!
日本人と地元インドの人では、この映画の見方は相当違うんでしょうけど。

あ、久しぶりに見たヒロインのランガは妙に八代亜紀に似てると思いました。

エトワ-ル☆ #- | URL | 2013/11/26 09:28 * edit *

>>エトワール☆様
いいですよねえ、ムトゥ。
マサラムービーは何本か見ましたが、ムトゥの出来は奇跡的だと思いますw。娯楽映画ですよね。
八代亜紀というのは分かりますw、猫目っぽいですしね。そもそも八代亜紀さんは美人ですし。

自分、ニコ動をそれほど有効活用してる訳じゃないのにプレミアム会員なんです(宝の持ち腐れ)。リンクの件は初耳でした。有難うございます。

メテオ #- | URL | 2013/11/27 04:42 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1277-8b962b8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。