07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

2013年第2位『CR戦国乙女3』(ミドルver) 

さあて、今年一番時間をかけた機種ですがw。いまだにガンガン回してるしね。
実際のところ、今年の3位ってとこかなあ…と思ってたんですが、結局2位にしました。上がった理由は、9月10月にやってきた連戦連勝のビッグウェーブですねw。久しぶりに単一機種でガンガンに勝てました。
ミドル(299分の1)、ST100回転、電チューの75%が16Rの2000発。このスペックの良い部分"だけ"を堪能させてもらった時期でしたね。一撃があるから多少投資がかさんでもドッシリと構えて打てる。「単発は絶対に無い」と思いこめる余裕がありました。
まあ、11月に入ると急に嫁達が100回転を走り抜けて単発スルーするようになったんでw、「ああ、祭りは終わりか」と実感しましたけど。確率はいずれ収束する。1パチで3万負けた日もあったしなw(13時間4000回転)。
まあそれでも、歴代の戦国乙女で一番勝てた機種となったので、相応の評価をしました。
以前書いたように、ほぼ保留変化待ちの機種なんですが、そんな中でも"この瞬間が燃える"という一瞬はあるので、そこをピックアップしつつ、役に立たない解説などw。

まず、その保留ですが、色的にはノーマル<青<緑<ピンク<赤<確定(プレミア)。
ピンクでスーパー確定、赤は80%台の激アツ。ノーマル以外の保留は直前飛び込み保留じゃない限り、9割方巫女ちゃんが1段階上げてくれます。つまり2個以上先に青保留が入ったら、基本的に緑保留に変化する訳です。巫女ちゃんはごく稀に2段階上げする事もありますが、逆に仕事せずにスルーしやがる事もありますw。まあ1段階上げがデフォ。
ノーマルは置いといて、青は無意味、緑も当たりに絡む事はほぼありません。勝負になるのはピンクより上。赤の出現率が低いので、直前の保留にピンクが飛び込んだりすると「お、飛びピンかあ」と注目します。ま、大概は釣りですがw。2個以上先にピンクが飛び込んだ時の緊張感は凄いですよ。「巫女ぉ! 仕事しろぉ!」と念じ続けてますね。
ちなみに風呂敷保留はピンク以上確定。当たりに絡む事も多いですが、過度の期待は禁物。乙女武将保留はノブナガ以外外れるという気分で。

先読み系は、もちろん萌えZONE突入が一番燃えるんですが、打-winのデータによると、萌えZONEは現時点で66.6%。結構釣りにも使われます。擬似連が2回だったり、発展がショボいと感じたらほぼ外れますね。
それに準ずるのが超ときめきモードですが、初代から続くモードなのに扱い悪いです。基本的にスーパー確定くらいの意識で。当たったり、コタチャン当たりする事もありますけど、単なるガセでリーチ不成立という事も…。萌えZONEの煽りを喰ったなあ。
ボヨヨン先読みは3回続くとチョイ熱ですが、当たる可能性は薄いですね。
あと、ステチェン時の乙女武将背景は、ノブナガ以外は空気。背景色がほぼ緑だと気づいてからは、ガッカリ予告でしかないですね。赤系背景でも当たらん。金だと期待大だけど、そんなものは来ないw。
似たようなのに、回転始動時に役物作動と乙女武将のアクションエフェクトが入るヤツがあります。予告としては好きですが、期待は薄です。ただ、1回だけノブナガのエフェクトが入った事があって、「え?」と息を飲んで注視してたら、ノブナガリーチ(ショート)に行って当たりました。ノブナガはやはり別格。

あとはとにかく、回転始動時に兜からの稲妻エフェクトの赤待ち。このエフェクトについては緑でも結構期待出来るんだけど、やはり赤が来たら脳汁分泌です。
擬似連は3連基本。ストック擬似連は止まるところが大体読めるので、他のに較べると脳汁感はありませんが、これもノブナガに止まった時はビビります。擬似2連から投げやりにボタン押したらノブナガだった時の衝撃は忘れられんw。もちろん当たった。協力に止まった場合、釣りが多い気がします。

弱体化した予告の代表格がフリーズ。前作までは、フリーズのエフェクトが赤までいけば結構熱かったんですが、今作はフリーズエフェクトが赤で、解除が砲弾、X斬り、ロンギヌス(画面右上からの矢)のいずれでも空気。要は、フリーズからは当たらないという事です。
ただ一つ、フリーズエフェクトから解除を挟まずにいきなりのぼり役物が勃起した場合だけ激アツ、いや鬼アツ。ただし、まずお目にかかれないレア予告動作なもんで、フリーズかかったら一応「のぼり!のぼり!のぼり!」と念じてはいるものの、冷めた目で見てます。
乙女メーターやファッションショーも当たりには絡まない仕様になりましたね。通常時の箸休め。メーターは貯まってもハズレがあるのがね…。
回転中の画面上下左右のミニキャラ法則は、下7人以上でリーチ、下8人でスーパー発展、上3人で擬似連確定くらいは分かりますが、あとは…よく分かりません。カシン組3人やオウガイさん組3人の役割は不明。ハッキリしてるのは全17人が一斉に出てきたら当たり確定ですかねw。もちろん見た事は無い。

リーチについては、まず武将ごとの期待度が今回も健在なので、それを頭に入れておく必要があります。
ヒデヨシ、ヨシモト、ケンシン、ミツヒデ、モトナリ、ソウリンの6人は横一線だと考えてよいでしょう。前作では、ヒデヨシが群を抜いて最弱、ヨシモトは弱いけど当たる時は確変直撃の期待大など特徴があったんですが、今作は当たり=100%確変のST機なんで、この6人はまとめて弱サイド、強予告殺しだと考えていいと思います。
そして、シンゲン、マサムネ、モトチカの3人が一応強サイド扱いですが、実際は中サイドくらいに捉えてればいいでしょう。ストック擬似連からこの3人の誰かに止まっても、別段期待大ではありません。冷めた目で眺めてればいいです。
で、イエヤスはこの3人より明らかに信頼度が高いです。ただ、中途半端な予告でも無理矢理当てるほどの決定力は無いので、過度の期待は禁物。金のぼりなり金図柄なりあれば、なんとかしてくれる感じかな。
ノブナガはもう最強の存在です。中途半端な予告だろうとバシッと決める可能性大。無論100%じゃないんでドキドキはしますけどね。まあ、通常時にノブナガのリーチを見れる事自体がレアです。
…武将系リーチ(ショート・ロング)については、この武将ごとの期待度を念頭に見てください。

協力リーチについては、どの組み合わせも横一線です。前作よりも信頼度が上昇していて期待は出来ますが、予告と発展経路(のぼり、台詞色など)で…外れる時はまあ分かりますw。
ストック擬似連での選択、武将リーチからの発展、敵忍リーチでの役物落下、予告変動中の役物落下などから発展しますが、扇予告に榛名が出てからの役物落下が一番熱い気がします。

敵忍リーチについては、鬼灯なり紫苑なりの台詞が赤ならおそらく確定か鬼アツです(今まで赤は経路はどうあれ全て当たり)。
まあ普通は、青か緑の台詞しか出ないので、ひたすらボタンを連打するのが仕事。連打に応じて画面右下に牛乳や牛乳タンクが飛び出してきますが、とにかく牛が出てくるのを待つ。牛が出てこなければ終了、牛が出てくれば…役物落下2割、そのまま終了した後にコタロウチャンスになるのが8割ですかね。出てくる牛の数でも期待度が変わるようです(3頭以上欲しい)。稀に牛が出なくてもコタロウチャンスに行く事がありますが、期待薄です。
基本的にコタロウチャンスのためのリーチですね。そもそも牛乳はコタロウの好物だし。

必殺乙女チャンスは初代以来の嬉しい復活。スーパー発展するはずの予告なのにノーマル止まりになった時に突入。
弱リーチではありますが、案外当たるというバランスは初代譲り。故にどんな予告でも突入したら注視します。…注視で終わるけどねw。
ボタン押して役物作動すると必殺技発動で当たるんですが、稀に役物作動も必殺技も無く当たる事があって、必ずケツが浮きますw。こういう意外性は大好き。

vsカシンリーチは当たれば16R確定なもんで、出現自体がレア(ヘソからの16Rは10%)。なかなかお目にはかかれません。もちろん外れる時は外れるんで過信は禁物。

通常時についてはいろいろとバランス悪いんですが、確変中(乙女乱舞モードorオウガイ無双モード、ST100回転)は一転して実に面白いんです。これの為に打ってると言っても過言ではない。
保留変化、先読み、予告のバランスが是正されて、どの流れで来るかが読めない。全く先読み入ってないのに突然熱いエフェクトが来る事もあるし、風呂敷保留(ST中は出現したら確定)で「よっしゃ!」といい気分にもさせてくれる。外す時はシビアに外すし、メリハリがあって面白い。
なぜこれが通常時に出来ないかねえ…。

打-winのデータによると、現在3万回転を越え、当たりも250回に達しました。ちなみにスマホの故障前のデータは失っているのにこの数字w。まだまだ打ちますよ。
これだけ打っても、全回転はようやく先日見たものの、30秒リーチやプレミアリーチは見てませんorz。細かいプレミアに至っては、どれだけ打っても網羅は無理でしょう。
ともかく1パチにはまだ残る機種ですので、今後も主軸として打っていきます。
さて、あとは1位か…。
関連記事
スポンサーサイト
2013/12/14 Sat. 04:52 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1297-2fa3f0b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。