07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

2013年の漫画を振り返る(7) 

続きです。

【モーニング】
継続して目を通し続けている漫画雑誌としては、スピリッツと双璧のモーニング(ヤンマガは、柔道部物語やゴリラーマン終了後、一旦切れてカイジで復活)。その頃からやってるのは、『島耕作』と『クッキングパパ』ですか。なんだかんだ言って、いないと物寂しい漫画です。方向性は真逆ですがw。

その『会長・島耕作』は経団連での丁々発止が主軸になり、もうテコットなんぞどうでもいいという扱いですねw。あれだけインドネシアだブラジルだと行ってたのに。会長ってのはそういうもんなのかねえ。もう事故死や他殺で人は死なない…かもしれない。
『へうげもの』は時折面白いネタを絡めつつも、粛々と終焉へ向けて進行中。まあ、登場人物の生涯はみんな知ってて読んでる訳だから、寂寥感は仕方ないけども。究極のネタバレは「最後はみんな死ぬ」だしね。
犬嫌いの自分が珍しく読んでいる犬漫画『しばたベーカリー』。なんというか…妙にいい漫画だw。発言が妙に生臭いのもいい。こういうのが載るのがこの雑誌の侮れないとこ。10年代の『ホワッツマイケル』となるか?

『宇宙兄弟』は、なんか寄り道が多くて本筋が進まないんだけど、その寄り道がまたチョットいい話だったりするから困る。子供時代のせりかさんとコロッケ屋さんとのエピソードなんて、寄り道もいいとこなんだけど、読後に「こんないい話読ませやがって♪」と妙にいい気分になったりする訳でねw。しかし、あの手回し式の腕時計はやはりキーアイテムなんだろうか。まあ寄り道し過ぎて『はじめの一歩』みたいになってしまわないようにしてください。
『グラゼニ』は凡田が覚醒してから今一つ大味で、結婚話とか女性記者とかどうでもいい流れだったんだけど、今展開中の年俸トラブルは強引だけど面白い。スパイダースのVIP5人と凡田の間の線引き、いかにもありそうな話です。ただ、セットアッパー凡田の成績(75試合登板、防御率1.35、失敗1回、しかも左のサイドスロー)が圧倒的なのに、それに対するスパイダースのフロントが相当アホなのが気に障る。ダーティーさんの論理を際だたせるためであったとしてもね。

『インベスターZ』は面白くてコミックスも買ってるんだけど、当初からすると停滞してきたかなあ。無茶な設定と強引な論理が面白いとこだったのに、急に「セブン&アイを買う」だの「セコムはスゴい」だのHOW to物になってしまったし。あの金持ちのお嬢様の登場は『もしドラ』を意識したような気がする。やっぱ投資部の6人だけで話進めた方がいいよ。部長は得難いキャラクターだしw(テニス部との勝負の話は盛大に吹いた)。
年に3回くらいしか載らない『草子ブックガイド』。良作なんだけど…もう少し頻度上がらんかなあ、隔月とかさ。草子の周りのエピソードと紹介する本の内容を突き詰める必要があるから、ネームが大変だとは思うけど。あと、あの綿密な絵柄も遅筆に一役買っているんでしょうねえ。

◎『ZIPANG-深層海流-』
いつもの自分の性ですが…頼朝サイドの話は面白く読めて、義経サイドの話は惰性で読んでますw。超頼朝贔屓だからね。大河ドラマ『義経』も頼朝のエピソードだけ真剣に見てたわ。あと法皇関連もね。
源氏という血筋が壮絶に面白いんですよ。代々武門の頭領として君臨し、前九年の役で活躍した勇将の頼義、卓越した武芸と戦術眼を持っていた天下一の武将義家、義家の名声に耐えかねたか山陰で大暴れした義親、義親の悪名から源氏を守るべく大人しくしていた為義、源氏復権に力を尽くし散った義朝、日本史で最強の個の武勇といえる鎮西八郎為朝、嫡男ではない長男として平氏打倒に燃えた悪源太義平など、これでもかと鬼神の如き人材を輩出し、それでも平氏に勝てなかった事から、覚醒して最後の切り札を世に送り出す。
それが、戦術の天才にして空気を全く読まない掟破りの指揮官義経と、武勇戦術はからきしなれど代々の源氏には無縁だった高度の戦略眼と政治力を持った将軍頼朝。この"血筋"が為せる人材輩出は身震いするほど面白いのです。
こういうバックストーリーがあるから、この漫画も楽しく読んではいるんですが、かわぐちかいじが果たして何を語りたいのかは不明w。まあ頼朝さえ見れればいいですけどね。
あと、政子可愛いぜw。なかなかツボを押さえたキャラクターだ。弁慶は深町系(沈黙の艦隊)だね。徳子?興味無い。


【イブニング】
正直な話、今年は魅力的な新連載がありませんでした。危機的状況だと思います。
一番楽しみにしていた『しばちゅうさん』が完結。司馬懿の死とともに綺麗に終了してよかった。諸葛亮が嫌いで嫌いでたまらない自分には実に楽しい漫画でした。有難うございました。
『レッド』もいよいよ死人が次々と出てきました。恐怖の山岳ベースはまだこれからです。読んでいて非常に苦しい漫画ですが、読んでおかなきゃいけない漫画だと思います。
ぼちぼち続編路線もやめた方がいいと思うんですけどね。『将太の寿司2』とか、どうにもねえ…。ニューカマー投入が必要です。


眠いw。5時間後には起きて仕事いくもんで、【アフタヌーン】は次回に。
関連記事
スポンサーサイト
2013/12/30 Mon. 04:33 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1316-2816803f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。