07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

かっぱえびせん賛歌 

初期の『美味しんぼ』で"ソウルフード"という言葉が出てきましたが、自分にとってのソウルフードといえば、これ以外にありません。
今も喰いながら書いているしw。

(ここから転載)

カルビーの「かっぱえびせん」が今年、誕生50周年を迎える。発売以来の累計販売数は約63億袋。本数換算で約1兆本は圧巻だ(2013年8月現在)。

「あられ」といえば米からつくるのが当たり前の時代に、創業者の松尾孝氏(故人)が開発に成功した小麦粉のあられ「かっぱあられ」(1955年発売)。
かっぱえびせんは、そのシリーズ最終版として、64年に誕生した。ヒントとなったのは、同氏の幼少期の大好物「小エビの天ぷら」だ。

瀬戸内海では小エビが多く取れるが、あまり活用されていないことに着目。創業地・広島は鮮度のいいエビが手に入る。それを丸ごと使えば栄養に富んだお菓子がつくれると考え開発。
試行錯誤の末、風味豊かでカルシウムも取れる商品が完成した。

当時はスナック菓子のカテゴリーはなく、「その他」扱い。反響もいろいろだったが、製造技術の改良を重ねたことで支持を獲得し、大ブレーク。同社のナンバーワン商品となった。
サクサク感と口どけのよさが後を引く。CMソング「♪やめられない、とまらない」はあまりにも有名だ。

この成功を受け他社も参入。70年代にかけ市場が大きく拡大する。
カルビーもサッポロポテト(72年発売)、ポテトチップス(75年発売)など、新たなスナック菓子を続々投入した。
現在の売り上げトップは「ポテトチップスうすしお味」で、かっぱえびせんは「じゃがりこサラダ」「ポテトチップスコンソメパンチ」に続く4番手になったが、50年経っても主力商品の一角にいるのはすごい。子どもから大人まで幅広いファンを持つ点が強みだ。

バリエーション展開も奏功した。86年の「フレンチサラダ味」を皮切りに、数多くの味を投入してきている。03年には「1才からのかっぱえびせん」を発売。売れ行き好調で前年比アップが続く。

「小さい子どもにも向くかっぱえびせんは、ほかの商品よりも先に食べてもらえる。売り上げは4番手だが、カルビーのユーザーをつくっていく存在感は断トツで、非常に重要な商品です」(広報)

(転載ここまで)


物心ついた頃は、洒落たお菓子も少なかったので、大手メーカーがTVでCMをやってるようなお菓子を食べる事自体が喜びでした。マーブルチョコやポッキーなんか買ってもらった日にゃあ、食べた後も空箱で遊んじゃう勢いw。
かっぱえびせんは母親が時々買ってきて、姉弟で分けて喰え的に放ってくれたもんです。もちろん姉弟で池の鯉状態で喰いつく訳ですけど。半分ほど食べたら、輪ゴムかけて翌日にまた食べて満足してました。昭和の子供です。
あの当時、かっぱえびせんのTVCMで、かっぱえびせんをコップというかグラスに入れて皆でワイワイ食べるのがあったんですよね。で、わざわざコップに入れて食べてみたんですが、特に楽しくもなかったので一回きりで止めた記憶がありますw。後の"リッツパーティー"や"ポッキーオンザロック"に通じるもんがありますね。

バリエーションも好きでした…というか、好きですね。
サッポロポテトもまあまあ好きでしたが、バーベキュー味の登場で霞みましたねえw。バーベキュー味が新登場してきた時の記憶はうっすらありますが、衝撃的なスナック菓子でしたねえ。「うまい!うまい!」と姉弟で大ファンになりました。
うちの母親も、スナック菓子さえ与えておけば満足するという事を見抜いていたんでしょうw。定期的に買ってきていましたね。

かっぱえびせんのバリエーションも好きです。
フレンチサラダ味の美味さは異常。買える時は必ずガンガン買うんですが、好き過ぎて保管の間も無く喰い尽くしてしまいます。フレンチサラダ味が常駐商品ではないのが極めて残念。ぜひ常時販売してもらいたい。
青のりのヤツも結構好きですが、白眉だったのはしばらく前に存在していたお好み焼き味ですね。これも結構な勢いで買いましたが、もう喰い尽くしてしまいました。期間限定商品にしとくのはもったいない。

今も部屋の片隅の段ボールに、ドンキに行くたび必ず買ってくるかっぱえびせんが数袋あります。ドンキの店員は、「あの帽子の人、必ずかっぱえびせん買うのよね」と思っている事でしょう。
子供の頃は一袋完食するとゲップものでしたが、今は一袋完食は当然の義務です。一袋喰って、それを食事代わりにしてサッサと寝る事もしばしばあります。
どんな小洒落た高級菓子よりも、かっぱえびせん一袋の方がどれだけ嬉しい事か。イベントとしてのバレンタインデーの敗因は、女の子がくれるのがかっぱえびせんじゃない、これに尽きます。

今までの人生でどれくらい喰ったのかはさっぱり分かりませんがw、これからもガンガン喰うよ~。我が人生、かっぱえびせんと共に在り。
関連記事
スポンサーサイト
2014/01/21 Tue. 03:49 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

かっぱえびせん、邪道かもしれませんが自分はよく牛乳ぶっかけて喰いますね。塩気と牛乳がマッチするんですよ。サッポロポテトでもよくやります。バリエーションでいえば梅味が好きかな。そんなにいろんな種類喰ってるわけじゃないですが。

昔、イカ天に出た「えび」というバンドが好きでライブに行きました。そしたらオープニングでかっぱえびせんの小袋(30円くらいのやつ)を客席にばらまいたんですよ。踏まれてしまって袋が破れ(もったいない話ですが)ライブ中かっぱえびせんの匂いが充満してました。

突然段ボール #- | URL | 2014/01/21 23:07 * edit *

>>突然段ボール様
はう! 牛乳&かっぱえびせんとは粋な組み合わせ!
以前は牛乳よく買ってたんで、この黄金タッグ自分もよくやってましたが、雪印の一件から牛乳離れしちゃったんで最近はご無沙汰ですね。
しかし無性に牛乳で食べたくなってきてしまったw。かっぱえびせんは大概の飲み物とは合いますが、もう少し暖かくなったら牛乳も合わせてみます。
"えび"というバンド、なんとなく覚えてます。曲までは覚えてないですけど。
しかし…、ライブ会場でかっぱえびせんはのど乾くでしょうにw。自分でもさすがにその場では喰いませんねw。

メテオ #- | URL | 2014/01/22 03:47 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1339-36a49231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。