07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

未来の買い物は味気ない 

買い物は人生の至福の一つだと常々思っていますが、物を買うのはいろんな要素のせめぎ合いですよね。そこがいいんですけど。
他人から「アンタ、これ欲しいでしょう?」とドヤ顔で言われるというのは、そんなに好きではないんです。

(ここから転載)

米インターネット通販最大手のアマゾンは昨年12月、いわゆる「予期的な配送」で特許を取得した。これは顧客が「購入」をクリックする前でさえ品物を配送し始める手法だ。

この手法を使えば、配送時間を短縮できるとともに、消費者が店舗に出向いて購入する動機も減る。
アマゾンは特許に関する文書で、品物の注文と受け取りの間に時間的な遅れがあれば「顧客はオンライン業者からの購入を思いとどまる恐れがある」と述べている。
このため、アマゾンは、顧客からのこれまでの注文実績やその他の要因に基づいて、特定の地域の顧客たちが望むと同社が予想する商品を、注文がある前に箱詰めし、出荷するかもしれないと述べた。特許によれば、この品物は注文が到着するまで、配送業者のハブないしトラック上で待機する可能性がある。

アマゾンは、何を出荷するか判断する際に、これまでの注文実績、商品検索、希望リスト、ショッピングカートの内容物、返品実績を検討するほか、ある品物にネットユーザーのカーソルがどれほど長くとどまるかさえ検討するかもしれないとしている。

現在のところ、アマゾンは顧客から注文を受けた後、自社倉庫で品物に宛先のラベルを貼り付け、待機している配送会社のUPSや、米郵便サービスのUSPS、あるいはその他のトラックに積み込む。そうしたトラックが品物を顧客に直接配達するか、他のトラックに積み替えて最終目的地に届けている。
アマゾンは配達時間の短縮を目指しており、翌朝配達と即日配達を開始するため、倉庫ネットワークを拡充している。また同社は昨年、無人飛行機を使って小型荷物を倉庫から顧客の自宅に直接配送する仕組みを検討していることを明らかにした。

特許文書では、アマゾンは「予期的な配送」で配達時間がどの程度削減できると推測しているかを明らかにしていない。
アマゾンが「予期的な配送」の手法を実際に導入したか、あるいは展開する方針かは不明だ。同社広報担当者はコメントを避けた。

しかし、特許は、膨大な消費者の蓄積データを活用してライバルを凌駕したいと希望しているアマゾンの目指す1つの方向を示している。
アマゾンは、予測配送方法は、リリースした日に顧客が欲しがる流行本ないしその他の品物にはとりわけ有効かもしれないと述べている。同様に、アマゾンは既に輸送中の品物をウェブサイトを使って顧客に知らせ、配送を確実にするかもしれないと述べた。

もちろん、アマゾンのこうした「予期的な配送」のアルゴリズムは時に誤りがあり、コストのかかる返品になるかもしれない。
こうしたコストを最小限にするため、アマゾンは顧客へのディスカウント(値引き)を検討したり、あるいは望まない配達商品はギフト扱いに転換したりするかもしれないと述べている。特許文書は「顧客の信用確保のため、顧客に販売推進用のギフトとして品物を配送することもあるかもしれない」としている。

(転載ここまで)


なんというか…。『21エモン』みたいな、いわゆる"便利な未来"を描いた漫画のようなシステムですよね。ポチッたらピンポン!
子供の頃の自分が知れば「やっぱり未来はスゴいなあ!」と感動するんでしょうけど、こうしておっさんになり、ささやかに楽しみを持って生きている自分には…「なんだかなあ…」という感想です。

いやまあ、Amazonが精力的に頑張ってるのはいいんです。引っかかるのは、「これじゃあ俺達、買い物人形じゃねえかよ」という感情です。
御飯を食べさせてもらう幼児のように、自分の意志ではなく他人の意志で満腹になっていくのは不本意ですね。買い物ってのは自分の金を何かに代える行為なんだから、そこには思い切り自分の意志が絡まないといけない。
物への愛着ってのは、そういう部分も大きいと思うんですよね。

あとはタイミングとか状況もありますわな。
例えば、自分は『少女革命ウテナ』が好きで、LD全話分、ムック本数冊、サントラなどCDのほとんど、薔薇の刻印の安いレプリカ、劇場版DVD、全CD復刻BOX、リニューアルDVD-BOXなどを所有しております。
そんな自分宛てに、いつぞやAmazonからメールが来ました。『少女革命ウテナ』のBlu-rayBOXが出るよ、…と。
「マジかあ~」と10秒くらいジタバタジタバタして、で………おもむろに溜め息一つつくとスッパリ諦めました。「ウチにはBlu-rayプレーヤーは無いんだよ」
Amazonの勧誘内容は間違ってないんだけど、自分からするとどうにもならんのです。『学園戦記ムリョウBlu-rayBOX』『トップをねらえ!Blu-rayBOX』なんかも以下同文。『コメットさん☆』はそもそもBlu-rayにはならんでしょうし。
こういうのを先行で送りつけようとスタンバられても困るという事です。
もっと言えば、金が無い時に買えと言われてもねw。世の中欲しいものだらけで、欲望のおもむくままに買い物しとったら生きていけないんですよ。

このシステム、非常に限定された使い道しか無い気がしますけどね。デアゴスティーニ系とか、必ず買っているアーティストのCD(自分だと遊佐未森)とか。
あ、18禁系同人誌を発送してもらって、中を検分なりジャケ買いなりで必要な分だけ引き取るというのは便利かもしれない。とらのあなみたいな内容一部の見本を付けてくれると助かるな。

しかし、あと数十年もしたら、こういう買い物が主流になるのかね。あまり楽しくない未来図だわ。
関連記事
スポンサーサイト
2014/01/23 Thu. 04:41 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1341-4230cfeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。