07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

カロヤンさんと時天空さん 

これだけ外国人力士がいながら、引退後に親方となって後進の指導をするには日本国籍を取得しなきゃいけないという規則は…正直好きではありません。
それでも、日本国籍を取ってまで相撲と関わってくれる外国人力士の方には頭が下がります。
そして、今回新たに二人が日本国籍を取得したんですが…。

(ここから転載)

日本相撲協会は17日、関脇琴欧洲(30・佐渡ケ嶽)と幕内時天空(34・時津風)の日本名を発表した。

ブルガリア出身の琴欧洲は『安藤カロヤン(あんどう・かろやん)』。

モンゴル出身の時天空は『時天空慶晃(ときてんくう・よしあき)』。

二人とも、今年1月7日付官報で日本国籍の取得が発表されていた。

(転載ここまで)


かのジェシーこと高見山が『渡辺大五郎』という日本名になって以降、数人の日本名を見てきましたが、今回のはいろいろと凄いですねw。
まず琴欧洲。自分の本名をそのまま片仮名で日本名にしたのは初じゃないですかね。確かにネット上では、朝青龍がドルジ、琴欧洲がカロヤン…という通称で呼ばれてますんで違和感は全く無いんですが、奥さんの苗字である安藤にカロヤンがくっつく事での不思議な味わいが…何とも言えないんですよw。
大関復帰も叶わず、近いうちに引退するかもなあ…と思ってたんですが、案外と霧島コースに乗るかもしれませんね(雅山コースではない)。
引退後は帰国するんだろうと思いきや、国籍取ってまで残るというのも意外。自分と一緒で出身地には近寄りたくないタイプなんかな(一緒にすんな)。
まあ、親方になっちゃえば本名なんて表には出てこないんだけど、琴欧洲見るたびに「む、安藤カロヤンさんだ」とは思うだろうね。

で、時天空なんだけど。凄いね、日本の苗字でも指折りのカッコよさじゃないですか。
四股名をそのまま苗字にしたのは小錦とか武蔵丸がいますけど、時天空は本当に出来過ぎ。時と天空…なかなか趣もあるなあ。
いわゆる三文字苗字には憧れますが(伊集院、綾小路、東海林など)、時天空はそれらと充分に拮抗する素晴らしい苗字です。養子にしてくんないかなw。あ、佐村河内は嫌です。
まあ、子供を10人くらい育ててもらって、日本に時天空という苗字を根付かせてほしいですね。
関連記事
スポンサーサイト
2014/02/18 Tue. 04:02 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1368-0f8a4acb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。