09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

図書館の無人化がもたらしたもの 

通常、書店やDVDレンタルのカウンターには女性がいる事が多いですね。
しかし、成人向け書店やアダルトセルDVDショップのカウンターは9割5分が男性で、女性がいたらそれは100%50代以上の枯れたおばちゃんです。
つくづく…人間って不思議な生き物ですねえ(含み笑い)。

(ここから転載)

英国では、電子書籍も公共貸与権(Public Lending Rights)の対象とすべきかどうかの実証実験がスタートしたが、その公共貸与権がらみで面白いニュースを英BBCが報じている。

紙書籍はすでに公共貸与権の管理センターが過去数年間印税支払いのため集計作業を行なっているが、2013年になって突然アダルト小説の貸し出し数が前年までの5倍になり、貸し出し上位ランキングをことごとく占有していることが判明した。
原因は英国内の多くの図書館が、予算削減策として2013年から自動貸し出しシステムを導入し、図書館員と対面する必要がなくなったからだろうとしている。

(転載ここまで)


自分が成年漫画や官能小説をよく買うポイントである成人向け書店のカウンターは、7割がおっちゃん、3割がおばちゃんです。そういう紳士な客しか来ないから手慣れたもんです。余計なセールストークは存在しない、優雅な空間です。
もう一つの成年漫画ポイントである24時間漫画倉庫も、一般カウンターは若いねえちゃんがよくいますが、"暖簾の向こう側"である成年漫画、成年同人、18禁ゲーム、アダルトグッズ、セルDVDのカウンターにいるのは100%男で、元気な挨拶もにこやかな笑いも無い、静かな空間です。
そして、職場の帰りに成年漫画雑誌を買う『TSUTAYA』は、夜中なのにカウンターの90%は比較的若い女性店員で、そこに躊躇する事なく『ゼロス』『快楽天』『メガストアα』『漫画ばんがいち』『マショウ』『アンスリウム』あたりを差し出すのは………もはや楽しみでありますw。まあ一応バーコード側の背表紙を向けてますけどね。
「ポ、ポイントカードは…」と言いかける女性店員に無言で静かに首を振り、勘定を済ませると余裕で退店。紳士ですから。
この域に達するまでに、犠牲にしたものは大きい気はしますが…。

まあ…TSUTAYAはともかく、成人向けコンテンツ売場に若い女性がいないのは当然です。
もし、20才そこそこの若い女性がテキパキ動いて、「どんな女の子やジャンルをお探しですかあ!」「オーロラプロジェクトはあちらでえす! ドグマはこちらでえす!」と声をかけてくるアダルトセルDVDショップなんてのがあったら、とてもじゃないけど買いには行けませんw。
セルショップという"覚悟"してきてる紳士が集う場所ですら、約束事はあるのです。

ましてや図書館はハードルが高い。
男性でも、司書の人に(いつも睦月影郎や風間九郎、蘭光生を借りていく人だ)とか認識されるのはツラいでしょう。ましてや女性はねえ…。
『耳をすませば』みたいな貸し出しカードシステムだと別の意味で悲惨。マドンナメイト文庫やフランス書院の巻末の貸し出しカードに…"月島雫"や"天沢聖司"とか書いてあったら嫌じゃないですか。
それだけに、この英国の自動貸し出しシステムは…まさに福音。さすがは紳士淑女の国です。
誰にも見咎められる事もなく、安心して官能小説が借りられる。これぞ人類の英知、英知出版ですよ。(英知出版はもう無いけどね)

このシステム、早期に日本でも導入してほしいですね。
本の維持管理もあるので完全無人は難しいでしょうが、貸し出しカウンターにいないだけでも利用者が借りる本の幅がグンと広がるでしょうし、ひょっとすると図書館再生の切り札になるかもしれない。
まあ、成人向け書籍のリクエストが相当増えるでしょうけどねw。あとは年令管理をキチンとしないと。
"hand to hand"が良い結果にならない事も、世の中にはあるのです。人は誰しもエロいんだから。
関連記事
スポンサーサイト
2014/03/03 Mon. 03:50 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1381-a3ae54b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。