07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

池田高校という、絶大な名前 

目覚ましがなって止める。
家にいる時は四六時中つけっぱなしのラジオから、高校野球の実況が聞こえる。(………どこがやってんの?)
二度寝しそうなのをこらえつつ、実況をしばらく聴いてると…(ああ、池田かあ…)。
寝ない程度にゴロゴロしつつ、(こいつは大変だわ…。池田も相手も…)

池田高校といえば、そりゃあもう高校野球の伝説な訳で。
1974年の、いわゆる"さわやかイレブン"はさすがに記憶にありませんがw、自分よりも一世代上の方には思い入れがあるでしょう。
そして1980年代、自分ら世代を直撃した"やまびこ打線"の衝撃。小細工はいらない、打てばいい。最終的に多く点を取った方が勝つ。
"攻めダルマ"蔦監督の豪放な方針と、畠山・水野・江上といった才能と、厳しい練習が生み出した、徳島の山奥の奇跡。
自分は"逆転のPL"からのPL学園大好きっ子だったんですが、それでも「池田はスゲエなあ!」と思わずにはいられませんでした。あの頃は、PL派、池田派、箕島派、天理派、広陵派、出場回数だけやたら多い松商学園派(笑)など、小中学生がいっちょ前に贔屓している高校があったもんです。そんで『ドカベン』や『大甲子園』をリアルタイムに読んでたんだから、もう甲子園っていう存在が虚々実々になってましたねw。
特に、池田高校最盛期の夏春連覇、そして前人未到の夏春夏連覇に手が届きかけた辺りの池田人気は凄まじかったです。勝つのが当然という雰囲気。
その夏の準決勝でPLが池田に勝った時の、「マジか!」という衝撃。PL贔屓の自分にして衝撃の方が強かったというのが、池田高校の存在感だったのでしょう。蔦監督は相当無念だったらしいです…。
池田高校はその後も甲子園を沸かす存在でしたが、90年代に入ると甲子園には姿を見せなくなりました。蔦監督もお亡くなりになられました。そして幾星霜…。
2014年春、池田高校が22年ぶりに甲子園に帰ってきたのです。

ラジオを聴いてると、池田があきらかに押されてる。ていうか、1安打って…。そりゃあまあ"やまびこ打線"の再現なんて無理な話だし、小粒なチームだとは分かってたんだけどねえ。
2ちゃんの実況スレを開くと、観衆が4万を超えただってwwwww?(44000人だったそう) これは厳しいなあ。春の甲子園の一回戦に4万超えって、それはもう間違いなく"あの池田高校"を見に来てるんだわ。"あの池田高校"を見て、"あの校歌"を聴きたい高校野球ファンが大挙して。
実況スレは実況スレで、「今TVに写ったの畠山だよね?」みたいな書き込みだしw。これはツラいわ、両方の選手が。
今回の池田は四国大会準優勝で文句なしに出場してるんだけど、池田高校最盛期にはこの子らはまだ精子にも卵子にもなってない訳でさ。それが突然、甲子園で4万超の大観衆に囲まれ、しかもその大観衆の9割が池田の勝ちを期待してるっていう状況は、高校生にはツラいよ。
相手の海南にしたって、終盤に向けていっそう大きくなる池田への大声援に平静を保てるかどうか…。まあ、それが甲子園っていうものなんだけど。

出勤時間も迫ってきたので、とりあえず着替えながら(まあ、こりゃあ池田は負けるなあ。残念ながらあの校歌は聴けないかあ…)と思ってました。
…職場の休憩時間にスマホをいじって………「えええ! 池田が逆転サヨナラ勝ちぃ?」
鉄壁の守備を誇っていた海南のショートがまさかのエラー…。うわあ、マモノ仕事し過ぎ…。たぶん、浮き足だったところへ4万超の大観衆の"何かを期待する雰囲気"に呑まれたんだろうなあ。
帰宅して改めてYouTubeで動画を見ましたが、もう客の入りが凄まじいw。そして、池田が勝った瞬間の甲子園全体の喜びようがスゴい。そしてあの池田高校の校歌(♪しののめの~)が大合唱になっている! 
まあ、それだけ池田高校に思い入れがある人が多く、しかも本当にお久しぶりだったから当然といえば当然か。
当の池田高校の選手達も、ある程度は話に聞いていただろうけど自分らの高校がこれほど巨大な支持を受ける存在だとは思ってなかっただろうね。
あの展開から終盤だけで一気逆転なんて、マモノも校歌聴きたかったんだろうかw。

まあ、今回の池田高校の実力はそれほどでもないし、夏はたぶん無理かなあと思いますけど、もし次の試合にも勝ってしまったら…40年ぶりの旋風になるかもしれんよ。
というか、そうなってくれた方が嬉しいなあ…と思ってたりするのです。おっさんだから。
関連記事
スポンサーサイト
2014/03/23 Sun. 02:58 | trackback: 0 | comment: 4edit

コメント

メテオさん、こんにちわ。センバツ始まりましたね。池田高校は当時をLIVEで見ていた人(つまり今のおっさん)には堪らないものなのでコメントいれさせていただきます。今、朝日新聞で「あの夏」と題した連載が役2ケ月にわたり掲載中で、初回は高校球史最高試合(L自分の中でも現在NO.1の試合)といわれる「箕島×星陵」が取り上げられており、あと10数回で終わります。次は「池田×早実」の試合が取り上げられるというファンにはたまらない試合が連載されるようです。荒木大輔の早実は数々の名勝負を繰り広げましたからね~。PLは準決勝、決勝と2試合連続でサヨナラ勝して「逆転のPL」と呼ばれるようになりましたが、もう一つ有名なのが「逆転の報徳」で、これは昭和36年(生まれていないので記録でしかしらない)の試合で、延長で6点取られてからサヨナラ勝ちするというミラクルがあったのが始まりで、その後、荒木大輔がいた早実と金村がいた報徳学園の試合(これはLIVEで見た)で、荒木の好投で8回で4-0で敗戦濃厚の試合をひっくり返して「逆転神話」になり、その後も報徳学園が出場し逆転勝ちすると必ず「逆転の報徳」と出てきますよね。おまけですが、楽天イーグルスも昨年から「逆転イーグルス」と呼ばれています。

インディ2 #- | URL | 2014/03/23 09:47 * edit *

御無沙汰しております。四国出身、そして「やまびこ打線」当時の高校生(水野とKKの間の世代w)だった私は当然、テレビに噛り付いていましたw

相手校のエースが故障していたのは知っていたので、名西投手がしっかり投げれば楽勝だろう(池田が大敗した昨秋の四国大会決勝は、実は中盤まで互角の展開。名西投手が捉えられ始め、二番手以降が崩れたのが大敗の原因でした。)と思ってましたが、やはり和歌山2位校は甘くなかったです。

さすがに次戦は厳しいと思いますが、せめて見せ場の一つは作って欲しいものです(明徳は最悪の相手、今治西は大野監督になってから一冬越すと劣化の繰り返しなので、全く期待しておりませんので)。

愚者 #u3MRTyDc | URL | 2014/03/23 17:56 * edit *

>>インディ2様
どうも、お久しぶりです。
今のおっさんにとっての、70~80年代の高校野球っていうのは…たまらんですよねw。開催期間は確実にプロ野球を押していました。
荒木大輔は、実績こそ1年夏の準優勝が頂点ですが、名勝負請負人でもありますよね。当時はそれほど好きではありませんでしたが、今では…ちゃんと5回とも甲子園に出てきたのは凄いなと思います。
星稜なんかは、箕島戦にしても明徳義塾戦にしても…負けることで印象を残してる訳ですし、こういうのも高校野球の魅力です。
楽天は、大黒柱が抜けた今年が勝負ですねえ。松井裕をどう使うか、星野の手腕に期待です。

メテオ #- | URL | 2014/03/24 04:12 * edit *

>>愚者様
いやまあ、やっぱり池田っていう名前は凄いなあと感服しました。あの校歌が流れる映像でワクワクしてる自分にも驚きましたw。
次戦の豊川はピッチャーが良いので、正直厳しいですけどねえ。ただ、どんな好投手でも沈む時は沈むのが甲子園なんで、何かを期待したいです。
明徳義塾vs智弁和歌山は、ゾクゾクする好カード。明徳贔屓の自分でも7割方負けたと思ってますw。馬渕監督がどういう形で仕掛けていくか楽しみですよ。

メテオ #- | URL | 2014/03/24 04:24 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1402-069de619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。