07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

ロサギガンティア、皐月賞へ 

【皐月賞(G1)・出走馬と騎手(牡馬57キロ、牝馬バウンスシャッセは55キロ)】

【1枠】1番 ワンアンドオンリー 横山典
【1枠】2番 イスラボニータ 蛯名
【2枠】3番 クラリティシチー 内田博
【2枠】4番 クリノカンパニー 江田照
【3枠】5番 アデイインザライフ 田辺
【3枠】6番 アドマイヤデウス 岩田
【4枠】7番 トーセンスターダム 武豊
【4枠】8番 ステファノス 後藤
【5枠】9番 スズカデヴィアス シュタルケ
【5枠】10番 ベルキャニオン 福永

☆【6枠】11番 ロサギガンティア 柴田善☆

【6枠】12番 タガノグランパ 石橋
【7枠】13番 キングズオブザサン 浜中
【7枠】14番 バウンスシャッセ 北村宏
【7枠】15番 コウエイワンマン 松岡
【8枠】16番 アジアエクスプレス 戸崎圭
【8枠】17番 トゥザワールド 川田
【8枠】18番 ウインフルブルーム 柴田大

(転載ここまで)


「ごきげんよう」
「ごきげんよう」
さわやかな朝の挨拶が、澄みきった青空にこだまする。
マリア様のお庭に集う乙女たちが、今日も天使のような無垢な笑顔で、背の高い門をくぐり抜けていく。
汚れを知らない心身を包むのは、深い色の制服。
スカートのプリーツは乱さないように、白いセーラーカラーは翻らせないように、ゆっくりと歩くのがここでのたしなみ。
もちろん、遅刻ギリギリで走り去るなどといった、はしたない生徒など存在していようはずもない。
私立リリアン女学園。
明治三十四年創立のこの学園は、もとは華族の令嬢のためにつくられたという、伝統あるカトリック系お嬢様学校である。
東京都下。武蔵野の面影を未だに残している緑の多いこの地区で、神に見守られ、幼稚舎から大学までの一貫教育が受けられる乙女の園。
時代は移り変わり、元号が明治から三回も改まった平成の今日でさえ、十八年通い続ければ温室育ちの純粋培養お嬢様が箱入りで出荷される、という仕組みが未だに残っている貴重な学園である。

「ええ!? 白薔薇さま(ロサギガンティア)が皐月賞に!?」
口をあんぐり開けたまま立ちつくす祐巳を見て、祥子は一つ溜め息をつく。
「祐巳、あなたはどうしていつも落ち着きが無いのかしら」
言いながら優雅に紅茶を飲んでいる祥子さま。何故にあなたは落ち着いていられるのですか。
「由乃さん、知ってた?」
一足先に薔薇の館へ来ていた由乃さんに聞いてみる。
「知ってた」
由乃さんの返事は簡潔。そして頭をかきながら、逆に祐巳に聞いてくる。
「祐巳さん、白薔薇さまが先日のスプリングステークスを勝ったの、知らなかった?」
ス…ステークス? なんじゃそれは?
「祐巳さんも、紅薔薇のつぼみの妹になって結構経つんだし、トライアルレースの事は知っておいた方がいいわよ」
「ト、トライアルレース?」
何にトライアルするんだろうと混乱していると、ビスケット扉が開いて、志摩子さんが入ってきた。
「あら、お取り込み中?」
「し、志摩子さん! 白薔薇さまがっ、皐月賞に出るんだけど」
志摩子さんは鞄を置いて、ニッコリ笑って言った。
「わくわくするわね」
「………わくわく?」
志摩子さんは、ふふふと笑っている。
「そういえば志摩子さんは、スプリングステークスは応援に行ったの?」
見ると、由乃さんは身を乗り出して聞いている。競馬とか好きだったっけ、由乃さん。
志摩子さんは、かぶりを振った。
「お姉さまの出るレースは、いつもTV観戦なの」
「もったいないなあ。今回はG1なんだし、生観戦してくるべきじゃない?」
そう言われても、志摩子さんは笑みを浮かべたまま、特に肯定しなかった。
祥子さまも何か言いたげだったが、手にしたティーカップをテーブルに戻しつつ、まるで独り言のように言った。
「鞍上が善臣だし、過度の期待をしても御迷惑よね」
その様子が実にさまになっている。やっぱり祥子さまは格好いい。
「それはそうと、祐巳」
「はい!」
突然呼ばれて、電流が流れたように硬直する祐巳に向かい、祥子さまは言った。
「あなた、もう少し競馬を勉強なさい」
祥子さまは、リリアンかわら版の皐月賞特大号を祐巳に差し出してきた。これは今朝読んだんだけど、何が書いてあるのかよく分からなかったのだ。
祐巳はリリアンかわら版を受け取りながら、つくづく思うのだった。
(なんで、牡馬なのにロサギガンティアって名前にしたんだろう?)
関連記事
スポンサーサイト
2014/04/18 Fri. 05:52 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1428-728dcb7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。