09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

金で握手をする商売の末路 

芸能人や有名人と握手をした記憶ってのは、かなり鮮明に残ってるものでしてね。変な意味ではなく、いまだに感触も残ってるくらい嬉しいものです。
自分が生まれ育った島は、自然がきれいな事しか取り柄が無いとこでしたが、それが幸いして映画やドラマが結構ロケに来てましたし、地方営業の一つとして来る方もいましたからね。なにせ生まれて初めて生で見た芸能人は、…北島三郎ですからw(小1だったはず)。

初めて握手してもらった芸能人は、にしきのあきら(そこ、笑わないように)。
小3の頃、ウチの町に『あいつと俺』という単発の刑事モノのドラマがロケに来たんですよ。キャストとしてやってきたのが、にしきのあきら、川谷拓三、他。
当時のにしきのあきらは、『空に太陽があるかぎり』のヒットから時間が経ち、芸能人運動会の強者という仕事以外の路線を模索迷走していた頃。まだ"スターにしきの"という開き直った路線は始まってません。まあでも、全国区のスターです。
こちとら離島の田舎者ですから、町中が連日このロケの話題で持ちきり。「今日はどこどこでロケがある」なんて情報が飛び交い、ロケには当然ものスゴい数の見物人が押し寄せる。握手してもらった、サインしてくれたなんて話も聞こえてきます。
ある日、町内のホテルに宿泊しているにしきのあきらを一目見ようと町民が大勢でホテルを取り囲む中(ひでえ話だw)、自分メテオと姉もサイン色紙なんぞ抱えてw、その一団の中にいました。
大勢が取り囲んで中も見えないので、自分ら姉弟は何気なくホテルの裏手に回ってみたのです。するとホテルの従業員の女性と出くわし、女性がニッコリ笑って「こっから入らんね!」と手招き(爆)。いや…なんというかセキュリティーのセの字も無い話ですがw、昭和50年代の日本の田舎ってこういう感覚でしたよね。
裏口から突入した我々姉弟は、町民どもがガラス越しに見守る中、悠々とにしきのあきらにサイン色紙を2枚差しだし、サインしてもらった上、握手をしてもらったのです(ガラス越しの雑魚どもの悲鳴が心地よい)。
いまだに、裏口突入のドキドキ感や、御本人を前に何も喋れなかった緊張感を思い出します。生まれて初めて芸能人に握手してもらった記憶。

それからいろんな芸能人や有名人と握手をしましたが、一番最近(…といってももう10年近く経ちますが)芸能人と握手をしたのが、岩崎宏美。
芸能生活30周年という区切りのコンサート、3階席ではありましたが、物心ついた時にはTVで『ロマンス』を歌っていた最高クラスの歌手の生歌を聴けて、もう嬉しくてたまりませんでした。あの頃のパッツン前髪好きだったわぁw。特に第2部は全て全盛期のヒット曲、トリが『聖母たちのララバイ』、アンコールが『思秋期』という鳥肌立ちまくりの構成でしたし。
で、コンサート終了後、岩崎宏美さんがその場でCDを買った人全員と握手をしてくれたのです。これはコンサートならではのサービス。子供の頃からTVで歌っていた本物の歌手と、こうして握手出来るという…。感触をまだ覚えてます。

芸能人や有名人と握手するっていうのは、そういう感動やドキドキ感がついて回るもんだと思うんですよ。こっちの思い入れが強いほど強い記憶が残る。
キャラクターグッズのおまけという名目で"握手券"なる珍奇な紙きれを売りさばき、その紙を持って指定の日時に会場に行くと握手が出来るなんていうのは、詐欺師にひっかかる馬鹿という構図でしかありません。
その馬鹿から多額の金を巻き上げ、青息吐息になった馬鹿が…いくら金を出しても何も満たされないと気付いた時、どの方向に爆発するか…。
AKBの握手会で起こった不幸な事件は、馬鹿が我に返り始めたという事実と、握手をネタに金を巻き上げる商売の限界を示していると思います。握手労働させられている最前線の女の子に斬りつけた馬鹿は、救いようがありませんがね。
かつてルターは、免罪符販売機に激怒して抗議文を書きましたが、"握手券売機"に金を出して握手をするなんて行為が下衆の極みである事をそろそろ馬鹿全員が自覚してもらえませんかね。
そんな握手に価値なんかありゃしないんです。
関連記事
スポンサーサイト
2014/05/26 Mon. 02:45 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1469-fb89e7e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。