09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

安打製造機、トニー・グウィン逝く 

ワールドカップ花盛り。ドログバの存在感が日本を粉砕した試合に歓声をあげたりしておりますが(エースオブエースの途中投入という展開自体燃えた)、ちょっと…サッカーの事を忘れてしまうような訃報があったので、触れておきたいと思います。
ちょっと早過ぎやしませんかね…、グウィンさん。

(ここから転載)

メジャーリーグで首位打者に8度輝き、2007年に野球殿堂入りした元パドレス外野手のトニー・グウィン氏が、唾液腺がんのため死去した。54歳。パドレスが16日発表した。

グウィン氏はパドレス一筋で20年間プレーし、歴代19位の通算3141安打を放った。
生涯打率は3割3分8厘。01年を最後に引退し、母校サンディエゴ州立大で指導していた。 

(転載ここまで)


文句なしの伝説のプレイヤー。BS放送を通して実際にプレイを見る事が出来たのは幸運でした。
ちょうど野茂がメジャーに入った頃に全盛期を迎えていたので、野茂からパカパカと安打を放っていたイメージがありますね。結局野茂は、グウィンからは1つも三振を奪えていないはず。
確か、野茂が入る前の年(1994)は、打率が3割9分を越えて4割目前までいきながら…選手会によるストライキでシーズンが途中で終わってしまったはず。あれが無ければ…4割打てていたかなあ。
首位打者8回はもちろん偉業ですが、ルーキーの年の2割8分9厘以外、引退するまで打率3割を切った事が無いという恐るべき安打製造機っぷりがスゴい。張本やイチローでもこの人とは比較にならんのよ。
通算打率3割3分8厘…。比較対象として…かのバース神が日本での6シーズンで残した通算打率が3割3分7厘だったはず。メジャー20年間の通算打率で3割3分8厘というのが、いかに恐ろしい数字か分かるというものです。しかも古い時代ではなく、80~90年代に活躍してますからね。
これぞ伝説のプレイヤー…としか言いようがありません。

引退自体、つい数シーズン前のような気がしますが、それでも10年以上経っていたのか。
野球殿堂入りを、97%という高得票ですんなり決めていたニュースは見ました。彼に投票しなかった3%はなんやねんwと思った覚えがあります。
まあ、人には寿命があるもんですが…こんなに早く亡くなるとはね。一瞬頭真っ白になりました。
日本だと、大杉さんがこういう感じで若くして亡くなられたんですよね。プロ野球ニュースで解説していて、最近見ないなあと思ったら…。
まだまだ後進に伝えてほしい技術や経験があったでしょうに…。

90年代、BSを通して楽しんだメジャーリーグ。
ボッグス、ボンズ、マグワイア、カンセコ、パケット、ヘンダーソン、ソーサ、グリフィーJr、そしてグウィン。
こういうバッターを見れたのは幸せな事でしたし、中でもグウィンの流し打ちには感嘆の声をあげていました。
もうちょっと長生きしてほしかったとは思いますが、とにかく素晴らしいプレイヤーに敬礼、黙祷。
…あと、伊良部に会ったら、今度は仲良く一緒にやってください。
関連記事
スポンサーサイト
2014/06/17 Tue. 03:11 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1492-943b26ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。