09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

『mass』(YMO) 

今回は中期からの選曲ということで、どれを選んでも思い入れが深いなあ…と悩んでいましたがw、中期からの今までの選曲が『U.T』と『体操』というハシャギ系だった事もあり、じゃあ静かめの選曲で…と考え、『mass』にしました。
縁起でもない言い方ですが、自分はこの曲、人生の最終段階である忌まわの際に…あるいは意識朦朧状態あたりで聴けたらいいなあ…と思っているんですよ。
好きな曲は星の数ほどありますが、『mass』という曲にはそういう場面が似合うと思うんです。

アルバム『BGM』のラス前に入っているこの曲、どこからどう聴いても細野さんの作品。
こういう曲なんですけどね。

『mass』(YMO) by YouTube

アルバム『BGM』からの音の直録ですね。レコード特有のパリパリ音がたまりません。
ゆったりと、力強く、物悲しく、胸に迫る、それでいて…不思議と希望のある曲にも聴こえる。どういう場面にも合いそうな、まさに『BGM』。
『BGM』というアルバムは、巨大なムーブメントと化したYMOが「今なら、どんなものを出してもある程度売れるから、徹底してファンを切り捨てにかかる」(ユキヒロ)という危険な発想をして、三人とも売れセンなんぞ無視して好きに作ったアルバム。
前期YMOの陽気で分かりやすいノリのままに、この『BGM』を買った人たちは…「なんじゃこりゃ!」と絶句する事になります。
全体が暗いトーンで構成され、皆が期待したであろう『ライディーン』や『テクノポリス』みたいな曲は一切無し。お遊びもほとんど無し(『U.T』の会話くらい)。
教授が「期待を裏切る感覚が心地よかった」というくらいの、全く売れるはずのないアルバムだった訳です。
ところが、"今なら何を出してもある程度売れる"との予測通り、こんな陰気で前衛的なアルバムが…オリコン2位という"怪挙"。アルファレコードは嬉しかったでしょうね。
ミーハーなファンは口々に「今度のアルバムは面白くない」「ダメだ、期待外れ」とか言いつつ、YMOと距離を置く事になります。
そこを乗り越えたファンは、ほぼ全員が現在までファンであり続けていることでしょう。だってこのアルバム、"最高傑作"なんだもんw。脱落した連中には分からない、ある種の"踏み絵"のようなアルバムです。

『mass』という曲は、何故か小学生からの反応が大きかったと細野さんが述懐しています。それは分かる気がするなあ、自分も小学生だったし。
今の子が『mass』を聴くと「ドラクエっぽい」とか言うらしいですがw、つまりはドラマチックなんですよね。何らかの情景が見えてくる曲。情景は人それぞれだろうけど。
当時から「ちょっと"雪の降る街を"に似たメロディーだな」とは思ってましたがw、そういうイメージでも問題なく聴けます。

それとこの曲、インストロメンタルのイメージが強いですが、実は歌詞があるんですよね。
作詞はピーター・バラカン、英語とロシア語による歌詞で、曲の前半と後半にピーター・バラカン自ら"朗読"しています。意味は要約すれば「僕は行く、皆も歩いていく」というような内容。"行列"がイメージの一つだったそうで、ロシア語を織り込んであるのもそういう意味だとか。
当時は全く気にしてませんでしたが、大人になってピーター・バラカンという人がどういう人か知ってからは、聴くたびに「む、バラカンポエム来た」と思っていますw。

ライブでもよく演奏される曲なんですが、ちょっと異色なアレンジを。アイマスPVですが、映像は気にしないでください(酷い)。

『mass(ライブ音源)』アイマスPV by ニコニコ動画

これはウインターライブの音源ですが、メインの旋律に教授のピアノを持ってきたことで、印象がガラッと変わってます。…が、それでいて、どことなく物悲しく胸に迫る『mass』という曲の魅力は、全く失われていないというのがスゴい。
この動画、アイマスPVを巡っていて見つけたのに、自分には曲があまりにも主張し過ぎて、全然画面が印象に残りません。いつも目を瞑って音だけ聴いてるもんなあw。
『mass』という曲は、自分にとってはそれだけ大事な曲なのです。

この曲に興味を持たれた方は、ぜひアルバム『BGM』を聴いてみる事をオススメします。繰り返し聴いても飽きない、『BGM』というタイトルに恥じない作品です。
そして、その9曲目、ラス前に配された『mass』の重々しさに惚れてください。
関連記事
スポンサーサイト
2014/06/21 Sat. 04:37 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1496-bc0006b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。