07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

『ハイスコアガール』で見えた、スクエニの本性 

押切蓮介、という漫画家さんについては、自分の中では…日本橋ヨヲコ、椎名高志、といった"個人的に絵がどうしても苦手な漫画家さん"というカテゴリーに入ってまして(目とかその周りがダメなんですよ)、作品自体ほぼ読むことはありません。
『ハイスコアガール』という漫画が人気があることはもちろん知ってまして、本屋に平積みされているのも視界に入ってはいたんですが、手に取ってはいませんでした。扱ってるテーマは好みっぽいと思ってはいたんですがね。『ハイスコアガール』はなぜかお客用のお試し小冊子もお試し1巻開放も無かったんですよね。
んで、読む機会も、積極的に読もうという意志も無いまま、今日まで来てたんですが…。
もう、読む事は一生無さそうです。自分の意志とかではなく。

(ここから転載)

コミック誌で連載されている漫画の作中で、別会社の人気ゲームのキャラクターを無断で使用していたとして、大阪府警生活経済課は5日、著作権法違反容疑で、ドラゴンクエストやファイナルファンタジー(FF)シリーズなど人気ゲームソフトの製作で知られる発行元の「スクウェア・エニックス」(東京都新宿区)の本社など関係先を家宅捜索した。

捜査関係者らによると、著作権侵害の疑いが持たれているのは「月刊ビッグガンガン」誌上で押切蓮介氏が連載している「ハイスコアガール」。
府警は押収資料の分析を進め、会社の担当者や作者らから今後任意で事情を聴く方針。

スクウェア・エニックスはこの漫画の中で、ゲームソフト販売・開発会社「SNKプレイモア」(大阪府吹田市)が著作権を持つ対戦型格闘ゲーム「ザ・キング・オブ・ファイターズ(KOF)」や「サムライスピリッツ」などのキャラクターを、許諾なしに勝手に使用したとしている。

ハイスコアガールは1990年代を舞台にしたラブコメディー作品。
主人公がゲームマニアで、作中で当時ブームになったさまざまな格闘ゲームをプレーする。
その中でKOFやサムライスピリッツのキャラクターが100カ所以上にわたって登場していたという。

単行本の巻末には、著作権表示によく使われるCマークとともにSNK社の名前が他の複数のゲーム会社とともに記され、あたかも許諾を得たような体裁になっていた。
ハイスコアガールのアニメ化にあたって、関東地方の映像製作会社が昨年夏ごろ、SNK社にキャラクターや音楽の使用許諾について問い合わせたことがきっかけで、漫画に無断使用されていたことが発覚。
SNK社が今年5月、大阪府警に告訴していた。

(転載ここまで)


まず「ひでえ話だw」と思いました。
コミックスの巻末に"SPECIAL THANKS"として、わざわざCマーク付きで『SNKプレイモア』と書いてあったんでしょ。これ自体が偽装だよね。
で、調べていくと、セガ、カプコン、バンナムなどにはちゃんと許可が取ってあったそうで(タイアップまでしたらしい)、どうやら当初からスクエニ側がゲーム会社を独自に格付け差別化して対応したようなんですね。ファミコンの『テグザー』をまともに作れなかったクセに生意気な。
件のSNKプレイモアが、この漫画と、キャラクター使用されている事を知ったのが、なんとまあ…アニメ会社からの下調べでの問い合わせだったという…。これ、スクエニという会社はSNKプレイモアをその程度の会社だと認識していたという事ですよね(そう取られても仕方がない)。さすが一部上場企業、俺達は偉いとでも思ってたんでしょう。
で、SNKプレイモアがこの1年、いろんな交渉をしたようなんですが、結局けんもほろろに扱われ、その上…最悪な事に"ハイスコアガールのアニメ化"が今年の1月に正式発表…。しかもこの交渉中も、漫画にはSNKプレイモアのキャラクターが登場しまくりw。
もちろん、ゲーム会社としてのスクエニと、出版社としてのスクエニが一心同体だとは思いませんが、同業のゲーム会社に対してこの仕打ちは外道極まるんじゃないでしょうか。
著作権については、確かにある程度融通を利かせてほしいなあ…と常日頃思っていますが、この件のスクエニは酷い。なんせSNKプレイモアに一切告知無しだったんですから、言い逃れは出来ない。
しかも発覚後の交渉も不誠実で(SNKプレイモアは、ちゃんと手順分で許可さえ取れば問題無い会社なんよね)、要は完全な"上から目線"だった訳でしょ。例えSNKプレイモア側がそれまでの経緯を踏まえ、交渉で法外な金額をふっかけていたとしても、スクエニが無許可で事を進めていた以上、非は100%スクエニにある訳です。
はっきり言います、家宅捜索ざまあ。

おそらく『ハイスコアガール』は、ビッグガンガンという雑誌の看板か主力だったんでしょうが、この件でアニメ化どころか、即刻打ち切りを余儀なくされるでしょうね。他のゲーム会社も、これだけミソがついた漫画に協力するとは思えん。
コミックスも当然全て回収となるでしょう。いや、下手するとビッグガンガンそのものが消し飛ぶ失態だわ。
まさかゲーム会社の出版部が…、「こっちは天下のスクエニだよぉ、SNKなんて使ってやってるだけで有難いと思ってもらわないとね」みたいな対応をするとはね。頭悪いとしか言いようが無い。その上アニメ化w。そんなアニメに価値は無いわ。今更スポンサーも付かないだろうけど。

ハリウッド『ゴジラ』の次回作に、モスラ・ラドン・キングギドラが登場するらしいと聞いて狂喜していますが(『地球最大の決戦』だよお!)、そのうちモスラは無許可でしたっていう事件でしょw、これ。絶対あり得ないわ。
スクエニの馬鹿対応で人気作が突然打ち切りになるのは悲劇ですが、押切蓮介氏には腐らず描いてもらいたいものです。まあ、揉めてるというのは知ってたかもしれないけど、無許可ってのは伝わってなかっただろうし(そう思いたい)。
とにかく、今後他の出版社はスクエニのキャラクターやゲーム画面を無許可で好き放題使っていいと思いますよ。だってそれがスクエニの方針なんだから。
…と、職場の休憩時間に一気に書き上げてw、あとは更新するだけだな…と思ってたら、夜に事態が動きました。

(ここから再度転載)

人気漫画「ハイスコアガール」がゲームのキャラクターを無断で使用していたとして、出版元のスクウェア・エニックスが著作権法違反容疑で家宅捜索を受けた問題で、同社は8月6日、同作コミックスを全巻自主回収することを明らかにした。電子版の販売も停止する。

スクウェア・エニックスの広報担当者は、「今回の事態は、SNKプレイモアと話をしていた中で起きた。著作権侵害という指摘について、事実という認識はないが、お騒がせしている状況なので自主回収を決めた」としている。

ハイスコアガールは1~5巻と公式ファンブックを刊行済みだが、全て自主回収する。
電子版の販売も停止する。電子版購入済みのユーザーの閲覧は引き続き可能で、「現時点で、購入済みユーザーが閲覧できなくなることはない」としている。
なお「月刊ビッグガンガン」での連載は継続する。アニメ化の予定にも「変更はない」としている。

(転載ここまで)


ほおwww。すげえなあ、いろいろと。
まず回収は当然だよね。警察に家宅捜索までされて、売り続ける度胸はさすがに無いと見えます(てか、交渉の中で一旦回収して、ちゃんと許可を取ったcopyrightを印刷したものを再発売すれば、こんな恥はかかなかったものを)。
しかし、連載続行ですかw。それはまたスゴい選択だね。
素直な疑問なんだけど、こんな事態に至って押切蓮介氏は描けるの? 既刊全回収までされた漫画の続きを、動揺せず描けるの?
これ、スクエニ側の都合だけで連載続行って決めてる気がするなあ。弱みを見せられんみたいなさ。
アニメ化続行に関しては、もう笑うしか無い訳でさ。いやまあ、SNKのゲーム一切排除でアニメ化するつもりなんだろうけど、90年代の格ゲーからSNKを抜くってのは、それこそ無理ゲーでしょ。基本バーチャっ子だった自分すら、サターンの『KOF95』は買って「うひょお!ロード速ええええ!」とか言ってたのにさ。
まあ、連載続行はまだしも、アニメ化続行は虚勢だと思いますがね(押切蓮介氏が蓮プロを作って自分でアニメ化するんならともかく)。

ま、この問題は長引きそうなんで、裁判を楽しみにしてますよ。
自分はSNK寄りです。スクウェア嫌いだしなw。
関連記事
スポンサーサイト
2014/08/07 Thu. 01:02 | trackback: 1 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1543-6e4bc83a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/08/07 09:25)

吹田市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

ケノーベル エージェント | 2014/08/07 09:25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。