09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

今月も『アフタヌーン』でチラッと感想 

立ち読みした雑誌の感想をいちいち書くのも気が引けるんですがw、とりあえず『アフタヌーン』を読んだので、思った事を。

『げんしけん二代目』は、いいオチだったw。
恵子の部屋で話し込み、誘惑される斑目さんがいいねえ。生身の女が臨戦体勢で手招きしてる状況に混乱してる様が。
ここでようやく、「モテ期というが、自分は何もしてないのに何故モテているのかが分からない」という斑目さんの心情が吐露され、それに対して恵子が「咲ねーさんみたいな女性(高嶺の花)を好きで、そしてフラれた斑目は可愛く見える」という見方を提示してます。
このやり取りは意外と大事だと思いますよ。ハトくんにせよスーにせよアンジェラにせよ、この多かれ少なかれこの感情はあるんじゃないですかね。
そして、恵子のハトくんに対する感情もハッキリ出てきたんで、この"イヤな男・ハトくん"という要素が今後の展開の肝になるかもしれません。
ただ、恵子に関しては………斑目さんに胸触らせる寸前までいきながら、【彼氏】からの電話で全て終了(爆)。まあ、「浮気、するよね」の顔がなんとも罪が無くてw、外道なのに許せるというポジションで収まりましたかな(斑目さんは走って逃げたけど)。斑目ハーレムからは撤退したという事で。

余談ですが、今や『げんしけん二代目』のパラレルワールドとして目が離せない『Spotted Flower』(以下スポフラ)の展開が物凄く、こっちを読み込む事で逆に『げんしけん二代目』の展開が見える…かもw。
まあ、作者も誰も『スポフラ』を『げんしけん二代目』のパラレルワールドだとは明言しとらんのですが(出版社も違うしな)、オタクな旦那(メガネ)と美人で身重な奥さんの…微妙に『げんしけん』とリンクした設定やエピソードと、…(これはあの人だよな)という来訪者。大野のような2児の母はともかく、最近は…体を工事して胸を作った…ハトくんのような男と、痩せてナイスバディ化したヤジーのような女が出てきたらしい。読みたい。
作者自ら同人を描いてると言われてますが、自分は藤子F不二雄的なパラレルワールドとして楽しんでますけどね。こういう試みは楽しいです。

『今日のユイコさん』は、ユイコさんだいぶ丸くなりましたね。先々月から先月までの展開で、多田野くんにキツく怒られたからまあ当然か。
しかし、これ以上丸くなったら…終わりが近いな。

『謎の彼女X』で、久々に植芝理一の狂気の描き込みが出ました、2ページ見開きで。
『謎の彼女X』の初期の頃まではあったんですが、以降絵柄の変化もあって狂気の描き込みは全く無かったんですけどね。古くからの植芝理一ファンとしては大変嬉しいところ。ただ…絵柄のせいか若干狂気が薄かった気もします。
今月は前後編の前編でしたが、展開自体はそれほど重いものではなかったんです。が、最終ページの下に…【次号、最終回!】
………しばし固まって、いろいろ考えを巡らせた上で立ち読み終了。そうか、終わるか…。だから描き込み来たのか。
まあ、最近は何が『謎』なんだか…という展開であったのは事実なので、終わる事自体は別に構いません。コミックスも全12巻予定なのかな、いい頃合いだと思います。
『ディスコミュニケーション』『夢使い』『謎の彼女X』と自分を魅了してきた方ですから、インターバルを置いての次回作が楽しみです。そしてまた絵柄が変わるのかなw。
一時沈滞していた『アフタヌーン』が、『無限の住人』やら『ああっ女神さま』やらをガッツリ終わらせて新陳代謝を図った結果、最近妙に面白くなってきた感がありますからね。『謎の彼女X』もそろそろなんでしょう。
雑誌のためにも、漫画家のためにも、長期連載を多数抱え込むのは避けるべきなのです。かつて『少年サンデー』の不文律だった"どんな人気作品でも30巻台で終わる"というのは、実に素晴らしい不文律だったんですよ。『タッチ』『うる星』『元気』『六三四』…とキッチリ終わって、漫画家は次回作に全力投入してヒットを飛ばし、雑誌は新陳代謝出来たんですから。
それを…『メジャー』『コナン』『犬夜叉』…と次々に長期連載させた結果が、今の…もう立ち直れない落ちぶれた『少年サンデー』ですからね…。自業自得。

なんにせよ、いい形で終わらせてくれればいいんだけど。次回最終回って事は、『ラブロマ』みたいに"みかん"まで持ち込む事は無いなあw。
卜部の渾身のデレ顔、期待してます。
関連記事
スポンサーサイト
2014/08/26 Tue. 03:26 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

長期連載の「弊害」

 おはようございます。

 雑誌の今後を考えたらば、長寿作をスッパリ終わらせて新陳代謝を図ると言うのは分かりますね、長期連載作に依存してては売上に関わるし新しい読者の開拓にも関わりますからね。
「売上に関わる」と言う理由で無理やり連載続行を強行されているケースもあるけど、どうなんでしょうか・・・。本人はいいところで終わらせたいのに、編集部がそれを許さないというのは、作家のことを考えているとは思えません。変に内容が訳分かんなくなって読者がついて行けなくなるリスクもありますし。
「B・B」(石渡治)や「YAWARA!」(浦沢直樹)などの例を見ても分かるように、最終的な目標を果たして終了。と言うのは理想的な終わらせ方です。本来ならば「キン肉マン」(ゆでたまご)もそうだったハズなんですが・・・。

 確かに一時期の「サンデー」は過度に長寿作をを作らず、いいところで終わらせたケースが多いですが、作家のことを考えていると言えますね。
 メテオさんが上げた「タッチ」「うる星やつら」などだけでなく「B・B」(全31巻)炎の転校生(島本和彦・全12巻)などもそうでしたから。
 それが今や長寿作を結構抱えてしまう状況になってますが、これでは今後に不安が残りかねないです。仮にそれらが終われば大幅な読者離れを起こしかねないリスクは大きいです。言うなれば、ベテランに依存し続けて世代交代を疎かにするようなものです。
「サンデー」は「ジャンプ」を見習うべきでは?

 だったら「美味しんぼ」も山岡と雄山と和解で区切りをつければよかったのに、休載期間はあれどまだ続いてるのはどんな内容にしたいんだとすら言いたくなるし、グルメと全く関係無いものもありますからね・・・。

アジシオ次郎 #- | URL | 2014/08/30 09:37 * edit *

>>アジシオ次郎様
どうも、お久しぶりです。
もちろん長期連載全てを否定するつもりはないんです。
ただ、長期連載に向いているのは、基本的に1話完結なんですよね。こち亀、パタリロ!、あさりちゃん、あぶさん…みたいな。
それと、数話ずつのシリーズで話が展開するもの。スパンの長い1話完結ですね。ゴルゴ、釣りキチ、エロイカ…。スポーツ物もここに入るものが結構あります。
どっちにせよ、途中から新しい読者が読んでもスンナリ入れるのが大事なんです。
途中から入りにくい長期ストーリー物が多数連載されている雑誌は、ほんとに敷居が高いですからね。

『キン肉マン』の連載が近年復活して好評なのは、新しく付いた担当が(いい意味で)ものすごく『キン肉マン』が好きで、過去の話の流れを踏まえて、ゆでたまごも気づいていなかったアイデアを提示した事と、主役であるキン肉マンの活躍度を下げて、他の超人に活躍場面を割り振るようにした結果なんです。
『キャプテン翼』や『ドカベンプロ野球編』が、結局主人公が活躍するというパターンで勢いを失ったのとは対照的なんですよね。
『キン肉マン』の復活は、長期連載の指標の一つになるのではないかと思います。

メテオ #- | URL | 2014/08/30 16:48 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1562-f1ea236d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。