05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

溢れる才能、マンジール選手 

アメリカには、4大メジャースポーツを掛け持ち出来るくらいセンス溢れた選手がいるものです。
今年もNFLとMLBの両方からドラフト指名される快挙が生まれたんですが、このニュースなぜか日本ではほとんど聞きません。
こういう溢れんばかりのセンスに恵まれた選手の事は、是非紹介してほしいんですけどね。

(ここから転載)

MLBのサンディエゴ・パドレスは6月7日、ドラフト28巡全体837位でクリーブランド・ブラウンズのクォーターバック(QB)ジョニー・マンジールを指名した。パドレスはマンジールをショート(遊撃手)として指名をしている。
マンジールは、「僕を指名してくれて、パドレスとマイク・ディー球団社長兼CEOに感謝します。なんてすばらしい日なんだ!」と指名を喜んだ。

ディー球団社長兼CEOは、「(マンジールは)ベストアスリート」とコメントしている。
ちなみにマンジールは高校時代は野球とフットボールの両方に取り組んでいたが、テキサスA&M大に進学後はフットボールに専念している。
これによりマンジールは、QBラッセル・ウィルソン(シアトル・シーホークス)、QBトム・ブレイディ(ニューイングランド・ペイトリオッツ)、コーナーバック(CB)ディオン・サンダース(元アトランタ・ファルコンズ)、ランニングバック(RB)ボー・ジャクソン(元ロサンゼルス・レイダース)、QBジョン・エルウェイ(元デンバー・ブロンコス)らと並び、NFLとMLBの両方からドラフト指名を受けた選手となった。

(転載ここまで)


いいですよね、マンジール。両方こなせる器用さもさることながら、肝心な時には無くてはならない重要性も感じます。彼無しではうまくいかない、そういう存在でしょう。
しかし、さすがにNFL、彼の湧き出る才能もまだ思うようには機能していないようです。

(ここから再度転載)

クリーブランド・ブラウンズのクォーターバック(QB)ジョニー・マンジールは、ブライアン・ホイアーとの先発争いに敗れ、開幕戦を控えQBとして迎えることになるが、それでも出場するチャンスをもらえたら、いつでも出られることをアピールしている。

マンジールは現地5日、地元紙『クリーブランド・プレーン・ディーラー』に対して、「いつでも準備はできているよ」とコメント。
「僕はコーチが名前を呼んでくれれば、いつでも出れる」と自信を見せている。

ちなみにカイル・シャナハン攻撃コーディネーター(OC)は、マンジールのことを高く評価しており、近いうちに先発に昇格する可能性も高い。
マンジール本人は出場する意欲で満ちているが、ホイアーが先発であることには変わりはない。ホイアーは、前十字じん帯の断裂からの復帰で、パフォーマンスに不安が残るが、控えのマンジールを試合途中にわざわざ投入することは考えにくい。

(転載ここまで)


まあ、まだ若いし不慣れなんでしょうね。若い選手にはよくあることです。慣れてくることで自分の能力を遺憾なく発揮するようになるはずです。
溢れる才能で先発に昇格して暁には、BSで「今日はマンジール出てますね」「ええ、出てます」といった応援実況を期待したいものです。
………決して、マンゼールとか誤魔化した発音にはしないでもらいたいですね。
関連記事
スポンサーサイト
2014/10/12 Sun. 11:30 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1610-937efc0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)