05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

AnAnジャンル考察その2 語学文学 

さて、今日のAnAnジャンル考察のお題は"語学文学"。
自分の主力である漫アゲ+サブジャンル四天王に次ぐ、6thメンの位置にあります。もし稼働終了までホームにAnAnがあれば、おそらく『語文将軍』に手が届くだろうと予想。
自然科学に比べると、天文みたいな飛び道具は無いものの(田中芳樹くらいかw)、そこそこptを取れる形式という印象ですね。

『文学』については、これはもう若い頃に紀伊國屋書店で4年近くパートしていた経験が頼り。それ以降の作家や作品はちょっと弱いので、AnAnを始めてからは本屋で文学や文庫の棚を眺める事が増えました(決して読む訳ではないw)。
別に無理に暗記しようなんてしみったれた考えは無かったんですが、何か引っかかる瞬間が年に数回あればいいや的なものですね。
最近だと、"実在する文庫レーベル積み重ね"で2回パフェを取れた時に、「ああ、本屋で本を眺めたり立ち読みするのが好きってのが、こういう形で役に立つとはなあw」としみじみ思いました。
芥川賞や直木賞はツイッターのbotなんぞフォローしてみましたが、興味の無いものは覚えないんで無駄でした。『ぼっけえ、きょうてえ』を競艇の話だと思うような人間ですから。
残念だったのは、自分が好む分野の作家(西村寿行、笹沢左保、梶山季之、黒岩重吾…みたいなバイオレンス&セックス)関連の問題が少なかった事ですね。

海外の文学になると、もう判で押したようなものしか分からないんですが、それはそれで変に無理押ししないという利点もあるのでw、特にマズいと思った事は無いですね。
弱点というほどじゃありませんが、アンデルセンとグリムとイソップとペロー、とにかく童話で…この話は何童話か?みたいなのが苦手です。いちいちそんな事考えて童話読んでないっちゅうねん。教訓臭いのがイソップくらいの認識かな。

さて、『語学』については…問題としてそれほど好きではないです。文法とか学生の頃からどうでもいいと思ってたタイプなんでねえ。日本語の文法ですらそうでしたから、言わんや英文法なんてw。
漢字そのものはそこそこ読み書き出来ますが、漢検という謎のアホ検定を心底軽んじて生きてきたんで(控えめな表現にしました)、重箱の隅をつつくような読み書きは興味無いですね。
ただ、幸いにして読書はそれなりに積み重ねてきたので、その範疇で熟語やことわざ、格言、言い伝えは対応出来ます。この辺の問題は好きです。
読書じゃないとこからもいろいろ吸収してますね。例えば「お医者様でも草津の湯でも、恋の病は治らない」という言い回しがありますが、自分がこれを覚えたのは『必殺仕事人Ⅴ』のオープニングナレーション(中村梅之助)だったりしますw。
こういうのは趣味が雑多な人間の方がいいのかもしれません。

語学文学は、割と誤答の少ない、確実に取れるとこを取るジャンルですね。分からんものは本当に押しようが無いw。
逆ラで来たら、…語文使いの人が相手だと苦しいですね。かの有名な言葉である「俺の投げた語文ですよ!」じゃありませんが、語文使いの人は8ジャンルの中で一番プライドが高そうな気がするんですよ。
まあ、語文を取らせて他で斬るというのがベストかなあ。

冒頭にも書きましたが、稼働終了までに『語文将軍』を取れるかが自分の最後の称号課題になりそうです。取れるとこだけ取って、頑張ってみます。
関連記事
スポンサーサイト
2014/10/18 Sat. 02:42 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

お久しぶりです。
私はLive!の末期から語文も併用していますが、こちらの考察以外で感じた点以外に

「連想のくっつき言葉の難しさ」
「早押しのことわざ・慣用句問題の四択ゲー」

があると思います。

ことわざや慣用句は余りにも四択が多いため、「どうせ四択だろ」と押すと、そんな時に限ってタイピングで何度絶望したことか…w

語文使いはプライド高いとの見解ですが、個人的には凄まじい獲得率を誇る人が多数存在する、自然科学が一番プライドが高そうなイメージが…w

されど、語文使いの人は、押しに厳しい方が多い印象で、なんとなく感じるところも分かる気がします。

残りの考察も楽しみにしています。

志功 #TkjQbHGA | URL | 2014/10/26 02:44 * edit *

>>志功様
こちらではお久しぶりです。あっちの方はちょくちょく拝見してます。

連想のくっつきは、自分はヤマ張りですね。だからツボにハマると2枚目でも正解する事も…たま~にありますけどw、失敗すると真っ白ですね。なんか日によって冴えが違う問題です。
四択は…ちょっと苦手です。自分はほぼタイピングしか想定してないので、いきなり四択、しかも『弱肉強食』系の文字入れ替え選択肢だと破滅しますw。まあ写真四択よりは遙かにマシですけど。

自然科学はほとんど学校で習う事の発展知識なのに対して、語学文学はいかに文学知識を持っているかという感じで、そういう…勉強から少し離れた趣味知識というとこにプライドを感じますね。
漫アゲラーは、漫画・アニメ・ゲームという…正直網羅しようも無い分野でグロ問スルーも当然なんですが(趣雑もそうですね)、語文の人はスルー自体相当悔しいんじゃないかと思います。読書量も関わってきますし。
あと、語文系のプレイヤーさんはブログやツイッターに手を染めていた方も結構いらっしゃるので、よく拝読していたのもあります。思いこみかもしれませんがw。

勢いで書き出したんで、グル生みたいに投げっぱなしになるものもありますがw、折りを見てまとめていきたいと思います。

メテオ #- | URL | 2014/10/26 07:22 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1616-fac89e00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)