09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

今年のドラフトはまずまずでした 

さて、ドラフト会議が終わりましたね。
糞システムのクライマックスのおかげで阪神の2014年は2位にも関わらずまだ終わっておらず、編成もいろいろ大変でしょうが、将来の阪神を支える選手を確保するイベントですからね。いいドラフトを期待したい。
職場からスマホでちょくちょく進行はチェックしてたんですが、1位指名を2連敗した時は頭を抱えましたw。まあ、どっちも和田は最後に引いたようで、松井の時の負広みたいに50%をみすみす逃す大チョンボをやらかした訳ではないのでノープロブレム。そもそも、一昨年に藤浪を引いた事でくじ運は使い切ってるんでね。
で、今年は5人指名でサッと撤収、育成枠も使わなかったようです。その中身は…


◎1位・横山雄哉(社会人、投手、20才、左左)
球速は結構あるようで140km/h台後半という触れ込み。ただ、コントロールには難があるという評価。
外れ外れとはいえ1位指名されるくらいなんで、それなりの素材なんだろうけど、現時点での阪神ファンの評価は…江草か弓長。まあそんなとこだろうね。
これが井川や能見クラスになるのかは今後の育成次第だろうけど、阪神は左腕の育成はやたら上手いからねえ。あの"水差し"高宮すら戦力にしちゃってるからw。
まあ社会人といっても若いし、即戦力じゃなくてもいいからじっくりと育成してほしい。

◎2位・石崎剛(社会人、投手、24才、右右)
あちこちの情報を見るに、あきらかに中継ぎリリーフを期待されている投手。サイドからの140km/h台に、キレのいいスライダーを持っているそう。
まあ今年は中継ぎ課がかなり崩壊してしまったので、ここで新しい血を入れるのはいい事です。ファンの評価は…桟原w。まあ桟原はもったいない素材だったねえ…。

◎3位・江越大賀(大学生、外野手、22才、右右)
3位とはいえ、かなり期待値の高い外野手。守備力と走力は折り紙付きで、結構な長打力も魅力。
実は長崎海星高校の出身で、長崎清峰が春の甲子園で優勝した年、夏の県予選でその長崎清峰を本塁打で沈めたという逸話を持っています(でも甲子園には行けなかったんよね)。長崎県出身の自分には楽しみな選手。巨人ファンらしいけどw。
近年、桜井とか林ちゃんとか伊藤隼太とか…そこそこ打てるのに守備センスが皆無という選手ばかり見ているのでorz、江越君には期待したい。

◎4位・守屋功輝(社会人、投手、20才、右右)
若干変則的なフォームからの、140km/h台のストレートと豊富な変化球が売りらしいです。うーん、川尻っぽいのかな?
出来ればすぐ活躍してほしいとこだけど、まあ焦らず実力をつけてほしい。

◎5位・植田海(高校生、内野手、18才、右右)
身長175cmで、コンパクトスイングでフィールディングが良いという事は、基本2番タイプですね。足もまずまずらしいし。
甲子園球場ですからやはり守備力は大事。吉田義男や鳥谷レベルまでは望まないけど、平田や久慈のような守備の要になってほしいですね。守備固めでもいいけど、バントをきっちり決められるだけでも価値はあるんだからさ。


総評すると、100点満点で80点か85点の手堅いドラフトじゃないですかね。
阪神のドラフトというと、編成やスカウトのスタンドプレイで滅茶苦茶になったり(鈴木啓示指名回避事件)、他球団なら下位指名の選手を1位指名したり(葛西、的場…)と下手くそもいいとこだったんですが、近年は割とまともなドラフトをしている印象です。これで日ハムや楽天の豪運が多少でもあれば…。
まあ、編成がまともに仕事をしてくれるのは良いことです。この5人の中で即戦力が出てくるかは分かりませんが、あとは現場の仕事でしょう。

ただ、即戦力が出てきたからといって、お願いだから使い潰さないでほしい。
先日、西村憲が27才の若さで戦力外になってしまったのはショッキングでした…。2年目だったか、中継ぎとして本格的に覚醒し、キレのいいストレートとスライダーで7勝を挙げるわ、真弓のチョンボで外野を守るわと大車輪で活躍してくれたんですが、その疲労からか翌年以降精彩を欠き、肘にメスを入れても復活出来ず…。
現場としては使いたいのは当然なんだけど、それに耐えられるかどうかはしっかり見極めてほしい。安藤や福原は先発ローテを任せられるレベルの投手なんだから、それと同レベルの酷使はいきなりしちゃダメだよ。あの久保田ですら、年間90試合登板で選手寿命を縮めてしまったんですからね。
西村憲の悲劇を繰り返さないよう、ホント頼んます。ドラフトされた5人に幸あれ。
関連記事
スポンサーサイト
2014/10/24 Fri. 03:48 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1622-f23a831f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。