05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

あのトレードの主役だった、大豊さん逝く 

あのトレードは、結果的に球史に残る成功トレードになったよね。
双方のチームもファンも納得いったと思いますわ。

【中日】大豊、矢野 ←→ 【阪神】関川、久慈

阪神としては、とにかくお下がりでも長打力がある打者が欲しかった。新庄(覚醒前)も桧山も、のほほんとして肝心な時には不発だったしね。
中日はそこを見抜いて、星野の辣腕で上手い商売をした訳で。衰えの見える大豊を材料に、阪神の中では使える人材だった…打の関川・守の久慈を釣り上げて即戦力とした。
…で、星野がここに控え捕手の矢野を付けてくれた事で、このトレードは長期的に見て最高のトレードになったのよね。この辺がさすが星野、負広とは天と地ほども実力が違うわ。(負広GMになってからの阪神の補強を思い出してください)

当時の阪神ファンとしては、「おい!関川出してどうすんねん!」と頭抱えてましたねw。数少ない打てる人材を…。
その前年だったか前々年だったか、打てる捕手ながら力量がイマイチだった関川を外野手との併用にし、関川も試行錯誤しながらシーズンを通して規定打席到達で3割打ったんですよね。もちろんチーム最高打率です。
…そしたらオフの契約更改で、無能の阪神フロント…関川にまさかのダウン提示という大事件が起こりましてねorz。外野手としてのエラーがどうこう言ってましたが、この時は本当に情けなかった。これだけの結果を評価してあげなかったら、このチームは二度と強くならんぞ…。(当然批判集中して結局アップ)
そんな経緯があったもんで、関川放出の報には「やっぱフロントに嫌われてるんだなあ、関川…」と思ったものです。
久慈については、またショート育て直しだなあ…とは思ったものの、代々セカンドとショートには好人材が出る伝統もあるので、そう悲観はしませんでした。

関川は中日に行くや外野手一本となり大活躍、久慈もキッチリ貢献。特に関川については、外野手専任させなかった阪神の甘さを痛感させられました。
短期的には中日が得をしたトレードでしたが、矢野がノムにしごかれて成長し、二度の優勝を含む阪神復活が実現。お互いに良い結果を残した訳です。

このトレードでただ一人、成功云々で語れないとこにいるのが大豊なんですよね。
阪神に来た大豊は、予想通り不器用で、常に全力でスイングしては凡退していました。「いや、軽打か外野フライでいいんよ(懇願)」という場面でも、あの独特の前傾一本足打法からブンブン振り回してました。
見ているこっちも半ば諦め気分で、「もう、大豊さんは好きに振ってください」と…あのバットにボールが当たる奇跡のみを祈っていました。
それでも、さすがは本塁打王を取った打者。当たった時の打球の素晴らしかったこと。「ああ、この人はコレを打ちたいがために信念を貫いているのよね」と思わずにはいられませんでした。
ノムが「一本足やめないと試合に使わないぞ」と脅したんで、やむなく一本足はやめたものの、常に熱い人でした。ヤジに激高してファンと言い合いになったこともw。
中日時代に、アメリカから来た審判に詰め寄って逃げ帰らせたエピソードもありましたよねw。あれはヘボ審判が悪い。
実は阪神の連続試合安打記録(26試合)を作ったり、ちゃんとやる事はやってくれたんですけど、それでも…もう少し期待したかったかな…。

(ここから転載)

プロ野球の中日・阪神で活躍し、本塁打王、打点王の2冠を獲得した強打者、大豊泰昭(たいほう・やすあき)さんが18日午後10時41分、急性骨髄性白血病のため名古屋市内の病院で死去した。51歳。葬儀は近親者で行う。

台湾出身で名古屋商科大に留学。1年間の中日球団職員を経て、1989年にドラフト2位で中日に入団。
巨人と最終戦で優勝を争って敗れた1994年には、38本塁打で本塁打王、107打点で打点王を獲得。ベストナインにも選ばれた。

1997年のオフに阪神へトレードとなったが、2001年から再び中日に復帰。2002年に引退した。
引退後は台湾担当のスカウトや少年野球の普及活動に力を入れ、中華料理店の経営も手掛けた。

通算成績は14年間で1324試合に出場。4097打数1089安打、277本塁打、722打点、1057三振、打率2割6分6厘。

(転載ここまで)


好漢逝く。晩年は白血病との闘いだったそうなので、お疲れ様でしたとしか言えません。
大豊の長打力を欲した結果、矢野が付いてきて阪神が復活した。そういう流れになるんですが、どん底暗黒の阪神で腐らず全力を尽くしてくれた大豊には感謝したいですね。有難うございました。
…しかし、若いね…。
関連記事
スポンサーサイト
2015/01/20 Tue. 03:13 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1702-04d2b350
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)