05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

漫画読みの戯れ言(15.01.27) 

AnAn対戦記を書くときは、よく…アバンタイトルというかプロローグの部分に、立ち読みした漫画の事を書いていたんですけど、対戦記が終わってから書くきっかけがありませんw。
年末の漫画振り返りもやってないことだし、最近立ち読みした漫画について…とりとめもなく書いてみます。

グランドジャンプの巻頭を飾った、秋本治の読み切り『アリーよ銃をとれ』は秋本節が冴えて面白かった。
簡単に言ってしまえばコルトピースメーカー誕生秘話なんだけど、そこにアリーという女性を持ってきたとこが実に秋本治。本来は女性主人公モノを描きたいタイプだろうし。
銃マニアのウンチクも、一般人でも分かる程度にしっかり入ってました。『雪之丞変化』にしろ『Mr.クリス』にしろ、銃が絡む漫画で真骨頂を発揮する人ですからね。近年の両さんはニューナンブをぶっ放したりしないだろうし、中川もめっきり撃たなくなってるようなので、こういうとこで鬱憤は吐き出してほしい。
『こち亀』の連載を続けつつ、たまにこういう読み切りを発表するスタイルを期待します。

チャンピオンの『刃牙道』。烈さんが着々と"敗北する為のフラグ"を立てている訳ですけどw。
消力(シャオリー)でおなじみの郭海王がいつの間にか来日し、独歩ちゃんがふさぎ込んで閉じこもってる神心会に上がり込んで、勝手に消力講座なんぞやってますけど、このジジイ神心会乗っ取る気かw。
ただ、烈がいかに消力をそこそこ使えるといっても、それで武蔵に勝てるのかというと、全くそんな気はしないですね。下手すると…残ってる方の足を切られるんじゃないかと危惧してます(少年誌でそこまでやるかは…分からんけど)。
烈編は…あと5週くらいで終わると見ました。次は、本部か鎬昂昇か、ジャックあたりかと。花山は勇次郎に殴られたんで、武蔵とは関わらないと思います。

ビッグコミックオリジナルの『ひよっこ料理人』。魚戸おさむの絵柄が割と好きなんで、ちょこちょこ目を通していたんですけど、最近の展開が物凄かったんですよね。
そもそも半年くらい前の時点では、主人公の若い女性料理人ひよこに男が求婚するも、男の息子(小学生)もひよこを好きだったもんで…みたいな、結婚前のドタバタした展開だったんです。
で、結婚して、次の話では子供が5人くらいになっててw、義理の息子も中学生になって、もともと好きだったこともあり義母のひよこをどうしても意識してしまうとか、「…どこが料理人の漫画なんだ、これ」という展開を見せまして。
で、義理の息子が寮のある遠い農業高校に行くという決心をし、ひよこがそれを尊重して、親子丼の作り方を教えて送り出すという流れでした。(親子丼に意味があるのか無いのかは不明w)
最新号。前回まで中学生だった義理の息子は…30才くらいになってましたwww。んで、農業高校に行ったはずなのに歯医者になってましたwww。そして、ひよこは…50代のおばちゃんになって出てきたのです…。こ、この漫画のタイトルって『ひよっこ料理人』だよねえ…。
おばちゃん化したひよこは、万事を義理の息子に任せて山形県に移り住みます。そこで子供料理教室を始めて…という展開なんですが、あまりの強引な急展開に立ち読みしてるこっちが大混乱ですw。確か5人くらいいた実子はどうしたの? 一応、独立したとか触れてたけど、あまりにもあんまりな展開ですわw。
推測だけど、たぶんこの漫画は遠からず終わるな。もう巻きに入ってる。

ビッグコミックスピリッツで昨年秋に始まった『1518』。
アニメ化もされた『GUNSLINGER GIRL』で名を馳せた相田裕を連れてきて、いかにも期待の新作という体で始まったんですが、都合6話ほど載ったところで絶賛休載中。
当初は数週後に再開となってたんで、「ああ、ストックを使い切ったんだな。描き貯めに入ってんのか」と思ってたんですが、一向に再開せず、目次の但し書きも"2月頃再開予定"とか伸びている状態。
これは…詰まったんじゃないかな。何が詰まったかというと、実はこの『1518』という漫画…面白くないのです。
記憶してる筋書きは、ちょっと内気な高校新入生の女の子が、なんやかんやあって部活動ではなく生徒会の手伝いをすることに。で、その女の子だけでなく、肘を壊して野球をあきらめた男の子も生徒会に引っ張り込もうと生徒会長が企んで…みたいな話でした。
面白くないと感じたとこを挙げていくと、話が進んでも主人公の女の子が全く目立たない(小池一夫先生なら絶対許さないよ)、野球をあきらめた男の子の雰囲気が暗いんで、主人公の目立たなさと相まって絵面に覇気が無い、生徒会の上級生が世慣れ過ぎ、生徒会長(女)が28才OLくらいの精神年齢に見える、落ち着いた絵柄なのに…野球をあきらめた男の子を生徒会に引っ張り込む手段が野球勝負というミスマッチ…などなど。
生徒会を舞台にした学園モノを描きたいという気持ちは分かるんだけど、徹底的に地味なんよね。派手な性格の脇役やモブを早めに出すでもなく、ある意味丹念に描こうとしてるんだけど、ハッキリ面白くない。
言っちゃあなんだけど、相田裕は掲載誌がスピリッツだという事を分かってないと思う。『土竜の唄』だの『アイアムアヒーロー』だの、派手な漫画と同じ誌面に載る漫画じゃないのよね。これがゲッサンなら構わないよ、それでも面白くはないけどね。
生徒会を舞台にした話といえば、引き合いに出すのはアレですけど『マリア様がみてる』があります。『マリみて』はリリアン女学園という舞台がすでに非日常で、そのお嬢様学校に通う"自称庶民"福沢祐巳が、ひょんな事からセレブ級お嬢様の小笠原祥子の妹となり、山百合会(生徒会)に入る話。どこを切ってもインパクト抜群で、その中で上級生のキャラクターも生きてくるようになってます。
相田裕の代表作である『GUNSLINGER GIRL』は、ストーリー自体は重苦しいものですが、銃火器と美少女という組み合わせのインパクトが全ての根元でした。『1518』には何のインパクトもないので、ただ地味な話なだけです。丹念な絵柄も逆効果ですね。
果たして休載中に修正出来るのか気にしてはいるのですが、ひょっとすると…このまま連載再開しないでフェイドアウトしていく可能性も結構あるかも。
相田裕にとっては正念場。担当さん助け舟出せるか?


うん、今日はこの辺にしときます。眠くなってきたんでw。
こういう、漫画への雑文も今後しばしば書くと思います。
関連記事
スポンサーサイト
2015/01/27 Tue. 04:37 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

お久しぶりです。

相田さんがスピに書くという話題は私も注目していたんですが、
1518はキャラの下地付けがあまり厚いために、結果として暗いというイメージしか持たれなかったかったことと、GUNSLINGERGIRLと絵のかき分けができていなかったことが影響したと感じています。

既にスピリッツに居場所はなく、小学館内の別誌に円満に移籍できれば万々歳と感じていますが、おそらく打ち切り→移籍でしょう。
初出がサンデーGXだったCLAMPの「こばと。」のように、他誌に移ってヒットみたいになってくれれば嬉しいですけど。

ATR #- | URL | 2015/01/28 20:05 * edit *

>>ATR様
どうも、お久しぶりです。
大上段に「面白くない」と言い切ったものの、おそらく練りに練った話なんだろうなあ…というのは伝わってくるんです。もったいないとも思います。
それだけに、"つかみ"のエピソードをもう少しどうにか出来なかったかなあ…というのが残念です。
絵柄に関しては、ゆうきまさみや柏木ハル子みたいな正調な絵柄でもスピリッツで充分やっていけるので、そこまで気にしなくてもいいと思います。『ガンスリ』との差別化とはいっても、スピリッツ読者の大半は『ガンスリ』読んでないでしょうし。
ただ、おっしゃるように落としどころは移籍でしょうねえ。スピリッツでは無理ですよ。
移籍するにしても、もう少し内容に手を入れないと…。少なくとも、主人公の女の子の印象が薄いのはマズいです。

ありがちな話ですが、漫画家が本当に描きたいもの(長年温めていたもの)を、読者が面白いと思うことは…多くないですよね。

メテオ #- | URL | 2015/01/29 04:33 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1709-c1cd0b6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)