10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

代表監督に求められる"重大"な要素 

えー、ここでも何度か書いているように、自分は日本人のサッカーにほとんど興味がありません(高校サッカー除く)。サッカーは日本人には向いてないと長年思っておりますので。
だもんで、ここのところ巷を賑わせている日本代表監督問題も冷ややかに眺めているんですが、…使うタイミングが無くて半年以上塩漬けにしたまま保存していたネタがあるもんで、それと絡めて考えてみたいと思います。
論点は、"日本代表はセックス開放するべきか?"です。

(ここから転載)

メキシコ代表のミゲル・エレラ監督(46)が、W杯期間中の選手のセックス、飲酒、喫煙を禁止した。
同国のレフォルマ紙に
「1カ月か20日そこらセックスが我慢できないのであれば、プロ選手失格だ。私たちはW杯を戦いに行くのであって、パーティーをしにいくのではない」
と語ったという。

(転載ここまで)

ああ、実に日本人が好みそうな規律主義ですねえw。
もちろん、どんな大会でも必ず予選を突破するメキシコと同列には語れませんが、日本人の監督なら9割方こういう思考だと思うんですよ。
しかし日本人の場合、ストイックと言えば聞こえはいいんですが、要は"修学旅行の引率"と全く同じ発想。自由にやらせて批判されたら面倒なんで、なんでもかんでも禁止しようという、ボンクラ発想です。エレラ監督と一緒にしたら失礼ですね。
…で、大会が始まったら、こんな発言がありまして。

(ここから再度転載)

日本では表立って論じられることは無いが、世界中が真剣に考えていることがある。
ワールドカップ(W杯)期間中に、出場選手のセックスを許すべきか否か―。これは、国によって意見が分かれるところである。

慎み深い日本では、堂々と論じられることはない。だが、優勝を目指す開催国のブラジル代表も監督が真面目に「OK」を出すなど、真剣に考えるべき問題なのだ。
今回意見を発したのは、かつてW杯を沸かせた選手である、元コロンビア代表のカルロス・バルデラマ氏。彼は「W杯中もセックスすべき」と話した。
コロンビア『エル・ティエンポ』は、バルデラマ氏にインタビューを敢行。同氏は、このように語っている。
「もし私たちがセックスを…、これまでのW杯でセックスをしていたら、もっと良い成績を残せたはずだ。試合後に、もっとリラックスできただろうからね。敗戦の後ではなおさらだ。完璧なリラックス法なんだ」
「『ジェットコースター』とか、おかしなプレイはすべきではない。静かに、冷静に、革新的なものはなしで行うべきだ。私がそれで悪影響を受けたことはない」

日本代表はそのコロンビアと、グループステージ最終戦で対戦する。その時、両チームはどのような状況に置かれているのであろうか…。

(再度転載ここまで)

オランダ贔屓の自分ですが、バルデラマは好きだったですねえ。インサイドキックでラストパスを出すだけという、素晴らしいプレイスタイル。日本じゃあ出てこないタイプです。
そのバルデラマの、実際に出場した選手の立場からの発言ですが、まあ…要は「適度に抜かないとやってらんねーよ!」という意でしょうねw。修学旅行の生徒側の発想です。
「静かに、冷静に、革新的なものはなしで行うべきだ」という字面が何とも…(そういう言い回しもあるんだなあw)と思わせてくれます。ヘリコプターとかもダメなんでしょうかw。
コロンビアといえばハメス・ロドリゲスですが、彼の略称である"ハメ撮り"もやらない方が良さそうですね。
そのコロンビア代表、ブラジル大会ではセックス禁止ではなかったようですが(公表せず)、足掻いていた日本代表を適当に子供扱いして無事決勝トーナメントに進出しました。良かったですね。
…で、大会中のセックスについての中間報告もありまして…。

(ここから三度転載)

ブラジル・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦は、1日に全日程を終えた。
ワールドカップ期間中、セックスを禁止した代表チームの全てが、ベスト16までで敗退していると、アメリカ誌「タイム」が報じている。

セックスの禁止を公にしているチームは、ロシア代表、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表、チリ代表、メキシコ代表となっている。
ロシア代表とボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表はグループリーグ敗退。
チリ代表は決勝トーナメント1回戦で、ブラジル代表にPK戦の末、惜しくも敗退。
メキシコ代表も決勝トーナメントに進出したが1回戦で、オランダ代表に2-1で敗戦している。

同誌は、「もしコーチが、ワールドカップで成功するために特別な戦略を探しているなら、選手たちにセックスを禁止することは答えではない」としている。
しかし一方でセックスの許可を公にしているチームの中に、スペイン代表、イタリア代表、イングランド代表、オーストラリア代表といったグループリーグで敗退したチームや、ウルグアイ代表、スイス代表、アメリカ代表の決勝トーナメント1回戦で敗退したチームも含まれており、セックスとワールドカップでの勝利の間には相互関係はないと、確かに認めている。

オランダ代表とドイツ代表だけが、セックスを認めているチームの中でベスト8に進出。
また、セックスに関して変わったルールを出しているチームは、比較的好調となっている。
フランス代表は「セックスは許可するが、一晩中行うのは禁止」というルール。
ブラジル代表は「セックスをしてもいいが、アクロバティックなセックスは禁止」と、サンバの国らしいルールが出されている。
コスタリカ代表は、「決勝トーナメントに進出するまでセックスを禁止」とされていたことが、グループリーグで躍進した秘訣かもしれない。
これらベスト8進出の3チームに加え、唯一決勝トーナメント1回戦で敗退したナイジェリア代表は、「妻はいいが、彼女とは寝てはいけない」と、かなり限定されたルールとなっていた。

その他のベスト8進出を決めているチーム、アルゼンチン代表、コロンビア代表、ベルギー代表は、大会中のセックスについて公にはしていない。

(三度転載ここまで)

セックスが許可だろうと禁止だろうと、それほどの因果関係は無いようですが、「禁止したって良い事は何も無いんじゃないの?」とは言えるようです。
決勝に進出したドイツとブラジル、敗れはしたものの好調なパフォーマンスを見せたオランダなど、容認した方が選手には良い影響が出るようですし。まあ、地力のあるチームは変に締め付けない方がいいという事です。しかし…ここでもアクロバティックは禁止かw。
コスタリカの「お前ら!決勝トーナメント行ったらセックスしていいぞ!」というのも、実に部活的で(綾瀬はるかが脱がなくて評価を下げた『おっぱいバレー』みたいなノリw)微笑ましくていいんじゃないですかね。
日本代表も、こういう情報はオープンにしてほしいものです。

さて、その日本代表ですがね。
振り返るに…オフトはオランダ人だから寛容、ファルカンは制限付き、加茂は禁止、岡田も禁止、トルシエはフランス人だから容認(柳沢の梨花密会も笑って不問にしてた)、ジーコは…制限かな、オシムはおじいちゃんだから禁止するかな、ザッケローニはイタリア人だから容認だと、イメージで勝手に推測。アギーレは…ああいう自分に緩いタイプは禁止か制限キツメだと思われ。
昭和の日本人ならストイックな監督でも充分イケると思うんですが、いまや日本代表は物心ついた時から平成だった選手ばっかりなんで、"我慢"とか"辛抱"とか"艱難辛苦"とかいう言葉はもう響かないでしょう。厳しいんだけど、親分肌で寛容…みたいなノリの監督が一番なんだろうけど、そんな人材は余ってる訳もなく、日本人指導者にもいないというね。
まあ、誰を選ぶにせよ、戦術面のみならず「適度に抜かせてくれる」人が、選手の尊敬を集められると思います。
…日本人で適任? 村西カントクですね。
関連記事
スポンサーサイト
2015/02/14 Sat. 03:28 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

あの~

映画やドラマの類は(大河ドラマ以外は)全く興味がない人間が突っ込むのもなんですが、「おっぱいバレー」で脱がなかったのは、長澤まさみではなく、綾瀬はるかだったと思いますが…。

実はグル生以上にエンタメを苦手にしていた元・愚者より。

山本浩之 #u3MRTyDc | URL | 2015/02/14 23:28 * edit *

>>山本浩之様
御指摘、有難うございます!
以前、ケビン・コスナーとリチャード・ギアを取り違えたのに続くやらかしであります。あれは相当恥ずかしかった///。
TV見てないのもありますが、最近の若い俳優はみんなおんなじに見えます(言い訳)。
という事で、修正します。有難うございました!

メテオ #- | URL | 2015/02/15 03:53 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1727-b74cceda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。