07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

君は火星のために死ねるか 

20世紀で最も大きな出来事として、アポロの月面着陸というのがありました。
人類が初めて月に到達した歴史的過ぎる快挙であり、人類の宇宙進出の始まりです。
(一時、これが嘘だの芝居だのといった悪質なデマが流れてましたが、さすがに今時あのデマを本気にしてる人はいませんよね。本気にしてた人は一週間泣いて土下座してください)
ただ…始まったは始まったんですが、費用の割に得るものが少ない有人着陸は凍結され、衛星観測と宇宙ステーションに注力していきます。堅実だけど夢は少なめ。
宇宙と地球の連絡船を期待されたスペースシャトルも、繰り返し使用するが故に費用がかさむという悪循環に陥って、二度の大事故もあり運用終了。
さて、これからの宇宙進出はどうなっていくのか…という21世紀、なんやよう分からん計画があるんですよね。

(ここから転載)

2025年からの火星移住計画を進めるオランダの民間非営利団体「マーズワン財団」は16日、「最初の移住候補者を100人に絞った」と発表した。
日本人はメキシコ在住の日本料理店シェフ、島袋悦子さん(50)が選ばれた。

火星に居住区を作り、まず4人、最終的に24人を宇宙船で送り込む計画。移住の費用は、テレビ放映のスポンサー料や一般からの寄付などで賄うという。
希望者は13年に募集し、約20万人が応募。
財団はインターネットによる面接などを重ね、今回は医師の健康チェックで男女50人ずつを選んだ。
居住地別の内訳は米国39人、欧州31人、アジア16人などで、日本在住の米国人などもいる。

島袋さんは取材に対し、
「20万人の中の100人に選ばれ、大変光栄。最終審査も通過して移住を実現し、火星ですし屋を開きたい」
と話した。

(転載ここまで)


あくまで自分の私見ですが、「これ、遠大な詐欺じゃねえの?」と思わずにはいられません。月ですらアポロ以来人間は行ってないのに、いきなりの火星ですよ。
技術的には可能かもしれんけど、その技術はマーズワン財団は持ってないでしょ。マーズワン財団の本部はオランダだけど、別にオランダの支援を受けてる訳でもない。どこの誰が技術的なバックアップをすんのよ。
しかもロケットで飛ぶだけじゃなく、火星へ向けて航行する間の生活が難問じゃないですかね。4人が死なない程度に暮らせる食料その他というだけで、相当な大荷物だと思われ。
で、着陸は恐らく逆噴射なんだろうけど、そこでしくじったら一巻の終わり。どこで訓練するのか…。
そして"居住区"(笑)。どういう資材を持って行くつもりなのか。いやまあ、別便で送るのかもしれんけど、地球ほどじゃないにしろ火星だって惑星ですからそこそこデカい。果たしてピンポイントに別便を軟着陸させられるのか。
そんで、水・食料・各種資材を大量に積んだ定期便を飛ばさなきゃいけない。まあ…火星には探査船は送り込まれてますから技術的問題は少ないかもしれませんが、問題はコストでしょ。
財団は「片道切符なんで60億ドルでいける!」と発表してますが、NASAが以前出した試算が4500億ドル(但し、火星からの帰還を前提にしてる)ですから、どうも眉唾ですよねえ。NASAの年間予算が120億ドルくらいじゃなかったっけ…。
そんなこんなを考えていくと、金だけ集めてドロンする可能性の方が高い気がするのです。
これがオーメ財団なら安心なんだけど(イデオンネタやめい!)。

詐欺云々はともかく、火星は魅力ありますよね。おそらく近場でテラフォーミングの可能性のある唯一の惑星ですし。
『トータルリコール』みたいな利権にまみれた植民星になるのか、はたまた『マーズアタック』みたいにタコ型火星人が住んでいるのか。
水の精製が可能になり、なんらかの鉱物資源が発見されれば、地球への帰還施設を作るのもあり得ない話じゃないんですがね。
でも…一番実現してほしいのは、『ARIA』の"ネオヴェネツィア"ですねえw。ネオヴェネツィアあるんだったら、俺志願するわ!
(『ARIA』新作アニメ製作決定、おめでとうございます!)

ま、いつの世も宇宙に行くのは夢があるもんですよ。宇宙、そこは最後のフロンティア…。
関連記事
スポンサーサイト
2015/02/21 Sat. 03:19 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

いいですねぇ…
ネオヴェネツィアは自分も行きたいです。

天野こずえ先生の作品が好きなんで、メテオさんのブログでARIA新作アニメの事を書いていただき 嬉しいです。

DAY #- | URL | 2015/02/23 07:41 * edit *

>>DAY様
ネオヴェネツィアはいいですよね。未来のお話とはいえ、宇宙船経由じゃないと行けないから…旅費高そうですけどねw。

『あまんちゅ』も時折立ち読みしてますが、天野こずえ先生の描かれる世界は汚れたおっさんには毒ですw。人生の美しい一瞬を描き取る作風ですからね。

『ARIA』の新作は嬉しいんですが、…河井英里さんの件がorz。
河井英里さん好きなもんで、近いうちにここでも取り上げたいと思ってます。

メテオ #- | URL | 2015/02/24 03:19 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1734-02a4fb3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。