09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

バブルの象徴、10万円金貨 

奈良県橿原市のコンビニで、店員が誤って渡したお釣り"約4万6千円"を申告せずに受け取ったとして、橿原署は詐欺の疑いで、同市北妙法寺町、県広域消防組合消防本部司令補、平本真吾容疑者(43)を逮捕した。
「酒に酔って覚えていない」と容疑を否認している。

橿原署によると、平本容疑者は昨年12月、携帯電話料金やたばこ代など約1万3千円の会計に1万5千円を支払い、"6万円"を預かったと思い込んだアルバイト店員(16)から約4万6千円を受け取った。
店員は「忙しくてパニックになり勘違いした」と話している。

(転載ここまで)


…まあ、忙しかったのは分かる。年令的に未熟なのもそれは仕方ない。毎日が社会勉強というヤツだ。遊び呆けている大学生よりはいい人生を歩んでいると思う。
しかしだ………1万3千円の会計に6万円と入力する時に、「何かおかしい」とか「いやいやいや、まてよ」とか思ってくれなかったもんかねえ。日本で通常流通してる最高額紙幣は壱万円なんだから。
この辺は、普段から紙幣を眺めまわしたり、千円、五千円、壱万円という存在を意識してたりしてないんだろうね。自分なんかお年玉でもらったお札は穴が開くほど眺め倒してたけどなあ。
あと、コンビニって事だからPOSレジスターの指示ばかり多用していて、自分で勘定する場面が少ないのかもしれない。
五万円札ってのが実現するとこういう大ポカも格段に増えるだろうけど、今のところ壱万円を超える貨幣は2種類しか無いからね(しかもどっちも硬貨だという)。そしてそれは、このバイトくんが生まれる前の話。
もしアレをコンビニに持ち込んだら、きちんと十万円だって判別してくれるんだろうか。

うちの親は記念硬貨をよく買ってました(引き換えてたと言うべきか)。集めてるというもんじゃなく、ああいうものが出ると「記念に一枚!」というタイプ。お堅いようでいて、案外ミーちゃんハーちゃんな面があるのです。
そんな親ですから、昭和61年(1986年)の『昭和天皇在位60年記念10万円金貨』には敏感に反応しましたw。確かあのニュースが流れた時は親父が家にいたんだけど(親父は船員だったので、数ヶ月おきに帰ってくる)、二人して「買おう買おう」と妙に盛り上がってましたねえ。「金(きん)は財産だ」みたいな感じで。
その10万円金貨、事前の予約券みたいなのが必要だったんだけど(金融機関で配布)、日本各地でミーハーな庶民が殺到して、予約券の奪い合いみたいになってた覚えがあります。なにせ日本初の高額金貨、時は1986年、まさにバブルです。
ウチの母親も、その予約券をさっくりとゲットしてきてましたw。まあウチは田舎なんで、「金貨売るってレベルじゃねーぞ!」みたいな騒ぎと怒号は全く無かったようですけど。

そもそもあの金貨、貿易黒字がデカ過ぎるのをちょっと解消するためアメリカから大量の金を買ったから作ったんですよね(キリのいい在位50年の時は1万円銀貨しか作ってない)。しかも発行枚数が1000万枚、額面1兆円です。でも金貨は20gなもんで、当時の金レート的には10万円の半値弱の価値しか無いという。国庫に金(かね)を集める手段ですけど、これ今の日本でやったらある意味面白いだろうなあw。
それでも予約券騒動が起こったもんで、政府は「追加発行しちゃおうかな~」と色気を見せ始める始末w。中曽根首相に竹下大蔵大臣、ああバブル。実際翌年に100万枚追加発行してます。
そんな金貨ですけど、額面は10万円ですからねえ。インパクトはあったんです。

予約券騒動から何ヶ月か経過したある日、高校から帰宅したら母親がニヤニヤしながら「引き換えてきたよ、ほら」と…さも大事そうに見せてきたのが、噂の10万円金貨と、1万円銀貨、500円白銅貨でした。
が…銀貨と白銅貨には悪いけど、全然記憶に残ってないw。そりゃあもう10万円金貨に目が釘付けですよ。「おお~………ほお~………」と謎の唸りをあげながら見入る自分。
なんといっても意外だったのが、金貨は透明プラスチックに覆われた状態だったことですね。考えてみれば純金ですから、通常の硬貨みたいな扱いをしたらマズいんだな…と、初めて触りながら学習。今なら絶対スマホのカメラで撮影してるだろうけどw、当時はそんな風習は無かったしね。
片面は菊の御紋、片面は…鳥みたいな図案。風格はあるけど、昭和天皇の在位60年と言われると疑問。NHK特集でこの金貨が出来るまでのドキュメントをやった時、昭和天皇の肖像案が最後まで検討されたと…その下絵まで公開されてたのを見て、「俺はこっちの方が良かったと思うなあ」と感じました。
…自分にひとしきり見せて、母親は「さ、もうしまい込むよ」と10万円金貨を持って奥へ引っ込んでいきました。以来、10万円金貨を見たことはありません。
大概の人は、タンスなり金庫なりの肥やしにしているのでしょう。

その後、今上天皇即位時に再度10万円金貨が発行された事は覚えてますが、その頃はもう実家から脱出wしてましたんで、ウチの親がどうしたのかは知りません。
ただ、この二つの10万円金貨、大きな違いがあるそうなんです。昭和天皇在位60年の10万円金貨は20g、今上天皇即位の10万円金貨は30gなんですよ。
つまり金の相場がグラム4000円だとすると、今上天皇即位の方は額面以上の価値があるそうなんです。買い取り業者も、昭和天皇金貨は買い取らずに銀行での両替を勧めるそうです。
つまり「金(きん)は財産」になり得たのは今上天皇の金貨の方だったんですが…あの当時そこまで読めてた庶民は少ないだろうねえ。

いずれにせよ、この10万円金貨をコンビニで出したら、6割方はその存在を知らないので通報されるか説教されるでしょう。
3割は知ってるけど実物を見たことが無い、あるいはその当時見ただけなんで本物かどうか分からないから拒否される。
そして1割は…たとえ本物だと判別されてもレジ的に困るので拒否されるでしょうw。ドン・キホーテみたいなお金や釣り銭の判別もレジスターがやるタイプだと確実に拒否だわ。使いたければ、銀行で両替してからの方が良さそうです。ましてや16才のバイトくんには通用しませんからねw。
なんとも豪勢な無駄、バブルの徒花であります。
関連記事
スポンサーサイト
2015/03/01 Sun. 05:38 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1743-0a7d628a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。