07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

アニメ『艦これ』第10話の感想 

本題に入る前に、しょーもない話から。
アニメ『艦これ』の合間に流れる主題歌『海色』のCM、歌ってる人の変な振り付けを見てると、10年以上前のアニメ『この醜くも美しき世界』の主題歌CMで、歌っている高橋洋子がまるでMPを吸い取るかのような謎の踊りを踊っていたのを思い出します。あれはインパクトあった。あれに比べたら『海色』の人は甘い。
あと、今週からキャラソンCDのCMが割り込んで、ED『吹雪』のCMが無くなったんだが、どっちかというと『吹雪』を残してほしかったなあ。
dアニメストアのCMの中川翔子、老けたなあ。

さて、10話ですけどね。…大筋は基本を押さえた流れで悪くはなかったんですが、先週酷評した9話の影響がドデカくて…泣かせに来てる場面も無感情に見てしまいましたよ。
初っ端、鎮守府の建物や間宮があっさりと再建されているのを見て薄く笑ってしまいました。これで提督の亡骸が発見されないというのがもう…。(ま、死んでないんだろうけど)
長門がようやく吹雪に提督の真意を伝えて、吹雪が俄然張り切るというのはお約束。ならばまずその事から伝えろよ。
無理を重ねる吹雪に不安を抱く睦月。そして遭遇戦で吹雪がほぼ轟沈という目に遭って(あれで轟沈しないのもスゴい)、睦月ちゃんの精神が決壊して着衣のまま風呂場の吹雪を抱く快挙。演出としては素晴らしい。
というか、この遭遇戦で睦月が轟沈する未来図を自分は描いていたので、その程度で済んで良かった。
姉妹が轟沈し、ルームメイトの片方は「ぽいぽい」言いながら特訓だけで改二になって大人び、もう片方は空回り気味に改になろうとして死にかけるという状況の睦月ちゃんが一番大変ですよ。このアニメの良心だわ。
で、後半は一航戦の二人からシゴかれた吹雪が、ようやく例の光(笑)に包まれて改になるという。吹雪6割、睦月4割の伏線回収話でした。
冒頭にも書いたように悪くはない話なんですが、先週の衝撃展開があまりにも…ね。いろいろ引きずってますわ。
第一、提督は相変わらず消息不明扱いなのにもはや誰も気にしてないというか、もういないものとして処理してるのがw。長門のクーデターに全員ノったように見えます。
その提督の残した指令書はちっとも指令になっておらず、AFがどこかすらクイズになってる状態。独断で動かず余所の鎮守府に連絡とったり連携したりしろよ。
そして、………今回最大の衝撃だったのが、吹雪が語った提督とのエピソード。思わず「えっ?」と口走ってしまいましたわw。
何故かウェディングドレス姿の吹雪、東京に酷似した街の夜景、このアニメに似つかわしくない、予想外の光景です。で、吹雪が語る内容を…一言で言えば…提督は吹雪と"ケッコンカッコカリ"したくて鎮守府に呼んだっつーことですよね…。
いやまあ、艦これの提督はほとんどそういう目で艦むすを見とるんでしょうけど、それをアニメに取り入れてどうすんのよ。生臭い話だわ。この話が鎮守府に流布しちゃうと、吹雪は嫉妬で疎外されかねんよ。
ゲームの要素をまんべんなく入れたいんでしょうけど、そういうとこに欲張るから各話ぶつ切りなんでしょうに。
決戦前の特訓成長回のはずなのに、どうも変な余韻が残った話でした。

今週の登場艦むすについて。
長門と陸奥はもう二人の世界だねえ。大淀は流してるんだろうか。
川内と那珂ちゃんは美味しい役どころではあったんだけど、吹雪を至近距離で仕留め損ねた深海棲艦がどうなったのかが分からんので、二人の活躍度が不明。那珂ちゃんが始末したみたいな演出は入れろよ。
夕立はパーティー発言があったくらいで、特に見せ場無し。残り2話にはある…と思う。
千歳と千代田、後ろ姿だけ出演w。せめてきちんと前向かせてほしい。
飛龍と蒼龍、少しずつ出番増える。逆に翔鶴と瑞鶴、出番無し。そりゃあもうミッドウェー一直線だよねえ。
大井と北上、今週も安定のレズタイム。この二人は残り2話も安定して出演するでしょう。
赤城さん、久々に飯と風呂以外の見せ場。吹雪を随伴艦に指名してましたが、これが轟沈フラグなのか轟沈回避フラグなのかハッキリとせず。どうせなら秋月を随伴艦にしてくれ。
加賀さんは吹雪の実力を試す特訓役として本領発揮。吹雪がケッコンカッコカリするノンケだった事に怒っているようにも見えましたがw。
ちなみに『エースをねらえ!』大好きな自分には、吹雪が岡ひろみ、赤城さんがお蝶夫人、加賀さんが加賀のお蘭、睦月ちゃんが愛川マキという風にしか見えてませんでした。つまり今日の脚本は基本オーソドックスだという事です。
こんな感じで全話通じてオーソドックスに仕上げてくれればねえ…。

来週は決戦の前編というとこでしょうね。誰かが危機に陥って、出崎風の劇画調止め絵で終わりそうな予感。
赤城さんは吹雪の主人公補正で沈まないかもしれんけど、問題は飛龍と蒼龍なんだよねえ。悪夢の5分間とか再現されてもなあ。
提督が死んでなかった場合、作戦指示に腐心し苦慮する指令室の長門達の前に姿を現す可能性アリ。
まあ、ここまで来てギャグ回ってことも無いだろうから(無いよね…)、とにかく無理にでも期待して見ます。
関連記事
スポンサーサイト
2015/03/12 Thu. 04:42 | trackback: 1 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1754-8032caf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

艦隊これくしょん -艦これ- 10話「頑張っていきましょー!」

評価 ★★ 東山奈央さん誕生日おめでとうございます!          

パンがなければイナゴを食べればいいじゃない | 2015/03/12 06:26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。