05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

結婚式は無駄金? 

結婚式には縁がありません。
自分はとうの昔に結婚願望を喪失してしまいましたがw、それとは別に"結婚式"というセレモニーにも関わらないようにしています。要は参加しない、呼ばれないのが一番。
…人生で唯一出席した結婚式は、小3の時の従兄弟の結婚式だけ。こちとら小3ですから格別何も考えておらず、料理もさして旨くないし、親類がたくさん集まってる雰囲気だけが楽しかったですかね。
余談ですが、その結婚式で今でも鮮明に覚えているのが………くす玉が割れなかったことでしてw。確か司会者がひもを引っ張ったら、ひもがプッツリ切れてしまったんですよねえ。その時は笑い話だったんですが、…それから十数年後、お二人は離婚されました(棒)。
以来、大人になってからは招待状は数回貰ったものの、全て"御"を消して"欠席"に丸して済ませてます。友達だろうと職場の同僚だろうとそこは徹底。
結婚する事はその人のプライベートであって、自分には関係無いというスタンス。「結婚したんだって? へ~良かったね」の一言で済む事です。
一度、職場の同僚同士が結婚する時に、いつもどおり招待状に"欠席"で返したら…職場でなんかスゴい問題視されてw、上司まで出てきて「なんで出席しないんだ!」みたいに言ってきて、…(こいつらバカじゃねーの?)と笑いたいのを必死に堪えてました。職場全員でガン首並べて参加する方がどうかしてるわ。
結局、自分以外の同僚が全員出席するというのを逆手に取って、「みんな仕事溜まってんでしょ。自分休日出勤してその分の仕事しますよ!」と啖呵切ったら、ぐぬぬ…となったようで、自分は一人だけ不参加で休日出勤というとこで落ち着きました。ああ馬鹿馬鹿しい横並び主義。
こちとら実の姉の結婚式にも出席してないのに、同僚の結婚式なんぞ出てたまるかっつーの。
(自分その時福岡在住だったんですが、一応出席の為に島へ向かったら…雨女の姉が台風にも招待状出したようで、海路全て欠航となり自分佐世保で足止めw。電話口で姉に「この雨女!台風呼ぶな!」と悪態ついて福岡に戻ったという一件。これで一生結婚式には参加しない決意が出来たんですがw)
そういう訳で、結婚式に対する偏見は人一倍強いですよ。

(ここから転載)

最近は結婚式をやらずに済ます人が増えているようだ。
結婚式をやらない理由について探ったところ、"挙式や披露宴をする資金がなかった" "費用が高そう"といった「経済的事情(23.1%)」がトップとなった。
次いで「さずかり婚なので(20.6%)」、「セレモニー的行為が嫌(15.5%)」というのが三大理由という結果となった。
過去4年の調査結果の推移をみても、この三つに順位変動は見られなかった。
他には、「家族の諸事情(9.8%)」や「再婚のため(8.2%)」といった理由も見受けられた。

(転載ここまで)


まあ、当然ですよね。今後確実にやらない人は増えるだろうと思います。いずれ…拮抗とまではいかなくても、数割はやらなくなるか、式だけとなるでしょう。
経済的事情というのは、裏を返せば…冠婚葬祭業者がいかにぼったくってきたかの証明です。しなくてもいいようなアホくさい演出をプラスして料金を水増ししていくんですから(賭けてもいいけど、結婚式のビデオなんて残しても誰も見ないよ)。
以前なら、親が子供の結婚式を見たいから金を出すケースも多かったでしょうが、今や親世代すら生きるのに汲々としている時代ですからね。その代わり一人っ子世帯も多いですから、今後も出す親は出すでしょうけど。

あとは出席者から現金を授受するシステムが、もう崩壊寸前ですよね。
そもそも昔はみんな貧乏だったから、晴れの式の足しにしてもらうため心ばかりの御祝儀を持参していた訳で。現代においてはもう意義は無いですし(披露宴やる人は、経済的にも余裕ある場合が多いでしょうしね)、その金が冠婚葬祭業者に吸い込まれるかと思うとやってられないでしょう。
北海道では主流だという会費制の方がよっぽどスマートですわ。

葬式の戒名についてもそうですが、冠婚葬祭にかかる金は今後どんどん削られていくだろうと思います。日本全体が上り坂の右肩上がりだった頃は、お金をかけるのもステイタスだったでしょうけど、そういう見栄が褒められる時代でもないし。
呼ばれて、御祝儀という名の現金を渡して、たいして旨くない料理とゴミにしかならない引き出物をゲットし、長いスピーチに飽き飽きしつつ、懇願されて出し物までやらされるという疲れる休日。そういうのはたぶん少なくなるでしょう。
芸能人同士の結婚すら、高さ数メートルのケーキとかは過去の遺物となってしまいました。一般的庶民の結婚もスケールダウンするのは必然。
あとは、…新婦の願望と親の気持ち次第でしょうね。新郎は十中八九やりたがらないもんだからw。
身内だけ、内輪だけ、親戚への顔見せ。結婚式はそういう方向にシフトしていくはずです。
関連記事
スポンサーサイト
2015/04/04 Sat. 08:32 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1766-c40eada2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)