06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

体感型映画館って、どうもイヤ 

座席が動き、水しぶきが飛んできて、風が吹く。
映画の中に入り込み、主人公になりきれること請け合いという体感型映画館が17日、静岡県沼津市大手町のシネマサンシャイン沼津にお目見えした。県内初。全国でも10カ所しかないという。

揺れ動く座席に思わずしがみつき、耳元に吹き付ける強風にうろたえ、顔を直撃する水しぶきにぎゅっと目をつぶる。さながら遊園地のアトラクション。雪が舞ったり、香りが漂ったり、泡が降り注いだりといった演出もできるという。

17日から「ワイルド・スピード SKY MISSION」がこのシステムを使い上映開始。18日からは「ドラゴンボールZ 復活の『F』」も加わる。
料金は通常料金に1000円を加えた額。身長100cm未満の人や妊娠中の人は利用できない。

(転載ここまで)


落ち着かねえええw。アホかと。
これ、字幕スーパーだと無理だよねえ。画面に集中出来なくなるし、あくまでアトラクション用に作った能天気な冒険譚じゃないとダメでしょ。
アメリカ人やインド人みたいに、映画見る時に大騒ぎする文化のあるとこはいいだろうけど、日本人には向いてないと思うなあ。

とりあえず、この設備を使って見てみたい映画を挙げてみましょうか。

【バックドラフト】
消防士モノの傑作。チリチリした熱風や、バックドラフト発生時の熱塊を再現出来ればスゴい臨場感になるでしょうね。夏は無理だわ。

【ツイスター】
竜巻一発勝負。お客の帽子やヅラが剥がされて乱舞する阿鼻叫喚の突風で、おそらく映画どこじゃなくなるかもw。お客自身が舞い上がってもいいかな。

【南極物語】【八甲田山】
館内をキンキンに冷やす映画。要防寒着。南極物語はそこに水しぶき、八甲田山は容赦ない強風が加わります。
お客が次々と倒れていき、館内で起こったことは他言無用…と、箝口令が敷かれます。

【アルマゲドン】
隕石が都合良く大都市にだけ落ちる爆笑映画。世界中全て昼間だしな。
まるで遊園地のアトラクション用に作ったとしか思えない中身の無い映画なんで、こういうのにはピッタリでしょう。

【エイリアン2】
映画の場面に合わせて、天井や床下のダクトから物音や振動がするようにすれば失禁モノでしょう。

【ワイルドバンチ】【明日に向かって撃て】【俺達に明日は無い】
要はガンマン物、銃撃戦物ね。蜂の巣状態になってしまうところで、お客の身体に銀玉とかペイント弾が集中して飛んでくるので、痛いことこの上ない。

【男たちの挽歌】【マトリックス】
こちらは銃撃戦でも、常にヒュンヒュン耳元をかすめるくらいで。その代わり量はとんでもなく多いですが。

【ロッキー】
パンチングボールみたいなのにお客がボコボコに殴られます。お客が殴り返すのも可です。
ラストシーンで、お客がみんなで「エイドリア~ン!」と叫ぶこと請け合い。

【カリギュラ】【エマニエル夫人】【白蛇抄】
18才未満の御入場はお断りさせて頂きます。

【グーニーズ】【インディ・ジョーンズ三部作】
理想的な内容でしょうね。

【ブルース・ブラザース】
ライブシーンでの臨場感と、カーチェイスでの風を込みで見てみたいですね。

【七人の侍】
強風、火事、刀、火縄銃、そしてクライマックスでの豪雨。
実に体感システム向きの作品じゃないですかね。3時間半という長丁場なんで、お客の疲労度はハンパないでしょうけど。


なんて作品名を挙げてみたものの、やっぱ映画は落ち着いて見たいですよね。
髪はボサボサ、化粧は剥げる、服はずぶ濡れで疲労しきったお客が死んだ目で場内から出てくるのは、日本人向きではないですよ。
このシステムで、あえて静かな映画を見るのも乙なものかもしれませんがねw。
ま、自分はパスです。
関連記事
スポンサーサイト
2015/04/20 Mon. 11:58 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1777-9106ee73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。