09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

中学校の部活は、経験の場所 

4月も下旬に入り、中学校や高校では、いよいよ新入生が見学や体験を経て正式に部活動に加入する時期になった。事前に希望調査用紙に、どの部活動に入りたいかを記入した生徒も多いことだろう。
ところでその用紙に、「部活動には入らない」という選択肢はあっただろうか。そして学校側は、ちゃんとその選択肢を設けていただろうか。
部活動は長年にわたって学校教育に根づいてきたため、参加して当たり前の空気がある。だが実は部活動というのは、正規の教育活動には含まれていない。

長らく日本の部活動の理念は、「子どもの自主性」に置かれてきた(中澤篤史『運動部活動の戦後と現在』青弓社)。
なるほど、文部科学省が定める中学校の学習指導要領には、部活動は「生徒の自主的、自発的な参加により行われる」(中学校学習指導要領、第1章総則)と記されている。
つまり、どの部活動に所属するかはもちろんのこと、そもそも部活動をするかどうか自体も生徒が自分で決めればよい。
「部活動には入らない」という選択肢も当然、生徒が自主的にそう決めることができる。

ところが、現実はそうなっていない。
正規の教育活動ではない部活動、つまり生徒の自主的な参加によるはずの部活動が、実際には生徒全員の強制加入となっている場合が多い。
調査時期はやや古いものの2008年の時点では、部活動の参加を生徒に義務付けている学校が、岩手県の場合99.1%を占めている。
岩手県ほどではないにしても、静岡県では54.1%、香川県では50.0%で半数を超えている。
東京都では義務付け8.9%とかなり少ないものの、逆にここで問題なのは自主的なものが強制されている点であるから、8.9%とはいえそうした学校があること自体に疑問符がつく。
なお、1996年の文部省による全国調査では、中学校では54.6%が全員加入をとっている。また、近年の調査においても、島根県では2011年度時点で中学校の45.0%
が全員加入(高校は7%)、山口県では2013年度時点で中学校の27.7%が全員加入である。

複数の調査結果からは、地域によって差はあるものの、全国的に中学校の部活動では、生徒は全員加入の歴史がずっとつづいてきたということがいえる。
すでにお気づきの人もいるかもしれない。じつはこのことは、教員側の「全員顧問」の問題につながっている。
2015年に入ってから、教員に部活動顧問の仕事が強制される点について、それを問題視する声があがっている。
その主張のエッセンスというのは、生徒における全員加入の問題とまったく同じである。すなわち部活動というのは、正規の教育活動ではないにもかかわらず、なぜその顧問を強制的に担当させられるのかということである。
そのせいで、平日の時間外さらには土日にも部活動を指導しなければならない。過重な業務だ。
それによって、授業の準備が手薄になることを嘆くものである。

(転載ここまで)


自分の中学時代も、部活は強制参加でした。まあ、80年代で、しかも長崎の田舎ですから当然のことですけどw。(ああ、男子は全生徒強制的に坊主ね。三枚刈りまで可。そんな時代ですよ)
強制参加には是非あるでしょうけど、大人の事情で言えば…中学生を放課後ほっとくと何をするか分からんという面はあるでしょうから、教師の目の届くところに拘束する意味合いだったと推測。
その事自体は悪いことだとは思いませんが、ならばもっと選択肢を増やすべきだろ…とは今でも思いますね。全て運動部ってのは、あまりにも芸が無い。

自分は卓球部に入ったんですけど、それは単純に卓球が好きだったのと、キツそうな部活(野球、サッカー、陸上、バスケ、バレーなど)を避けた消去法選択でした。
卓球部は暗いとか思われがちですが、実は結構外を走らされます。瞬発系の動きをしながら、それを3セットマッチとかやり続けなければいけないスポーツなので、持久力が卓球には必須なのです。
自分、小学生の頃は短距離走はそこそこで持久走が苦手だったんですが、卓球部で散々走り込みスタミナを培った結果、持久走がグングン速くなり、逆に短距離走が遅くなっていきました。体質の転換ですね。
その後、高校時代の8km全力チャリ通などもあって、完全な持久系として人生を歩んでます。おっさんなんでもう走るのは勘弁ですがw、ウォーキングなら10kmでも20kmでもしっかり歩きますよ。
そういう体質になったきっかけが卓球部でした。

卓球のタイプは、守備に快感を見出す変態タイプw。
とにかく拾う、どんなスマッシュだろうと卓球台から遠く離れれば必ず返せる、返すことで相手のミスを誘う。これが大好きでした。
だもんで、自分の卓球は恐ろしく我流で、卓球台から遠目のポジションで相手の出方を待つというアホなスタイル。まあ、正統派の強い人には絶対勝てないですね。拾うだけで攻めが下手だったしw。
それでも、中1の頃は案外勝てていたんですよ。顧問の先生にもそれなりに褒めてもらったし。チャンスはあったんです。
分水嶺となったのは、中体連で好成績を狙いたい顧問が、人数的に大所帯のままだと散漫になるという事で、中体連特化練習組を選抜する為に行ったリーグ戦ですね。
上級生も含めてのリーグ戦で、全10戦で6勝4敗以上なら特化練習組入りするということだったんですが、ここで自分は…5勝5敗止まりだったんです。1年生では2番目の成績だったんですが、あと一つ勝てなかったことで、自分の卓球部生活のその後は決まりました。

その後は、特化組が町の体育館でガンガンに練習するのとは別に、その他大勢は中学校の体育館の狭いスペースで適当に暢気な試合を楽しんでました。顧問もいないし。
中体連後も…なんか適当にやるという感じが抜けず、大会メンバーになる気も特に無く、自分の技術は完全停滞、雑談ばっかしてました。
転勤によって顧問も毎年変わり、部として一貫した育成など全く行われず、中1の頃は県内でもなかなかのレベルだった卓球部は、2年後には地区予選で早々に敗退するような無惨なものになっていました。(これについては、あの中体連特化組優遇が尾を引いたと思います)
自分は選手になることも無く、部活引退までとりあえず部活やってますというだけの時間でした。

ということで、中学時代の卓球部にはあまり良い思い出が無いのです。…体質改善してもらったのは感謝すべきかw。
高校行ったらコンピューター部に入る!…という決心でしたから、卓球そのものにも愛着は無かったですけどね。
運動することで身体を作るという意味合いでは大事なんでしょうけど、文化部的な部活があったらそっちに入っていただろうなあ。高校の部活と違って、自由度は低いだろうけど。
まあでも、中学校の部活はある程度強制的にやらせた方がいいと思いますよ。義務教育だし。顧問の先生の負担も考慮して、土日は部活禁止で。
部活で得る経験や教訓は、それなりに貴重なものですよ。
関連記事
スポンサーサイト
2015/04/25 Sat. 05:34 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1782-881614db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。