07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

クラシックのコンサートで物を投げる馬鹿 

国内を代表するプロオーケストラの一つである「日本フィルハーモニー交響楽団」より、コンサートに際しての注意事項がツイートされた。

公式アカウントによると、先日行われたコンサートにおいて終演時のカーテンコールの際に、客席から花束が投げ込まれて演奏者の手にあたり、弓が地面に落ちてしまったという。
そのような行為はプレイヤーおよび楽器を傷つけることにつながるので、今後は花束でなく拍手と歓声で応援してほしいとのこと。

実際に見ていた人によると、無防備な背後から投げられてとても危険だったようだ。
楽器本体や弦楽器の弓は非常に高価であり、一本数百万円以上、ものによっては一千万以上の値段の場合もある。
そもそも演奏会では贈り物は投げるものではなく、ホワイエ(※休憩室もしくはエントランスから続くホールまでの広い空間)に預けるものだそうだ。

フィギュアスケートの試合後によく見られる、リンクにプレゼントが投げられる光景だが、それとコンサートを同様に考えてはこのような危険な結果になってしまう。
公式アカウントのお願い通り、プレイヤーに投げるのは心をこめた喝采だけにしておこう。

(転載ここまで)


子供の頃から、しかるべき場所では行儀良く静かにするという事を躾られなかった世代が増殖したんですかねえ。
とにかく、これやったのは…いわゆる"ニワカ"ってヤツでしょ。普段からクラシックに接している方は、こういう行為は世界中どこでもやってない非道な振る舞いだと知ってますから。
お客が物を投げ込む文化がある業界からの迷惑な移民なんでしょうが…。

真っ先に思いつくのは、ひと頃のプロレスの紙テープですけど、現在はそうでもないですからね。メジャー団体は基本やらないし。
相撲の座布団は、90年代までは投げる価値のある番狂わせにのみ投げられてたんですけど、近年はとにかく投げるみたいな質の低下が嘆かわしいですね。
あとは………今回一番怪しいのがフィギュアスケートの馬鹿ファンですねえ。自分は羽生結弦に対して冷めた目でしか見てないせいもあって、演技終了後に飛んでくる花や人形が悪質にしか思えません。昔は投げ込まれる量が少なかったから気にはならなかったんですが、最近は"おひねり"と勘違いしてる馬鹿ファンが増殖してるようで…。
決めつけるのはなんですが、今回オーケストラの楽団に向けて花束を投げるという暴挙をやらかしたボンクラは、フィギュアスケートの悪い風潮に影響されたか、もろにフィギュアスケート馬鹿ファンだったかだと思います。

映画『ブルース・ブラザーズ』のカントリー系飲み屋でステージに金網が張ってあって、お客が喜ぶとビール瓶を投げ込んでくる描写がありますが(ブーイングでも投げてくるw)、投げられる事がお約束になってる業界はそれに対する準備をしているものです。
今回は大事に至らなかったようですが、投げた花束が当たって…ストラディドバリウス(だっけ?)とか、高級車や一軒家並みの価値の楽器に直撃したら…投げた馬鹿は確実に損害請求されるって分かってないんかね。馬鹿には一切同情しないけど、楽器の奏者と制作者が可哀相だろ。
これからは、心あるファンが馬鹿を取り押さえて警備員に引き渡すようになっていくのかなあ。クラシックのコンサートで、そんな殺伐とした事態になるのは御免ですけど。
関連記事
スポンサーサイト
2015/05/04 Mon. 10:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1790-d6b4bd15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。