10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

野球は授業には向かないスポーツ 

野球は好きです。やるのも見るのも楽しい。
しかし、好きな人間から言わせてもらうと、確実に衰退していくスポーツなのは間違いありません。
あまりにも特殊なスポーツだからです。

(ここから転載)

子どもの野球離れを食い止めようと、プロ野球12球団と日本野球機構が初めて、小学校の先生を対象とした指導用の教材を作って、全国の小学校に無料で配布することになりました。

野球を巡っては、民間のシンクタンクのおととしの調査で、小学校高学年の子どもが1年間によく行ったスポーツで、
サッカーが40%に上ったのに対し、野球は14%にとどまるなど、子どもの野球離れが進んでいると指摘されています。

また、小学校の体育では、4年前から「ベースボール型」の授業が3年生以上で必修となっていますが、教師の3分の2は女性で野球の経験や知識がない人が多く、授業で十分に教えられない人もいるということです。

こうした現状を受け、プロ野球12球団と日本野球機構は、授業を通じて子どもたちに野球の楽しさを教えてもらうため、小学校の先生向けの指導用の教材を初めて作成しました。

教材はDVDと冊子で構成され、正しいボールの投げ方や打ち方、それに子どもにも簡単にできるようルールを簡略化したゲームなどが紹介されていて、野球を知らない先生が指導の参考にできるようになっています。

日本野球機構は、この教材を今月中旬から全国2万余りのすべての小学校に無料で送る予定です。
プロ野球の熊崎勝彦コミッショナーは「2020年のオリンピックでの復活に向けて、野球を発展させる意味でもこの教材は有効だ」と話しています。

(転載ここまで)


正直な話、野球やソフトボールは体育の授業には向いてません。
自分も小学中学の時に授業内でやった事はありますが、必ず中途半端に終わります。時間制スポーツじゃないから、皆がほぐれてきて盛り上がった場面で終業のベルが流れて「はい!終わり!」。フラストレーション残したまま、道具を片付ける事になります。
手慣れた男性教師ならともかく、不慣れな女性教師では止めるのも一苦労になる予感がしますね。

それよりも問題なのは、野球は特殊技能スポーツなんですよね。
よくキャッチボールが基本みたいに言われますが、裏を返せばキャッチボールが出来るようになるだけでも時間がかかるんですよ。
まずはボールを思ったところに投げる。しかも相手が取りやすいのをね(全力で投げたら悲惨だしw)。もちろんグローブという日常まず使わない特殊用具も、上手くさばけるようにならなきゃいけない。
本格的にやろうとするなら、クラスの人数分のグローブを準備して(右用と左用問題もあるけどね…)、対になってのキャッチボールを時間をかけて行うべきなんです。身体に覚えてもらうってヤツですね。
それはバットについても同じで、飛んでくるボールを打ち返すという日常やらない動作感覚を身につけなきゃいけない。
そもそも、昔から野球は個人差が激しいスポーツで、仲間内で野球をやっても「お前はライトで8番な」と言われるような子が必ずいました。投球、捕球、打撃などの感覚を備えていないのは別に罪な事じゃありませんが、野球をやるにおいては"お荷物"扱いです。
子供が野球に接する機会の多かった昔ですらそうなのに、野球が好事家のモノでしかなくなった現在では、授業としてはツマランものになるでしょう。しかもルールが膨大なんで審判が不可欠だし。
こういうとこは、ボールだけで楽しく出来るサッカーの敵ではないのです。

そんな野球を、子供に"楽しいもの"だと思わせる材料もありませんしね。
野球中継は『番組録画にとって邪魔極まりないモノ』としての認識が定着して、地上波から追放。たまに放送があっても、もう視聴率は稼げない三流コンテンツ。
自分らおっさんを夢中にさせた野球漫画も、NPB自らが「実在選手を出すな、出すなら金を払え、荒唐無稽な事をさせるな」という欲どおしい要求を突きつけて、今や実在選手を出す野球漫画は…『ドカベン・ドリームトーナメント編』くらいで、しかも実在選手はほぼ活躍してないというw。
まあ、子供が野球に接する機会はことごとく奪われてますわな。

以前、アフリカの子供に野球を普及させようと用具持参で教えに行ったら、子供達は実につまらなそうで、終いにはボールでサッカーを始めたwという話を読んだことがあります。
野球は、特殊な感覚をもって特殊用具を駆使する特殊スポーツなんで、それを楽しめる素地を入念に作らないといけないんですよ。
それを踏まえて、…やはり野球は衰退するとしか言いようがないですね。子供は野球にはもう二度と興味を示さない。野球帽を被った子供ももういない。興味を示す機会を奪ったのは、他でもないNPBの無策愚策なんですけど。
そして、なんとなく巨人ファンという軽薄層が消滅していき、巨人ブランドが崩壊していく。スパイラルですなあ。
関連記事
スポンサーサイト
2015/05/08 Fri. 12:20 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1794-07690c12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。