09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

自主規制前のハイスペックラッシュに閉口 

自分がパチンコの事を書くときに、よく「ハイスペック」だの「ライトミドル」だの書いてます。
今日はそこにテーマが絡むもんで、まず整理しておこうと思います。

現在、パチンコの確率分母の"法律上"の上限は500分の1です。
10年くらい前までは、この500分の1辺りの機種が普通に出ていました。500分の1で確変継続率が50%なんていう…今の感覚では恐ろしすぎて打てないモノもありましたし。
今や伝説の名機で、京楽が躍進するきっかけとなった『CRぱちんこウルトラセブン』は、確か483分の1、確変率82%だったと思います。実に面白かった。今思えば恐い確率ですが、意外と今のパチンコよりは大ハマりしなかった印象があります。
しかし、この台や『大ヤマト2』『初代エヴァ』などに連日ドハマりして人生玉砕するような人も増えて、社会問題の一つとして扱われるようになります。この頃はこのパチンコ中毒問題と、駐車場に自分の子供を放置して死なす馬鹿な客のせいで、ホールが一気に責められ出した時期ですね。(正直、この二つの問題は客層的に被っている気がします)
子供の車内放置は、ホールのスタッフさんの巡回で防いでもらうとして、問題は中毒性、射幸心の方。これを薄める為に、業界の組合で"当たりやすくして出玉性能を下げる"という自主規制が敷かれ、その基準をクリアしない台は発売出来なくなります。
それが、確率分母の上限を400分の1とする…という自主規制ラインです。他にも細かい決め事はあるんですが、今回はこの確率分母に絞ります。
これよって、確率分母ごとにスペックの呼び方が出来ます。

【主に、350分の1~399分の1の機種】
これが「ハイスペック」とか「マックス」とか呼ばれるスペック。大量出玉か大ハマりか、勇気か自爆か。
現行では、牙狼、北斗の拳、花の慶次、エヴァ9、ルパン三世などが凌ぎを削る、ホールのメインスペック。

【主に、250分の1~350分の1の機種】
「ミドル」と呼ばれるスペック。線引きは曖昧で、349分の1の機種なんか感覚的に「ミドル」と呼びたくないw。エヴァ6とかやたら重かったし。出る時は結構出ます。
冬ソナ、戦国乙女、海のミドル、真花月、地獄少女などがこのスペック。近年はここより上と下のスペックが花盛りで、ちょっと元気が無いスペックですね。

【主に、120分の1~250分の1の機種】
「ライトミドル」と呼ばれるスペックですけど、性能特徴も相まって一口では片づけにくい機種ばっかり。近年は手軽さと出玉感の両立という事で栄えている。
涼宮ハルヒ、AKB、コードギアス、緋弾のアリアなど、萌え系版権が多い。ハイスペックで失敗したガンダムが、続編をここで出してまた失敗w。

【主に、100分の1前後の機種】
「甘デジ」と呼ばれるスペック。「羽根デジ」「デジハネ」という言い方もあるけど、羽根物が衰退したので意味が無くなった。
ドル箱1箱出れば御の字みたいな…手軽に遊べるスペックなんですけど、近年はトガった性能のものが多くて波荒ばっかり。

ここ10年くらいはこういうスペック分けでした。「ミドル」の衰退と「ライトミドル」の躍進が印象的ですか。
しかし、実はホールの面積の大半を占めているのは「ハイスペック」なんですよ。これが非常に悩ましい事でして。
ここ数年、ホールを席巻するヒット台である牙狼、北斗、ルパン。この吸引力のある台にあやかる為に、各メーカーの新台の目玉がことごとく「ハイスペック」になってます。リング、ひぐらし、猪木、哲也などなど。さらに「ミドル」だったエヴァが、海が、明菜が、次々と「ハイスペック」へと鞍替え。
魅力のある台が「ハイスペック」ばっかりという状況では、気軽にパチンコを楽しむという気分にはなりません。どうしても殺伐とした鉄火場になります。パチンコ人口の減少の一つの要因でもあります。
そこで、業界の組合で話し合いが持たれ、結果…10年ぶりの大ナタが振るわれる事になりました。
この秋(10月)以降に発売される新台から、確率分母の自主規制ラインの上限が…"320分の1"となったのです。「ハイスペック」「マックス」の消滅。

自分みたいにパチンコ慣れした人間でも、「ハイスペック」を打つ時はそれなりに覚悟を決めて打ってる状態ですから、ライト層に気軽に遊んでもらう意味でもこの決定は英断だと思います。
しかし、牙狼や北斗は320分の1で大丈夫かよ?と考えてしまうのもまた事実です。あの感覚を保てるのか。
まあ、そこはメーカーの腕の見せ所だと思うんですが、差し迫った問題として、この夏に登場する新台が…困ったことに…ことごとく「ハイスペック」なんですよ…。"駆け込み発売"というヤツです。

最近…春以降登場したのが、デビルマン(385)、カイジ3(394)、ゴウライガン(399.6)、めぞん一刻(390、ミドルも有り)、ウルトラマン馬鹿邪魔レバー付き(399.6)、トランスフォーマー(399.6)、ヤッターマン(399.6、ミドル有り)、キャッツアイ(399.6)、キカイダー(394)、三国志2(399.6)、モンキーパンチ(399.6)、絶狼(399.6)、ワシズ(390)、ヤマト(399.6)…とか。
こんなにかち合ったら、ハイスペックでつぶし合いですよ。上記で、自分が実際に打ったのは…デビルマンとめぞん一刻だけですわ。
そして、………これから夏にかけて出て来るラインナップが凄いんですよ…。
キャプテン翼(399.6)、大工の源さん、神獣王2、機動戦艦ナデシコ2(ミドルも有り)、あしたのジョー(今回はサミーから)、ルパン三世新作、リング3改(V確機になった)、キングオブファイターズ、大海物語ブラック(ライトミドルも有り)、ミリオンゴッドライジング…。
さらに"噂"されているハイスペック駆け込み勢が、牙狼新作、北斗新作、エヴァ新作、魁!男塾(今回は大一から)、仮面ライダー新作(平成が登場らしい)あたり。マクロスフロンティア2、風魔の小次郎はまだスペック不明。

いや、各社売りたいのは分かる。分かるんだけど…こちとら身体は一つで、財布は決して無尽蔵ではないのよね。
キャプテン翼なんか、せっかくの初パチンコ版権なんだからミドルあたりでじっくり育ててごらんよ。今回は中学生編らしいから、次回以降も作る気マンマンなんでしょうに。
自分の現在のメインは『地獄少女・弐』(289)、『フィーバーパワフル』(甘)、『めぞん一刻』の甘デジ。ハイスペックにはそれほど投入出来んのですよ。
…近々出る、リリカルなのは、ストライクウィッチーズがスロットで本当に助かったw。これがパチンコハイスペックで出されてたら打たざるを得ないからなあ。
「ハイスペック」消滅前の狂想曲。これは本当に困る。せっかく自主規制しても意味が無い。
『地獄少女』や『ダンバイン』みたいに、「ミドル」で客を掴む努力をして、一つ先のパチンコを考えてほしいですね。
関連記事
スポンサーサイト
2015/06/29 Mon. 05:20 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1834-55d4a3a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。