07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

"聖地"にロクな所無し 

"聖地"という表現が嫌いでして。
宗教で言う聖地には特に文句は無いんですけど、"○○の聖地"とかいう気持ち悪い表現の事です。この表現を使っていて、マトモなニュースを見た事が無い。
"萌えの聖地"秋葉原みたいな、一種の揶揄みたいなロクでもない意味を含んだものになるか、自ら名乗る場合は変な特権意識が内包されることもありますしね。東京のゲームプレイヤーが、"バーチャの聖地"とか"AnAnの聖地"を名乗ったりしてたヤツですよ。
これが"本家"とか"元祖"だと、そう気にならないんですけどね。焼そばや餃子の都市間での本家争いとか全く興味は無いですけど、お互いが滅びるまでやってりゃいいじゃんと思います。
まあ、"聖地"ってヤツは…胡散臭いんです。

(ここから転載)

ことし5月、全国の都道府県で最後にスターバックスが出店して話題となった鳥取県に、新たにオーストラリアのコーヒーチェーンが進出することになり、会社の代表が平井知事を訪れ、「鳥取から全国展開を目指したい」と抱負を語りました。

新たに進出することになったのはオーストラリアやニュージーランドにおよそ80店舗を展開するコーヒーチェーン「マズバズ」です。

21日は、日本法人の原拓也代表取締役などが平井知事を訪ねことし9月にも、日本で2号店となる店舗を、鳥取砂丘近くに出店することを報告しました。
これに対して平井知事は、「マズバズ」の店名にかけて、
「マズは、すなばで、コーヒーを楽しんでもらいたい」
と、得意のだじゃれでエールを送りました。

県内にはことし5月、全国の都道府県で最後にスターバックスがオープンして大きな話題になっていて、相次ぐ世界的コーヒーチェーンの進出に平井知事は、
「有名店が進出したいと思うほど鳥取がコーヒーの聖地になったと手応えを感じている」
と話していました。

原代表は、
「スターバックスは全国で最後に進出したが、私たちは、コーヒーの味をよく知っている鳥取から全国展開を目指したい」
と話していました。

(転載ここまで)


"コーヒーの聖地"…鳥取が…へえ。
まあ、リップサービスだとは分かってますけど、…コーヒーを飲むという行為に聖地が存在するのかね? じゃあ、"お茶の聖地"や"ココアの聖地"や"アパッチの聖地"も存在すんの?
コーヒーチェーン店はおろか、いまだにコンビニのレジコーヒーすら飲んだことの無い自分には、飲み物の生産地ではなく消費地、しかもただの小売りチェーン店の存在に"聖地"があるという思想は…ついていけません。
都道府県知事様の御発言ですから、有難く拝聴してりゃあいいんでしょうけど、「…アホな発言」というのが率直な感想です。

結局、"聖地"という表現が胡散臭いんですよね。宗教以外でこれを使うと全てがアホに見える。
かの名作映画『蒲田行進曲』の主題歌歌詞や、松竹の映画『キネマの天地』に代表される"天地"という表現は素晴らしいと思うんですよ。それが盛んな、夢のような場所だと感覚的に伝わってきますしね。
知事の発言が「鳥取がコーヒーの天地になったと…」であれば、意味的にも綺麗な表現だったんですが、"聖地"では完全なツッコミ待ちにしかならないです。「なんで鳥取が聖地やねん!」
まあ…場末のコーヒー屋が2件出来ただけで"天地"というのもアレですけどw、臆面も無く"聖地"と名乗るよりはいいでしょう。

ともかく、宗教以外での"聖地"という表現はやめといた方がいいわ。使ってる人がアホに見える。
関連記事
スポンサーサイト
2015/07/22 Wed. 06:31 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1858-e02ed785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。