09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

閉店セールくらいやらせとけ 

半年ほど寝かせた話題ですが、なんか…やな話だと思いまして。
「野暮」とか「無粋」とか、この大学生達にはそういう言葉がよくお似合いだと思うんですよ。
さぞ純粋培養で育ったんだろうねえ。毛も生えてないに違いない。

(ここから転載)

「この店いつも閉店セール中だけど、どうなっているの?」。
こうした疑問から、東京都内の小売店を調査した立教大法学部の学生6人が2月13日、
「閉店セールをいつまでも続けている店が多く、今買わないと損だと思わせるのは景品表示法違反の有利誤認に当たる」
として、消費者庁に対応を要望した。

調査した9店舗中5店舗が「閉店セール」を掲げたまま長期間、営業を続けていた。
消費者庁は「法律に違反する可能性がある。具体的問題があれば調査したい」と回答した。

6人は消費者法を学ぶゼミに所属。
昨年7~12月に、上野や秋葉原などで9店について閉店セール期間や商品の割引率などを調べた。

(転載ここまで)


消費者庁のお返事は真面目に答えているように見えて、(世間知らずの大学生には付き合ってらんねーよ)というのが見え隠れしてますねw。「具体的問題があれば調査したい」という辺りに。
まず、どんなお店でも24時間営業じゃない限り『閉店』は毎日する訳で、有利誤認をしちゃいけないのは消費者側の対応の範疇でしょ。
「それは屁理屈だ!」と言うかもしれませんが、少なくとも購入する時に「この店、廃業しちゃうんですか?」とか言質をとってもいないのに、勝手に誤認して怒るのは"未熟"というもんです。
また、『完全閉店セール』とまで銘打っていても、本当に廃業するのかは店の都合ですからね。一旦閉めて、店内改装して新規開店(リニューアルオープン)するパターンだってある訳で、それを大学生の青臭い正義感でつべこべ言うんじゃねーよ…と心底思いますね。

こういう『閉店セール』は昔からTVや漫才のネタとかにされて、「まあ、そういうもんだよねw」と皆思ってるというのがデフォでしょ。
こんなもんで消費者庁が出張ってたら、日本中の小売店が迷惑するわ。ただでさえ小売店受難の時代に。
まあ、本当に廃業完全閉店する場合は、直前まで黙ってるケースの方が多いしね。特にゲーセンやパチンコ屋は絶対に直前まで漏らさない。それが当然で、文句言うのはお子ちゃま。
24時間営業のコンビニの場合、「いつも客の少ないコンビニだな」→「なんか、棚に隙間が多いな」→「あ、閉店のお知らせが…」というコンボが発動しますし、大人になるとそういうのは察知出来るもんです。
『完全閉店セール』をやれるほど余裕ある撤退が出来る小売店は、実は多くないんですよ。

世間知らずの大学生だからこそ、こんな馬鹿なチクリをやっていい気になってるという図式です。
法学部だそうなんで、小売店で働くような事は永遠に無いかもしれませんが、早く大人になってほしいですね。
関連記事
スポンサーサイト
2015/07/27 Mon. 10:35 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1863-736799ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。