09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

漫画読みの戯れ言(2015.08.10) 

残業で朝6時過ぎに帰宅してきたので、手短に。
………そんな状況なのに、コンビニで入荷ホヤホヤのスピリッツとヤンマガを立ち読みしてきたんだけどw、いろいろ思うところあったので。
ちなみに、漫画のタイトルが書かれてないのは、眠くて思い出すのが億劫だからです(酷い)。

ヤンマガの『砂の栄冠』が最終回。
実に面白い高校野球漫画だったんだけど、終わらせ方としては意外だけど奇をてらわず王道で締めた感じ。決勝戦を描写しないのはあだち充的なんだけど、同じ最終回を同じようにあだち充が描いたら…全く違う印象になる気がするw。
まあ、野球漫画の三田紀房は結構センチだから、この最終回でいいと思うよ。ガーソの野望は潰えたかw。

しかし、これでヤンマガの野球漫画は…しげの秀一が突然描きだした女の子の野球漫画だけというw。イカンな。
しげの秀一の意欲は買うんだけど、読んでると…しげの秀一は野球の動きを描けてないんだよね。静止写真の連続。まあ…長い間…バイクや自動車の動きばかり突き詰めてきた人だから仕方ない。
今更しげの秀一が、野球漫画的な構図と動きをマスター出来るとは思わんけど(結局、しょっちゅう見たりやったりしてる人しか無理だよね)、「あの、しげの秀一が何故か野球漫画を描いている」という事実だけで読んでしまっているから、それだけでも成功なのかしら。

スピリッツに片山ユキヲ帰還。
朗読漫画『花もて語れ』を無事完結させ、しばらく充電していた片山ユキヲが最新号から復帰。どうも女の子が風呂巡りをする話…らしい。
すごく好きな絵柄なのに、『花もて語れ』は…朗読という世界観にどうしてもついていけず距離を置いていたので、今回はしっかりついていきたいと思う所存。
ちなみに自分メテオは、教科書を読ませると「ニュース読みのアナウンサーみたい」と小中高一貫して言われ続けた男です。聞き取り易いけど無感情、まさに自分であります。

作画・北崎拓と原作・あかほり悟の異色コラボの幕末絵師漫画は今週載ってなかった。それなりに楽しみにしてるので残念。
90年代から00年代初頭までブイブイ言わせた原作者であるあかほりさとる。それが…その後のメディアミックス界の流れに取り残され、ここ10年ほとんど名前を見かけない状況にまでなったのは、この人が案外骨太のちゃんとした脚本家で、「どうしても"萌え"というのが分からない!」と悩んでしまうタイプだったからではないかと思います。
そのあかほりさとるが、近年少しずつ復権を期して動いていますが、このスピリッツでの仕事もその一環でしょう。
江戸末期にタイムスリップし、絵師に"桜田門外の変"を描かせようとする女と、その女に執着しながら絵を描く絵師。…やっぱ、あかほりさとるは軽い話は書けないんだねえ。
果たして、この手の重みのある作品が現在どこまでウケるか。ちょっと楽しみなんですよ。

『じみへん』の最終回、漫画家達の寄稿が面白かったw。
…頼むから松田奈緒子(『重版出来』の人)は空気読んでくれ。アンタだけ違うじゃん。

『夕空のクライフイズム』が面白い件については、またいずれ。

『気まぐれコンセプト』の絵柄が変わった件については、長期連載で致し方ないとはいえ、非常に残念。
新しい絵柄に、いまだになじめない。

そんなとこだあ。寝ます。
関連記事
スポンサーサイト
2015/08/10 Mon. 07:19 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1877-750fe929
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。