10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

今月号の『げんしけん二代目』 

明日から9月だと。
夏の余韻もあまり無いまま、3ヶ月もすれば雪が降ってくんのかよ、やってらんねーな。
とりあえず、この夜中に………宿題に血眼にならなくてもいいのは大人の特権というものかw。
人生自体が宿題みたいなもんだけどさ。

『げんしけん二代目』は、斑目ハーレムに決着つかないまま朽木の卒業旅行とやらで日光に繰り出してしまって、冗長な展開だなあ…と思っていたんですが、最新号で…笹妹こと笹原恵子がやってくれました。
現視研の一員を名乗ってはいるものの、本来オタクとは縁の無いキャバ嬢である恵子が、この斑目ハーレムに入ってちょっかいを出し続けている理由は…"男のくせに女装して"人間関係の中核にいる波戸へのイラつきが第一でしょう。実際、波戸は現実の女からしたら嫌味な存在でしかない。
斑目に対しては、だいぶ耐性がついたこともあるでしょうが、「咲ねーさんの事が好きなヘタレで、正式にフラれた」斑目を庇護する感覚があると思うんですね。つまり下に見ている。もちろん、年上とはいえ現在無職のヘタレを持ち上げることも無い訳ですが。
最新号で、恵子は斑目に「私しかいないだろ!」と言い放つ。アンジェラ、スー、波戸への批評も的確で、一般的な視点でいえば実に正しい。無職の斑目に対して「キャバの稼ぎで食わしてやんよ!」というのは男前であり、そういう自分が好きなんだろうなと思いました。
ところが………斑目が即答出来ない。とりあえず先延ばししようとする。どう考えても自分が選ばれる図しか有り得ないと思っていた恵子が、ここでキレた。
いきなり波戸のとこにやってきた恵子が、なんと「矢島がお前のこと好きだぞ」とバラしてしまう。矢島本人と吉武しか知らない秘密が、実に意外な形で波戸本人に伝わる…。
まあ、キレた恵子の暴走による破壊活動なんだけど、結局恵子は部外者であって、オタクサークルの煮詰まった関係を躊躇無く破壊出来る役回りなんだよね。そのために斑目ハーレムにいたんだから。
連載の中で何年も温められてきた、矢島の波戸に対する気持ちというのも、リアルではあるけど成就しづらいタイプのものであるから、こういう破壊者がいないと動き出さない。
まあ…何の落ち度も無い矢島は完全に巻き添えを喰った形で、お気の毒としか言い様が無いんだけどねw。
これで斑目ハーレムが崩壊するとしたら、話の焦点が波戸と矢島の関係に移ってくるでしょう。それはそれで面白いはず。波戸の反応次第だけど。
荻上が精神的に完全に解脱した今、この惨状を仕切れるのは…やっぱ吉武しかいないか。吉武時期会長もあるな。


以上、寝落ちしたので『げんしけん二代目』の感想だけ書きましたw。予定では他にも書きたいものがあったんだけど…。
まさにでっちあげ、夏休みの宿題かよ。
関連記事
スポンサーサイト
2015/09/01 Tue. 08:59 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1899-512d51c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。