09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

天龍がオカダ・カズチカに課した課題 

天龍源一郎はオカダにこうアジったといいます。
「昭和のプロレスを味わう、最後のチャンスだぞ!」


(ここから転載)

ミスター・プロレスこと天龍源一郎(65)が2日、東京・後楽園ホールで会見を開き、11月15日の引退試合(両国国技館)が新日本プロレス現IWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカ(27)とのシングル戦に決まったことを発表した。
両者は初対決。現役トップ選手とのシングル戦が引退試合となることは異例だ。

会見の最中に、天龍自ら「(自分にとって)大満足の一戦になると思います。天龍源一郎とオカダ・カズチカの60分一本勝負を行いたいと思います」と発表した。

かねてからオカダ戦を熱望していた天龍は8月16日、オカダが所属する新日本両国大会を訪れ、「11月15日、出て来い」と挑発。
オカダは「どうなっても知らないですよ。それでもいいならやりましょう」と了承していた。

現在のプロレス界のトップに君臨する若き王者との対決は無謀にも思える。
オカダは「8月16日の両国でもいったように11月15日はどうなっても知りません。僕と同じ時代じゃなくて良かったということを分かってもらいます」と天龍を挑発するコメントを出した。

これに天龍も「紳士的に応じたつもりの俺にクソヤロウと思わせてくれた」とニヤリ。
「サッカーボールキックとグーパンチとのど元へのチョップだけで勝負をつけてやります。お客さんはブーたれるかもしれないけど、その心構えでやっていきますよ」と、昭和のプロレスのかおりがするシンプルな技で力を見せつけるつもりでいる。
試合時にオカダは28歳で、37歳差の直接対決となる。

(転載ここまで)


天龍が引退(本人曰く"廃業")するのは、まあ致し方ないことです。
天龍源一郎すでに65才。実はジャイアント馬場御大が最後に試合をされた年齢は60才でして、いくらタフな天龍といえどもう限界です(ちなみに猪木が最後に試合をした年齢は55才)。
特に腰を痛めてしまってからは、投げ技の類は一切出来なくなり、打撃技を…ペチペチやるのが精一杯になってますしね。上の転載で本人が言ってる3つの技は、もうそれしか出来ないという事なんです。ロープに掴まってる時間も長いしね…。
それしか出来なくて立つのも覚束なくても、それでもプロレスにしてくれるのは間違いの無いことですけど。

接点の無いオカダ・カズチカを指名したのは、たぶん2年前のちょっとした絡みでしょう。
プロレス大賞の表彰式かなんかで、功労賞みたいなのを貰った天龍に対してオカダがアジったんですよね。「天龍さんも馬場さんも猪木さんも、僕と同じ時代にプロレスしてなくて良かった」みたいな、いかにもオカダの…少し寒い系のコメントです(オカダはこういう才能に恵まれていない)。
で、これに天龍が噛みついた。「俺はともかく、馬場さん猪木さんを引き合いに出すのは許さん!」的な感じで。滑舌は悪かったんだろうけど。
そんで、このやり取りは…特に発展することもなく、そんな事もあったねみたいな記憶になってた訳です。
まさか、これが天龍の引退試合の伏線になるとはお釈迦様でも気がつくめえ。

それだけ天龍がオカダを買ってるのは間違いないんでしょう。
で、新日サイドとしても…オカダが超一流の能力を持っている割に、プロレスラーとしてしょっぱくて面白味が無い点を気にしているんでしょう。これは…資質と経験だからね。
この試合の最大の注目は、ぶっちゃけた言い方をすれば…ヨボヨボで立っているのもつらく、打撃技を出すのが精一杯の天龍に対して、オカダがどう"プロレス"を成立させるかなんです。相手の力を存分に引き出した上で勝つのがプロレスの醍醐味であり、オカダは…そういうのが上手くない。
そりゃあオカダが我が儘に自分の身体能力を発揮して、天龍を圧倒する事は可能なんですが、それをやっちゃったら…オカダに対する評価は"暴落"します。強いけど面白くないプロレスラー。
タッグマッチなら、外道さんあたりが実に巧みに試合を作ってくれて、オカダは何も考えずに暴れられるんでしょうけど、あえてシングルというところに天龍の挑発を感じるよね。「俺と試合を成立させてみろ!」という。
そんで、この試合の会場(両国)を押さえたのは新日。新日上層部も天龍の思惑に乗ったんです。オカダへの試験ですね。

馬場猪木を知らず、藤波長州鶴田天龍とも世代が違い、新日三銃士ともすれ違い、全日四天王もいなくなっていたオカダにとって、この天龍戦は最初で最後の試金石となります。
果たして、週プロの表紙を飾れるような試合に出来るのか? "強ければそれでいいんだ"ではダメだからね。
"昭和のプロレス"とオカダ・カズチカ、果たしてどんな試合になりますかね。
関連記事
スポンサーサイト
2015/09/03 Thu. 11:29 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1901-ad05df31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。