04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

アニメ専門映画館の末路 

今月9日、株式会社オーシーシーが破産開始決定を受けた。
なお、負債総額は4260万円……と、何のことだかよくわからない話かもしれないが、実は同社、かつて秋葉原でアニメ専門の映画館を運営していたのだ。

もともとは独立系ミニシアターの支配人だったという千田浩司氏が、自身の経験をもとに2004年5月、秋葉原に世界初のアニメ専門の映画館「秋葉原オリエンタルコミックシアター」をオープン。

“オタクの聖地・秋葉原”で、“世界初のアニメ専門の映画館”ということで期待され、オープン当日は気合いを入れて、TYPE-MOONの人気ゲーム『月姫』を原作とするアニメ『真月譚 月姫』をマラソン上映。
その後も最新TVアニメなどの上映を計画していたが、観客を継続的に集めることができず、オープンからわずか半年で閉館してしまった。
そして、05年8月に商号を株式会社オーシーシーへ変更したものの、そのオーシーシーもついに破産へ……。

破産開始決定のニュースを受け、アニメファンからは「そもそも存在を知らなかったんだけど」「宣伝不足だろ、明らかに」「もっと宣伝してくれよ!俺、知らなかったぞ」といった声が多く上がった。
肝心のアニメファンが存在を知らないのだから、潰れてしまうのは当然かもしれない。

また“『真月譚 月姫』マラソン上映”というのも、アニメファン的には疑問を感じるポイントらしい。
「吹くわ」「何でよりによってそれやねん!明らかにマーケティング知らんだろ」「経営陣がオタ業界のことを全然知らないということだけはわかった」「古い名作アニメ映画の24時間マラソンとかにしろよ」と、チョイスミスを指摘する意見が散見された。
確かに『真月譚 月姫』は03年の放送当時から、「設定変更が酷い」「原作に対してボリュームが少なすぎる」「アニメのオリジナル展開が多すぎる」と、原作ファンから酷評された作品だ。
劇場運営のカギを握るオープニング作品が、なぜ『真月譚 月姫』だったのか。
疑問は残るが、話題にしているうちに怒りがぶり返してきたのか、TYPE-MOONファンの関心は“世界初のアニメ専門の映画館”破産から、いつの間にか話題は『真月譚 月姫』へと飛び火。

「つうかアニメ化なんてしてないし」、あるいは「弓塚ルートはよ」と、作中で不遇な扱いを受ける弓塚さつきの“幻の弓塚さつきルートノーマルエンド”をアニメで求める声、「『月姫』もufoで作ってくれ!」「ufoでやるのが一番」と、アニメ制作会社ユーフォーテーブルによるリメイクを懇願する声が改めてあがっている。
これはTYPE-MOONの奈須きのこが原作の伝奇小説、『空の境界』の連作アニメ映画化、TVアニメシリーズ『Fate/Zero』、『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』を、ユーフォーテーブルが手がけたのを受けてのこと。
今やTYPE-MOON作品はさまざまなメディアで幅広く展開され、名作・人気作となったコミックや小説も多いが、やはりファンたちにとって、初期の代表作『月姫』への思い入れは強いようだ。

なお、秋葉原オリエンタルコミックシアターの閉館理由を、東京商工リサーチの担当者は“アニメファンは自分でアニメDVDを所有しているケースが多いため”と分析しているらしい。
このコメントにも、アニメファンからはツッコミが殺到している模様。
ちなみに、ユーフォーテーブルが運営する「ufotable CINEMA」(徳島県・徳島市)は、徳島市の映画館不足という事情もあって、自社製作アニメを中心に人気アニメや特撮作品の上映などで人気を博しているようだ。

(転載ここまで)


映画館で映画を見るってのは楽しいものなんですが、上映されるプログラムと、映画館そのものの状況によってはその限りではないでしょう。
映画館的な話から言えば、この映画館はミニシアターにも及ばない設備で、床の傾斜も無かったということですから、気持ちよく見れるはずはありません。リピーターが期待出来ないってことですね。
自分みたいに、同じ映画を何度でも見れる、出来れば映画館で見たいというタイプの人間でも、"箱"に魅力が無ければ行くことはありません。
そして、プログラム。オープニング作品が『真月譚 月姫』っていうのも、…当時のアニメ系マスコミの持ち上げにダマされたんでしょうね。
自分は確かスカパーでチラッと見ましたが、面白くもなんともなかった記憶があります。2004年なら『舞HiME』とかが面白かったり、『マリみて』がたまらなく好きだった頃だもんなあ。
どういうプログラムをかけると、アニメオタクを刺激出来るのかが分かってなかったのは痛い。

結局、映画館という"箱"を作った時点で満足しちゃったんじゃないですかね。いい作品さえかければ、必ずお客は来るっていう幻想があったんでしょう。ところがかけたのは、いい作品でもなんでもなかったと。
映画にこだわらないのであれば、2クールアニメの一挙上映とかやりゃあよかったんですよ。13時間なら、自分が朝9時から夜10時までパチンコやってるのから考えると充分座ってられるでしょ。…寝落ちは必ずあるだろうけどねw。
最近のアニメだとアレでしょうが、評価の定まった古めの作品で事前の宣伝がしっかりしてれば、"物好き"は結構来たと思いますよ。『ボトムズ』『バイファム』『ゴーグ』あたりの80年代モノとか、ソフトが入手困難なモノとかね。
要は、そういう作品をある程度の人数で一緒に見てるという感覚が大事なんだから。
ちなみに、4クールアニメなら奇数日と偶数日で前後半切り替え上映、銀英伝なら…4日シフトでいけるかw。
まあ、そういうプログラムやるなら、売店とかトイレとか毛布貸し出しとか、やはり気持ちよく見れるためのサポートが必須なのよねえ。

ただ、そんなにしょっちゅう行くわけにはいかないでしょうね。
宣伝不足とはいえ、天下の秋葉原で無理なんであれば、結局は無理なんでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
2015/09/23 Wed. 10:27 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1919-255f5938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)