10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

巨人、福田の野球賭博の件 

当球団所属の選手が、野球協約の有害行為に該当する行為を行った疑いが明らかになったので、野球協約第181条に基づきコミッショナーに告発することとしました。

 1・告発の対象選手

福田聡志(投手)2006年入団

 2・事案の概要

現時点までの調査で判明した事実は以下の通りです。

(1)福田は今年春ごろ、税理士法人勤務という男性A氏から、野球の試合で賭けをしないかと誘われ、一度は断った。
しかし、今年8月初旬、再び誘われ、遊びだと思って軽い気持ちで誘いに乗り、全国高校野球選手権大会の複数の試合で賭けを行った。
A氏は、当球団所属の笠原将生選手(2009年入団)の友人の知り合いで、昨年、笠原から紹介された人物だった。

(2)A氏からは、当日の各試合ごとにハンデをつけた一覧がメールで送られてきた。
その中から賭ける試合を選んで、賭ける点数を伝えるやり方で賭けは行われた。
A氏から1点1万円と説明され、最初は5~10点を賭けていたが、負けが続いたため挽回しようと賭け点を増やしていった。高校野球が終了した時点で、大きな損になっていた。

(3)A氏から、「遊びだからプロ野球で取り返せばいい」と持ちかけられ、プロ野球とメジャーリーグの試合も賭けの対象にするようになった。
9月初旬まで、プロ野球で約10試合、メジャーリーグで約10試合、賭けを行った。プロ野球の試合では、巨人戦が3~4試合含まれていた。

(4)A氏から、「遊びだから、どんどんやっていいよ」と言われて、精算を求められることはなかったため、現金のやりとりは一度もしていない。しかし、最終的には百数十万円の損となっていた。

(5)9月初旬、近く子供が生まれることから賭けはやめようと思い、A氏からのメール等に応えなくなった。それから、A氏の取り立てが始まった。

(6)9月30日、A氏がジャイアンツ球場を訪れ、「福田選手の借金を取り立てに来た」と話したことから問題が発覚した。

(7)笠原もA氏とは麻雀仲間で、A氏から何度か野球の試合で賭けをしないかと誘われていたが、断っていた。


 3・有害行為該当性

(1)福田が、巨人戦を賭けの対象とした行為は、野球協約第177条1項6号もしくは、第180条1項2号に違反すると考えられます。第177条1項6号は「所属球団が直接関与する試合について賭けをすること」、第180条1項2号は「出場しない試合について賭けをすること」で、出場しない試合というのが、球団が出場しない試合を指すのか、選手本人が出場しない試合を指すのか、両様の解釈があり得るため、どちらを適用するかは、コミッショナーの判断に従います。
第177条1項6号であれば永久失格処分、第180条1項2号であれば1年間ないし無期の失格処分となります。

(2)福田が、他球団の試合を賭けの対象とした行為は、野球協約第180条1項2号の「所属球団が直接関与しない試合について賭けをすること」に違反すると考えられます。

(3)福田とA氏の交際については、A氏が「野球賭博常習者」と認められた場合は、野球協約第180条1項1号(野球賭博常習者との交際禁止)に違反すると考えられます。
なお、笠原とA氏の交際についても、同様の違反になる可能性があります。

(4)福田の賭けに絡んで八百長が行われた形跡は、これまでの調査では認められておりません。福田は今季、1軍登板はありませんでした。


 4・投球段の対応

A氏が9月30日にジャイアンツ球場に来て問題が発覚した後、直ちに福田から事情を聞くとともに、福田の携帯電話に保存されていたA氏との通話記録やLINEのやりとり等を確認しました。
その結果、プロ野球の試合で賭けをしていた疑いのあることが判明したため、10月1日、2名の弁護士に調査を委嘱し、福田や笠原に対する事情聴取を行うとともに、同日、熊崎勝彦コミッショナーに通報しました。
コミッショナーから、野球協約第181条の告発事案に該当する可能性があるので、速やかかつ厳正に調査するよう指示を受け、連日関係者の事情聴取等の調査を続けてきました。

この結果、福田については告発相当と判断したので、本日、コミッショナーに概要を文書で報告しました。一両日中に正式にコミッショナー宛ての告発を行います。

笠原については、野球賭博には関与していませんでしたが、A氏が野球賭博常習者と認められれば、A氏との交際が協約に違反する可能性が出てくるため、本日のコミッショナー宛て文書報告で笠原についても概要を報告しました。
笠原を告発するか否かは、コミッショナーの指示に従います。

また、A氏と福田の賭けは刑法の賭博罪に当たる疑いもあるので、警察への届け出も検討しています。

福田と笠原には当面謹慎を言い渡しました。コミッショナーによる調査、処分等今後の状況を勘案しながら、当球団としての処分も行う方針です。

(転載ここまで)


まあ、福田がハメられたのは間違いないでしょう。
笠原を通じて知り合った際、「ああ、コイツは野球賭博でもやるタイプだな」と思われたのか、あるいは…後輩である笠原がそれを見抜いて、A氏と接触させたのか(その場合、笠原がA氏に弱みを握られている可能性が高いですけどね)。
そんで、春に第一段のお誘いがあって、そこでは福田もお断りしてる。春先は本業に燃えてるだろうしw。
そして夏。…言っちゃあなんですが、高校野球賭博は面白いんです。それこそ友達レベルや職場レベルなら、メシおごれとか的中者の総取りとか、別にヤクザ絡みじゃなくったって水面下で行われていますからね。(昔は日本シリーズもそういう賭けイベントだった)
夏の福田は二軍で腐っていたでしょうし、「遊びなら…」と手を出しても不思議ではない。ギャンブルは好きな性分だったようですしね。
ただ、友達同士や職場でやるのと違って、モノホンの賭博は基本的に胴元が勝つんです。野球賭博のハンデ師は、下手なマスコミや球団関係者よりも野球をよく見て熟知してますからね。(漫画『ラストイニング』の鳩ヶ谷の師匠が、このハンデ師だった)
絶妙なハンデの試合を予想するのは楽しかったでしょう。瞬く間にのめり込み、"帳簿上の借金"が膨らんでいく。実際にシビアに金を取られるんであれば、ペースとか自重するはずなんですが、おそらくあえて精算せずに泳がされていたんでしょう。
9月に入って、我に返った福田が賭博をやめようと思った途端に、取り立てが始まります。

推測ですが、この自称税理士関係のA氏については、頭のキレるインテリヤクザだった可能性は高いですね。
本来なら、もう少し借金が累積するまで遊ばせたかったとこでしょうが、潮時と見て実力行使に出た。
まあ、堅気だったのかヤクザだったのかはともかく、A氏自身も追い詰められていたのかもしれません。金ヅルに逃げられては上への申し開きが出来ないし。
ともかく、ジャイアンツ球場で洗いざらいブチまけた。興味があるのは…このブチまける行為によって、どうなると予想していたのか、ですね。
確かに過去、原が1億円をヤクザに払った一件はありますが、アレは賭博などではなく一種の恐喝で、表沙汰にしたくはない個人的事情によるものでした。これを前例として「踏んだくれる!」と思っていたのであれば、見通しが甘いと言えるでしょう。
なんせ野球界で一番恐ろしい賭博関連、大相撲の大関琴光喜ですら追放されてしまうレベルの案件です。これを黙ってたら、日本プロ野球そのものが終わる。この手の出来事へのコンプライアンスも、近年はしっかりしてますからね。
球界の盟主を自認する巨人としたら、二軍でくすぶってるレベルの投手と心中する訳はありません。だから即刻告発した。
巨人としては、やれる事はやったというキチンとした対応ですが、今後への影響は計り知れないでしょう。
A氏の狙いが、借金の取り立てではなく巨人、あるいは野球へのダメージだったとすれば、「差し違えた」結末となるのでしょう。A氏がインテリヤクザだとすれば、これでも充分箔がついたでしょうし、しかも何年も喰らい込むような重い罪ではない。A氏としても、やる事はやった訳です。
『黒い霧事件』の時は、パ・リーグの人気球団だった西鉄だったから徹底して大ナタが振るわれ、八百長荷担してない池永なんぞ…先輩から押し付けられたお金を押し入れに置いてただけで永久追放されました。
今回は八百長の疑いは極めて薄いにせよ、巨人の選手がこれをやったという衝撃は…デカいね。

福田の永久追放は避けられないと思いますが、あくまでコミッショナー判断でもありますので、巨人に気を遣えば一定期間出場停止止まりというのも有り得ます。ただ、福田自ら辞めるでしょうけどね。
笠原は…直接は悪くないけど、手引きしてる立場だからねえ…。しかも先輩をハメてる。巨人にはいられないな。トレードされるにしても、引き取る球団があるかなあ。台湾球界とかオランダとか、そういうとこしか無い気もします。

日頃、巨人嫌いの阪神ファンな自分ではありますが、この件に関しては巨人がどうこうとか言ってられません。
賭博に関わってるスポーツというレッテルが貼られた時点で、日本における局地的な野球人気も終わるのです。
野球がtotoに向いてないのは、こういう…八百長荷担が容易なスポーツだからなんだよね。この間の阪神戦の横浜みたいに、振り逃げ→落球→捕逸のコンボでサヨナラ負けとか、totoやってたら暴動モノだわ。
せっかく政治力で五輪一度だけ復帰の工作を行っている最中なのに、この件でIOCに嫌われたらオシマイ。サッカーだって大概だけど、サッカーは五輪で一番客が入るからね。人気の無い野球とは違う。
とにかく、しっかりとした対処をコミッショナーに求めたいですね。福田の永久追放を渋ったら、野球が永久に信頼されなくなると思え。
関連記事
スポンサーサイト
2015/10/07 Wed. 03:56 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

巨人は球界の盟主だ、巨人軍は紳士だとは誰が言ったか知りませんが…間違いなく今回の一件で最もダーティーな球団に成り下がったと思います。
多分五輪の野球はこのせいで無くなるでしょう。腹立たしい(*`Д´)ノシ =3
一応ナベツネがどんなコメント出すのかは気になるところです。ろくなこと言わない気もしますけど。

まぁ…野球賭博以前の原監督1億円の問題もあるのでそもそも紳士でも何でもないだろって話なんですけどね。
ちなみに個人的には菅野や長野のような「俺は巨人にしか入らない!!」発言する選手が大嫌いで、結果あまり巨人は好きではありません…

える #- | URL | 2015/10/07 10:42 * edit *

>>える様
まあ、氷山の一角に過ぎないと思うんです。
こう言うとアレですが、巨人にも巨人以外にもやってる奴はいるでしょう。
問題は、今回何故取り立てが直談判だったのか。
ひょっとすると、「見せしめ」だったのかなあ…と思ってます。福田一人から取り立てられる額なんて知れたものですが、"巨人"の選手である事がデカい。
「下手に足ぬけしようとしたら、こうなるよ」的な見本にはうってつけですわな…。真相は分かんないですけど。
プロ野球も、また興行なり、です。

メテオ #- | URL | 2015/10/09 11:31 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1930-ebd68ff8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。