09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

メテオ・ストライクス!

いろんな分野で独り言を日々書きます。稼働終了したセガのクイズゲーム『Answer×Answer』を振り返る事もあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

コンピューター将棋、ようやく撤退♪ 

将棋のトップ棋士に勝つことを目的に、コンピューター将棋の開発に取り組んできた学会のプロジェクトが「目的を達した」として、終了宣言を出すことが分かりました。
羽生善治四冠などのタイトルホルダーとの公式の対戦は実現していませんが、学会は、ここ数年のプロ棋士との対局データを元に分析した結果、「トップ棋士に統計的に勝ち越す可能性が高い」としています。

コンピューターの技術者らで作る情報処理学会は平成22年、将棋のトップ棋士に勝つことを目的にプロジェクトを立ち上げ、日本将棋連盟に「挑戦状」を突きつけました。
そして、その年の10月に行われた対局で、当時の清水市代女流王将を破ったほか、その後、プロジェクトのメンバーらも参加して3年前から行われているプロ棋士とコンピューターソフトが対戦する「電王戦」でも、これまでコンピューターが通算10勝5敗と互角以上の成績を残しています。
さらに学会では、ここ数年の対局データをもとに、独自に「レーティング」という実力の指標になる数値を算出したところ、最強のコンピューターソフトの実力は、去年7月の段階で、プロのA級10人の平均を上回り、推定の勝率が63%、ことしの2月にはプロの中で最もレーティングが高い羽生四冠と並んだということです。
このため学会は、目的を達成したとしてプロジェクトの終了を決め、11日付けで学会のホームページなどに宣言を出すことになりました。
プロジェクトの責任者の公立はこだて未来大学の松原仁教授は「羽生さんとの対局が実現していないのは残念だが、数年後には人間が全く相手にならなくなるのは確実で、人間との対決を掲げたコンピューター将棋開発の時代は終わったと考えている」と話しています。

これについて、日本将棋連盟は
「ここ10年ほどのコンピューターソフトの進化には目をみはるばかりで、研究者や開発者の情熱と能力に敬意を表します。現在はプロ棋士もコンピューターソフトを研究ツールとして活用しており、これからも技術向上の手助けをしてくれるパートナーとしてよい関係性を持続していきたい」とコメントしています。

(転載ここまで)


2年半前に、このブログでこんな事を書きました。


『電王戦はやる価値なし』メテオストライクス 2013.04.10

自分は一貫して「コンピューターと将棋をやる事は、将棋にとって何もプラスにはならない」から即刻止めてほしかったんですが、ようやく茶番が終了するようですね。心底良かったと思います。
電王戦は酷いものでした。棋士に対して何のリスペクトも無い、クズのようなプログラマーがゲーム感覚で「勝てばいい」と蹂躙し、プログラムのバグを突かれたら逆ギレして勝負を投げるという横暴極まりない愚行連発。品性下劣とはこのことです。
そして自分が2年半前に書いた、チェスでIBMのディープブルーがカスパロフに対してやった"総当たり読み"を、GPS将棋がPC数十台連結という荒技で再現して三浦九段を完封。電王戦で一番下品な一局でした。ディープブルーの真似が出来て嬉しかったですか?
そして、人間が負けるたびにヤンヤヤンヤはやし立てるバカ共の存在が鬱陶しかったですね。プログラマーに金で雇われてんのか知らんけど、圧倒的に不利な勝負をさせられている人間側をよくもそこまで叩けるわ。
自分が遠く及ばない、棋士という才能に対する嫉妬だろうね。叩けるんなら何だっていいんだわ、奴らは。

この情報処理学会とやらが、何故このタイミングで撤退するのか。
それは、得たかった二つのモノ、「技術」と「金」がもう引き出せないと判断したからでしょう。
「技術」に関して言えば、結局のところ…将棋の定跡や流行の戦法を追っていくより、GPS将棋が見せた物量総当たり読みの方が遙かに有効だと分かっちゃいましたからね。IBMのディープブルーがカスパロフに勝った後、すぐにチェスを辞めて別分野に転用されたのと全く同じです。これ以上やっても意味は無い。
そして「金」にならない。一応電王戦の解消発展先として、AO戦だかえーおーせんだかのイベントはあるようですが、コンピューターとの将棋が自分らの予想より市民権を得られなかったというのが本音でしょう。
例えばの話、羽生善治vs佐藤天彦なら公開対局でもネット配信でも大盤解説でも見たいですが、羽生善治vs"アホなネーミングの将棋ソフト"なんて気にする必要もありません。羽生さんトレーニング頑張ってね~くらいなものです。金なんか出しませんよ。
将棋が支持され続けているのは、強さや棋譜だけじゃなく、棋士という人間同士が知恵を絞り合うからです。おやつも喰わない汗もかかないパソコンなんぞ見たくもない。
ネットで情報を得る層は多少話題にもしましたが、新聞や雑誌を主にしている将棋ファンには電王戦ってほとんど響いてなかったでしょ? どーでもいいんですよ。
そこら辺の反応を肌で知っちゃったんだろうね。これ以上連盟から金を引き出す事も出来なければ、面子を潰す事も得策ではない。だから撤退。
まあ、正解でしょう。塩撒いて追い出したいくらいです。
ちなみに、コンピューターソフト同士のリーグ戦とかは毎年やってますが、これがまた話題にならないのでね。そっちも「金」にはならんのです。

エーオーセンとやらが予定されてるので、個々のプログラマーはまだ残るかもしれませんが、まあ…負けるとふてくされるのが何人もいる時点で、「さっさと撤退してね」としか思えません。ドワンゴも諦めろ。
オセロは完全解析完了、チェスはすでにコンピューターの天下、将棋もそういう段階に入りました。残るは囲碁と麻雀ですか。どっちも将棋とは方向性の違うゲームだけど、そっちの方がまだ「金」にはなるでしょうね。
さようならコンピューター将棋、勝手に強くなってください。
関連記事
スポンサーサイト
2015/10/11 Sun. 05:08 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://meteorsan.blog107.fc2.com/tb.php/1933-0f88b65c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。